みちくさおじさん山を歩く

赤岩山&由良ケ岳(断念)

 赤岩山 (669m) 2009・7・5 天気 晴れ メンバー単独

赤岩山(669m)は舞鶴市の一番高い山だが、宮津市との境に位置し、戦前までは女人禁制だったという。
何かの本で人気のある由良ケ岳や大江山挟まれた不遇の山、と書かれてあったのを記憶しているが、山頂には露岩が林立し、眼下には天の橋立が望める素晴らしい山だ。
しかし登山道はあまり整備されているとは言い難く、一部は雑草が生い茂り、歩きにくい。

麓の西芳寺集落は棚田オーナー制で、都市住人との交流を図っており、ちょうど若い娘さんが田植えをしている光景にぶつかった。
大阪から来ているらしく「すごく充実感を味わっています」と笑顔で返事が返ってきた。

西芳寺に入る道路には、年月を経て看板の文字が薄れたのだろうか、読みにくいいが、いろいろと案内が書いてある。         
b0185573_1826569.jpg

         
京都縦貫道「舞鶴大江」で降り、府道567を4キロほど走ると,上記看板の立つ三叉路に着く。
ここを左折し、道なりに3.7キロほど走ると、下の写真のように舗装が切れ行き止まりとなるが、ここが登山口になる。
そばにいたおばあさんに、駐車場を尋ねると、私の家に1台分空いてるからどうぞ、と新切な言葉が返ってきたので、お礼を言って停めさせていただく。田舎の人は親切だ。
b0185573_2137044.jpg
      
登山道に入ると雑草が生い茂り、昨夜雨が降ったらしく足元を濡らす。鎌でもあれば草刈でもしたい心境だ。まわりは植林や自然林が入り交ざり展望はない。
登山道は一旦林道に飛び出すが、林道を横切りしばらく歩くと、右手に古びた鳥居がある。
長い年月にその柱は周りの木々に溶け込んでいるが、この鳥居をくぐると、少し道は急になる。
b0185573_22401060.jpg

日当たりのないジメジメした道の先に案内版が見えてきた。近寄るとなんと日本庭園と書かれている。
b0185573_22483235.jpg

                      これぞ日本庭園だと言われれば・・・・
b0185573_22485567.jpg

                        まだヤマユリが頑張っている
b0185573_22541683.jpg

                            オカトラノオ  
b0185573_7444161.jpg

                    誰かに枝を折られながら 頑張っているホタルブクロ  
b0185573_2255563.jpg
 
                         
頂上へあと500m、あと300mなどの案内に導かれ、やがて樹木が切れると、視界がパット開ける。
あまり広くはないが芝生公園の看板と、展望の案内看板が設置されている。
晴れていれば眼下に宮津湾から天ノ橋立が眺められるのだが、モヤっていて、ぼんやり眺められる程度だ。
この時期は湿度が高いので、視界がすっきりする秋にもう一度訪れたいものだ。
b0185573_22594452.jpg

正面は御神体の赤岩山大権現の大岩がどんと腰をすえており、しめ縄がかけられている。
ここから少し先の頂上まで大小の岩が点在していて楽しいところだ。
b0185573_234943.jpg

          岩の林立した頂上は三角点がなく 狭い。
b0185573_2318267.jpg

すぐ東に由良ケ岳のどっしりとした山の輪郭が、モヤの中に浮かんで見えるが、青葉山は見えなかった。
岩肌の赤いのが山名のいわれらしいが、名前が付いているだけでも 覗き岩・鋏み岩・展望岩・回り岩・木魚岩・潜り岩・屈み岩など、名前からある程度想像がつく岩が多くあり、面白い山だ。

視界が晴れるのを待ったが、期待できそうもないので諦めて下山。
麓の棚田で田植えをしている都会の若者の写真を1枚、と思ったら、なんと電池切れ。
せっかくお嬢さんにポーズをとってもtらったのに、残念!
時間も早いので、このあと由良ケ岳に回る予定だったが、デジカメ使用不可で,あきらめて帰ることにした。

2年前の7月、由良ケ岳の帰りに立ち寄り登りかけたが、あまりにも雑草が茂りすぎ、また次の機会に、と引き返したことがあるが、登山口からしばらくの間を
我慢すれば、すぐに歩き良い道になる。


所要タイム
姫路自宅 7:00→砥堀ICより播但道・中国道・舞鶴若狭道・京都縦貫道 舞鶴大江IC→登山口8:40
スタート8:50⇒林道9:05⇒鳥居9:25⇒日本庭園9:35⇒芝生公園9:50 頂上まで2~3分、行ったり来たり、岩場を楽しむ。
芝生公園10:30⇒登山口11:15 このあとは、あちこち みちくさ しながら、夕方に帰宅。

# by hotaka443 | 2009-07-06 08:07

丹波富士 弥仙山 664m

丹波の名峰・弥仙山 「丹波槍」 2009・6・28 天気 晴れ メンバー2名

美しい山容の弥仙山は、古くからの信仰の山。麓・中腹・山頂に社があり、それらを結ぶ道を「改心の道」と名づけ、約6キロ
歩行時間3時間余りの回遊コースが整備されている。尚大部分が「近畿自然歩道」でもある。

「京都の自然200選」に選ばれた山で、山頂からは何度も登った大江山や青葉山が望まれる、とガイドブックには記載されているが
樹木が茂り、開けた西側から大江山が確認できる程度だった。

登山道は、社が点在する登りは植林が多く 頂上近くになってから眩しいばかりの自然林に変わり、下りも日置谷分岐までは美しい自然林の中の森林浴コースで、ここから登山口までは混合林となる。しかし頂上を除いて展望は望めない。
    
                    
b0185573_18431695.jpg

於与岐(およぎ)の集落より眺める弥仙山。ぐるっと半周して頂上に至る。頂上からの展望は  西側の一角のみだ。
b0185573_1924675.jpg

           二股の登山口。左から登り、右に降りてきた。                
b0185573_1983724.jpg

           登山口からすぐの子授けの神 水分(みくまり)神社。
b0185573_840505.jpg

            簡易舗装の林道は続くが、標識に従い右の登山道に入る。
b0185573_19164961.jpg

 途中から苔むした石段が現われる。この石段はユキノシタが群生していた。
b0185573_19373647.jpg

b0185573_19245785.jpg

              30分ほどで「於成(おなり)神社」に着く。
b0185573_1930224.jpg

              山アジサイが色どりを添えてくれる
b0185573_19313255.jpg

 線に出ると眩しいばかりの緑の自然林となる。ここまでが植林が主で陰気な感じだったので、ホットする。
b0185573_19434790.jpg

             100mごとの距離表示の石柱。頂上までのチエックは忘れた。
b0185573_19475114.jpg

 1時間10分ほどで金峯山神社の建つ頂上に。コノハナサクヤヒメノミコトガ祀られているそうだ。
b0185573_19522144.jpg

        展望は樹木のない西側のみで、遠方に大江山の稜線がかすかに見える。
b0185573_19541068.jpg

                そろそろ終わりに近いヤマユリ


所要タイム
姫路自宅7:30→(山陽姫路東より山陽道~神戸JCTより中国道~吉川JCTより舞鶴若狭道・綾部IC)→登山口P9:15  
スタート9:35⇒於成神社10:10⇒頂上10:45~11:20⇒日置谷分岐12:15⇒登山口P着13:00  
登山口発13:15→(綾部安国寺ICより京都縦貫~綾部JCTより舞鶴若狭道~吉川JCTより中国道~神戸JCTより山陽道~姫路東IC)→
姫路自宅15:00

# by hotaka443 | 2009-06-29 07:56

空き地の花

裏の空き地に咲く花 2009.6.27
     
     毎年この時期に咲きますが 名前わかる方教えてください。
b0185573_541485.jpg

b0185573_5414221.jpg

b0185573_542889.jpg
b0185573_5431398.jpg
b0185573_5442199.jpg
b0185573_5443526.jpg

# by hotaka443 | 2009-06-27 05:47

播磨アルプスのトンガリ山

桶居山 247.6m 2009.6.23 天気 晴れ メンバー2名

山陽本線の加古川の次の宝殿駅を過ぎてしばらく走ると、右側の田圃の奥に304.2mの岩山の高御位(たかみくら)山が見えてくる。
播磨アルプスは高御位山から西へ、山陽本線に沿うように、姫路の一つ手前の御着(ごちゃく)駅の北側まで伸びている、延長約7キロほどの山並みだ。
最高峰は高御位の304.2mと高度は低いが、いくつかのピークを結ぶ尾根は岩稜地帯が多く、いつの間にかアルプスと呼ばれるようになった。

東の主峰が高御位なら、西の主峰は桶居山で、特にその山容が 姫路の槍 という人もいるようだ。
山陽本線の曽根~御着間の右手に連なる山並みの中に桶居山が見られる。
b0185573_17381634.jpg

多くの登山道が尾根を結ぶ縦走路向って登っており、桶居山のみの最短コースは 「ひめじ別所」駅からすぐ北のR2を西へ600mほど行った所の信号を
右折、1,2キロあまりの別所町佐土新の集落にある「山神社」の境内の、展望所の看板があるところから登山道は始まる。車の場合は神社の前にそっと停めさせてもらう。すぐに東屋の展望所があり、ほどなく急な岩峰になるが、歩きやすいところを選び、慎重に急斜面を登って行く。 右手に見事な円錐型の桶居山が姿を見せてるれる。
b0185573_703074.jpg

しばらくすると200mほどの小ピークに着く。東西に延びる登山道が播磨アルプス縦走路だ。
展望は良く、南の瀬戸内海から姫路の町が見えるが、少しモヤっており、お城は確認できなかった。
b0185573_1972481.jpg

ここから縦走路を右にとり、急坂を下ると鉄塔が縦走路を邪魔しているので、中をくぐる。
やせ尾根をしばらく進むと、いよいよ桶居山の登りにかかる。よくも転がり落ちないな、と心配になる岩の横を通る。
b0185573_1993086.jpg

急な岩場を登りきると、狭い3等三角点の桶居山頂上に着く。4~5人が弁当を広げるといっぱいになりそうだ。
b0185573_773297.jpg

ここからも360度の大展望が楽しめるが、先ほどの小ピークと同じくモヤっているのが残念だ。下の写真で一番高い山が高御位山だ。
b0185573_761547.jpg

少し進んで200mほどのピークから、右に張り出す尾根を下山するが、下りの堰堤に向かう道が見える。
b0185573_18463234.jpg

岩場の急斜面を足元に細心の注意を払いながら下り、再び登り返して200mのピークに立つ。
b0185573_1917542.jpg

そのピークから振り返った桶居山。そのピラミダルな雄姿は、槍といっても過言ではない。

尾根から稲妻場に切られた道は林道に降り、集落のなかを通って元の山神社に戻ってくる。道端には早や萩の花が咲いていた
b0185573_1943743.jpg

低い山なので別所駅からだと3時間少々あれば帰ってくることができる。
# by hotaka443 | 2009-06-23 17:39

福井・平家岳 1441.5m

平家岳 福井県大野市 2009・5・4 (月) 天気 晴れ メンバー2名


梅雨に入ると、予定していても思うように山に入れない。そこで少し前になるが平家岳の記録をアップします。

以前から気になっていた山だが、遠いので思い立ったらスグとはいかないが、ようやく連休にチャンスが巡ってきた。前夜姫路を出発、途中で一泊し、東海北陸自動車道を白鳥ICまで走り、ここから中部縦貫道の油坂峠道路R158に入る。
以前は有料道路だったが、今は無料開放されている。
この中部縦貫道は福井から松本までを結ぶ計画だが、福井北ICから東にわずかな区間と,この油坂峠道路、そして清見高山道路、安房峠道路と細切れに開通しているが,全線開通はいつのことやら・・・特に安房トンネルを出て松本に至る間の梓川沿いは、地形的に難工事が予想されそうだ。(福井県勝山~大野間は2012年度開通予定)

b0185573_1357353.jpg

それはさておき、直線距離で3キロあまりを300mの高度を上げる油坂峠道路は、大きくカーブを描きながら4つのトンネルを通って急坂を登りつめ岐阜県から福井県に出ると、すぐに日本海に流れる九頭竜川に沿うようになり、やがて九頭竜湖となる。

湖に沿って少し走りトンネルを抜けると、すぐに左折、明石大橋の原型といわれる箱ケ瀬橋を渡る。ICより約18キロだ。
b0185573_1482970.jpg

湖岸を沿った道を面谷橋で渡り、川沿いに左折し凸凹の林道を走る。車が底を打ちそうになる。、R158より7キロあまりで林道の終点Pに着く。
6:55  早朝の駐車場は私の車だけだ。
b0185573_1863410.jpg

7:05  支度をして林道をそのまま進むと、さらに数台停められるスペースがあり その先は山道になる。
b0185573_1871033.jpg

      まぶしい新緑の自然林の中をどんどん高度を上げていく。イワカガミが優しく出迎えてくれる。
b0185573_18114672.jpg

8:00  九頭竜湖岸から上がってくる日の谷道と合流する。ここで左折し、方向を西から南に変える。ここからほぼ送電線に沿って歩くようになる。
8:30  No28鉄塔に着く。西方面の展望が一気に開けてくる。西にかすかに荒島岳のラインが確認できるが、あいにく春霞で白山は見えない。
b0185573_1875218.jpg

少し進むと道の両側にカタクリが群生している所に出た。。さらにショウジョバカマも多い。
b0185573_1891154.jpg

b0185573_1894666.jpg
    No29鉄塔を過ぎ、1312mの標高点を通過。平家岳はシャクナゲが多いことで有名だが、パラパラと申し訳程度で、ほとんど見られない。 今年は裏年かな?     
b0185573_18151288.jpg
b0185573_18174127.jpg

景色を眺めたり、写真を撮ったり、スケッチをしたりのみちくさをしながら
9:20  No30鉄塔に着く。日ノ谷源流部をはさんで平家岳の山頂が姿を現す。
b0185573_18245077.jpg

No31鉄塔を過ぎると井岸山に向って吊尾根を下りだす。このあたりにもカタクリが多い。
最低コルまで下り、登りにかかると美濃平家岳に向かう道を分ける。美濃平家岳は2キロほど東南東に行ったところにある1450mのピークで、平家岳が福井県なら、美濃平家岳は岐阜・福井の県境になる。すぐ近くに二つの平家岳があり、ややこしい。
10:10  1410mの井岸山に着く。山頂は狭い。ここで南から西寄りに方向をかえ、平家岳に向かう。
b0185573_19112659.jpg

井岸山から平家岳に向かい、見事な一直線の道が伸びている。この道の両側はカタクリ畑だ。
b0185573_1975148.jpg

タムシバも多いが、いずれも冬の強風にさらされるせいか、背丈より低い木が多い。普段見慣れているタムシバの木は背が高く、なかなか花を近くで見る機会がないだけに、不思議な感じだ。
b0185573_1915467.jpg

10:20  平家岳山頂に着く。360度の大展望だ。ただ春霞で視界は良くない。荒島岳がかろうじて確認できるが、南西方向は視界がよく、能郷白山はくっきり青空に浮かんでいる。広い山頂で後から登ってきた数人の登山者と山談義、皆さん姫路から来たと話すと、ビックリしたり感心したり、よくこんな山知ってるな~と。
b0185573_19221484.jpg

b0185573_19204984.jpg

11:40  心地のいい山頂でのんびり過ごし、下山にかかる。来たを引き返す。今日はモヤで白山や大日ガ岳は見えなかったが、楽しみにしていた平家岳に登れ、多くの花と出会えて充実した山行きが楽しめた。
14:00  P着。帰路はR158を西に向かい、荒島岳手前の「平成の湯」で汗を流す。
b0185573_1931451.jpg

大野の町をを過ぎたあたりの田んぼの土手一面に、見事なシバサクラがあたりをピンクに染めている。
b0185573_19593995.jpg

b0185573_19595978.jpg


数台の車が停まり、カメラを向けている。おおワンダフル!
福井ICを17::00に入り、ゴールデンウイークで渋滞していたが、21:00に無事姫路に帰ってきた。
以前からあこがれていた平家岳、満足でした。
b0185573_19431460.jpg

b0185573_1943332.jpg

b0185573_19435882.jpg
b0185573_19443174.jpg
b0185573_1945295.jpg

# by hotaka443 | 2009-06-21 11:23