みちくさおじさん山を歩く

<   2019年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

No507 岡山・人形仙と津黒山2座を歩く

人形仙(1008.3m)岡山県鏡野町/鳥取県三朝町 2019・6・13(木) 天気・快晴 メンバー・4人



b0185573_11102772.jpg
b0185573_10492791.jpg


記録を調べると両山とももう15~16年前に登っていますが、記憶はあいまい。夕方早く帰りたいので短時間で登られるし、もう一度登りたかった二座に向かいます。

6時友人宅を出発します。中国道を院庄でおりR179を北へ。上齋原の信号を250mほど過ぎると、左人形仙の道標があり左へ。
舗装された細い町道を3キロほど登ると林道美作北2号線に出るのでここを左折。100m足らずで左側に人形仙の登山口があります。車は100mほど先の路肩に駐車7:55、8:10にスタートします。
b0185573_953851.jpg

登山口の案内板。
b0185573_9573534.jpg

b0185573_95841.jpg

林の中の広い道を北に向かいます。昨日雨が降ったらしく、ぬかるみが見られ草木も水滴をタップリ。
b0185573_10585668.jpg

b0185573_10591439.jpg

林を抜けると湿地帯です。
b0185573_1112742.jpg

湿地帯の中は丸太や木切れが敷いてありますが、小さいので水没、靴はビショビショです。注意しながら歩いていくと分岐に着きました。先に母子地蔵に寄ってみます。
b0185573_1175492.jpg

8:25分岐から5分ほどで母子地蔵に着きました。
b0185573_11102368.jpg

b0185573_11134585.jpg

逆光と汚れで表情がよく読めませんが、子供を抱く母親の姿が確認できます。
b0185573_14141441.jpg

横からです。
b0185573_14164691.jpg

西を見ると人形仙が青空にくっきりと浮かんでいます。
b0185573_10121258.jpg

小休止してからスタート、分岐に戻り、湿地帯からや人形仙に向かう山道に入ります。
b0185573_10203488.jpg

傾斜は次第にきつくなり気合を入れて登って行くと、東側の視界がパッと開けました。素晴らしい大展望です。
先月登った高清水高原から伯州山方面に続く尾根、その向こうに三国山、そして三十人ヶ仙方面が青空にくっきりと。
b0185573_10313253.jpg

先ほどの母子地蔵を探すと,矢印のところです。
b0185573_1221480.jpg

アップしてみます。
b0185573_1254221.jpg

南方の山々。右から泉山、三ケ上、妹山、花知ケ仙、天狗岩、三十人ケ山など懐かしい山々の大パノラマが展開しています。
b0185573_15385713.jpg

右は湯岳と左泉山。
b0185573_437232.jpg

もう一度先月登った人形峠~伯州山でクマに遭遇した御林山を見ます。
b0185573_16333229.jpg

日当たりのいい斜面はツツジが満開です。
b0185573_343540.jpg

花が終ったイワカガミもアチコチで見られます。
b0185573_383964.jpg

9:15山頂に着きました。樹木に遮られ展望はありません。三角点は三等人形仙です。
b0185573_11231630.jpg

視界の効かない山頂で10分ほど休憩し、下山しましょう。
登るときには気が付きませんでしたが展望が開けたところまで下りてきて、三国山~ギラガ仙からゆったり下る斜面の後方に扇ノ山を発見。今日は空気が澄んでいます。
b0185573_429198.jpg

湿地帯は画面中央です。
b0185573_4333761.jpg

帰りは母子地蔵に寄らずに駐車場へ。10時ジャストです。山頂からわずか25分でした。
登山靴を履いたまま津黒山へ、人形仙登山口を後にします。
b0185573_447781.jpg


津黒山(1117.8m)岡山県真庭市

b0185573_5225543.jpg

10:10駐車地点スタート、そのまま西へ美作北2号林道を走ります。
この林道は人形峠を起点に一部鳥取県に入りますが、ほぼ県境にそって岡山森林公園、津黒高原を経てR482までの約30キロ、完全舗装の林道です。通行車両はほとんどなく快適なドライブウエーを楽しめます。

すぐに県立自然公園で数台の車が止まっていますが、この時期は訪れる人も少なく静まり返っています。途中通行車両はなく、山岳ドライブを楽しみ10:55展望台に着きました。
b0185573_11223342.jpg

展望台は北西方向が開け、大山方面の素晴らしい展望が広がっています。
大山と手前左が重なっている上・中蒜山、右が端正な三角錐の下蒜山です。そして中・下蒜山の間後方に左矢筈ケ山,小矢筈、そして頂上がのぞく甲ケ山です。
b0185573_1124069.jpg

b0185573_11524890.jpg

b0185573_1153516.jpg

11:10出発します。登山口は駐車場から少し東に戻った所です。
b0185573_11554292.jpg

b0185573_11561318.jpg

登山口から高度差100mほどは植林の中の急登です。地元だと植林はヤマヒル注意ですが、岡山県ではまだヤマヒルの報告はないそうなので、足元を注意する必要はありません。
b0185573_1381230.jpg

30分ほどで空は明るくなり、ゆるやかな傾斜に変わります。
b0185573_13152966.jpg

やがて草原が広がる高原の雰囲気です。前方の小高い丘が山頂です。
b0185573_13173945.jpg

12時ジャスト津黒山山頂着です。登山口の案内板は約70分とありましたが、50分で着きました。
頂上一帯はササが刈り込まれ大山を望む素晴らしい展望です。三角点は2等津黒山です。
b0185573_13265424.jpg

下の休憩所のま上になりますが、370mほど高いので視界はその分広がります。
b0185573_5342535.jpg

展望を楽しみながらお昼にしましょう。
今でこそ登山道が整備され、山頂の標柱も立てられていますが、16年ほど前に来た時は一面の藪でどこが山頂かもわからず、撤退。
それ以後津黒山の悪い印象が残り、登る気がしませんでしたが、今日登ってみて時代の流れに驚きです。手軽なハイキングコースとしてお勧めですね。

強い日差しを遮るものがなく、30分ほどで腰を上げます。東コースも面白そうですが、2キロほどの美作北林道のテクテクがあるのでピストンします。
b0185573_5525090.jpg

12:35スタートです。
b0185573_5553414.jpg

あちこちにイワカガミが群生しています。
b0185573_5585976.jpg

13:15登山口に降りてきました。所要タイムはわずか40分です。
b0185573_615956.jpg

13:30出発、林道をそのまま西へ、津黒高原スキー場脇に津黒高原荘があり入浴可能で以前に利用したことがありますが、宿泊施設の中なので、湯原ICから5キロほど下った足温泉に向かいます。

[データー]

姫路出発6:00⇒播但道~中国道院庄IC⇒R179⇒上歳原より町道~林道美作北2号人形仙登山口近く路上駐車7:55
スタート8:10→母子地蔵8:25→人形仙9:15→登山口10:00

津黒山へ移動
駐車地点発10:10⇒津黒山下展望台10:55
スタート11:15→津黒山12:00~12:35→登山口駐車場13:15
出発13:30⇒林道美作北2号⇒R482⇒R313⇒足温泉14:05~15:10⇒R313⇒湯原ICより米子道⇒中国道⇒播但道⇒姫路16:45  

走行距離 約325キロ 人形仙 歩行距離 約3.6キロ 累積標高差 約320m
           津黒山 歩行距離 約2.8キロ 累積標高差 約370m
by hotaka443 | 2019-06-28 14:02

50619512 熊だ!岡山・人形峠~伯州山ピストン

人形峠(740.2m)~伯州山(1044.9m) 岡山県鏡野町・鳥取県三朝町 2019・5・12(日)天気・晴れ
メンバー・単独


b0185573_11371069.jpg

b0185573_15102612.jpg


急に時間が空いたので、以前から歩きたかった人形峠~伯州山をピストンします。

6時自宅を出発、中国道夢前スマートICから院庄ICまで高速に乗り、R179を北上。伯州山への道を右に見送りすぐに左人形峠方向に左折します。
高度差360mほどをカーブを切りながら細い道を登ります。この道は旧のR179で、1981年に旧道の下に開通した人形峠トンネルができるまでは陰陽連絡の重要な道でした。

7:35広い駐車場に到着、駐車している車はありません。体育館のような大きな建物の前に行くと看板が。
b0185573_1526485.jpg

指示に従い道路沿いに駐車します。右後方は原子力機構人形峠環境技術センターの建物のようです。
b0185573_15483445.jpg

7:50準備を済ませ出発です。さ~て登山口はどこかな?
閉鎖中のまだ新しいトイレの横に何かの設備の建物があり、その先に大きな標柱が見えます。
b0185573_15353567.jpg

高清水トレイル1.6キロと注意書きの看板。
b0185573_15425148.jpg
b0185573_1543765.jpg

真新しい舗装道路が延び、その左に登山道らしき踏跡があるのでここに入ります。
b0185573_15463385.jpg

いい雰囲気の新緑の中を歩きます。
b0185573_61209.jpg

ところがすぐに平行している先ほどの舗装道に降りてしまいました。その先右手の奥まった一角に弘法大師の像が。なぜこんなところに弘法大師像が?
b0185573_6203170.jpg

苦手な舗装道を登って行くと、また登山道が左の斜面に延びているので飛び込みます。
b0185573_6241570.jpg

右下に簡易舗装道が並走、どうやらこの道が高清水高原まで続くようです。
岡山県と鏡野町とが確か一昨年から3年計画で人形峠から伯州山までトレッキングコースを整備する、と聞いていたので、計画通りなら今年の2019年度中の完成となります。今日は工事の進捗状況の確認も兼ねています。
b0185573_641659.jpg

登山道と着かず離れずの舗装道路の終点が見えてきました。
b0185573_11294376.jpg

その少し先で道路に降りてみると、木材チップを敷き詰めた游歩道に変わっています。
しばらく登るとまだ新しい清水の標柱が。
b0185573_11384555.jpg

b0185573_18294199.jpg

遊歩道は少し急になり、ジグザグを切って登ります。
b0185573_18353957.jpg

尾根に出ると左からの登山道らしき道と合流します。帰りはこの道に入ってみましょう。
b0185573_18383149.jpg

樹林帯から抜け出すと空一面青空が広がる開放感溢れる草原です。ここが高清水高原かな?前方に小屋が見えてきました。
b0185573_18433858.jpg

真新しい木の香りが漂う建物にはテーブルが設置されています。
b0185573_1852549.jpg

少し登ると高清水高原の標柱が。バックの二つの小高いピークを通るのかな?時刻は8:25、登山口の道標には約30分とありましたが、少しウロウロしたので35分かかっています。
b0185573_18532269.jpg

チップの道は坂をくだってまだ伸びています。どこまでこの遊歩道が続いているのだろう・・・
b0185573_1924637.jpg

坂を下って左に折れるとチエーンが張ってあり、通行止めのようです。
b0185573_1951262.jpg

b0185573_1991653.jpg

11月に開通するようですがあと半年、伯州山ははるか彼方ですが間に合うのかな?伯州山は3年ほどご無沙汰ですが、向こうからも工事をしているのでしょうか。
チエーンから10数メートルでチップ道は終わりです。
b0185573_19161471.jpg

左の登山道に沿って右側が開削工事の終わった道です。今からチップを敷くのでしょうか?
b0185573_192321.jpg

開削工事が終わった道路わきに資材が積まれています。
b0185573_1926326.jpg

8:45二等三角点大畝山です。
b0185573_19292473.jpg

木の間から見える平らな山はクマの目撃情報のある御林山かな。鬱蒼とした林はいかにも熊が出そうです。
b0185573_10101487.jpg

10分ほどで高圧線が3本のみの小規模な鉄塔下を通過します。小鹿原子力機構線とあります。見通し悪く日本海方面は残念ながら見えません。
b0185573_10594887.jpg

鉄塔を過ぎると御林山から延びるゆったりとした尾根の登りになります。道幅は1.5~2m幅くらいでしょうか。
b0185573_11104280.jpg

御林山は広い台地状でブナ林を形成しています。
b0185573_1115827.jpg
b0185573_11154179.jpg

三角点はなく1031mの標高点のみですが、歩いている限り広い台地では見分けがつきません。この辺りが一番高いかな?
b0185573_111866.jpg

熊が気になっていましたが、無事通過です。次は御林の台地からコルに向かって下りになります。
b0185573_11291168.jpg

南東方向の視界が広がります。
b0185573_1353326.jpg

この辺りは最近斜面を切り開いたばかり、といった感じです。前方は1010+のピークです。
b0185573_1358832.jpg


あれ~ コルの手前で工事がストップしています。残念!
b0185573_1422134.jpg

コルからはわずかな踏み跡を追って登ります。
b0185573_1443098.jpg

1010のピークあたりも台地状になっており、雑草の少ない所を進みます。
b0185573_14104626.jpg

前方にヤブが迫ってきました。ヤブに突入です。
b0185573_14133842.jpg

ヤブコギは短くヤレヤレ、踏み跡が現れ坂を下ると道に出ました。はてこの道は?西に向かっているので伯州山からの道でしょう。帰りに歩いてみましょう。
b0185573_14192650.jpg

小さなコルから1046mの霧ケ原に向かって道路がクッキリと。伯州山からの開削道路です。
b0185573_14255369.jpg

霧ケ原も平坦な台地になっています。
b0185573_14282381.jpg

一部うっとうしい陰気な植林地帯を抜けると、再びササ原が広がります。
b0185573_1434171.jpg

見えてきました、伯州山が。ちょうど左の木の陰が頂上です。
b0185573_14363371.jpg

右から登ってくる白州山荘の道と合流すると山頂です。時刻は10:30,2時間40分かかりました人形峠から。3時間はかかるかなと思っていましたが、早く着きました。イワウチワのシーズンは賑わいますが、この時期は無人で静まり返っています。三角点は三等伯作山です。
b0185573_8253229.jpg

ぼんやりと今日はモヤがかかり、西方の大山方面はほとんど確認できません。
b0185573_1359416.jpg

山容確認のため画面調整してみます。
b0185573_145047.jpg

北東方面は三徳山と右後方は鷲峰山。
b0185573_1224365.jpg

南方の展望。
b0185573_5314381.jpg

少し早いですがお昼にします。静寂の世界でただ一人、のんびり時をおくるのもいいですね。
食後のコーヒーを頂いていると、赤和瀬側から老夫婦が登ってこられました。
少しお話をさせていただき11:30、山頂を後にします。

下山ルートは赤和瀬集落に下り,ざっと8キロ近い道路ヲテクテク車まで歩くか、ピストンするかです。舗装された道路歩きは疲れるし、歩いてきた限り平凡なコースなのでピストンします。それに工事中だった西行ルートの確認もあります。
b0185573_1157961.jpg
山頂すぐ下の分岐、直進は赤和瀬登山口で右が人形峠です。

そういえば2016年5月イワウチワ鑑賞に登ってきたときは人形峠方面は通行止めになっていました。
b0185573_1153765.jpg


霧ケ原を過ぎると、コルに向かって急降下です。
b0185573_1448282.jpg

コルからP1010の登りに差しかかかり、来る時に下りてきた地点に着きました。さてどうしょう、歩いてきたP1010に登るか、この開削道路の行先確認をすべきか・・・結局後者を選びこのまま直進します。
b0185573_1511437.jpg

期待しながら進むと,すぐに工事終了地点に着いてしまいました。
b0185573_1545586.jpg

この先踏み跡がないので先ほどの地点まで引き返し往路を歩くか、斜面を登るかですが、この上の尾根まで距離はわずかと思うのでヤブ漕ぎで尾根を登ります。
草木につかまりながら急斜面をよじ登ります。イワウチワが雑草に埋もれるように咲いていて思わず踏みつけるところでした。
b0185573_15223463.jpg

すぐに見覚えのある踏み跡に出ました。
b0185573_10162094.jpg

b0185573_10165792.jpg

P1010から尾根を下ると、前方に人形峠からの開削道路終点が見えてきました。
b0185573_10221537.jpg

開削道路終点に着きました。結局開削道路未完成はP1010の南側裾を巻く約300mほどになります。
しかし11月までに開通するのかな?
b0185573_10301266.jpg

この辺りの路面は固まっておらず、大雨が降れば崩れそうです。前方の張り出す尾根の先端には四等三角点澤丹土が設置されています。見晴らしが良さそうですが次の機会にします。
b0185573_10443434.jpg

御林山のブナ林に差しかかりました。
b0185573_1058462.jpg

この辺りは熊の居住地のようでたびたび目撃されていますが、お昼なので熊は昼寝の時間でしょう。
活動時間は朝と夕方といわれているので。
なんて思っていたその時、前方右の林から真っ黒な大きな物体が登山道に飛び出してきました。
熊だ!
熊は道路中央で立ち止まり、瞬間私の方を見つめましたが、そのままで左の林の中に消えていきました。しかし林の中から様子をうかがっているかもわかりません。単独行なので襲われたら・・・

考えていても仕方ないので歌を唄いながら通過することにしました。隠れていていきなり飛びかかってくるかもわからないので、クマが消えたあたりを通るときはさすが緊張します。通り過ぎた後も時々振り返りますが、追ってくることはないようです。あ~助かった、ヤレヤレ。
b0185573_1113957.jpg

過去福井の姥ケ岳と雲谷山、そして奈良の明神平で熊と遭遇したので、これで四度目です。
12:40鉄塔に着きました。ここで小休止、コーヒータイムとします。相変わらず北に広がる倉吉の町や日本海はモヤの中です。
b0185573_11322638.jpg


鉄塔から5分ほど歩くと右側に無線小屋のような建物があり、その下に道路が見えます。登るときは気が付きませんでしたが下に降りてみると、西方面から登ってきてここで終点になっています。この道は地形図には記載されていません。
b0185573_1142226.jpg

すぐに大敏山に登り、下ると木材チップの遊歩道終点に着きました。
b0185573_11463173.jpg

13:10高清水高原を通過。坂を下ると休憩舎ですが3組の方が休憩されています。服装から登山者でなく散歩がてらに食事でもされているようです。
b0185573_1153070.jpg


坂を下っていくと登る時に見た登山道らしき分岐に着きました。遊歩道は面白くないので右の山道に入ります。
b0185573_1222476.jpg

遊歩道よりやはり山道がいいな、と新緑の林の中を歩いていると、次第に道が踏跡程度になってきました。
b0185573_12122837.jpg

人形峠のスタートから歩いた、遊歩道と並行した登山道のはずですが、分岐を見落としたようです。引き返すかどうか迷いましたが、どうせ下の林道に出るだろうと直進します。
そのうち踏み跡は完全に消えヤブの世界に変わりました。
b0185573_12163431.jpg

現在位置を確認するためポケット入力入れていた地形図を探しますが、ありません。ヤブコギしている間にどこかで紛失したようです。

頭に入っている地形図と進行方向から判断すると、このまま下ると林道に出ますが、どのあたりに出るか・・・・とにかくヤブコギで進むと5分余りで林道に飛び出しました。左に下れば人形峠に行くはずなのでテクテク歩きます。車がくればいいのですが、路面には車が走った形跡がありません。

10分ばかり小走りで歩くと進入禁止の鉄棒があり、その先に道路が見えてきました。
b0185573_1495131.jpg

車が走らないはず、通行止めですから。そして標柱には(林道北栗祖線)とあります。
b0185573_10521657.jpg

とするとこの道は旧R179かな、と左に進むとすぐに人形峠の建物が見えてきました。
一時は迷子になりかけましたが、13:35駐車場に無事帰ってきました。

13:50駐車場を後にします。
b0185573_142313.jpg

帰りは上歳原の国民宿舎いつきの温泉(このか)でヤブコギの汗を流します。スタンプ10個たまっているので本日は無料です。
b0185573_14392273.jpg

休日だというのに入浴客はパラパラ。岡山県の最北端という地理的ハンデイもあるのかな。もう少し下れば奥津温泉もあることだし、といらぬ心配もします。

温泉駐車場からの三ケ上。もう7年もご無沙汰です。
b0185573_14535926.jpg

1時間近くのんびりと過ごし16:30自宅に帰ってきました。
何年も前から気になっていた縦走ピストンは、クマのオマケ付できで無事終わり満足です。
未開通部分が整備されたらイワウチワ鑑賞を兼ね、今度は赤和瀬側からもう一度歩いてみたいです。

自宅で地形図を見ると、あの林道北粟祖線は途中で行き止まりになっていますが、大畝山の少し先の無線小屋のような建物脇まで登ってきていた道路とつながっているような気がします。
進入禁止になっているのは、遊歩道工事の資材運搬用の道路のためでしょう。

[データー]

自宅出発6:00⇒中国道夢前スマートIC⇒院庄IC⇒R179⇒旧179人形峠駐車場7:35
スタート7:50→高清水高原8:30→大畝山8:45→鉄塔8:55→御林山9:30?→開削道路終点9:45→伯州山10:30~11:30→開削道路終点11:50→御林山12:05→鉄塔12:40→大畝山13:00→高清水高原13:10→駐車場13:55
スタート13:50⇒温泉14:05~15:00 往路引き返し自宅16:10

(走行距離 約250キロ 歩行距離 約13.1キロ 累積標高差 約1070m〉
by hotaka443 | 2019-06-05 21:04