みちくさおじさん山を歩く

<   2018年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

No496晩秋の岡山若杉原生林から峰越峠へ

若杉原生林∼峰越峠 岡山・鳥取・兵庫三県境 2018・11・18 天気・晴れ メンバー・4人 


b0185573_158189.jpg

山の紅葉は一足先に終わり、やがて来る冬を待つ寂しさ漂う若杉原生林を歩きます。今日は誰一人登山者に会いませんでした。

6:35姫路出発、播但・中国道で山崎で降り、R29~429で千種町へ。あとは県道72の終点峰越峠まで走ります。千種高原手前県道沿いの鍋ケ谷渓谷の紅葉は素晴らしいですが、すでに営業終了でした。

車は峰越峠の少し手前の広くなった路肩に駐車します。時刻は8時ジャストです。
b0185573_6223261.jpg

8:20ここから若杉原生林まで長い舗装道路歩きです。少し先が岡山県境の峰越峠で兵庫県道72の終点です。
b0185573_6323559.jpg

峠から500mほどで左にダルガ峰林道を分けますが、西日本豪雨で通行止めの看板が。岡山県もあちこちの道路が閉鎖されています。

緩い下り坂を2.2キロ、やっと若杉原生林に向かうT字路が見えてきました。交差点を右折です。
b0185573_933360.jpg

b0185573_10592484.jpg

交差点から今度は緩い登りでペースダウンです。登山口まであと1キロもあるの?もう疲れたわ~
b0185573_98821.jpg

やっと駐車場が見えてきました。
b0185573_1440428.jpg

9:10駐車場に到着です。クマ注意の看板と案内板。
b0185573_1451525.jpg

今日は第一分岐~第三分岐~第二分岐と自然研究路を歩きます。
b0185573_11272372.jpg

9:20出発します。
b0185573_154246.jpg

b0185573_10183118.jpg

道中にある若杉原生林の説明板。
b0185573_1024218.jpg

吉野川の源流に向かって歩きます。
b0185573_10252996.jpg

苔むした石段。この道は美作と因幡を結ぶかっての重要な道でした。
b0185573_1028212.jpg

9:35第一分岐点です。
b0185573_1035316.jpg

ここから左へ、ジグザグ道の階段が連続します。
b0185573_10384199.jpg

傾斜が緩やかになると東屋に着きます。
b0185573_10425783.jpg

b0185573_10452732.jpg

b0185573_10455185.jpg

自然研究路だけあり,道はよく整備されています。
b0185573_10493123.jpg

岡山・鳥取の県境尾根に出ました。
b0185573_1051423.jpg

左方向は光線の加減で地名が読めませんが、中国自然歩道芦津です。
b0185573_10555392.jpg

尾根を少し歩くとまた標識で、ここが第三分岐点になります。標識の若杉峠まで700m(実際は900m)は尾根コースで、私たちは自然研究路を歩くため尾根から離れ、吉野川源流の第二分岐点に下ります。
b0185573_11121117.jpg

自然研究路には数々の説明板があります。
b0185573_11174251.jpg

一口にカエデって言っても種類が多いのですね。
b0185573_11181671.jpg

10:50第二分岐点に降りてきました。
b0185573_11202337.jpg

手前若杉峠方見から見る第二分岐点。直進が駐車場方面で、右から下りてきました。
b0185573_11243324.jpg

吉野川源頭部あたり。吉野川は下流で吉井川と合流、岡山市東部で瀬戸内海に注ぐ大きな川です。
b0185573_11344070.jpg

若杉峠に着きました。
b0185573_16495064.jpg

峠のお地蔵様。
b0185573_16504144.jpg

峠から左へ、階段をひと登りすると展望東屋があります。
b0185573_16573318.jpg

展望台手前の案内板。
b0185573_17152432.jpg

11時ジャスト、展望東屋に着きました。
b0185573_16583382.jpg

東方面の狭い範囲ですが展望が開けています。左はくらますで右は三室山。この展望も樹木の生長でいずれ隠されてしまうでしょね。
b0185573_17491548.jpg

南方向でわずかにのぞいているのは、左が後山で右が船木山?もう少し範囲が広ければわかるのですが・・・
b0185573_17563731.jpg

東屋の横の日当たりのいいところでのんびりと食事とコーヒーをいただきます。今日は風もなく絶好の山日和です。
1時間後の12時スタート、階段を降り若杉峠へ。峠からは道標がありませんが右へ坂を登ります。
b0185573_1823648.jpg

テープを拾って植林の中へ。
b0185573_115470.jpg

おかしいな?少し進んだ時、枯葉の上にかすかな踏跡がありますが、これは道ではないぞ!と立ち止まります。7年前に歩いた時とはまるで様子が違います。以前歩いた記憶が残っているので地形図もコンパスも不携帯。さてどうするか・・・引き返すのも面倒だし・・・
ただ斜面を登っているので左下に方向修正する必要があります。

道を探していたメンバーさんから「道があったよ」と下の方から声が聞こえてきました。
ヤレヤレです。少し斜面を下ってようやく登山道らしき所に復帰,大失敗です。

帰宅後調べると、7年前を歩いた地形図の登山道はほぼ県境に沿って直進していますが、現在はP1100に向かって少し登ってから下るように引かれています。ルート変更があったようです。

植林の中を歩くと下に林道が見えてきました。
b0185573_1438332.jpg

林道に出る手前の落葉の中に隠れるように小さな私設の道標があります。見えやすいように置きなおしますが、どうやら傍の木から下に落ちたようです。
b0185573_11192574.jpg

ここでまたミスです。峰越峠は右方向なので林道を右に歩きます。雑草やススキに覆われた荒れた林道ですが、10分あまり歩いたところで、またまたおかしいな?とストップ。
こんな林道を歩いた記憶にありません。
b0185573_1441861.jpg

また間違ったぞ、今度はUターンです。地形図・コンパスは必ず持参しましょうね。ハイ!
先ほどの道標近くまで帰ってきて前方を見ると、なんと立派な標柱が立っているではありませんか。
b0185573_14561134.jpg

まだ新しく以前はなかった標柱です。なるほど一旦林道に出て右じゃなく左に進み、ここから右に進むと峰越峠です。それにしても標柱に気が付かなかった凡ミスです。

ところで辺りをよく見ると、標柱の向こう、矢印が前回歩いた古い地形図の登山道跡のような気がします。
b0185573_13371293.jpg

30分近くのロスでした。気を取り直して出発しましょう。記憶に残っている道端の荒れ果てた作業小屋は、7年たった今も健在です。
b0185573_1521158.jpg

この辺りは薄暗く陰気な雰囲気なので自然に足早になる区間です。
b0185573_15245627.jpg

b0185573_15254065.jpg

陰気な雰囲気区間を過ぎ、P1124を過ぎると、やがて天高くそびえる一本杉です。時刻は13時、この下で小休止、コーヒータイムとしましょう。
b0185573_15311760.jpg

東には右三室山左くらますが近くなってきました。
b0185573_15381922.jpg

15分ほど休憩して腰を上げます。急な坂を下ると林道に出ました。作ったものの荒れ果てたままの林道、もったいない話です.銘板の吉〇山林道、〇の文字は何でしょう?
作成した後から間違いに気づき削られたのか、それともいたずらか?気になるところです。
b0185573_15421051.jpg

ちなみにこの林道、どこまで開通しているのか知りませんが、北に下ると若桜町吉川です。
b0185573_15582878.jpg

林道から少し登ると一気に視界が広がります。右くらますと中央後方が氷ノ山です。
b0185573_1651976.jpg

氷ノ山アップ。
b0185573_1693718.jpg

西を見ると中央が東山(とうせん)左が沖の山です。画面右に休憩した大杉が見えます。
b0185573_16112372.jpg

アップすると昼食をとった若杉峠上の東屋が見えます。
b0185573_16162346.jpg

柱から落ち朽ちかけた道標。
b0185573_16175161.jpg

ねじ曲がった木。雪の重みで倒れる寸前に踏みとどまったのか、先端からまっすぐに枝が延びています。自然はたくましいですね。
b0185573_16211795.jpg

13:35三国平分岐です。後ろに見えている三国平は文字通り平らな地形で、目立ったピークはありません。特徴がなく過去に行ったことがあるので皆さんパスしよう、です。
b0185573_17402026.jpg

b0185573_17404277.jpg

峰越峠に下ります。多少のアップダウンがありますがなだらかな地形です。
b0185573_17514846.jpg

b0185573_17512866.jpg


14:10登山口に降りてきました。登山口の道標は三国平です。
b0185573_180117.jpg

駐車地点まではすぐです。あれ、東屋がなくなっている!年々劣化が進み倒壊は時間の問題、と思っていましたが、とうとう撤去され、小屋後ろの石垣だけが残されています。
b0185573_1853156.jpg

ありし日の東屋。雪の重みで倒壊しないかな、と気をもんだものです。
b0185573_189177.jpg

14:15道間違いのハプニングがありましたが、無事車に帰ってきました。

14:20帰路に着きます。ちくさ高原スキー場あちこちでオープンに向け作業をされています。暖冬の予報も出されていますが、どうなるかな?
私は何度も通いましたが、ここ2シーズンはご無沙汰です。
b0185573_18132319.jpg


こちらに来るとの帰り道にある千種町の温泉(エーガイヤ温泉)に入りますが、今日は工事で休館。
仕方なく山崎町のR29から少し西に寄り道して(しそうよい温泉)へ。設備のわりには¥700と高いのが難点です。
b0185573_18204497.jpg

15:20~16:10まで温泉につかり、17:15姫路に帰ってきました。

[走行距離 約180キロ 歩行距離 約10.5キロ 累積標高差 約600m] 
by hotaka443 | 2018-11-29 14:59

No495姫路の裏山・増位山~広峰山をテクテク

増位山(258.9m)~広峰山 兵庫県姫路市 2018・11・4(日)天気・晴れ メンバー・単独

b0185573_1121235.jpg


b0185573_11495622.jpg


家庭の事情で思うように外出できないので、今日は自宅の裏山?の増位山と広峰山を歩いてみました。

この山は姫路の市街地の背後、市川と夢前川に挟まれた東西約5.5キロ、最高峰でも340mほどの低山が屏風のように(ちょっとオ~バーかな)連なっている山並みに位置しています。
多くのハイキングのコースがありますが、まだ歩いていないコースも結構あり、今日の予定はそのうちの2本を歩いてみます。

一般的に登山は登山口から登るものですが、駐車場の関係でまず上から登山口に下り、コースを変えて登り返します。
また長時間家を空けられないので、午前と午後との2回に分けて登ることにしました。

自宅から増位山ドライブウエーを駆け上り、広い駐車場のある増位山随願寺の駐車場まで10~15分、登山靴は履いてきているので駐車場に着くと同時の9時に出発します。
もともと水は飲まない方なので手ぶらの登山です。
b0185573_14124948.jpg

坂を下ると随願寺の境内で、開山堂があります。
b0185573_20175631.jpg

b0185573_2018183.jpg

その先には榊原忠次の墓所です。
b0185573_13281127.jpg

b0185573_13282879.jpg

墓所を過ぎると随願寺本堂の横に出ました。
b0185573_1331336.jpg

本堂正面。増位山随願寺は天台宗の寺院で、中世末期頃多くの宗徒を抱え多数の坊舎が立ち並ぶ大寺院でしたが、三木の別所長治に攻められ全山消失。
今の本堂は1666年、榊原忠次によって再建されたといわれています。
b0185573_13324056.jpg

境内を南に歩くと経堂があります。
b0185573_13404243.jpg

b0185573_13501710.jpg

続いて鐘楼です。
b0185573_13514860.jpg

境内から石段で降りると正面に小さな放生池が水をたたえたいます。
b0185573_13551042.jpg

池の前を左へ坂を登ると狭いですが随願寺梅園に出ます。
b0185573_1358392.jpg

梅園の手前を右へ歩くと、姫路城主榊原政邦の墓所の前に出ます。
b0185573_1424868.jpg

b0185573_143696.jpg

ここから歩きやすい山道になり、やがて分岐に出ます。
b0185573_1463514.jpg

分岐で東から南に方向を変え、東尾根に乗ります。
b0185573_1493556.jpg

右側の登山道脇に遺構跡の道標がありますが、よくわかりせん。
b0185573_1413970.jpg

平坦な道を進んでいくと道標があり、左へ三角点のある展望台に登ります。
b0185573_1415544.jpg

南東側が開けた展望台はすぐです。
b0185573_142046100.jpg

三等三角点増位山。
b0185573_14214689.jpg

南東側の展望です。
b0185573_1511208.jpg

北東側には笠形山が見えるのですが、あいにく雲の中です。
b0185573_15141657.jpg

9:30駐車場から30分らかかりましたが、5分ほど展望を楽しんで出発します。
反射板があります。
b0185573_1518096.jpg

進行方向の南側の展望が開け、姫路市内と遠く瀬戸内海に浮かぶ家島諸島がかろうじて確認できます。
b0185573_15195378.jpg

2本見えた鉄塔の最初の鉄塔を過ぎると東尾根コースは右へ下りますが、今日は直進してみます。
b0185573_15304925.jpg

増位山には珍しい大岩。
b0185573_15342448.jpg

岩を巻くと見晴らしのいい鉄塔下に出ます。
b0185573_9555057.jpg

西方の展望。谷をはさんだ向こう側の鉄塔の見える尾根が西尾根で、一度下に降りてから登ります。
後方の山の中腹の白い建物はセトレハイランドビラで、午後下山する尾根です。
b0185573_10422079.jpg

b0185573_11133798.jpg

ここまで足を延ばし展望を楽しむ登山者は結構ありますが、ここからはUターンして東尾根コースを下るのが一般的です。
しかし今日は地形図にある、高圧線鉄塔から南に下っている破線を確認、そこから下に降りるという目的があります。

というのも、以前地形図に従い県道沿いの墓地の横にある道らしき所から尾根の鉄塔を目指して取り付いたのですが、すぐに行き止まりになり、雑木林の中を右往左往してやっとここの鉄塔にたどり着いた苦い経験があります。

果たして地形図通りの道があるのか・・・下からがダメだったので今度は上から、です。
しかし早くもこの道が現存しないことがわかりました。
尾根上の鉄塔の少し北から破線は下っていますが、この場所に道は見当たりません。

さて破線道がないとなると高度差100mを強行突破するか、それとも正規ルートに戻るか・・・ふと下を見ると雑木林の中に降りる踏み跡が見えたので下りてみます。
b0185573_10524487.jpg

歩く人がいるらしく踏み跡ははっきりしています。どこに出るのか、下りてからの楽しみです。
前方にお墓が見えてきました。
b0185573_10581234.jpg

墓地の中を歩きますが、昼間とは言えあまり気持ちのいいものではありません。また安眠されている個々の霊に叱られそうな気もし、足早に歩きます。
b0185573_111626.jpg

出口近くの看板。ここは随願寺墓苑です。
b0185573_1163656.jpg

墓苑から狭い舗装道路に出ました。ここはどこかな?とまわりを見渡すと、東尾根登山口から随願寺へ行くの登山道でした。
b0185573_14334213.jpg

この道を数十メートル下ると広い道に出ます。広い道を登ると増位山ドライブウエーで駐車場に至ります。今度は道路左側の人影の角を左に入ります。
b0185573_14531434.jpg

200mばかり静かな街中の道を進むと大年神社が右に見えてきます。
b0185573_14552474.jpg

神社の西に西尾根コースの登山口があります。
b0185573_14584044.jpg

b0185573_14595116.jpg

b0185573_151519.jpg

姫路城北支線鉄塔。
b0185573_1524651.jpg

姫路南支線と姫路支線の鉄塔。これらは歩いてきた東尾根コースの鉄塔から500mほどの距離を一跨ぎしています。
b0185573_1544913.jpg

東尾根の鉄塔。
b0185573_1514083.jpg

上側の姫路支線No23鉄塔。
b0185573_15573492.jpg

鉄塔の上の登山道からは南側の展望が一気に広がります。少し拡大してみると、正面の姫路城から飾磨の工場地帯。そしてその先の瀬戸内海とポッカリ浮かぶ家島諸島。ただ少しモヤって視界は今いちです。
b0185573_15494056.jpg

姫路城アップ。まわりの白い建物と一体化してわかりずらいですね。
b0185573_15544712.jpg

南西方向に首を振り自宅を探しますと、バッチリ見えます。
b0185573_15555190.jpg

始めての西尾根コースの展望を満喫、さあ駐車場を目指して登りましょう。
b0185573_1654989.jpg

b0185573_1671953.jpg

この石作りの立派な道標、西尾根コースに多く見られます。
b0185573_9946.jpg

春の広場。広場というほど広くはないですが・・・
b0185573_9103487.jpg
b0185573_952235.jpg

次は夏の広場です。春と同様、広場というには苦しいかな
b0185573_9553579.jpg

続いて秋の広場。春・夏と変わらない狭いスペースです。
b0185573_9595994.jpg

そういえば里山もそろそろ秋の気配ですね。
b0185573_1051398.jpg

近畿自然歩道の道標が立つ三差路です。西尾根から登ってきました、ここでいったん随願寺方面に下り駐車場に戻ります。右方向の広峰神社は午後から歩きます。
b0185573_18474273.jpg

10mほどの急坂を下ると小さな池三つを中心に小公園が作られています。
b0185573_10135940.jpg

駐車場は池の南側にあり10:50、車に帰ってきました。約2時間の午前中ハイキングは終わりました。
b0185573_10195198.jpg

一度自宅に帰り、午後またこの駐車場にお世話になります。

13:30再びやってきた駐車場をスタートです。午後は広峰神社から下山、別のコースでこの駐車場に戻ってきます。
公園の池とそばにと立つ案内図。
b0185573_13463788.jpg

b0185573_13475060.jpg

坂を登り尾根に出ると三差路です。午前中は左の西尾根コースを登ってきましたが、これから広峰神社に向かいます。
b0185573_13571998.jpg

よく踏まれた登山道。
b0185573_14105553.jpg

駐車場から15分ほどでベンチが置かれた一本松峠の分岐です。ソーメン滝方面の分岐点です。
b0185573_14175463.jpg

b0185573_141814100.jpg

b0185573_14293447.jpg

小さな沢を渡ります。道標が二つ、近畿自然歩道と沢に落ちかけた古い道標、それぞれ距離が異なるところが面白いですね。
b0185573_1438123.jpg

b0185573_14392276.jpg

b0185573_14403520.jpg

広峰神社手前の急登を登ると14:15広峰神社着です。京都の八坂神社の本社でもあります。
b0185573_14441596.jpg

数年前のNHK大河ドラマで好評だった軍師黒田官兵衛、姫路生まれで広峰神社にもゆかりがあり、この地に神社が立てられるのですね。数々の歴史と由緒ある建造物が残された神社ですが、歴史の方はどうも・・・
b0185573_14443763.jpg

b0185573_14562248.jpg

午後も手ぶら登山ですが休憩所でお茶を一本買って、さあ下山。今ではほとんど人が通らない古道、旧参詣道を歩きます。崩れかけた土塀や廃屋跡、神社が栄えた頃の参拝者宿坊が軒を連ねていたそうです。
b0185573_15231875.jpg

ふりかえる古道と広峰神社。一般に広峰神社あたりを広峰山と呼ばれていますが、広峰山という山頂はなく、最高峰は画面後方の白幣山(320m+)です。
b0185573_16104576.jpg

古道は駐車場の横を通り大鳥居から車道に出ます。200mあまり車道を下ると、セトレ・ハイランドビラ姫路の駐車場に出ます。ここは悪名高き旧国民年金保養センターでしたが、解体後民間に払い下げされたものです。保養センター当時温泉に入りましたが、ここからの夜景は素晴らしいです。
b0185573_16442550.jpg

駐車場の角の道路側に古びた階段があります。
b0185573_16472647.jpg


下に降りると十丁の丁石が立てられており、旧参道で登山道でもありますが、陰気な雰囲気です。
b0185573_18531590.jpg

始めて歩く道ですが、つい速足になります。
b0185573_16522185.jpg

どんどん下っていくと少し手入れをすれば使えそうな廃屋があります。
b0185573_16594932.jpg

その先石段を下りるとドライブウエーに出ました。
b0185573_171350.jpg

登山道は道路を横断して雑草に消えていますが、ここからはドライブウエーを歩くことにします。
5分ほどで山陽道をくぐり、その先で左に入る道があるので左折します。
b0185573_1785433.jpg

しばらく山陽道に沿った道は民家の手前で右折、静かな住宅地を南下すると、午前中登った西尾根コース登山口に着きました。
b0185573_17135279.jpg

午前中に歩いた道を引き返し、随願寺霊園の入口を過ぎると念仏堂があります。
b0185573_17172836.jpg

b0185573_17175434.jpg

少し歩くと東尾根登山口です。
b0185573_17191455.jpg

b0185573_17194769.jpg
b0185573_17201298.jpg

まっすぐに伸びた道は随願寺の参道で、朝は早朝登山で賑わう道になります。
b0185573_17245927.jpg

増位山ドライブウエーが頭上を走ります。
b0185573_17295626.jpg

b0185573_1730184.jpg

b0185573_17333921.jpg

4回ほど道路の下をくぐりましたが、最後に道路を横断、東屋が見えます。左にまだ新しい模擬階段がありますが、右の石段を登ります。もう何十年も来ていないのですっかり様子が変わっています。
b0185573_17453931.jpg

石段道は結構荒れています。どこに出るのかわかりませんが、模擬階段道を歩く人が多いのでしょうか?
b0185573_17484681.jpg

頭上が明るくなりやがて放生池に出ました。午前中は対岸のは向こうに見える石段を下り、池のそばを右に歩きました。
b0185573_17502693.jpg

池のそばを左に歩くと駐車場から随願寺に行く道と合流、坂を下りると駐車場、15:35到着です。

広峰山の北側、奥広峰一帯にはまだ多くの歩いていないコースがあるので、機会があれば挑戦したいものです。

[データー]

増位山一周 1時間50分 歩行距離 約4.3キロ 累積標高差 約330m
広峰山一周 2時間05分 歩行距離 約6キロ 累積標高差 約400m

合計 歩行時間3時間55分 歩行距離 約10.3キロ 累積標高差 約730mでした。
by hotaka443 | 2018-11-14 19:04

No494紅葉始まる岡山皆ケ山

皆ケ山(1159.4m) 岡山県真庭市 2018・10・28(日) 天気・晴れ メンバー・2人
b0185573_17472064.jpg

蒜山キャンプ場進入路から左皆ケ山・右二俣山


b0185573_1834750.jpg


今日は皆ケ山と津黒山の二座の予定で6:40姫路を出発します。播但・中国・米子道を走り蒜山ICで降り、R482を横切り直進。一度蒜山大山スカイラインに出てすぐに蒜山キャンプ場方面に右折。
道なりに走り終点のキヤンプ場駐車場着は8:40、2時間かかりました。
勝央SAでしばらく休憩したので予定時間オーバーです。
b0185573_18274631.jpg

駐車場横のカエデは紅葉見頃。山も期待できそうです。
b0185573_18295914.jpg

8:50出発します。キャンプ場へ入る車用の遮断機も,シーズンオフで上がったまま退屈そうです。
b0185573_5591118.jpg

広大なキャンプ場も静まり返っています。この辺りの樹々はそろそろ色づき始めた程度です。
b0185573_65184.jpg

新鮮な空気を胸いっぱい吸い込みながら歩いていると、前方に水槽タンクがみえてきました。
b0185573_671567.jpg

水槽タンクの左側に登山道はあります。
b0185573_682443.jpg

快適な林の中を進みます。
b0185573_692720.jpg

スタートより45分、山頂まで1700m地点を通過します。
b0185573_613272.jpg

この辺りまで登るとようやく樹々が色づいてきました。
b0185573_615045.jpg

いいですね。
b0185573_6163073.jpg

b0185573_6171763.jpg

これから登る二俣山と、右皆ケ山が樹間からチラリとのぞきます。
b0185573_621461.jpg

10時ジャスト二俣山に着きました。
b0185573_12582680.jpg

南側の狭い範囲ですが視界が広がります。
b0185573_12594683.jpg

気になる三角錐の山があるので自宅に帰って拡大してみると、どうも金ケ谷山のような気がします。とするとカメラの位置をもっと左にすると、木に隠れている三平山や朝鍋鷲ケ山、そして毛無山が見えることになります。
b0185573_1439449.jpg

10分ほど休憩して皆ケ山へ。一度皆ケ山とのコルに下ります。コル近くから見上げる皆ケ山はキツイ!地形図では標高差130mほどですが・・・
b0185573_14443012.jpg

急登が終るとササの茂る平坦な地形に変わります。いい雰囲気です。
b0185573_14495712.jpg

それもつかの間、10:50三等三角点皆仙の山頂に着きました。
b0185573_16112090.jpg

が、えっ ここが山頂?と思わず声を出してしまいました。以前に比べ随分印象が変わっています。
一面雑草が茂り視界はわずか蒜山の山頂が見えるだけ。しかし今はかなり広範囲に見渡せます。閉ざされた山頂から解放された山頂に大変貌です。その南東方面の画像です。
b0185573_16242118.jpg

1000m級の山が連なっていますが、私には同定できません。ただ写真をアップしてみると、星山から櫃ケ山の縦走路のような気がする山並みが見えます。
右が星山で五輪山・扇山と続き、左が最後の櫃ケ山かな?
b0185573_1736519.jpg

下の画像は2010・4の撮影ですが、わずか上蒜山が見えるだけでした。
b0185573_16204911.jpg

北東方面はモヤっていますが日本海です。
b0185573_17462243.jpg

さてさて正面には上蒜山がどっしり構えており、左肩から下蒜山がのぞいています。
b0185573_17434750.jpg

お隣はアゼチです。
b0185573_17475433.jpg

左からアゼチと下蒜山、上蒜山。
b0185573_17525861.jpg

パノラマ写真。
b0185573_17534614.jpg

北西方向は相変わらず樹木やササが茂り展望はありません。烏や大山の大展望が見たいものです。

今日は西よりの風が強く、時には寒さを感じましたが、山頂は風が当たらず日差しタップリ。
のんびりと食事にしましょう。食後のコーヒーをいただき、11:40下山します。

二俣山のコルまで激下り、足元に気をつけながら慎重に下ります。
b0185573_181943.jpg
b0185573_180285.jpg

上蒜山から南に張り出した尾根からは、幾筋もの谷が蒜山高原に向かって流れ落ちます。
b0185573_1862182.jpg

紅葉が美しいです。歩きながら写真をとろうとして急斜面の岩で滑ってドッスンと尻もち。写真は止まってからとりましょう。
b0185573_18111744.jpg

正面に二俣山。
b0185573_1812244.jpg

紅葉のトンネルのこの辺りは激下りです。
b0185573_18125993.jpg

b0185573_18132461.jpg

コルに降りてきました。振り返って見上げる皆ケ山。
b0185573_18145537.jpg

西側の樹間から烏ケ山がチラリとのぞきます。
b0185573_1471745.jpg
バックの大山は残念ながら雲の中。
b0185573_1421560.jpg

b0185573_1475481.jpg

b0185573_1484435.jpg

b0185573_1493078.jpg

b0185573_1495114.jpg

b0185573_1413061.jpg

道標を過ぎると緑が多くなってきました。
b0185573_14141285.jpg

皆ケ山の説明文のあるキャンプ場に降りてきました。
b0185573_14165396.jpg

b0185573_14172344.jpg

b0185573_1418312.jpg

入口に近いキャンプ場の区画番号。ここで111番、いったい何区画あるのか、とにかく広いです。
b0185573_14214984.jpg

13:15駐車場に帰ってきました。
b0185573_14224569.jpg

キャンプセンター。シーズンオフで閑散としています。横に研修センターの大きな建物もあります。
お隣の大山は紅葉も見頃、大勢の人でにぎわっていることでしょうが、皆ケ山は3人男性グループと単独の男性の4人のみの静かな山行でした。
b0185573_15331470.jpg


この皆ケ山、すでに廃刊になっている(山渓1998年発行 マイカー登山中国道)の記載では、二俣山と皆ケ山のコルから先は背より高いネマガリダケに覆われ、踏み跡はついているが歩行困難、と記載されています。
私も随分以前に登った時、満足な道はなかったように記憶しています。
苦労して登った割には展望もなく、もう二度と来るものか、と思っていた山でした。

皆ケ山に別れを告げ13:25スタート。帰りに登る予定の津黒山はまた今度と、相棒さん。
助かった、実は私も内心そう思っていたところです。一度車に乗ってからまた下りてもう一度登る、なんて面倒なものですから・・・

帰り道振り返る双耳峰の皆ケ山。右はアゼチ。画面左端に烏ガ山が見ます。
b0185573_1622673.jpg

場所を変えてみると烏ガ山と左に大山がクッキリと。両山の谷間の小さな突起は三鈷峰かな?
b0185573_1642985.jpg


大山方面の帰路の温泉は(やつか温泉・快湯館)で、1時間ほどのんびり湯につかり、17時に姫路に帰ってきました。

[データー】

姫路出発6:40⇒播但道~中国道~米子道~蒜山IC⇒一般道に出て直進⇒県道114に出て100m先蒜山高原キャンプ場標識方面に入り終点P8:40 

駐車場出発8:50→二俣山10:00~10:10→~皆ケ山10:50~11:40→二俣山12:05→駐車場13:15

出発13:30⇒県道114⇒県道422(やつか温泉)⇒県道422⇒R313⇒湯原ICより米子~中国~播但道 姫路17時着

(走行距離 約320キロ  歩行距離 約7キロ  累積標高差 約690m)


by hotaka443 | 2018-11-03 06:40