みちくさおじさん山を歩く

カテゴリ:未分類( 513 )

No510 森林浴の森日本100選 福井八ケ峰

八ケ峰(800.2m)福井県おおい町/京都府南丹市 2019・8・13(火) 天気・晴れ メンバー3人
b0185573_5112976.jpg

b0185573_525890.jpg


昨日は大長山に登り民宿に一泊、今日は三ノ峰・荒島岳・平家岳から選んで登るつもりでしたが、メンバーさん、三ノ峰と経ガ岳はしんどそう、平家岳は日影が少ないと話すと、暑いな~とやる気なし。結局帰り道で短時間で登れる八ケ峰を提案、決定です。

荒島岳ふもとの民宿を6:15スタート。中部縦貫道・北陸・舞鶴若狭道を走り小浜ICで下り、一度R27に出て右へ、すぐの信号を左折、川の堤防に沿って南下するR162を走ります。
のどかな田園地帯を15キロほど走るとを、左折県道224・家族旅行村の道標に従い左折、約5キロあまりで家族旅行村に着きました。9時ジャストです。
b0185573_1716393.jpg

車を中の駐車場に止め、案内所で登山口を確認します。9年前に登っていますが、いろんな施設の建物が増えて記憶があいまい。あの白い建物の向こうに道標があるとのことです。
9:10スタートします。
b0185573_17402142.jpg

b0185573_17431194.jpg

強い日差しのの中ヘアピンカーブの林道をテクテク。
b0185573_17471488.jpg

5回目のカーブをカットする直登の入口。
b0185573_175932.jpg

気持ちのいい樹林帯を歩きます。
b0185573_1863598.jpg

カットした林道に出ました。
b0185573_1872177.jpg
林道の反対側に登山口があります。
b0185573_1895295.jpg

雰囲気のいい林の中を登ります。
b0185573_18142152.jpg
ほぼ直登の登山道ですが、森林浴の森だけあり周りは深い緑の世界、気持ちよく登られます。最初に登った時は小屋とベンチとがありましたが、今は場所もわからず跡形もありません.
b0185573_4154745.jpg

b0185573_4163018.jpg

b0185573_4235057.jpg

10:25尾根の峠に出ました。三差路で左から尾根伝いの五波峠からの道と合流します。五波峠は走ってきた道をそのまま進むと五波峠で標高が600m、ここが690mですからラクチンコースです。
b0185573_4404954.jpg


ここから進行方向が南から西の尾根伝い変わりますが、緑の中をひたすら歩くので写真の変化はありません。
b0185573_4452975.jpg

小さな起伏の先に見えたピーク、山頂かな?と思ったら760mのピークで、北に方向転換します。
b0185573_504262.jpg

ピークを下り登り返すと八ケ峰山頂です。11:05ですから休憩入れて2時間弱かかっています。
b0185573_5984.jpg

三角点は二等,点名は八ケ峰です。
b0185573_520599.jpg
展望は限られています。9年前は見えた西方向の青葉山ですが確認できませんでした。
b0185573_5231497.jpg

東方の山々。伊吹山あたりが見えると思うのですが、わかりません。
b0185573_527152.jpg

休憩していたら4人のグループが登ってこられましたので入れ替わりに下山しましょう。11:25スタートです。
往路を引き返し峠を11:40通過。緑一色の中をひたすら下ります。
b0185573_5425949.jpg

12:20登山口着、旅行村の駐車場に12:30帰ってきました。キャンプ場からは賑やかな家族連れの声が流れてきます。連休なので多くの人で大賑わいです。

12:40帰途に着きます。R162に出ると小浜に戻らずに西へ。7キロ余り走って右折、県道16に入ります。峠越えからループ橋を下り舞鶴若狭道の大飯高浜ICに入ります。
こちら方面に来た時の温泉は舞鶴西IC下りてすぐの(たかお温泉・光の湯)ですが、何を思ったのか舞鶴東で下りてしまい、時間のロスをしてしまいましたが、14:10温泉に着きました。
b0185573_6214837.jpg

お昼ご飯たべてなかったので湯上りに腹ごしらえ。15:30温泉出発で17時無事姫路帰ってきました。

森林浴の森だけあり、深い緑の中を美味しい空気を胸いっぱい吸い込みながらのんびり歩く山で、展望は全くありません。
八ケ峰のいわれは、丹波・丹後・山城・近江・若狭・越前・加賀・能登が見渡せることから名づけられたといわれています。

尚、南の京都側からの知見登山口コースは、道中の途中に「国の重要伝統的建造物群保存地区」に指定されている(かやぶきの里)があります。

京都美山観光ナビより
b0185573_9294642.jpg


[データー]
大野市民宿6:15⇒R158~157中部縦貫道大野iC⇒北陸道~舞鶴若狭道小浜IC⇒R27~R172~県道224家族旅行村∼県道224~県道16⇒大飯高浜IC舞鶴若狭道舞鶴東IC⇒県道28∼R27(たかお温泉)⇒舞鶴若狭道⇒中国道⇒播但道砥堀IC⇒姫路17時到着

(走行距離 約350キロ  歩行距離 約6キロ  累積標高差 約610m)

by hotaka443 | 2019-09-16 10:35 | Comments(0)

No509 加越国境6年ぶり白山展望台の大長山

大長山(1671.4m) 福井県勝山市/石川県白山市 2019・8・12(月・祭) 天気・晴れ メンバー・3人
b0185573_663111.jpg

大長山から白山連峰の大パノラマ
b0185573_675773.jpg


b0185573_16203888.jpg

赤兎山からの大長山  2013・9・23

今日は山の日の振替休日でお盆を入れると長期休暇となります。私にはもう関係ないですが・・・
夏はアルプス、ですが、家庭の事情で二日しか家を空けられないので、近くの山であきらめましょう,という訳で大長山と赤兎山に向け5:05姫路出発です。もちろん白山を拝むのが目的です。
連休の中間なので道路も混んでいないはずです。

播但~中国~舞鶴若狭~北陸~中部縦貫道を走り、勝山で下ります。中部縦貫道が大野まで開通したことにより、ずいぶん走りよくなりました。
現在大野より東へ向かって荒島岳トンネルを工事中ですが、さらに東の油阪峠、高山市の一部、安房トンネルなど部分開通していますが,松本までの全線開通は未定です。

中部縦貫を勝山でおり北へ、九頭龍川を渡りR416へ。途中で県道に変わりますがそのまま直進しR157へ出ると左折して金沢、白山方面に向かいます。
10分ほど走り滝波川にかかる赤い欄干の橋を渡るとすぐ右赤兎山の標識があります。細い道に入り
1キロほど走ると小原集落があり、その先にゲートがあります。横の小屋からおじさんが「一人400円いただきます」とあらわれ、領収書とパンフレッド、そして道筋にある水芭蕉温泉の割引券を手わされます。
b0185573_5144511.jpg

普通は車1台の料金ですが、ここは入山者分を徴収されます。以前は無料でしたがかなりの悪路。今は舗装されていますが係員の勤務の都合でAM7~PM5の時間制限があり、気分的にのんびりできません。

小原集落から広域基幹林道小原線を走り林道終点手前の駐車場に9:15到着。三方五湖ASで30分近く休憩したので正味走行時間は3時間40分ほど。最近は安全運転に徹しているので結構かかっています。駐車場は2か所あり、下側は2台、登山口近くは7~8台とガラガラ状態。ゲートのおじさんの「今日は少ないです」の通りです。80台駐車できるそうですが、この時期見るべきものがないからでしょう。
初夏の高山植物や秋の紅葉の時期は道路まで車があふれているのですが・・・・
b0185573_1053362.jpg

9:30スタート、登山口は林道を少し登ったところです。
b0185573_1141918.jpg

b0185573_116466.jpg

小原峠までは急な登りがなく、自然林やブナ林の中をゆっくり登ります。
b0185573_13394344.jpg


3個所ほど小さな流れを渡ります。
b0185573_13432389.jpg

10:15石川・福井県境の小原峠に着きました。直進すると白山登山口の市ノ瀬へ、右が赤兎山、左が大長山です。
b0185573_13444656.jpg
b0185573_13451478.jpg

15分ほど休憩します。何組かのグループや単独行の人たちが登ってきましたが、皆さん赤兎山が目的で、大長山は皆無。距離が長くアップダウンが多いしロープのかかる急登があるので・・・とある登山者。
11:30大長に向けスタート。峠横の細い深さ2mほどの涸沢に一通降りて登り返します。この沢は両県の分水嶺です。
b0185573_14231856.jpg

b0185573_21467.jpg

灌木や雑木林の単調な道です。
b0185573_14272656.jpg

10:55苅安山です。
b0185573_14282985.jpg

山頂らしいピークはなく、尾根上の通過点です。赤兎に比べるとマイナーな山で登山者も少なく、古びた道標がそれを物語っています。展望もないので通過します。
b0185573_14321330.jpg

樹木の間からかすかに望む頂、あれが大長かな?
b0185573_4112954.jpg

ロープが現れましたが短い崖なので必要なさそうです。
b0185573_4134137.jpg

二か所目のロープは滑りやすい赤土です。
b0185573_4211153.jpg

大長山が近づいてきました。
b0185573_4231523.jpg
アップダウンを繰り返して進むと、やっと大長山です。一番上のガレ場が要注意個所でロープが設置されていたように思います。
b0185573_430101.jpg

さあこれを登れば山頂だ、と思っていたその時、いやこれはニセ大長だ、という記憶がよみがえってきました。
b0185573_4391764.jpg

登ってきてるかな、と振り返ります。
b0185573_441239.jpg

崖を登る途中で右に素晴らしい展望が待っていました。白山から別山,さらに三ノ峰から一ノ峰までの山並みが目の前に広がっています。
b0185573_444268.jpg

振り返ると歩いてきた くの字型の長い尾根とその先にどっしりと構えた赤兎山が。山頂からゆったりと左に下る尾根下にガケ崩れが見えますが、ハート型のガケ崩れとして有名とか。ハート型に見えるかな?
b0185573_534256.jpg

ニセ大長からその先の大長はすぐそこです。
b0185573_572279.jpg

12時ジャスト、大長山山頂に着きました。登山口から休憩入れて2時間半かかりました。三角点は二等大長山です。
b0185573_5105581.jpg

三角点の立つ山頂は茂みに囲まれ展望はありませんが、少し北に移動すると白山を望む大展望が広がります。
b0185573_15165688.jpg

白山を拡大。中央が御前峰、左が剣ケ峰、右端中央矢印の赤い建物が室堂です。
b0185573_10294144.jpg

白山から石徹白方面にかけてのパノラマ写真。右から白山、別山,三ノ峰、二ノ峰、一ノ峰、銚子ケ峰までは確認できますが、その先石徹白方面にかけての山名は残念ながらわかりません。
b0185573_1244578.jpg


西の展望。この辺りは初夏のころニッコウキスゲが咲き乱れるそうです。手前の黒っぽい山並みにに取立山が、遠くの尾根上に大日山や富士写ケ岳、火燈山、丈競山、などの山々が並んでいるのですが、同定できません。
b0185573_14193983.jpg

訪れる登山者もなく静まり返った山頂で、パノラマを堪能しながらお昼にしましょう。

あまり知られていない大長山が一躍有名になったのが2004年2月、関西学院大学ワンゲル部14名の大量遭難騒ぎでしょう。
一行は取立山から入山、大長山まで縦走したが二つ玉低気圧が猛烈に発達しながら東進、豪雪に見舞われ大長山で身動きが取れなくなりSOS。ただ猛吹雪でヘリも飛べず、ようやく天気が回復した6日後全員無事救出された事故です。私もこの一件まで大長山は知りませんでした。

12:50のんびり山頂で時を送りました。さあ下山しましょう。
ロープのかかるガレ場上で左赤兎山、右経ケ岳の見納めです。
b0185573_15231155.jpg

経ケ岳を拡大してみると、経ケ岳の左に荒島岳、右に銀杏峰と尾根続きの部子山がボンヤリ見えています。
b0185573_15434829.jpg

ガレ場ノロープを下ります。
b0185573_15471331.jpg
次の赤土のガレ場。
b0185573_1549968.jpg

別山と三ノ峰が見えるところが一ヶ所あり。アップで。
b0185573_15531215.jpg

苅安山13:40通過。小原峠には14:05に降りてきました。短時間の赤兎登山者はとっくに下山しているので静まり返っています。
b0185573_1614711.jpg

赤兎山は今からではゲートが締まり時間切れになりそうなので断念。このメンバーは予定は未定が定番です。
小休止の後下山開始、14:40無事登山口に降りてきました。
駐車場は私の車を入れて2台のみ。右の車は到着した時にはすでに止まっていたので、赤兎方面に登って行かれたのでしょう。
b0185573_1611549.jpg

駐車場の横には山からの水が引かれているのでいただきます。冷たくて うま~い!
b0185573_16142211.jpg

15:00駐車場を出発。下の駐車場はゼロです。曲がりくねった林道を走り、ゲートに到着。小屋から出てこられたおじさんとしばし雑談。
この林道は赤兎駐車場の少し先までですが・・・と聞くと、小原峠の反対側の白山市から登ってくる林道とつなぐ予定が、お金がなく中止したとか。今では登山者と途中にある小原ダム関係者が利用する林道とのこと。ちなみに小原ダムは地形図に掲載されていないので小さいのでしょう。

今日の宿はよくお世話になる荒島岳のふもとにある民宿です。いつまでたっても昔のままの安い料金で、結構御馳走が出てきます。
16時宿に到着、一風呂浴びてさっぱりします。明日は三ノ峰か経ケ岳、または平家岳ですが、朝起きた時の気分で決めましょう。
b0185573_16574076.jpg


今日の天気図
夏季は湿った太平洋高気圧に覆われる日が多く、モヤって展望には不向きな季節。しかし今日は弱いながらも北からの高気圧圏内で比較的空気も乾燥、まずまずの視界でした。
台風9号は渤海湾に、南海上の10号の影響はまだこれからで等圧線の間隔も広く、無風状態でした。

b0185573_11322118.png


[データー]

姫路出発5:05⇒播但~中国~舞鶴若狭~北陸~中部縦貫道勝山IC⇒県道168⇒県道255⇒R416⇒県道261⇒R157⇒広域基幹林道小原線終点駐車場9:15

スタート9:30→小原峠10:15~10:30→苅安山10:55→大長山12:00~12:50→苅安山13:40→小原峠14:05~14:10→駐車場14:40

出発15:00→民宿16:00着

(走行距離 約370キロ  歩行距離 約7.4キロ  累積標高差 約740m) 

by hotaka443 | 2019-08-31 02:34 | Comments(0)

No508滋賀 武奈ケ岳はガス深し

武奈ケ岳(1214・2m)滋賀県大津市 2019・7・15 (月・祭〉天気・ガス メンバー・4人
b0185573_10341727.jpg

b0185573_1071545.jpg



夏冬問わずよく通った武奈ですが、最近はご無沙汰で4年ぶりになります。
6時姫路出発、名伸~湖西道路を走りいつもは真野ICで下りますが、今日は一つ先の和迩まで走ります。ICを出た所にある(道の駅妹子)に立ち寄るためです。
連休の湖西道路は車でいっぱい。思うように走れません。帰りが思いやられます。

休憩の後県道311からR477に出て5分も走るとR367に合流します。367を10キロあまり北上すると信号のある曙橋交差点があるので左折、橋を渡ると葛川市民センターの広い駐車場があるので、ここをお借りします。

時刻は8:05広い駐車場はまだ数台が止まっている程度です。
b0185573_15432155.jpg

快晴だった空は山間部に入るとガスで山々は隠されてしまいました。
支度を済ませ8:15スタートです。安曇川にかかる曙橋を渡りR367へ。
b0185573_16105417.jpg

左折して明王院の大きな看板方向に進みここを右折すると、正面に地主神社が見えてきます。
b0185573_15505757.jpg

b0185573_16131352.jpg

神社前を左に進むと明王谷川にかかる赤い橋が見えてきます。
b0185573_16162077.jpg

橋の手前には明王谷に沿って右に入る林道があり、牛コバから比良山系への登山道です。
b0185573_17413578.jpg

明王橋を渡ると右手に明王院があります。
b0185573_17444927.jpg


明王院の先に登山口で道標があります。
b0185573_17474874.jpg

いきなり植林の中のジグザグ道の急登が始まります。
b0185573_17504579.jpg

高度を上げていくとあたり一面無残な倒木でビックリ。昨年9月の台風21号で渡月橋の欄干が倒されされ、北山杉の多くが壊滅的な被害を受けましたが、この辺りも地形的に風の通り道になったのでしょう。
b0185573_1863983.jpg

倒木地帯を抜けるとブナ林で、漂うガスで幻想的な世界に溶け込みます。
b0185573_18164397.jpg

b0185573_10555784.jpg

9:40冬山ルート分岐です。
b0185573_111125.jpg

10:15、別れていた冬山ルートと合流します。
b0185573_1135545.jpg

10:30御殿山に着きましたが、相変わらずガスは濃淡を繰り返しています。小休止でコーヒーを頂きます。
b0185573_1162010.jpg

b0185573_11265436.jpg

天気が良ければここで初めて武奈が顔をのぞかせます。
b0185573_1123036.jpg

15分ほど休憩し、坂を下るとワサビ峠です。下山はコヤマノ岳経由でここに戻ってくる予定です。
b0185573_11295382.jpg

ワサビ峠から少し登ると西南陵と呼ばれる明るい高原の尾根に変わりますが、ガスが深く展望は、残念です。P1120+あたりの小ピーク。
b0185573_659263.jpg

小ピークから10分余り登るとケルンの積まれたピークで、山頂までわずかです。
b0185573_10401621.jpg

b0185573_10403960.jpg

b0185573_10415234.jpg

山頂直下の三叉路分岐。手前から登ってきましたが、帰りは右方向のコヤマノ岳の山頂にタッチして下山の予定です。
b0185573_10462434.jpg

11:25大勢の人で賑わう武奈ケ岳山頂に着きました。360度の大展望もガスでお預けです。
b0185573_10575822.jpg

b0185573_1051550.jpg

土砂流出でむき出しになった一等三角点武奈ケ岳。
b0185573_1105066.jpg

北よりの強風を避け、皆さんそれぞれ食事をされています。私たちも風の当たらない狭い一角を見つけお昼にします。ガスはますます深まり、少し離れると、声はすれど姿は見えず,です。

私にとっては比良山系は思い出多く、かっては浜大津から近江今津まで走っていた江若鉄鉄道を利用。1969年に廃止になってその後湖西線が開通し、また比良山ロープウエーが2004年に廃止になるまでは、今ではメインルートになっている坊村からの御殿山コースは登ったことがありませんでした。

展望のない山頂で一時間半近く過ごし、12:40下山スタートです。コヤマノ岳に寄るつもりでしたがこのガスなので、ピストンに変更します。

展望を楽しみながら下る快適な西南稜もガスの中。
b0185573_13295370.jpg

晴れていると実に爽快な西南稜の尾根歩きです。尾根から続く左端の山が御殿山。
b0185573_16191358.jpg

13:10ワサビ峠通過。
b0185573_15354133.jpg

どんどん下りますがまわりの景色は相変わらず墨絵の世界です。
b0185573_15404676.jpg

再び倒木地帯を通過します。限られた範囲ですが風の通り道になっているこの辺りの地形も、ガスのためわかりません。
b0185573_15472937.jpg

b0185573_1548826.jpg

やがてしっかりした杉林の急斜面に入り、一気に下ると明王院でその先の階段下には赤い欄干の明王橋が見えます。
b0185573_1623347.jpg

橋の下は美しく澄んだ明王谷川が流れています。
b0185573_1625972.jpg


14:50駐車場帰着です。下界はいい天気ですが見上げる山々はまだガスかかかっています。
展望もなく歩くだけの山行になってしまいました。

15:05駐車場を出発、温泉ですが、今日は何度か利用したことのある(比良ゆうとぴあ)に向かいます。湖西道路を10キロほど逆の北方向に走りますが、心配した通り帰りの京都方面行は大渋滞です。

比良ICから少し東に坂を下った所の温泉に15:35着。1時間余りのんびり汗を流し、渋滞の列に並んで19:30姫路に帰ってきました。ガスの中をひたすら歩くだけの物足りない武奈ケ岳でしたが、またいつの日か訪れてみたいものです。紅葉の秋もいいですね。


[データー]  走行距離 約340キロ  歩行距離 約9キロ  累積標高差 約1060m


by hotaka443 | 2019-08-17 18:00 | Comments(0)

No507 岡山・人形仙と津黒山2座を歩く

人形仙(1008.3m)岡山県鏡野町/鳥取県三朝町 2019・6・13(木) 天気・快晴 メンバー・4人



b0185573_11102772.jpg
b0185573_10492791.jpg


記録を調べると両山とももう15~16年前に登っていますが、記憶はあいまい。夕方早く帰りたいので短時間で登られるし、もう一度登りたかった二座に向かいます。

6時友人宅を出発します。中国道を院庄でおりR179を北へ。上齋原の信号を250mほど過ぎると、左人形仙の道標があり左へ。
舗装された細い町道を3キロほど登ると林道美作北2号線に出るのでここを左折。100m足らずで左側に人形仙の登山口があります。車は100mほど先の路肩に駐車7:55、8:10にスタートします。
b0185573_953851.jpg

登山口の案内板。
b0185573_9573534.jpg

b0185573_95841.jpg

林の中の広い道を北に向かいます。昨日雨が降ったらしく、ぬかるみが見られ草木も水滴をタップリ。
b0185573_10585668.jpg

b0185573_10591439.jpg

林を抜けると湿地帯です。
b0185573_1112742.jpg

湿地帯の中は丸太や木切れが敷いてありますが、小さいので水没、靴はビショビショです。注意しながら歩いていくと分岐に着きました。先に母子地蔵に寄ってみます。
b0185573_1175492.jpg

8:25分岐から5分ほどで母子地蔵に着きました。
b0185573_11102368.jpg

b0185573_11134585.jpg

逆光と汚れで表情がよく読めませんが、子供を抱く母親の姿が確認できます。
b0185573_14141441.jpg

横からです。
b0185573_14164691.jpg

西を見ると人形仙が青空にくっきりと浮かんでいます。
b0185573_10121258.jpg

小休止してからスタート、分岐に戻り、湿地帯からや人形仙に向かう山道に入ります。
b0185573_10203488.jpg

傾斜は次第にきつくなり気合を入れて登って行くと、東側の視界がパッと開けました。素晴らしい大展望です。
先月登った高清水高原から伯州山方面に続く尾根、その向こうに三国山、そして三十人ヶ仙方面が青空にくっきりと。
b0185573_10313253.jpg

先ほどの母子地蔵を探すと,矢印のところです。
b0185573_1221480.jpg

アップしてみます。
b0185573_1254221.jpg

南方の山々。右から泉山、三ケ上、妹山、花知ケ仙、天狗岩、三十人ケ山など懐かしい山々の大パノラマが展開しています。
b0185573_15385713.jpg

右は湯岳と左泉山。
b0185573_437232.jpg

もう一度先月登った人形峠~伯州山でクマに遭遇した御林山を見ます。
b0185573_16333229.jpg

日当たりのいい斜面はツツジが満開です。
b0185573_343540.jpg

花が終ったイワカガミもアチコチで見られます。
b0185573_383964.jpg

9:15山頂に着きました。樹木に遮られ展望はありません。三角点は三等人形仙です。
b0185573_11231630.jpg

視界の効かない山頂で10分ほど休憩し、下山しましょう。
登るときには気が付きませんでしたが展望が開けたところまで下りてきて、三国山~ギラガ仙からゆったり下る斜面の後方に扇ノ山を発見。今日は空気が澄んでいます。
b0185573_429198.jpg

湿地帯は画面中央です。
b0185573_4333761.jpg

帰りは母子地蔵に寄らずに駐車場へ。10時ジャストです。山頂からわずか25分でした。
登山靴を履いたまま津黒山へ、人形仙登山口を後にします。
b0185573_447781.jpg


津黒山(1117.8m)岡山県真庭市

b0185573_5225543.jpg

10:10駐車地点スタート、そのまま西へ美作北2号林道を走ります。
この林道は人形峠を起点に一部鳥取県に入りますが、ほぼ県境にそって岡山森林公園、津黒高原を経てR482までの約30キロ、完全舗装の林道です。通行車両はほとんどなく快適なドライブウエーを楽しめます。

すぐに県立自然公園で数台の車が止まっていますが、この時期は訪れる人も少なく静まり返っています。途中通行車両はなく、山岳ドライブを楽しみ10:55展望台に着きました。
b0185573_11223342.jpg

展望台は北西方向が開け、大山方面の素晴らしい展望が広がっています。
大山と手前左が重なっている上・中蒜山、右が端正な三角錐の下蒜山です。そして中・下蒜山の間後方に左矢筈ケ山,小矢筈、そして頂上がのぞく甲ケ山です。
b0185573_1124069.jpg

b0185573_11524890.jpg

b0185573_1153516.jpg

11:10出発します。登山口は駐車場から少し東に戻った所です。
b0185573_11554292.jpg

b0185573_11561318.jpg

登山口から高度差100mほどは植林の中の急登です。地元だと植林はヤマヒル注意ですが、岡山県ではまだヤマヒルの報告はないそうなので、足元を注意する必要はありません。
b0185573_1381230.jpg

30分ほどで空は明るくなり、ゆるやかな傾斜に変わります。
b0185573_13152966.jpg

やがて草原が広がる高原の雰囲気です。前方の小高い丘が山頂です。
b0185573_13173945.jpg

12時ジャスト津黒山山頂着です。登山口の案内板は約70分とありましたが、50分で着きました。
頂上一帯はササが刈り込まれ大山を望む素晴らしい展望です。三角点は2等津黒山です。
b0185573_13265424.jpg

下の休憩所のま上になりますが、370mほど高いので視界はその分広がります。
b0185573_5342535.jpg

展望を楽しみながらお昼にしましょう。
今でこそ登山道が整備され、山頂の標柱も立てられていますが、16年ほど前に来た時は一面の藪でどこが山頂かもわからず、撤退。
それ以後津黒山の悪い印象が残り、登る気がしませんでしたが、今日登ってみて時代の流れに驚きです。手軽なハイキングコースとしてお勧めですね。

強い日差しを遮るものがなく、30分ほどで腰を上げます。東コースも面白そうですが、2キロほどの美作北林道のテクテクがあるのでピストンします。
b0185573_5525090.jpg

12:35スタートです。
b0185573_5553414.jpg

あちこちにイワカガミが群生しています。
b0185573_5585976.jpg

13:15登山口に降りてきました。所要タイムはわずか40分です。
b0185573_615956.jpg

13:30出発、林道をそのまま西へ、津黒高原スキー場脇に津黒高原荘があり入浴可能で以前に利用したことがありますが、宿泊施設の中なので、湯原ICから5キロほど下った足温泉に向かいます。

[データー]

姫路出発6:00⇒播但道~中国道院庄IC⇒R179⇒上歳原より町道~林道美作北2号人形仙登山口近く路上駐車7:55
スタート8:10→母子地蔵8:25→人形仙9:15→登山口10:00

津黒山へ移動
駐車地点発10:10⇒津黒山下展望台10:55
スタート11:15→津黒山12:00~12:35→登山口駐車場13:15
出発13:30⇒林道美作北2号⇒R482⇒R313⇒足温泉14:05~15:10⇒R313⇒湯原ICより米子道⇒中国道⇒播但道⇒姫路16:45  

走行距離 約325キロ 人形仙 歩行距離 約3.6キロ 累積標高差 約320m
           津黒山 歩行距離 約2.8キロ 累積標高差 約370m
by hotaka443 | 2019-06-28 14:02 | Comments(0)

50619512 熊だ!岡山・人形峠~伯州山ピストン

人形峠(740.2m)~伯州山(1044.9m) 岡山県鏡野町・鳥取県三朝町 2019・5・12(日)天気・晴れ
メンバー・単独


b0185573_11371069.jpg

b0185573_15102612.jpg


急に時間が空いたので、以前から歩きたかった人形峠~伯州山をピストンします。

6時自宅を出発、中国道夢前スマートICから院庄ICまで高速に乗り、R179を北上。伯州山への道を右に見送りすぐに左人形峠方向に左折します。
高度差360mほどをカーブを切りながら細い道を登ります。この道は旧のR179で、1981年に旧道の下に開通した人形峠トンネルができるまでは陰陽連絡の重要な道でした。

7:35広い駐車場に到着、駐車している車はありません。体育館のような大きな建物の前に行くと看板が。
b0185573_1526485.jpg

指示に従い道路沿いに駐車します。右後方は原子力機構人形峠環境技術センターの建物のようです。
b0185573_15483445.jpg

7:50準備を済ませ出発です。さ~て登山口はどこかな?
閉鎖中のまだ新しいトイレの横に何かの設備の建物があり、その先に大きな標柱が見えます。
b0185573_15353567.jpg

高清水トレイル1.6キロと注意書きの看板。
b0185573_15425148.jpg
b0185573_1543765.jpg

真新しい舗装道路が延び、その左に登山道らしき踏跡があるのでここに入ります。
b0185573_15463385.jpg

いい雰囲気の新緑の中を歩きます。
b0185573_61209.jpg

ところがすぐに平行している先ほどの舗装道に降りてしまいました。その先右手の奥まった一角に弘法大師の像が。なぜこんなところに弘法大師像が?
b0185573_6203170.jpg

苦手な舗装道を登って行くと、また登山道が左の斜面に延びているので飛び込みます。
b0185573_6241570.jpg

右下に簡易舗装道が並走、どうやらこの道が高清水高原まで続くようです。
岡山県と鏡野町とが確か一昨年から3年計画で人形峠から伯州山までトレッキングコースを整備する、と聞いていたので、計画通りなら今年の2019年度中の完成となります。今日は工事の進捗状況の確認も兼ねています。
b0185573_641659.jpg

登山道と着かず離れずの舗装道路の終点が見えてきました。
b0185573_11294376.jpg

その少し先で道路に降りてみると、木材チップを敷き詰めた游歩道に変わっています。
しばらく登るとまだ新しい清水の標柱が。
b0185573_11384555.jpg

b0185573_18294199.jpg

遊歩道は少し急になり、ジグザグを切って登ります。
b0185573_18353957.jpg

尾根に出ると左からの登山道らしき道と合流します。帰りはこの道に入ってみましょう。
b0185573_18383149.jpg

樹林帯から抜け出すと空一面青空が広がる開放感溢れる草原です。ここが高清水高原かな?前方に小屋が見えてきました。
b0185573_18433858.jpg

真新しい木の香りが漂う建物にはテーブルが設置されています。
b0185573_1852549.jpg

少し登ると高清水高原の標柱が。バックの二つの小高いピークを通るのかな?時刻は8:25、登山口の道標には約30分とありましたが、少しウロウロしたので35分かかっています。
b0185573_18532269.jpg

チップの道は坂をくだってまだ伸びています。どこまでこの遊歩道が続いているのだろう・・・
b0185573_1924637.jpg

坂を下って左に折れるとチエーンが張ってあり、通行止めのようです。
b0185573_1951262.jpg

b0185573_1991653.jpg

11月に開通するようですがあと半年、伯州山ははるか彼方ですが間に合うのかな?伯州山は3年ほどご無沙汰ですが、向こうからも工事をしているのでしょうか。
チエーンから10数メートルでチップ道は終わりです。
b0185573_19161471.jpg

左の登山道に沿って右側が開削工事の終わった道です。今からチップを敷くのでしょうか?
b0185573_192321.jpg

開削工事が終わった道路わきに資材が積まれています。
b0185573_1926326.jpg

8:45二等三角点大畝山です。
b0185573_19292473.jpg

木の間から見える平らな山はクマの目撃情報のある御林山かな。鬱蒼とした林はいかにも熊が出そうです。
b0185573_10101487.jpg

10分ほどで高圧線が3本のみの小規模な鉄塔下を通過します。小鹿原子力機構線とあります。見通し悪く日本海方面は残念ながら見えません。
b0185573_10594887.jpg

鉄塔を過ぎると御林山から延びるゆったりとした尾根の登りになります。道幅は1.5~2m幅くらいでしょうか。
b0185573_11104280.jpg

御林山は広い台地状でブナ林を形成しています。
b0185573_1115827.jpg
b0185573_11154179.jpg

三角点はなく1031mの標高点のみですが、歩いている限り広い台地では見分けがつきません。この辺りが一番高いかな?
b0185573_111866.jpg

熊が気になっていましたが、無事通過です。次は御林の台地からコルに向かって下りになります。
b0185573_11291168.jpg

南東方向の視界が広がります。
b0185573_1353326.jpg

この辺りは最近斜面を切り開いたばかり、といった感じです。前方は1010+のピークです。
b0185573_1358832.jpg


あれ~ コルの手前で工事がストップしています。残念!
b0185573_1422134.jpg

コルからはわずかな踏み跡を追って登ります。
b0185573_1443098.jpg

1010のピークあたりも台地状になっており、雑草の少ない所を進みます。
b0185573_14104626.jpg

前方にヤブが迫ってきました。ヤブに突入です。
b0185573_14133842.jpg

ヤブコギは短くヤレヤレ、踏み跡が現れ坂を下ると道に出ました。はてこの道は?西に向かっているので伯州山からの道でしょう。帰りに歩いてみましょう。
b0185573_14192650.jpg

小さなコルから1046mの霧ケ原に向かって道路がクッキリと。伯州山からの開削道路です。
b0185573_14255369.jpg

霧ケ原も平坦な台地になっています。
b0185573_14282381.jpg

一部うっとうしい陰気な植林地帯を抜けると、再びササ原が広がります。
b0185573_1434171.jpg

見えてきました、伯州山が。ちょうど左の木の陰が頂上です。
b0185573_14363371.jpg

右から登ってくる白州山荘の道と合流すると山頂です。時刻は10:30,2時間40分かかりました人形峠から。3時間はかかるかなと思っていましたが、早く着きました。イワウチワのシーズンは賑わいますが、この時期は無人で静まり返っています。三角点は三等伯作山です。
b0185573_8253229.jpg

ぼんやりと今日はモヤがかかり、西方の大山方面はほとんど確認できません。
b0185573_1359416.jpg

山容確認のため画面調整してみます。
b0185573_145047.jpg

北東方面は三徳山と右後方は鷲峰山。
b0185573_1224365.jpg

南方の展望。
b0185573_5314381.jpg

少し早いですがお昼にします。静寂の世界でただ一人、のんびり時をおくるのもいいですね。
食後のコーヒーを頂いていると、赤和瀬側から老夫婦が登ってこられました。
少しお話をさせていただき11:30、山頂を後にします。

下山ルートは赤和瀬集落に下り,ざっと8キロ近い道路ヲテクテク車まで歩くか、ピストンするかです。舗装された道路歩きは疲れるし、歩いてきた限り平凡なコースなのでピストンします。それに工事中だった西行ルートの確認もあります。
b0185573_1157961.jpg
山頂すぐ下の分岐、直進は赤和瀬登山口で右が人形峠です。

そういえば2016年5月イワウチワ鑑賞に登ってきたときは人形峠方面は通行止めになっていました。
b0185573_1153765.jpg


霧ケ原を過ぎると、コルに向かって急降下です。
b0185573_1448282.jpg

コルからP1010の登りに差しかかかり、来る時に下りてきた地点に着きました。さてどうしょう、歩いてきたP1010に登るか、この開削道路の行先確認をすべきか・・・結局後者を選びこのまま直進します。
b0185573_1511437.jpg

期待しながら進むと,すぐに工事終了地点に着いてしまいました。
b0185573_1545586.jpg

この先踏み跡がないので先ほどの地点まで引き返し往路を歩くか、斜面を登るかですが、この上の尾根まで距離はわずかと思うのでヤブ漕ぎで尾根を登ります。
草木につかまりながら急斜面をよじ登ります。イワウチワが雑草に埋もれるように咲いていて思わず踏みつけるところでした。
b0185573_15223463.jpg

すぐに見覚えのある踏み跡に出ました。
b0185573_10162094.jpg

b0185573_10165792.jpg

P1010から尾根を下ると、前方に人形峠からの開削道路終点が見えてきました。
b0185573_10221537.jpg

開削道路終点に着きました。結局開削道路未完成はP1010の南側裾を巻く約300mほどになります。
しかし11月までに開通するのかな?
b0185573_10301266.jpg

この辺りの路面は固まっておらず、大雨が降れば崩れそうです。前方の張り出す尾根の先端には四等三角点澤丹土が設置されています。見晴らしが良さそうですが次の機会にします。
b0185573_10443434.jpg

御林山のブナ林に差しかかりました。
b0185573_1058462.jpg

この辺りは熊の居住地のようでたびたび目撃されていますが、お昼なので熊は昼寝の時間でしょう。
活動時間は朝と夕方といわれているので。
なんて思っていたその時、前方右の林から真っ黒な大きな物体が登山道に飛び出してきました。
熊だ!
熊は道路中央で立ち止まり、瞬間私の方を見つめましたが、そのままで左の林の中に消えていきました。しかし林の中から様子をうかがっているかもわかりません。単独行なので襲われたら・・・

考えていても仕方ないので歌を唄いながら通過することにしました。隠れていていきなり飛びかかってくるかもわからないので、クマが消えたあたりを通るときはさすが緊張します。通り過ぎた後も時々振り返りますが、追ってくることはないようです。あ~助かった、ヤレヤレ。
b0185573_1113957.jpg

過去福井の姥ケ岳と雲谷山、そして奈良の明神平で熊と遭遇したので、これで四度目です。
12:40鉄塔に着きました。ここで小休止、コーヒータイムとします。相変わらず北に広がる倉吉の町や日本海はモヤの中です。
b0185573_11322638.jpg


鉄塔から5分ほど歩くと右側に無線小屋のような建物があり、その下に道路が見えます。登るときは気が付きませんでしたが下に降りてみると、西方面から登ってきてここで終点になっています。この道は地形図には記載されていません。
b0185573_1142226.jpg

すぐに大敏山に登り、下ると木材チップの遊歩道終点に着きました。
b0185573_11463173.jpg

13:10高清水高原を通過。坂を下ると休憩舎ですが3組の方が休憩されています。服装から登山者でなく散歩がてらに食事でもされているようです。
b0185573_1153070.jpg


坂を下っていくと登る時に見た登山道らしき分岐に着きました。遊歩道は面白くないので右の山道に入ります。
b0185573_1222476.jpg

遊歩道よりやはり山道がいいな、と新緑の林の中を歩いていると、次第に道が踏跡程度になってきました。
b0185573_12122837.jpg

人形峠のスタートから歩いた、遊歩道と並行した登山道のはずですが、分岐を見落としたようです。引き返すかどうか迷いましたが、どうせ下の林道に出るだろうと直進します。
そのうち踏み跡は完全に消えヤブの世界に変わりました。
b0185573_12163431.jpg

現在位置を確認するためポケット入力入れていた地形図を探しますが、ありません。ヤブコギしている間にどこかで紛失したようです。

頭に入っている地形図と進行方向から判断すると、このまま下ると林道に出ますが、どのあたりに出るか・・・・とにかくヤブコギで進むと5分余りで林道に飛び出しました。左に下れば人形峠に行くはずなのでテクテク歩きます。車がくればいいのですが、路面には車が走った形跡がありません。

10分ばかり小走りで歩くと進入禁止の鉄棒があり、その先に道路が見えてきました。
b0185573_1495131.jpg

車が走らないはず、通行止めですから。そして標柱には(林道北栗祖線)とあります。
b0185573_10521657.jpg

とするとこの道は旧R179かな、と左に進むとすぐに人形峠の建物が見えてきました。
一時は迷子になりかけましたが、13:35駐車場に無事帰ってきました。

13:50駐車場を後にします。
b0185573_142313.jpg

帰りは上歳原の国民宿舎いつきの温泉(このか)でヤブコギの汗を流します。スタンプ10個たまっているので本日は無料です。
b0185573_14392273.jpg

休日だというのに入浴客はパラパラ。岡山県の最北端という地理的ハンデイもあるのかな。もう少し下れば奥津温泉もあることだし、といらぬ心配もします。

温泉駐車場からの三ケ上。もう7年もご無沙汰です。
b0185573_14535926.jpg

1時間近くのんびりと過ごし16:30自宅に帰ってきました。
何年も前から気になっていた縦走ピストンは、クマのオマケ付できで無事終わり満足です。
未開通部分が整備されたらイワウチワ鑑賞を兼ね、今度は赤和瀬側からもう一度歩いてみたいです。

自宅で地形図を見ると、あの林道北粟祖線は途中で行き止まりになっていますが、大畝山の少し先の無線小屋のような建物脇まで登ってきていた道路とつながっているような気がします。
進入禁止になっているのは、遊歩道工事の資材運搬用の道路のためでしょう。

[データー]

自宅出発6:00⇒中国道夢前スマートIC⇒院庄IC⇒R179⇒旧179人形峠駐車場7:35
スタート7:50→高清水高原8:30→大畝山8:45→鉄塔8:55→御林山9:30?→開削道路終点9:45→伯州山10:30~11:30→開削道路終点11:50→御林山12:05→鉄塔12:40→大畝山13:00→高清水高原13:10→駐車場13:55
スタート13:50⇒温泉14:05~15:00 往路引き返し自宅16:10

(走行距離 約250キロ 歩行距離 約13.1キロ 累積標高差 約1070m〉
by hotaka443 | 2019-06-05 21:04 | Comments(0)

50519428カタクリに会いたくて山口県寂地山・恐羅漢山は雨中止

寂地山(1337m) 山口県岩国市・島根県益田市 2019・4・28(日) 天気・曇り メンバー・4人
b0185573_16495822.jpg

2015・4.26の写真 白い妖精は2か所で見つけたが、今年はダメでした。
b0185573_10505642.jpg



今年の春のゴールデンウイークーは10連休。始めての長期休暇に世の中は大騒ぎです。
365連休の私には関係ない話ですが、4/28から3日間は家を空けられそうなので、山口県の寂地山にカタクリ鑑賞に出かけます。
いつもは日帰りですが、一泊して広島県の最高峰恐羅漢山に登ることにしました。

5:30姫路出発、山陽道~広島道~中国道を走り吉和ICでおり右折、R186を西に走ります。10キロほど走った所の三差路を右折して今度はR434に入ると、すぐに広島・山口県境の松の木峠です。

右手に冠山登山口の道標があり,冠山への道中もカタクリ街道で、寂地山への周回コースとなっています。
b0185573_1332376.jpg

ただ周回した場合、5キロ余りの両登山口間の移動が問題。山間部のため近くにタクシー会社はなく、歩きが大変。以前松の木峠から両山をピストンしたこともありましたが、今回は寂地山だけにしましょう。

松の木峠から山口県に入ると細いクネクネ道路に変わり、高度差350mほどの急坂を下ると寂地峡の大きな案内板が目に入ります。広い駐車場は満車に近く、案内所の前は多くの登山者の姿が。
時刻は9:20、約3時間半の行程ですがさすがに大型連休、あちこちでノロノロ運転で結構時間がかかりました。
b0185573_135235100.jpg

b0185573_11244840.jpg


支度を済ませ9:40スタートします。案内所右の林道を少し登ると大きな石碑が立てられています。
b0185573_11251724.jpg


五竜の滝への道標に従い左折、下の寂地川に下ります。橋を渡ると早速最初の滝竜尾の滝です。五竜の滝とは下から順番に竜尾の滝、登竜の滝、白竜の滝、竜門の滝、竜頭の滝の総称です。
ところが家に帰って整理しようとしたらメモが行方不明。滝名と写真がうまく結びつかないので写真のみ掲載します。

b0185573_11303620.jpg

b0185573_113056100.jpg
b0185573_11311298.jpg
b0185573_11321524.jpg

b0185573_11323964.jpg
b0185573_1132596.jpg

b0185573_1135369.jpg

狭い急な階段が終ると三差路です。滝めぐりのCコースを歩いてのきましたが、ここでAコースと合流します。
b0185573_11372339.jpg

すぐに手掘りのトンネルに入りますが、いきなり暗いトンネルに入ると足元が見えません。障害物はありませんが手探り状態で前進します。
b0185573_11444334.jpg

トンネルを抜けると寂地川の右岸に沿って歩きます。新緑に溶けこんだ美しい快適な道です。
b0185573_1804074.jpg

b0185573_181680.jpg

左岸に渡ります。
b0185573_14514242.jpg
すさまじい勢いで五竜の滝を流れ落ちていた豊富な水量も、この辺りまで登ってくると水流も減り、静かに岩の間をぬって流れていきます。
b0185573_18124748.jpg

しばらく歩いて再び右岸へ。
b0185573_1817965.jpg

やがて急な登りになって峠に飛び出しました。11:45みのこし峠です。
b0185573_18205736.jpg

カタクリは尾根上に群生し、峠あたりにもカタクリが見られるのですが、全くなし。途中で下山してきた登山者の話では、昨日の雨でショボンとしていてガッカリしたとか。また見頃は過ぎたそうです。
先週四国の佐々連尾山のアケボノツツジは早すぎたので、入れ替えていたら両方楽しめたようです。

峠は三差路で、左は右谷山で右が寂地山です。右谷山への道中にもカタクリが群生しているので、先に右谷山に行き、引き返して寂地山に登る予定でしたが、期待薄なので右谷山はカット。寂地山に向かいます。右谷山は奥へ、寂地山は手前の道を、左は登ってきた道です。
b0185573_5484262.jpg

尾根上の縦走路をキョロキョロしながら歩きますが、咲き終わった花柄や雨にうたれてうなだれていたり・・・20分ほど歩いて、ようやくしょぼくれた中で元気なカタクリを見つけました。
b0185573_13302485.jpg

色が冴えませんが、曇空のせいかな?カタクリは太陽が照らないと咲かないといわれています。
b0185573_13335735.jpg

b0185573_13424770.jpg

12:30になりお腹もうるさくなったので、適当なところでお昼にします。
30分ほど休憩してスタート。咲いていました。
b0185573_14141768.jpg

この辺りは咲いていますが、元気ないです。
b0185573_14171389.jpg

蕾かな?晴れるといいのに残念!
b0185573_1441348.jpg

エンレイソウ
b0185573_14425231.jpg

b0185573_14435153.jpg

b0185573_14443770.jpg

ヤブレガサ
b0185573_14483191.jpg

b0185573_14471194.jpg

かがみこんで写真を撮っています。
b0185573_14583142.jpg

山頂のすぐ下の分岐まで登ってきました。下山は寂地林道方面に下ります。
b0185573_1513292.jpg

13:30大勢の人で賑わう寂地山頂上に着きました。
b0185573_1534976.jpg

樹木に遮られ展望はありません。すぐ東の冠山と西の右谷山に三角点があり、その中間の寂地山には三角点はありません。
b0185573_155619.jpg

20分ほど休憩して下山開始、先ほどの分岐まで戻り、林道を目指します。尾根を離れると、カタクリは見られません。
ネコノメソウ
b0185573_15231388.jpg

種類の多いスミレ。これは?
b0185573_1525015.jpg

下りの道は激下りなので登りに使うと疲れそうです。30分ほど下ると延命水が。一口いただきます。
b0185573_1530419.jpg

ニリンソウ
b0185573_15314095.jpg

14:40林道終点まで下りてきました。頂上から50分です。
b0185573_15341694.jpg

ここからが大変、長い林道歩きが待っています。登山口の案内板。
b0185573_15372879.jpg

退屈な林道歩きスタート。最初の間は未舗装なので助かります。
b0185573_1538256.jpg

30分あまり歩くと、林道下を流れていた犬戻川に降りる遊歩道があるので、下に降ります。
b0185573_15445929.jpg

b0185573_15453897.jpg

河原ちかくまで高度60mの急坂を下ると、犬戻しの滝が見えてきましたが、樹木の陰で滝上部は見えません。
b0185573_15523680.jpg

遊歩道が斜面を登り始めると、滝の上部が見える場所があります。
b0185573_1557349.jpg

坂を登って行くと再び林道に出ました。久留米ナンバーが、少し離れたところには福岡ナンバーが止まっています。そういえば駐車場にも九州ナンバーの車が多く見られ、ずいぶん遠くから、と思いますが、実際は私の方がはるかに遠いのですね。
b0185573_1618481.jpg

長い舗装道路歩きは苦手ですが、駐車場に急ぎます。展望もなく同じような景色の中を歩くのは退屈なものですね。
b0185573_16213095.jpg

16:20ようやく駐車場に帰ってきましたが,まだかなりの車が止まっています。

五竜の滝は見ごたえがありますが、カタクリは少々期待外れ。もっともその年の気候や当日の天気に左右されるので仕方ないことですが・・・
ただ運転好きの私には、長距離走行が楽しみの一つ。過去アルプス帰りに松本からトイレを我慢して、ノンストップで帰ってきたのが無休憩走行の最長記録かな。
いずれ事故をおこすって? 事故の多い昨今、はい、安全運転に心がけます。

16:40駐車場を後にします。今夜の宿は戸河内IC下りてすぐの民宿です。
明日は広島県の最高峰、恐羅漢山(1346m)の予定でしたが、夜半から雨。残念ですが結局中止してのんびり帰宅しました。
by hotaka443 | 2019-05-21 09:22 | Comments(0)

50419421愛媛佐々連尾山アケボノツツジはちょっと待って

佐々連尾山(1404.2)愛媛県四国中央市・高知県本山町 2019・4・21(日)天気・晴れ 
メンバー・4人


b0185573_102112.jpg

R319金砂湖畔から佐々連尾山を望む。いつも満々と水をたたえているが今日の金砂湖のは干上がっていた。上流のダムで堰き止めているのか下流で放流しているのか、それとも水不足なのか・・・
b0185573_10481530.jpg


外出できない家庭の事情アリ。ところが今日は思いっきり羽を伸ばせそうなので、アケボノツツジ観賞に四国へ。
花を見られる一番近い四国の山というと思いつくのが二つ岳か佐々連尾山。二つ岳はよく登っているので、佐々連尾にします。
しかしただまだ早いような気がしますが、とにかく出発!

5:30姫路出発。豊浜SAで一度トイレ休憩しただけで三島川之江IC下車。R11から319に入り、狭い法皇トンネルを抜け急坂を下ると素晴らしい景色が飛び込んできます。

と思いきや、いつもは満々と水をたたえた金砂湖がなんと干上がっているではありませんか。冠山や西赤石山方面を源流とする銅山川の水が流れ込む大きな人造湖ですが、何かの事情で水を抜いてるのでしょうか。
b0185573_6121862.jpg

この銅山川は吉野川と合流、徳島市から太平洋に流れ出る四国一の大河です。赤い橋を渡り右折、県道6に入ります。赤星や二ツ岳、東西赤石山や平家平や冠山方面によく利用する県道ですが、今日は5分余り走って左折、細い県道126に入ります。

部分的にセンターラインの入った所があるものの、登るにつれ車一台の細い道ですがほぼ舗装されて
います。やっと上り詰めたところが愛媛・高知県境の白髪隧道です。長さ約900mの一車線。途中避難所が設けられていますが、照明はなく真っ暗です。ほとんど車が走らない山越え道路なので必要ないのかもしれません。
b0185573_6264940.jpg


トンネルを抜けてビックリ!大勢の登山者の姿が。交通の便が悪いこんなマイナーな山で大勢の登山者に会えるなんて。
車のナンバーはすべて地元の愛媛です。
b0185573_9364499.jpg

時刻は8:35,姫路から2時間です。支度を済ませ8:45スタートします。登山道はトンエル出口の右側ですが、崖崩れによる崩壊が進み、いずれ通れなくなるのでは、と心配していましたましたが、修復工事が始まっていました。
b0185573_9542871.jpg

b0185573_9561869.jpg

次の2枚は崖崩れで50で㎝ほどになった4年前の写真。その後崩壊が進み20センチほどになったそうなので、内心通れるかどうか心配していたところです。
b0185573_1073488.jpg

b0185573_104056.jpg

かっての林道跡をゆっくり登ります。
b0185573_10144617.jpg

大雨で林道がえぐられ、川になった所があります。
b0185573_10412622.jpg

300mほどで林道は終わり道標にしたがって左の斜面に取り付きます。
b0185573_10315466.jpg

景色は植林に変わります。
b0185573_10333541.jpg

前方が明るくなり猿田峠が近づいてきました。重そうに花をいっぱいつけたアセビ。
b0185573_15143564.jpg

9:10猿田峠です。ここは十字路になっており、写真から外れていますが、右折佐々連尾山の道標があります。ここで先に出発されたグループが休憩されているので、追い越します。
b0185573_15214781.jpg

前方に大森山の急登が控えています。
b0185573_2018976.jpg

まだこの辺りの樹々は冬眠から覚めていないようですね。この状態では登ってもアケボノツツジはもう少し先になりそうですね。
b0185573_20202790.jpg

なだらかな尾根が終ると、いよいよ大森山への激登に挑戦です。前方に大きな岩が現れました。これからしばらくの間岩場になります。
b0185573_8313390.jpg

シャクナゲも顔を見せるようになりましたが、蕾は全くついていません。
b0185573_8322018.jpg

b0185573_835890.jpg
b0185573_836241.jpg

数本のロープのかかる岩場。
b0185573_8375241.jpg

b0185573_925597.jpg
b0185573_9263283.jpg
b0185573_9271130.jpg
b0185573_9273867.jpg
b0185573_928732.jpg
b0185573_9283631.jpg
b0185573_929871.jpg

展望台のような大岩に登ると、西側の素晴らしい大パノラマが開けています。ただ薄くモヤガかかり
遠望がききません。
b0185573_9313984.jpg

次の写真を撮ろうとして、アレ!と思わず声を上げてしまいました。
なんとSDメモリーカードをPCに挿入したまま忘れているのです。大チョンボです。
ここでカメラ内臓のメモリーは終了。まだ先の行程は長いのに、なんちゅうこっちゃ!!

というわけでこの先はアケボノツツジ満開の2015・5・6の写真を代用します。
b0185573_1214133.jpg

急傾斜の岩稜地帯が終るとなだらかな尾根歩きに変わり、やがてあちこちにバイケソウが見られるようになります。
登山道から見える範囲のアケボノツツジは、ようやく芽がふくらんできた程度が数本で、ほとんどの木はまだ冬眠からお目覚めになっていない様子です。
b0185573_1244628.jpg

b0185573_1291494.jpg

4年前に比べると、今年のバイケソウ個体数はかなり少ないですが、まだこれからでしょうか。
b0185573_1210413.jpg

10:20大森山山頂です。といってもなだらかな尾根の一角といった感じで、三角点はありません。
1433mで佐々連尾山の1404.2mより少し高いです。
b0185573_12224877.jpg


西方の展望です。
b0185573_1227344.jpg

左からエビラ・二つ岳・赤星山
b0185573_12325489.jpg

気持ちのいい尾根道を佐々連尾山に向かいます。
b0185573_1235783.jpg

左はP1400+で右の画面中央が佐々連尾山です。
b0185573_1237441.jpg

草原の中にポツンと大きな岩が。
b0185573_1241949.jpg

前方が1400+のピークです。
b0185573_12494625.jpg

左工石山と右後方は白髪山。工石山もアケボノツツジで有名な山で登ってきましたが、なかなか楽しい山でした。
b0185573_12522340.jpg

こんな景色の中を歩きたかったのですが・・・
b0185573_12574899.jpg

あと一歩で佐々連尾山です。
b0185573_130348.jpg

11時ジヤスト山頂着です。小休止入れて2時間20分かかりました。三角点は三等大平です。
b0185573_1332320.jpg

この先少し下ると気持ちのいい草原が広がっているのですが、激登りで体力消耗したメンバーさんが、疲れたのでここでお昼にしょう、で木陰に腰を下ろします。

昨年も4月21日に西赤石山の西のツナクリ山にアケボノツツジ鑑賞に登ったのですが、パラパラ程度。同じく5月1日に再挑戦したときは満開でした。天候にもよりますがやはりあと一週間か10日ほど、連休の頃が見頃かな?

11:50山頂を後に下山開始です。周遊コースもあるのですが、7キロちかくの林道歩きになるのでUターンします。一番高いピークが大森山。右遠方は赤星山。
b0185573_15323960.jpg


下山は大森山⒓:20通過.猿田峠13:10~13:30と一休み、駐車場13:50着でした。

14:05に出発、温泉はよく利用する伊予三島駅にほど近い(湯遊び広場 三島乃湯)で疲れを取ります。
b0185573_5343553.jpg

1時間ほどのんびりして出発、途中豊浜SAで讃岐うどんをいただきます。ここのうどんはこちらに来るたびいただきますが、なかなかのお味ですよ。(お店に代わってPR)

18:40無事姫路着。お目当てのアケボノツツジには振られましたが、楽しい山旅でした。

[データー]
姫路5:30⇒山陽道姫路西IC・山陽~瀬戸中央~高松~松山道三島川之江IC⇒R11~319⇒県道6~126白髪隧道南出口8:35着
スタート8:40→猿田峠9:10→大森山10:20→佐々連尾山11:00~11:50→大森山12:20→猿田峠13:10~13:30→駐車場13:50
14:05出発⇒途中1時間ほど温泉入浴後 往路引き返し姫路着18:40

(走行距離 約460キロ 歩行距離 約6キロ 累積標高差 約670m)

by hotaka443 | 2019-05-05 06:51 | Comments(0)

No503 岩場が魅力のマイナーな姫路・七種薬師 (薬師峯)

七種薬師(616.1m) 兵庫県姫路市・夢前町 2018・3・27 天気・晴れ メンバー・3人

b0185573_12844100.jpg


b0185573_1126197.jpg


毎年のように登っている七種薬師に、またやってきました。

8:10自宅出発、村上牧場内の牛舎の並ぶ道路の突き当りに車を止めます。といっても駐車場ではないので、ちょうど横のおうちから出てこられたご婦人に許可をいただきますが、ごく狭いスペースなので作業の邪魔にならないように隅の方に駐車します。時刻は8:50、自宅から40分の距離です。

本来は牛舎に出入りする車に差しさわりのないように、手前1キロ当たりの路肩に駐車すべきでしょうね。以前はそうしていましたが、いつの間にか横着をきめこんでしまって・・・
b0185573_1435361.jpg

そばの牛舎のモー君、見慣れない奴がやってきたぞ、とばかりに傍に近づくと一斉に寄ってきます。
b0185573_1432443.jpg

9時スタート、奥に延びる作業道を北に向かうと、すぐ右手に明王池の堤防が見えてきます。
b0185573_14583051.jpg

堤防上の道に沿って右へ。奥は縦走尾根です。静かな池面。
b0185573_15282.jpg

とその時池の右端の水面がざわつき、二羽の水鳥?が水面で競争を始めました。どこまで競争するのかな,と見ていると、そろって急停止、息があっています。
b0185573_1574367.jpg

堤防の行き止まりが登山口で、私設の(地獄鎌尾根)の赤い道標が一つぶら下がっているのみ。一般の人がめったに来ないマイナーナコースです。
b0185573_15123945.jpg

いきなりの急登ですがはっきりした登山道はなく、所どころに赤テープがありますが、歩きやすい足場を選んで適当に尾根に向かって登ります。
b0185573_15205844.jpg

15分ほどで尾根に出ました。
b0185573_1525295.jpg

狭い尾根上は迷うことなく快適です。左の谷の向こうは下山ルートの尾根で、通称ゴリラ岩が見えますが、ゴリラに見えるかな?後方は明神山。
b0185573_455503.jpg

ゴリラの顔ですよ、と言われればそう見えますね。
b0185573_5263981.jpg

気持ちのいい尾根道、ルンルン気分で歩けます。
b0185573_529343.jpg

レンゲツツジがお出迎え。
b0185573_5304645.jpg

青空に真っ白なタムシバが映えます。
b0185573_5353794.jpg

b0185573_5355511.jpg

鎌尾根の岩場にさしかかります。右側は絶壁ですが、左側の傾斜は緩く木が生えているので恐怖感はありません。
b0185573_5393875.jpg

b0185573_5534649.jpg

これから登る前方の岩場をアップ。あの垂直に近い岩壁を登るの?ウソー とメンバーさん。
b0185573_101728100.jpg

b0185573_1022072.jpg


岩壁の下です。近寄ると足場は問題なく、どこでも登れそうです。
b0185573_10253047.jpg

b0185573_10262118.jpg

この岩壁は地質学上(流文岩質・溶結凝灰岩)で7~8000万年前の火山活動によって誕生したそうです。凸凹の岩なのでホールドは問題ありません。この急勾配、一枚岩のような滑りやすい岩質なら、クライマーの世界でしょうね。
b0185573_10282869.jpg

滑ることはありませんが、三点確保でヨイショと。
b0185573_1030330.jpg

登りきった所で一息つきます。今日はモヤって遠くが霞んでいます。手前は歩いてきた尾根で右は下山の尾根です。ゴリラ岩が見えます。その左下は明王池。
b0185573_14562218.jpg

次の岩壁に向かいます。
b0185573_15124792.jpg

5分ほどでスケールは小さくなりますが、第二の岩壁を登ります。同じ岩質なので足場は問題ありません。
b0185573_15145790.jpg

b0185573_15251567.jpg

美しい山容の明神山を眺めながら途中で一休み、展望を楽しみます。
b0185573_15204958.jpg

岩壁を登りきると登山道は樹林帯に入り、その先に道標があるので七種山方向に進みます。
b0185573_168626.jpg

少し歩くと分岐で、右七種峯に進みます。小さなアップダウンの尾根道です。
b0185573_1557157.jpg

b0185573_1557479.jpg

樹林帯の間から右側が見えるところが一か所だけあり、登ってきた鎌尾根、が見渡せます。右上の方は明神山。
b0185573_164410.jpg

何か所かロープが設置されています。
b0185573_166932.jpg

11:05狭い薬師峯山頂に着きました。三角点は二等薬師峯です。但し地形図では無名峰です。
b0185573_16124459.jpg

樹木にさえぎられているため少し場所を移動すると、北東方面が。左が七種山で右が七種槍です。
b0185573_33879.jpg

次の3枚は2016・1の写真です。
はるか南の瀬戸内海に浮かぶ、左は男鹿島で右は家島。
b0185573_42217.jpg

その西には小豆島。
b0185573_423089.jpg

明石大橋を見るため画面調整。かすかに見えました。
b0185573_424235.jpg

ヒカゲツツジのつぼみがありました。
b0185573_3484657.jpg

頂上の南、一段下がった所に祀られている薬師如来像。

b0185573_4312441.jpg
b0185573_3515016.jpg

アセビは満開です。
b0185573_3524840.jpg

11:40食事を済ませ出発、一度分岐まで引き返し、七種山方面に向かいます。少し登るとp550+の十字峰です。時刻は12時ジャストです。
直進は七種山方面ですが、赤い道標の西尾根に向かいます。かってはここに十字峰の標識があったのですが・・・
b0185573_465556.jpg

進路を西から南に変わると、登ってきた尾根が見えてきました。奥から二番目で、左の尖って見える山が七種薬師です。
b0185573_5463925.jpg

西尾根にも随所に岩場が点在しています。
こわいよ~ 
b0185573_65388.jpg

ここは大丈夫かな?恐る恐る・・・・
b0185573_663298.jpg

もう慣れたわ、かっこいいでしょう。
b0185573_683450.jpg

岩稜地帯が終ると四等三角点岩ケ谷がある狭い山頂に着きます。13:15十字峰から1時間15分かかりました。
b0185573_635113.jpg
楽しかった岩場歩きは終わりです。15分ほど灌木地帯を歩くとゴリラ岩の上部で道は行き止まり。ロープが張ってあります。
b0185573_9325217.jpg

ロープをくぐりゴリラ岩の上から下をのぞくと、、丸い突起が遠方から見ると鼻の部分に当たります。上に見える建物は牛舎。
b0185573_1011071.jpg

b0185573_10273785.jpg

ゴリラ岩上部から少し戻り、垂直に近い下山路を枝につかまりながら下り、右に折れ岩を巻いてゴリラの顔に向かいます。手がかりがないので慎重に・・・
b0185573_10403248.jpg

b0185573_10423571.jpg

b0185573_10511816.jpg
おっと危ない!
b0185573_10444390.jpg

13:45狭いですがゴリラの顔に着きました。丸い突起が鼻の部分でなかなか立派な鼻をお持ちです。
b0185573_11315876.jpg

谷を挟んだ向こう側の登ってきた鎌尾根。
b0185573_10585051.jpg

バックの切り立った崖のくぼ地にお地蔵さんが。ずっと以前はなかったので、どなたかが祀られたのでしょう。
b0185573_1145861.jpg

最後のコーヒータイムを取り下山開始。ゴリラ岩を下から見上げます。〇印は石仏。
b0185573_1741838.jpg

少し南に歩いてから道標に従い尾根を外れ、左へ斜面をどんどん下ります。はっきりした道はありませんが、どこを歩いても下の道に出るので心配ありませrん。どのあたりに降りるか内心楽しみです。
b0185573_11493433.jpg

飛び出したところは明王池の少し下。今日も又ハズレです。
堤防上を右に歩くと登りの地獄鎌尾根登山口で、道路反対側が西尾根登山口の小さな道標がありますが、これまでマトモに登山口に降りたことがありません。
b0185573_11584274.jpg

14:05駐車地点に到着しました。休憩入れて5時間の変化に富んだ山歩きは終了です。靴を履き替えそばの牛の長い鼻を撫でて(嫌がりますが)下山報告、駐車場ではないのですぐスタートします。

一般的には1キロほど手前の路肩に駐車、めったにみる機会のないモー君を眺めながらの道路歩きです。但し風向きによっては強烈な匂との戦いになります。

温泉は帰り道に(ホテルニューサンピア姫路)がありますが、家が近いので今日はパスします。

[今日のデーター]  歩行距離 約5.8キロ 累積標高差 約670m
by hotaka443 | 2019-04-01 23:14 | Comments(0)

No502兵庫播磨の低山・大藤山ハイキング

大藤山(250・7m)兵庫県加古川市 2019・3・9(土)天気・晴れ メンバー・3人

b0185573_1291626.jpg

県道65からの大藤山。山頂の少し下、白い点が石仏のある大岩です。
b0185573_126449.jpg


岡山方位面の予定でしたが、メンバーさんが旅行から帰るのが遅れて昨夜10時。
早朝出発は無理なので30分ほどで行ける近くの大藤山ハイキングに予定変更です。
ところが旅の疲れか道中にある喫茶店に入り長々と雑談。
歩きはしんどいな、の雰囲気が漂っていましたが、11時を回ってから、せっかく準備してきたのだか行こうか、で登山口の長楽寺の駐車場に到着しました。3人とも初めての山です。

広い駐車場は車ゼロです。奥の土手の上に見えるピンクは早咲きのサクラかな?
b0185573_12411183.jpg

b0185573_1310527.jpg

コースは西ルートと東ルートがあるようですが、東コースの登山口がわからないので、駐車場西側にある西コースから登ります。スタートの時刻は11:40です。
b0185573_13141584.jpg

きれいな道が続きます。左下の竹藪は国有林の標識が立てられています。
b0185573_13163877.jpg

10分足らずであたご山分岐に着きました。どんな所か、立ち寄ってみます。
b0185573_132162.jpg

すぐに神社のようなところに着きました。
b0185573_1325102.jpg

祠がただひとつ、ポツンと祀られているだけです。
b0185573_13253954.jpg

すぐに引き返し、先ほどの分岐を過ぎて大藤山を目指します。登山道両側にトラロープが現れました。
b0185573_13355910.jpg

登山道が少し急になった所で休憩所です。展望は全くありません。
b0185573_13385169.jpg

その先で蛇が池と遊歩道が分かれますが、先に池に寄ってみます。
b0185573_13454776.jpg

さらにその先で蛇が池と山頂への分岐があります。
b0185573_13483068.jpg

分岐から5分ほどで高圧線の鉄塔です。
b0185573_1442941.jpg

すぐに分岐で直進は高山方面、左は蛇ガ池方面です。今日は時間的に無理ですが、次回は高山まで歩いてみたいです。
b0185573_142527100.jpg

相変わらずコースにはトラロープが。
b0185573_14274292.jpg

地形から右手には池があるはずですが、水は見当たりません。山が低いしあまり雨が降らないので冬季は無理でしょう。
b0185573_15115778.jpg

所どころササが道を隠しています。
b0185573_14363774.jpg

池の出口が近づいてきたのか、少し水が見えてきました。
b0185573_14395234.jpg

池からの小さな流れを渡ります。
b0185573_1449309.jpg

蛇ガ池の道標。
b0185573_15135487.jpg

35分で蛇が池を一周、元の分岐に戻ってきました。池というより沼ですが、梅雨頃は水がどのくらいたまるのかな?
b0185573_1518563.jpg

歩いてきた道を少しバック、山頂へ進みます。
b0185573_15314249.jpg

下山予定の東コース分岐です。
b0185573_15344565.jpg

12:50大藤山山頂です。
b0185573_1537271.jpg

三等三角点西牧。樹木に遮られ展望はありません。一息ついてUターンします。
b0185573_15374182.jpg

トラロープの急坂を下ると石仏分岐です。
b0185573_1545088.jpg

足場の悪い道を進むと、高御位を中心とした左側の展望が開けます。今日初めての展望です。
b0185573_15493745.jpg

すぐに行く手に巨岩が立ちはだかります。石仏は?
b0185573_15553570.jpg

ありました、巨岩の下小さな石仏が。手前にもう一体横になった石仏が見えます。
時刻は13:05お腹もすいてきましたが、場所がないのですぐターンです。
b0185573_1625032.jpg

トラロープの急坂を下ります。全コースに沿って張り巡らされたトラロープには助かりますが、経費を含めこれだけの作業には頭がさがります。
b0185573_16313313.jpg

展望のない休憩所を通過します。
b0185573_16334738.jpg

b0185573_1635113.jpg

景色は雑木林から植林に変わりました。
b0185573_16364790.jpg

旧長楽寺への分岐。立ち寄ってみたい気もしますが,通過します。
b0185573_1639828.jpg

竹林の中を歩きます。この辺りは傾斜もゆるくなり山を下りたようです。
b0185573_16393680.jpg

登山道に沿って石仏が並んでいます。24体まで数えましたが・・・
b0185573_16421436.jpg

b0185573_16424971.jpg

13:30長楽寺の境内に下りてきました。お寺の説明板。
b0185573_1645182.jpg


b0185573_16463036.jpg

b0185573_19283977.jpg

この満開サクラは河津さくら?知識がないのでわかりません。
b0185573_16481466.jpg

13:40遅くなりましたが、サクラの下で食事にしましょう。天気快晴サクラは満開、美味しいですね。
b0185573_16503117.jpg

b0185573_16483851.jpg

b0185573_16465744.jpg


今日の歩行距離は約3.8キロ 累積標高差は約320mでした
by hotaka443 | 2019-03-18 09:49 | Comments(0)

No501四国善通寺 四度目の五岳連山縦走

香色山~我拝師山~火上山 2018・2・4 天気・晴れ メンバー・4人

b0185573_1636289.jpg
b0185573_16404492.jpg


思うように家を空けられないので山もご無沙汰。そこでたまっている古い記録をアップします。
前回の和気アルプスに続いて四国善通寺市の五岳です。文字通り五つの低山の縦走ですが、低山といえかなりのハード。今日のメンバーさんは初めてなので、先輩としてイマイチの体調に鞭うって、頑張るぞ!

6:50山陽道姫路西IC に入り高松道善通寺 IC下ります。10分ほどで西国七十五番札所善通寺の広い駐車場に着きました。
時刻はは8:30、早朝のためガラ~ンとしています。今回で4度目の五岳縦走ですが、五岳とは文字通り五つの山頂を踏みます。
b0185573_9214079.jpg

お遍路さんが二人、善通寺境内に入る橋を渡られています。
b0185573_927580.jpg

8:45支度を済ませ出発、駐車場脇の案内図。最初に登る香色山のミニ八十八か所参拝の案内です。実際に歩いて回れない人にはご利益は別として、いいアイデアですね。
b0185573_928412.jpg

駐車場から道路を挟んだ向こう側にある登山口。
b0185573_1552347.jpg

つづら折れの広い遊歩道を歩きます。
b0185573_15533068.jpg

b0185573_15563341.jpg

途中からのぞく琴平の街並みと讃岐富士の大野山。手前は観音寺。
b0185573_1623278.jpg

9:05香色山山頂に着きました。
b0185573_16302117.jpg

b0185573_16314261.jpg

左不動明王と右愛染明王。
b0185573_16334594.jpg

15分ほど山頂を散策、次の筆ノ山に向かいます。右筆ノ山左我拝師山。コース中一番の激登です。
b0185573_103079.jpg

坂道を下ると香色山太子堂があります。すぐ近くまで車道が上がってきており、年輩のご夫婦がお参りに来ておられます。
b0185573_10324769.jpg

階段を降りるとその車道で、反対側の筆ノ山登山口に9:25に入ります。
b0185573_10384056.jpg

林の中の登山道をゆっくり登ります。山頂まで高度250mほどになります。
b0185573_104412.jpg

15分ほどで分岐です。筆ノ山は一度縦走路から離れ北に向かいます
分岐から少し登ると視界が広がりから、振り返ると左に我拝師山とその横に山頂が隠されている中山、そして右に火上山が連なっています。
b0185573_122393.jpg

視線を少し右に振ると、右から城址のある天霧山、弥谷山、黒戸山と続き、弥谷山の麓には七十一番札所弥谷寺があります。
b0185573_16164280.jpg

9:50狭い筆ノ山山頂着です。三角点は四等筆之山。
b0185573_1624247.jpg

b0185573_1641848.jpg

香色山より140mほど高い位置からの善通寺の街並みと讃岐富士。
b0185573_16491616.jpg

10:05次の我拝師山に向かいます。一度コルに向かって高度160mほど下ると大坂峠で、南北を結ぶ道路が走っています。左後方は大麻山。
さあ、コース最大標高差350mの激登我拝師山に挑戦です。
b0185573_16565211.jpg

b0185573_5324719.jpg

b0185573_531493.jpg

展望のない林の中を黙々と登ります。
b0185573_5402478.jpg

b0185573_11151620.jpg

30分ほど登った所に一か所東側の展望が開けたところがあります。ここでひと休しましょう。
b0185573_546772.jpg

手前筆ノ山で右は香色山。讃岐富士はモヤの中にかろうじて確認できます。
b0185573_5552021.jpg

筆ノ山と瀬戸内海。肉眼では瀬戸大橋が確認できるのですが・・・中央を横切る線は高松自動車道。
b0185573_5572738.jpg

11:20激登に耐え我拝師山に着きました。三角点は三等禅定山。
b0185573_624094.jpg

樹木に遮られて展望はききませんが、わずかに北側の隙間から天霧山がのぞきます。削り取られた山肌が痛々しいです。
b0185573_6401188.jpg

その天霧山方面からこちらを撮った写真。我拝師山の左斜面の激登区間は45度ほどあります。
b0185573_10563197.jpg

お昼には少し早いので先を急ぎます。少し歩くと崖の上に出ました。西側の視界が開け、中山とその向こうの火上山が望めます。眼下は西国七十三番札所出釈迦時の奥の院です。麓の出釈迦寺から車道が上がってきています。
b0185573_6511072.jpg

右には瀬戸内海をバックに右から天霧山、弥谷山、黒戸山が並んでいます。
b0185573_10413626.jpg

急な岩場を慎重に下っていくと、崖のあちこちにお地蔵さまが祀ってあります。
b0185573_11154676.jpg


弘法大師空海のご誕生の地は善通寺と言われており、空海がまだ幼少の頃に「わが身を以て諸仏を供養する」と念じて断崖より飛び降りた、という伝説が残されており、捨身ケ岳、とも呼ばれています。
b0185573_1048471.jpg

クサリ場です。
b0185573_10495067.jpg

b0185573_10501795.jpg

出釈迦寺奥の院が見えてきました。
b0185573_10583176.jpg

降り立ったところはお寺の裏側で、建物の下をくぐります。
b0185573_14372055.jpg

くぐってきたとトンネルを振り返ると、御行場入口となっています。
b0185573_14423674.jpg

11:35出釈迦寺奥の院です。
b0185573_14442868.jpg

b0185573_14445587.jpg

15分ほど時間を過ごし正面の中山に向かいましょう。まだ新しい参道を下の道路まで下ります。
b0185573_145323100.jpg

立派な山門。
b0185573_14572882.jpg

中山の登山口は山門を出たところからです。
b0185573_14584891.jpg

振り返る出釈迦寺奥の院と我拝師山。
b0185573_1533228.jpg

南方にはアンテナが林立した大麻山(616.3m)が。展望は抜群で山頂まで車道が通じていますが、やはり金毘羅さんの奥社まで1368段の階段を登り、2キロほど歩いて登るのが一般的です。
b0185573_15123077.jpg

高度90mほどを登ると中山です。五岳のうち三角点がないのは香色山と中山の2座です。
b0185573_17175093.jpg

ここも樹木に遮られ展望はありませんが、12時ジャストです。ここでお昼にしましょう。
12:45最終工程の火上山に向かいます。
b0185573_17272496.jpg

b0185573_17282417.jpg

火上山までは高度150mほど下り100mほど登り返します。アップダウンの連続は体力勝負です。
途中の高~い鉄塔。
b0185573_17355799.jpg

鉄塔下のルート案内板と道標。
b0185573_17385671.jpg

13:15火上山に着きました。ここも展望はありません。三角点は四等火上山。
b0185573_17412733.jpg

b0185573_1743578.jpg

何もすることがない山頂なので休憩なしで下山します。
うす暗い林の中の急坂をどんどん下ると、送電線ではない鉄塔が見えてきました。
b0185573_17505298.jpg

鉄塔の横を通ると北に向かって簡易舗装の道が真っすぐ下っています。
振り返る鉄塔。何の目的の鉄塔か、わかりません。
b0185573_1447339.jpg

少し広い道に出ました。電柱の下に 左火上山 と書かれた小さな道標。この山域はしっかりいた道標が設置されていますが、ここはお粗末です。
b0185573_1553029.jpg
、一面ミカン畑の中を下っていくと、R11に出ました。
b0185573_15132870.jpg

下山地は三豊市になりますが、善通寺との市境鳥坂峠まで400mほどを国道歩きです。

峠を越した善通寺市側には 鳥坂まんじゅう の小さなお店があります。時刻はちょうど14時です。ここでおやつにしましょう。
調理場ではご家族?が忙しそうに働いておられます。私たちも呼んだタクシーが来る間できたてのまんじゅうをただきます。有名なお店で次から次にお客さんさんが入ってこられます。

このお店、現役時代営業でこのあたりを通るたびに立ち寄った、思い出の懐かしい味です。
b0185573_15323334.jpg

タクシーでで善通寺の駐車場に帰り、14:40駐車場を後にします。
帰りは丸亀市の(丸亀ぽかぽか温泉)で5時間ほどの山旅の汗を流します。
b0185573_1833936.jpg

b0185573_18332772.jpg

16時温泉を出発、17:30姫路に帰ってきました。

今日のデーター 走行距離 約320キロ 歩行距離 約7キロ 累積標高差 約910mでした

by hotaka443 | 2019-03-10 11:39 | Comments(0)