みちくさおじさん山を歩く

2016年 04月 28日 ( 1 )

No440 新居浜市・早すぎたツナクリ山のアケボノツツジ

ツナクリ山(1466m) 愛媛県新居浜市 2016・4・24(日)天気・曇り メンバー・4人
b0185573_14271324.jpg


b0185573_1441725.jpg


今年は全体的に花期が早いので、もしかしたら咲き始めているかも・・・との淡い期待を持ってツナクリ山に走ります。地元の人以外あまり知られていないと思われるツナクリ山は地形図では無名峰で標高点1466のみですが、登山地図には記載されています。

以前に四国の冠山だったかで地元の人に「アケボノツツジと言えば西赤石と思われているが、ツナクリ山から西山が一番や」と聞いていましたが、なかなか行く機会がなかった山です。

5時姫路出発、途中のSAで朝食をとり新居浜ICで降りると、町の後方に壁のように立ちはだかる赤石山系は深いガスの中。なんとなくいや~な予感がします。

県道47も山に向かう車は皆無。案の定大永山トンネルを抜けたところにある、路肩の広くなった駐車場は車ゼロ。やっぱり早すぎたのか、とガッカリです。
b0185573_1502288.jpg

大永山トンネル。別子側から新居浜市街方面を望む。登山口はトンネル手前の林道を左に入ります。
b0185573_921524.jpg

b0185573_9253612.jpg

b0185573_1561289.jpg

林道入口にゲートがありますが、その先すぐ右に登山口があります。しかしツナクリ山の道標はありません。西赤石方面の銅山越からの方がメインかな?
b0185573_15315935.jpg

しばらくはコケむした石垣の道が続きます。
b0185573_15393597.jpg

滝です。
b0185573_1547516.jpg

b0185573_15422858.jpg

9時笹ケ峰・ツナクリ山分岐に着きました。3年前笹ケ峰方面からここに降りてきた記憶が残っています。分岐を右にツナクリ山に向かいます。
b0185573_163719100.jpg

この道は登山者が少ないのかササが茂り、前日の雨で水分タップリ。雨具着用は面倒だし・・・躊躇しているうちに腰から下はずぶ濡れです。
アケボノツツジがそろそろお出ましです。
b0185573_16443855.jpg

b0185573_16523730.jpg

比較的緩い登りでしたが、眼の前に尖った高いピークが見えてきました。標高差100mくらいでしょいうか。あれ登るの?心配そうな声が。
地形図はほぼ直登ですが、実際は右に大きく巻いています。しかし急登には変わりありません。
b0185573_1712723.jpg

尾根に出ると西側の斜面にびっしりとアケボノツツジの木が。しかし花をつけているのはパラパラ程度。それも斜面の下の方なので写真では撮れません。登山道の両側もアケボノツツジのトンネルですが、蕾を付けている木は少しだけで、花芽もあまり見当たりません。今年はウラ年かな?満開になれば素晴らしいでしょうね。
b0185573_17252723.jpg

10:20ピークらしき所もなく、道標がなければ通り過ぎてしまいそうなツナクリ山に着きました。
b0185573_17273359.jpg

b0185573_11425963.jpg

西斜面はアケボノツツジがビッシリですが、東斜面にはほとんど見られません。山頂傍の西斜面にポツンと寂しそうなアケボノツツジが一本。左の枝の一部は咲きかけていますが、全体的に花芽が見られません。
b0185573_17594299.jpg

まだ時刻は早いですが、ここでお昼にしましょう。といっても座るところがないので、登山道を占領します。今日は他に登山者はいないでしょう。

雲が一瞬切れ、西の空にちち山が、右肩に少しのぞいているのは笹ケ峰でしょうか。左は冠山。
b0185573_18102413.jpg
 
右冠山で左は平家平。
b0185573_18125322.jpg

左ちち山、中央右の少し雲から覗いている尖った山は沓掛山。右端のもギザギザは黒森山。
b0185573_18164326.jpg

ポツポツ雨が落ちてきました。このあと西山まで行くつもりでしたが、アケボノツツジは期待できないので帰ることにしましょう。雨具着用で11:00Uターン、幸い途中で雨は上がりました。

12:40駐車地点に降りてきました。途中で男女2人ずれにあっただけの静かな山歩きでしたが、消化不良気味です。

2013・5・13ちち山分れあたりから、ピンクに染まるアップのツナクリ山。
b0185573_1145417.jpg


12:50出発、こちらに来たときは必ず立寄る道路寄りのマイントピア別子に向かいます。
13:10マイントピア別子は別子銅山の施設跡を利用したテーマパークで、道の駅マイントピアを併設、別子温泉も館内にあります。いつも混んでいますが今日はまたすごい車です。
b0185573_21311953.jpg

別子温泉はこの15日に改装オープンしたばかりだそうで、温泉施設も様変わりしています。入浴料金は以前より安くなり、シルバー料金¥400が設定されているのは大歓迎です。

14:25温泉出発、帰途につきます。しかしこのまま帰ると早すぎるので、讃岐富士の飯野山を提案します。讃岐富士なら高速のそばだし、往復2時間もあれば十分です。

が、お帰りモードから山登りモードに切り替えるのは大変だ、パス!が多数決です。ということで途中のSAで20分ほど休憩,17時に姫路に帰ってきました。

四国まで行ってこんなに早く帰ってくるのはすごくもったいない気持ちですが、また出直しましょう。

[データー]

姫路5時⇒山陽姫路西(山陽・瀬戸中央・高松・松山道)新居浜IC⇒R11⇒県道47⇒大永山トンネル出口駐車8:00

出発8:20→ちち山分岐8:20→ツナクリ山10:20~11:00→駐車地点12:40
出発12:50⇒マウントピア別子13:10~14:25⇒往路引き返し姫路17時着

(走行距離 約500キロ  歩行距離 約5.8キロ  累積標高差 約650m)


b0185573_18314584.png

by hotaka443 | 2016-04-28 20:42 | Comments(0)