みちくさおじさん山を歩く

2014年 10月 15日 ( 1 )

No361 中央アルプス 空木岳~越百山縦走

空木岳(2864m)~越百山(2163.6m) 長野県大桑村・飯島町・宮田村 2014・9・8(月)~11(水)
メンバー・4人



先週の焼岳に続き今週は急に決まった中央アルプス行きです。焼岳下山後まだ4日しか間隔が開いていませんが、約26キロ、累積標高差約2800mを登ってきました。



8日は用事を済ませて13時に自宅を出発。中央道中津川で降りR19を北上、吾妻橋交差点でR256に入り、妻籠の宿を通ってその先の(ホテル木曽路)に17時に着きました。
b0185573_17423270.jpg

山屋さんにはちょっと贅沢過ぎるホテルです。豪華な露天風呂に普段はなかなか食べられないステーキやうなぎなど 数々の品ぞろえのバイキングで食べ放題。これで1万円以下にはちょっと驚きです。
b0185573_17483563.jpg
b0185573_1748792.jpg


9月9日 (火) 晴れ 木曽殿山荘まで
b0185573_1810261.jpg


朝食をいただき7:40ホテルを出発します。山に登るには遅すぎる時間ですね。
ホテルの駐車場より、私の好きな山の一つ南木曽岳を望みます。
b0185573_843867.jpg

R19の吾妻橋交差点まで戻り木曽川の流れに沿ってR19を北上、途中のコンビニで食料を調達します。

交差点から約17キロ、右側にIHIの工場が見えると橋を渡って右折、工場脇を通って集落に入ります。
集落内には道標がなく、ちょっとわかりずらいかもわかりませんが、最終的には伊奈川に沿って東へ林道を走ります。道中には廃屋が目立ち、朽ち果てた吊橋がかろうじてワイヤーにぶら下がっています。
b0185573_927149.jpg

R19から10キロ弱で関電の伊奈川ダムで、さらに1・5キロほど走ると広い駐車場に着きました。平日にかかわらず6台ほど駐車しています。時刻は8:35です。
b0185573_943386.jpg

支度を済ませ、登山者カードを記入して8:45スタートします。
b0185573_1473835.jpg

すぐにゲートがあり、その先で流れを今朝沢橋で渡ると林道が左右に分かれています。左が空木岳・右が南駒ケ岳と越百山方面です。左下の青い木の道標には空木岳8.0H 木曽殿山荘5.5H 要予約と電話番号が書かれています。
b0185573_9505360.jpg

進路を右にとり 先に空木岳に登ります。実は最初の計画では越百山~空木岳周回コースでしたが、小さな越百小屋は団体さんで満員との事で断られたため、逆コースに変更です。
ここから苦手のなが~い林道歩きがスタートします。途中には一定間隔で距離標があります。これで最終の距離がわかれば励みになるのですが・・・
b0185573_1083889.jpg

流れに沿って曲がりくねった林道は退屈そのものです。地形図には途中に避難小屋があり、そこから右に登山口に向かう近道がありますが、避難小屋はすでに倒壊してしまったのか見当たらず、結局金沢土場の分岐まで来てしまいました。時刻は10:10、スタートから林道歩きが1時間25分かかっています。

道標では伊奈川ダムまで6.7キロとありますが、ダムから駐車場まで1.5キロなので、駐車場からここまで5.2キロ歩いたことになります。空木岳登山口はここで右折し、さらに1.3キロの林道を歩かねばりません。
道標の直進は6.5キロでJR中央線・倉本駅に出ます。
b0185573_1021173.jpg

b0185573_13562650.jpg

10・35広場になったうさぎ平登山口に到着です。駐車場から1時間50分、6.5キロの林道歩きは終わりましたが、すっかり疲れてしまいました。これからが本番ですが、大丈夫かいな・・・
b0185573_1441929.jpg
b0185573_1435762.jpg

うさぎ平からジグザグ道を1652.3mの三角点のピークまで登ると、しばらくは等高線に沿った道になります。
やがて谷に向かって下ると東川に架かる吊橋に出ます。ここには北沢の道標があります。時刻は11:30になりました。
b0185573_15372184.jpg
b0185573_15381867.jpg

水量は少ないですが、キレイな流れです。
b0185573_15402250.jpg

北沢からは木曽殿山荘まで標高差約900mのキツイ登りが待っています。
b0185573_15452186.jpg
b0185573_15455263.jpg

いい加減疲れた頃(仙人の泉)に着きました。冷たい水で喉をうるおしましよう。
b0185573_15484817.jpg

b0185573_15533385.jpg

13:35八合目です。15分ほど休憩します。
展望のない朽ちた道標の(見晴らし台)を通過
b0185573_1633568.jpg

すぐに(見晴らし場)に着きました。しかし残念ながらガスで何も見えません。
b0185573_1654647.jpg

時期的に花はないものと思っていましたが、トリカブトが咲いています。
b0185573_1685080.jpg

木曽(源)義仲が飲んだと伝えられている水飲場です。義仲が伊那谷から木曽谷に向かう時に中央アルプスを越えた峠が木曽殿越で、峠から少し下ったここで水を飲んだところから、義仲の力水と伝えられているのでしょう。
b0185573_16105833.jpg

b0185573_16104597.jpg

b0185573_16251416.jpg
b0185573_16253154.jpg
b0185573_16254673.jpg
b0185573_1626066.jpg


やっと木曽殿山荘が見えてきました。
b0185573_16241440.jpg

15:10やっと木曽殿山荘に到着しました。約6時間30分、所要時間からするとたいしたことはありませんが、
もっと長時間歩いたような気がします。やはり林道歩きが原因かもしれません。
b0185573_16301819.jpg

小屋は北の東川岳と南の空木岳のコルの木曽殿越に建っています。
b0185573_171397.jpg

東川岳方面のガスは晴れましたが、空木岳方面は深いガスの中です。
b0185573_174188.jpg

食堂と夕食の献立。炊き込みごはんとおでんです。
b0185573_1735822.jpg

b0185573_1712980.jpg

前回2008年8月は駒ケ根高原から空木に登り、尾根を縦走してロープウエーで下山していますが、その時に宿泊しています。おでんはとってもおいしかったと書いていますが、メニューは炊き込みご飯こそ違いますが、小鉢のおかずも全く同じです。もっとも山小屋の料理はだいたいきまっています。カレーが定番の山小屋もありますね。今日のおでんもとっても美味しいです。

寝床は2階の大部屋一つです。場所は管理人の指示で決まりますが、定員80人に対して今夜は20人足らずでガラガラです。明日の縦走に備えて今夜はグッスリ眠りましょう。
b0185573_17465681.jpg


[今日のデーター]

登山口スタート8:45→金沢土場10:10→うさぎ平10:35→北沢吊橋→仙人水12:40八合目13:35~13:50→見晴らし場14:20→木曽殿山荘15:10



by hotaka443 | 2014-10-15 05:21