みちくさおじさん山を歩く

2013年 02月 26日 ( 1 )

No276 丹波虚空蔵山へ

虚空蔵山(592m)兵庫県三田市・篠山市 2013・2・17 (日) 天気・曇り メンバー・2人




2月7日に和田寺山から目の前の虚空蔵をながめ、随分の御無沙汰なので、一度登って見ようという気になっていました。
調べてみるとH12・9に登ったきりなので、実に13年ぶりになりますが、そう関心のある山域ではなかったのが、本音です。

当時の記憶では、舞鶴自動車道(当時は舞鶴西が終点だった)の側道にある登山口から登り、途中のお堂で地区の人が大掃除をされていた、だけしか覚えておりません。

8:00播但道砥堀ICに入り、中国道滝野社で下ります。舞鶴若狭道の三田西まで走れば早いのですが、経費節約です。県道17からR372へ。
寒波の影響で北東進するにつれ、普段はあまり降らない雪が現れます。

                 加東市上鴨川交差点
b0185573_18391890.jpg

             加東市と篠山市との市界の峠付近
b0185573_18413211.jpg

今田交差点から県道292で立杭を通り三本峠に出ます。すぐに舞鶴若狭道のガードですが、くぐらずに左折して側道に入りますが、場所によっては数センチ積っている所もあります。
b0185573_1852060.jpg

2キロ余り走ったあたりに表参道の登山口があるので、その先の行き止まりに車を止めます。

側道は高速の下をくぐって東へ、藍本からR176方面に向かい、高速道路はすぐに藍本トンネルに吸い込まれていきます。

登山口は前方人影のあたりにあります。
b0185573_11171755.jpg

準備をしていると、ガード下から2人連れが歩いてこられました。JR福知山線の藍本駅からのようです。
大阪方面からの人はこのルートが多いそうで、駅から1.7キロ程度です。

表参道登山口です。近畿自然歩道に指定されており、この自然歩道は虚空蔵山から立杭の陶の郷に下り、西光寺山に向かいます。
b0185573_1915015.jpg

b0185573_19153115.jpg

舗装された登山道はすぐに終わります。
b0185573_11225030.jpg

右から流れが近づき、石舟の標示の所に出ました。冷たい流れで手を清めます。
b0185573_1127138.jpg
b0185573_11271977.jpg

石のゴロゴロした歩きにくい道に変わります。
b0185573_11311045.jpg

近畿自然歩道の道標があります。
b0185573_11323196.jpg

石段が見えてきました。虚空蔵堂です。
b0185573_11344927.jpg

時代を感じさせる石段です。道標が見えます。
b0185573_14352789.jpg

道標の横側は裏参道となっていますが、帰りは裏参道を歩きます。
b0185573_1927037.jpg

9:45虚空蔵堂に着きました。文字の一部がはがれた説明書があります。
b0185573_1444131.jpg

b0185573_14484277.jpg

山頂への道はお堂の右奥にあります。
b0185573_14512714.jpg
b0185573_14514833.jpg

途中に役行者石像が祀られています。顔はよくわかりません。
b0185573_15103156.jpg

b0185573_15105053.jpg

つづら折れのきつい道を登って行くと立杭陶の郷からの道と合流します。
b0185573_1520696.jpg

急登の先に大きな岩場が見えてきました。
b0185573_15243760.jpg

左の大岩が丹波岩と呼ばれるそうです。
b0185573_15253150.jpg

岩の上に立つと南東側の大展望が広がっています。中央から右にかけての山並みは六甲連山です。
b0185573_1527712.jpg

丹波岩からほんのひと登りで虚空蔵山山頂に着きました。10:20です。
5,6人の登山者が休憩されています。
b0185573_1550839.jpg

あれ!地形図では標高が592mですが、このプレートは596mになっています。
b0185573_15502491.jpg

皆さんJR藍本駅から来られたそうで、これから縦走で八王子山を経て油井へ降り、JR草野駅から大阪に帰られるとのことです。
八王子山?地形図には八王子山や縦走路は記載されていませんが、尾根伝いを歩き、三角点495.1mが八王子山でしょう。
この縦走に興味が湧いてきました。しかし今日は駐車位置のことを考えると無理で、いつの日か出直しましょう。

すぐ下の丹波岩と展望はほとんど変わりません。長々と横たわる六甲連山です。
b0185573_16431022.jpg

写真中央から右後方にかけて淡路島が霞んで見えますが、この写真で確認困難です。
b0185573_16442894.jpg

b0185573_164448100.jpg

西側の視界はよくありませんが、あの尖った山はとんがり山でしょうか?
b0185573_16585487.jpg

10:35食事にはまだ早いので下山しましょう。
何人かの登山者とすれ違います。雪にスリップしないように慎重に足場を選びながら11:00虚空蔵堂に降りてきました。
ここから裏参道に入ります。
b0185573_1733089.jpg

裏参道は登山者の足跡がありません。藍本駅から離れているのであまり歩かれないのかもしれません。
b0185573_177250.jpg

植林の中に入ります。
b0185573_1781427.jpg

やがて林道に出ました。雪帽子を乗せた椿の木が数本かたまって咲いています。
b0185573_17101442.jpg

舞鶴若狭道の高架が見えてきました。ちょうど500mあまりの藍本トンネルを出たところです。
車はこのトンネルの反対側の入口に置いていますが、直線の道路がないため、2キロあまり遠回になります。
b0185573_1711195.jpg

高速の下を抜け、しばらくすると道路に出ました。ここに登山道入口の標柱があります。
すぐ向こうにJR福知山線が、向こうの山裾にR176が走っています。
b0185573_17255027.jpg

民家の点在する細い道路をテクテク歩くと、無人の藍本駅があります。

b0185573_19334917.jpg

なおもテクテクすると道標のある一本道が山手に延びています。
b0185573_17343239.jpg

地形図にある池の堤防が見えてきました。その向こう鉄塔が立っている右奥の山が虚空蔵山です。
b0185573_1746467.jpg

池に沿って道は西から北に方向を変え、左側に高速道路が接近してきます。
道はやがて高速の下をくぐります。トンネルを出たところが駐車地点です。12:10車に帰ってきました。
b0185573_17573148.jpg

帰りはR372から少し入った所にある(こんだ薬師温泉)に向かいます。
温泉から上がってから食事の予定でしたが、相棒さんの体調がすぐれない様子なので、食事抜きで14:20帰ってきました。
次回は八王子山方面へ縦走する宿題が出来ました。


2月7日 和田寺山の和田谷展望台より。右虚空蔵山で中央の峰が八王子山?
b0185573_1905874.jpg


b0185573_14515978.jpg

[本日のデーター]

7:45自宅出発⇒砥堀IC(播但・中国)滝野・社IC⇒県道17⇒R372⇒県道292⇒舞鶴若狭道側道登山口9:10
スタート9:20→(表参道)→虚空蔵堂9:45→虚空蔵山10:20~10:35→虚空蔵堂11:00→(裏参道)→道路に出る11:30→表参道入口道標11:50→駐車地点12:10
出発12:20⇒往路引き返す(途中温泉12:35~13:20)⇒自宅14:25

(走行距離 約140キロ 歩行距離 約6キロ 累積標高差 約470m)
by hotaka443 | 2013-02-26 13:49