みちくさおじさん山を歩く

2012年 10月 20日 ( 1 )

No246 瑞牆山(みずかきやま)

瑞牆山 (2230m) 山梨県北杜市 2012.9.30 (日) 天気・晴れ 名神高速で暴風雨

b0185573_1616964.jpg


朝食はおにぎりをお願いし、朝5時に出発です。まだ暗いのでライトを付け樹林帯に入ります。
最初は歩きよい道ですが、次第に石ころ混じりに変わってきます。20分で林道に着きました。
樹林帯の中はまだ夜を残しており、ここから富士見平小屋までが岩の多い急登です。
まだ身体にエンジンがかかっていないので、900mほど遠回りになりますがラクチンな林道歩きに変更します。
夜明けまじかの林の間から瑞牆山のシルエットが浮かびます。
b0185573_1638721.jpg

空は快晴のようですが、山荘のTVはうまく入らず、台風17号の動きが気になるところです。
お昼には下山するのでまず大丈夫でしょうが、天気図が見られないと何故か落ち着きません。

5:40 20分かけて林道終点に到着、今朝も軽自動車が2台停まっています。樹林帯の夜は明けました。
5分あまりで富士見平小屋前に着きました。
b0185573_18462617.jpg

今日は小屋に寄らずに手前を左折、瑞牆山に向かいます。
薄暗い樹林帯の道は,飯盛山から張り出す尾根を巻いて緩く登って行きます。
b0185573_1845087.jpg

6:15天鳥川出合に着きました。水はなく涸沢になっています。少し先にはベンもあります。
b0185573_1849322.jpg

道は天鳥川の枝沢沿いに登ります。二つに割れた大岩があります「桃太郎岩」というそうで、小枝のつっかい棒がかわいいですね。
b0185573_1992998.jpg

水量のないこの谷筋は巨岩や倒木で埋まっており、適当に階段やロープが設置されています。
b0185573_19125730.jpg
b0185573_19133683.jpg
b0185573_19133869.jpg
b0185573_19143061.jpg

ひときは巨大な「大ヤスリ岩」を見上げます。上の方はガスが流れています。
b0185573_1922914.jpg

どこまでいっても大岩がゴロゴロ、谷合なので視界はありません。
b0185573_19241157.jpg
b0185573_19243833.jpg

北に向かっていた道は鞍部に出ると南に方向転換し、岩場を登ると、大きな岩峰の瑞牆山山頂に出ました。
b0185573_19355376.jpg
  
7:35 展望を期待していましたが 残念!強風と一面のガスです。昨日、金峰山からこちらがはっきり見えていたので、是非ここから金峰山を見たかったけど、この深いガスではお手上げです。南側は切れ込んだガケになっています。
b0185573_19374129.jpg

次々と登ってこられます。晴れていたら素晴らしい展望でしょうね。
朝食の時間ですが強風を避ける場所がなく、一面のガスでは食事どころではありません。下山しましょう。
b0185573_19421912.jpg

大勢の人とすれ違います。急に空が明るくなりガスが晴れてきました。残念無念です。あとしばらく頂上で待機していたら、なんて・・・
8:40天鳥川出合まで下りてきました。ここで遅い朝食にします。
さすが人気の山です、食事中も次々と登ってこられます。
9:00富士見平小屋に向かって出発、9:25小屋に着きました。
後かたずけも終わったらしくのんびりされているのでコーヒーを注文し、お話を聞かせていただいて10:00小屋をあとにします。
b0185573_20245910.jpg

途中瑞牆山の岩峰がはっきり見える場所があります。さっき自分はどこに立っていたのだろう?
今頃頂上にいる人は、大展望を楽しんでいるのだろうな・・・
b0185573_20203989.jpg

10:30瑞牆山荘前に降りてきました。展望が得られなかった瑞牆山には少々悔いが残りますが、金峰山が最高だったので良しとしましょう。
10:40スタート、途中道沿いにある「増富の湯」に11:00着です。
b0185573_20343920.jpg

温泉で食事を済ませ12:30帰路に着きます。

中央道を南下するにつれ雨が降り出しました。そして名神に入り西進するにつれ風も強まり、50キロ規制が出ます。
彦根を過ぎた頃から猛烈な風雨となり、ハンドルを握る手に力が入ります。
台風17号は15時に潮岬に上陸、すぐに太平洋に出て17:30志摩半島沖を通過、19時に愛知県東部に上陸しているので、名神走行中に台風と最接近していたことになります。
京都を過ぎると台風の影響もなくなり、途中のSAで夕食を済ませ、19:25帰宅しました

先月は白山下山中に台風の強風雨で吹き飛ばされそうになった体験をしており、台風に遭遇するのはこれで2度目です。

[本日のデーター]

瑞牆山荘5:00→林道5:20→林道終点5:40→富士見平小屋5:50→天鳥川出合6:15→瑞牆山7:35~7:45→天鳥川出合8:40~9:00→富士見平小屋9:25~10:00→林道終点10:10→瑞牆山荘10:30

瑞牆山荘10:40⇒増富の湯11:00~12:30⇒往路引き返し自宅19:25着

(走行距離 約540キロ  歩行距離 約6.8キロ  累積標高差 約860キロ)

by hotaka443 | 2012-10-20 16:40