みちくさおじさん山を歩く

2012年 08月 05日 ( 1 )

No232 白山山系・別山の花を訪ねて(その1)

一日目 平瀬登山口~南竜山荘(岐阜県白川村・石川県白山市)2012・7・25(水)
天気・晴れのちガス メンバー3名
 



b0185573_1102290.jpg


今年は梅雨が明けても山の天気はなかなか安定してくれない。
唐松~不帰嶮~白馬~雪倉~朝日~蓮華温泉の計画を立てたが、岩場の不帰嶮は天気のいい日に歩きたいので天気の回復待ちをしていたら、とうとう日程の都合で中止になってしまった。

その不安定な山の天気もようやく25日頃から回復傾向なので、残る2日間の行き先を考えた末、高山植物も多く今が見頃の別山に決めた。
私は何度か登っているが、メンバーさんは始めての山だ。

白山・別山は関西からだとほとんどが市ノ瀬側から登るが、私の好きな岐阜県側の平瀬道コースを登ることにした。

深夜割引の次に安い4~6時の平日夜間割引適用のため 4:40 姫路東ICより山陽道に入る。
途中で朝食をとり、名神から東海北陸道へ。

荘川ICからR158~156で大白川橋を渡り、県道451の白山公園線に入る。
大白川の流れに沿った曲がりくねった道は細いが、完全舗装されており、途中で白山が望めるポイントがある。左が御前峰で右が剣ケ峰だ。
b0185573_14554039.jpg
 
約13キロで終点の大駐車場に着くが、少し手前に登山口があり、傍にも10台ほどの駐車場があるが、すでに満車だ。しかし大駐車場にはまだ10台ほどとガラガラだ。赤い屋根の建物は白水湖畔ロッジで、食堂・売店と宿泊もできる。
b0185573_1551062.jpg

4時間半程かかると話していたが、9:00ジャストに到着、ピッタリだ。
支度を済ませ、林の中を少し登り、上の駐車場横にある休憩所で登山届を提出する。
b0185573_15222614.jpg

登山口は休憩所の上にある。9:20出発だ。
b0185573_15231867.jpg

段差の低い木の階段が結構多い。
b0185573_15293428.jpg

9:55登山口からのキロポスト。登山口から室堂まで6.9キロだ。
b0185573_15303571.jpg

ブナ林の間から尾根が覗く。別山に延びる尾根のようだ。
b0185573_154022100.jpg

11:15倒れかかった登山口より3キロポスト通過。
b0185573_15414230.jpg

先ほどから右側に大きな山がついてくるが、大きなガレ場を持った2058.8mの三方崩山だ。
その名前に魅かれて是非登りたい山の一つだが、最近ツアーにも登場しだしたアルプス展望台の山で、往復8時間ほどの行程だ。登山口は大白川橋のすぐ北にある。
もう一日余裕があれば麓の平瀬温泉に泊まり、登れるのだが・・・・
b0185573_15503112.jpg

振り返ると、ニッコウキスゲとエメラルドグリーンの白水湖が見える。白水湖は駐車場の突き当たりにある。

b0185573_16161538.jpg

b0185573_160918.jpg

そろそろ登山道脇に花が見られるようになってきた。オオバギボウシ、ニッコウキスゲ、ヒヨドリソウ。
b0185573_1625127.jpg

ハクサンオオバコ
b0185573_1642613.jpg

b0185573_1644252.jpg

キヌガサソウ
b0185573_1654650.jpg

樹間から見え隠れしていた白山、全容が見える場所で撮りたいと思っていたら、ガスがあっと言う間に山を包む。
b0185573_1683419.jpg

大倉山直下の道標。登山道のすぐ右を登った所に三角点があるはず、と踏み跡を追うが、ササが茂り三角点わからず。
b0185573_16114645.jpg

11:55 すぐに大倉山避難小屋がある。最近建て替えられたのか、中の写真を一枚と覗くと、数人がお食事中だ。バックの白山はガスの中。素晴らしい撮影ポイントなのに、残念。!
b0185573_1614101.jpg

ミヤマキンポウゲ
b0185573_1754714.jpg

ウズラバハクサンチドリ

b0185573_17125334.jpg
b0185573_1775413.jpg

12:20適当な所で食事をとり、コーヒーをいただいて12:50出発。この平瀬道は名古屋以東の人がよく利用するが、名古屋の人の白山日帰りが結構多い。
シシウド
b0185573_178271.jpg

ハクサンフウロとカラマツソウ
b0185573_1711886.jpg

b0185573_17112648.jpg

テガタチドリとグンナイフウロ
b0185573_17182479.jpg

b0185573_17235651.jpg

イワオウギ
b0185573_17382633.jpg

キンコウカの蜜を吸う蝶。名前は?
b0185573_1739598.jpg

クルマユリ
b0185573_17402942.jpg

雪渓を横切る
b0185573_17415318.jpg

13:25万年雪のカンクラ雪渓道標通過。
b0185573_17424173.jpg

崩れた斜面。足を滑らすと、はるか下の地獄谷までノンストップだ。
b0185573_17544027.jpg

カンクラ雪渓に接近する唯一の場所。休憩する人が多い。
b0185573_17565216.jpg

ハクサンコザクラとイワカガミ。
b0185573_17575157.jpg

b0185573_17585226.jpg

b0185573_183336.jpg

クロユリが現れた。
b0185573_1835480.jpg
b0185573_184185.jpg

きつかった登りも終わり、ほぼ平坦なハイマツ地帯に入る。賽の河原通過。
b0185573_1855598.jpg

14:15室堂と南竜ケ馬場の分岐に着く。登山口から6.4キロ、正面の雪渓を横切って室堂までわずか0.5キロ地点だ。私たちはここから南に方向転換、ハイマツの中を南竜ケ馬場に向かう。まだ2.6キロ先だ。相変わらずのガスで、白山は見えない。
b0185573_18131389.jpg

b0185573_18145542.jpg

所どころハイマツの中にお花畑がある。ミヤマダイコンソウ
b0185573_18194684.jpg

チシマキキョウ
b0185573_20402072.jpg

チングルマ
b0185573_18213482.jpg

分岐からは緩い下りだったが、ハイマツが切れると一転急な下りに変わる。
14:50アルプス展望台に着くが、ガスで視界なし。
b0185573_18253014.jpg

b0185573_1825563.jpg

小さな流れの柳谷を渡る。このあたりも花が多い。ひときわ大きく目立つサンカヨウ。
b0185573_18492316.jpg
b0185573_18511765.jpg

急な下りも終わり南竜ケ馬場の湿原に入る。南竜山荘はもうすぐだ。
b0185573_18542336.jpg

15:30南竜山荘に到着
b0185573_1855575.jpg

一番下の建物に受付があり、手続きを済ませ上の建物へ。
b0185573_192128.jpg

完全予約制になっており、平日のせいもあってゆったりしている。安心して眠れそうだ。第一日目は終わった。
夕食の献立
b0185573_1964875.jpg

by hotaka443 | 2012-08-05 10:06