みちくさおじさん山を歩く

2011年 12月 21日 ( 1 )

4年ぶり、すっかり変わってた姫路市の高山

高山 (298.3m) 兵庫県姫路市・加古川市 2011・12:20 (火) 天気・晴れ メンバー・4人


b0185573_11221688.jpg


何度か登った高山だが、一番新しい記録は平成20・1・4だからほぼ4年ぶりになる。午後から用事があるが近いのでお昼には下りてこられるだろう。

途中のコンビニでメンバーさんと待ち合わせ、登山口に9:15に着いた。もっとも登山口と言っても車を停める場所は路肩の少し広がった部分で、2台が限度で、県道65の神戸・加古川・姫路線で姫路市の東の端にあたる。
傍に民家があり、ちょうど外に出てこられたので、とりあえず車を停める旨、声をかけておく。
するとあそこに停めていいよ、と駐車場を指差していただく。畑の横の7~8台は停められそうな広さがあり、張られたコンクリートはまだ新しい。
これはラッキーだ。Mさんの車はかなり離れた路肩に停められているので、許しを得てこちらに移動さす。

9:25スタート。県道から見る高山に登るルート。真っ直ぐな激登りだ
b0185573_20461813.jpg

県道を横切り、山裾を西へ進み大谷池の堰堤横を登る
傍に自衛隊の射撃練習場があり、練習日は立ち入り禁止の看板があり、下に練習日が書かれているが、道から少し離れており、ここまで弾が飛んでくる事は、よほどの下手くそ以外は大丈夫だ。12月はもう終わり、1月2月の練習予定日が書かれている
b0185573_21232129.jpg

美しい水をたたえた大谷池と登山道。高山はもっと右になり、画面には入っていない
b0185573_21204510.jpg

池の横から登山道を見上げる
b0185573_13592622.jpg

いきなりの激登りだが、4年前にはなかった足場が急斜面に掘られている。滑ったら下まで止まらない、の危険性は薄らいでおり、また何か所かのロープが設置されている。ありがたいことだ
b0185573_143770.jpg

途中から大谷池を振り返る
b0185573_1452552.jpg

標高差130mほどの激斜面を登りきると傾斜は緩くなる
b0185573_14105636.jpg

南西方向下には姫路陸上自衛隊の射撃訓練場が広がってきた。左端は桶居山
b0185573_141331100.jpg

b0185573_15273458.jpg

何か所かの岩場にもロープが
b0185573_14143018.jpg

ラクダの背の岩場を歩く。距離は短いが、楽しい岩稜歩きだ
b0185573_14165963.jpg

ラクダの背を振り返る。もう何年前だろうか、自分で命名、小さなプレートを傍の松の木に取りつけたが、すでになくなっている。自然破壊につながるので、いたずらにプレートは取りつけないことだ。
b0185573_1422287.jpg

高御位方面を見るが、逆光で高砂の工場地帯や明石大橋方面は確認できない。左が高御位
b0185573_1594757.jpg

前方は地形図上のP260
b0185573_14291466.jpg

p260に着く。ここで踏み跡は左右に別れ、左はP269へ、右は高山。以前の高山方面は樹木が茂り、ヤブコギ覚悟でないと入れなかったのでここで撤退していたが、道が付けられている。かなりの人が歩かれているようだ
b0185573_14363143.jpg

イバラ、シダ、灌木などが茂り、スムーズとはいかないが比較的歩きよい方だ。
b0185573_14413747.jpg

b0185573_14415563.jpg

高山が覗く
b0185573_14372740.jpg

途中急斜面もあるが尾根上なので迷う事もなく、10:40山頂に着いた。三等三角点川北がある。展望は全くない
b0185573_14473937.jpg
b0185573_14475442.jpg

コーヒータイムをとり11:00下山開始。途中からの展望
b0185573_1515475.jpg

11:25 P260の分岐着。前回はP269まで歩いたが、今回はパス。
以前歩いた途中から射撃場に下る道を探したが、わからず。結局激斜面を下ることにする。途中の岩場で15分ほど休憩。遠く後山や真っ白な那岐山、近くでは明神山、笠形山、淡路島から明石海峡大橋などが見える。素晴らしい展望だ。
西方面の姫路市
b0185573_15113356.jpg

三角の”おむすび”を並べたような、規則正しい、きれいなき山並みだ
b0185573_15382479.jpg

大谷池が近付いてきた
b0185573_1539143.jpg

12:20 お借りした駐車場に帰ってきた。
休憩除くと登り1:15 下り1:00位で登れる山だ。但し高山は展望もなく、歩くだけなので、ハイキングがてらに途中のP260まででUターンするのもいい。    (歩行距離3.8キロ 累積標高差330m)
by hotaka443 | 2011-12-21 21:28 | Comments(0)