みちくさおじさん山を歩く

2011年 07月 10日 ( 1 )

ササユリも終りの泉山・笠菅コース

泉山 (1209.1m) 岡山県鏡野町 2011・7・9 (土) 天気・ガスのち晴れ メンバー・5人


b0185573_19491647.jpg


夏の暑い時は涼しいコースに限る、と泉山は中林コースの滝めぐりを予定したが、Yさんからガケ崩れで登山口まで入られない、と昨夜連絡をいただいた。

朝、待ち合わせ場所で「どこに行く?」 相談の結果、泉山笠菅峠コースに決まった。
泉山は東西南北から4コースあり、笠菅コースは最近では、昨年9月に歩いており、この時は西側の大神宮原コースを登り、北の笠菅峠に下っている。

6:30待ち合わせの市役所安富支所の駐車場スタート、中国道に入る。 
津山を過ぎたあたりから見える泉山の頂上付近はガスの中、夏の朝曇りだろうか。
院庄ICを降り、R179へ。泉山の麓を走っても相変わらずガスは取れない。

奥津温泉を過ぎ、腰畑に向かう広域林道に入り、笠菅峠の駐車場着はちょうど8:00だ。
b0185573_549565.jpg

準備を済ませ未舗装の南に向かう林道に入る。アザミが多く、無数に飛びかう蝶にとってはわが世の春だ。
b0185573_104103.jpg

10分ほど歩くと登山道入り口が見えてきた。
b0185573_10422014.jpg

近づいてみると、水分を含んだ夏草がびっしり茂っている。スパッツ着用だ。
b0185573_10465050.jpg
 
しかしそれは入口だけだった。長い階段が続く。
b0185573_10484283.jpg
 
少し登るとガスが流れてきた。
b0185573_10501738.jpg
 
登山道脇にはあちこちにウツボグサが群生している。
b0185573_1055415.jpg

樹林帯を抜けるとササ原になる。相変わらずガスが流れ、展望がきかない。
b0185573_10575635.jpg

アザミが多く、蝶が食事中だ。
b0185573_10594279.jpg

9:10反射板を通過。
b0185573_111665.jpg

この大きな蕾はなんだろう?
b0185573_1133016.jpg

ホトトギス。
b0185573_1142025.jpg

ヨツバヒヨドリも多い。
b0185573_1172817.jpg
 
瞬間ガスが切れ,頂上手前のP1110がのぞく。
b0185573_11104881.jpg

急と言うほどでもないが、ロープが設置されている。
b0185573_11125366.jpg

やっとササユリのお出ましだ。結局このあとの10数本は枯れてしまっていた。
b0185573_1113459.jpg
               9:50泉山頂上に着いた。
b0185573_11181488.jpg

ガスで大山をはじめ、全てがかくれんぼ。三角点は一等で点名は泉ケ山。まだ時間は早いがお昼にしよう。
b0185573_11211520.jpg

ガスは瞬間晴れるが長くは続かない。展望はあきらめ10:40、下山開始。車1台なのでピストンだ。
11:05 P1110南斜面の泉山の文字。ササをうまく苅込んでいるが、そろそろ手入れが必要だ。
b0185573_1138552.jpg

ガスが薄くなってきた。泉山を振り返る。 
b0185573_11455133.jpg
 
11:10 反射板通過。しばらく下るとようやくガスが切れ、角ケ仙が正面に姿を見せた。右下の谷間の赤い屋根は、閉鎖になったキャンプ場の管理棟だ。
b0185573_11504722.jpg

一番高い山は花知ケ仙。
b0185573_11542267.jpg

11:55 お昼に駐車場に降りてきた。傍に立つ、予定していた滝コースの通行止めの案内板。
b0185573_1381413.jpg

ちょうどお昼だ。もう一つ登れる時間だが、ガスはどこえやら、夏空が広がり、とにかく暑い!
温泉に入って帰ろうか。その温泉だが、ここからだと「奥津温泉花美人湯」が近いが、お値段がチト高い。
そこで加茂町の「百々温泉めぐみ荘」に走る。(百々と書いてどうどうと読む)
b0185573_13142944.jpg

サッパリしたところで一番暑い時間帯だが、津山ICから帰途に着く。                                                

                                                 
                       
by hotaka443 | 2011-07-10 19:51