みちくさおじさん山を歩く

2011年 02月 02日 ( 1 )

リハビリのお手伝い、赤穂の黒鉄山から百間岳

黒鉄山430.9m~百閒岳435m 兵庫県赤穂市 2011・1・31(月) 天気・晴れメンバー2人


b0185573_911047.jpg

昨年の3月以来の黒鉄山、今日は昨年12月に山で左足首を捻挫したYさんのリハビリを兼ねての登山だ。

8時、自宅を出発、山陽道を走り赤穂ICで降りる。県道96⇒557を走り、山陽新幹線のガード手前を線路に沿って左折。
b0185573_15121328.jpg

すぐに線路をくぐり、少し走った山側に4~5台ほど駐車できるスペースがある。8:45着だ。
b0185573_1731082.jpg


支度中に上下の新幹線があっと言う間に通り過ぎていく。すぐ傍にいると恐ろしいほどの猛烈なスピードだ。
300系・700系・N700系、それぞれ特徴のある顔の車両だ。

準備をして8:50スタート。登山口への入り口は少し戻った所にある門扉を開けて入る。
ところがこの門扉、鉄パイプを通しているのだがこれがまた重いときている。入る時はまだいいが、閉じたあと小さな網の目から手を出しての作業は、面倒くさいしやりづらい。一人なら乗り越えて入りたいところだ。

緩やかな広い林道を進むと、やがて林道終点に着いた。
b0185573_17345371.jpg

左側に鍋森神社の鳥居が建つ。
b0185573_17355373.jpg

ここから整備された遊歩道を登る。整備されたといっても道は広くなったが、石ころ道で非常に歩きにくい。

黒鉄山は里山防災林整備事業 の指定を受け、災害に強い森づくりを目的に、新ひょうごの森づくりの候補地に選ばれた。間伐や里山林の再生に取り組み、簡易防災施設の設置や歩道整備が行われ、すっかり山の様子が変わってしまった。

「階段が多く掘り起こした石がゴロゴロ、疲れる道やわ」 捻挫した左足に神経を集中して歩くYさん。
濡れた登山道でスリップして横向きに倒れ、足首を捻挫したそうだ。

旧登山道が右から上がってくるが、ロープで通行止めだ。
b0185573_9335297.jpg

階段は続く。
b0185573_9345444.jpg

間伐材は山積みされているが、見通し良くすっきりしている。
b0185573_937164.jpg

1年前より工事区間は延びている。このあたりはまだ工事中だった。
b0185573_939735.jpg

関電の反射板が見えてきた。
b0185573_9395882.jpg

ようやく工事区間は終わり、山道になる。左下から旧登山道が上がってくる。
b0185573_9415061.jpg

9:35 笹谷分岐。帰りはこちらに入ろう。
b0185573_943113.jpg

眺めのいい一等地を占領する反射板。
b0185573_944942.jpg

9:40 枯れ雑草の茂る広い頂上に着いた。
b0185573_94558100.jpg

                      
三等三角点黒鉄山。その向こうに記帳ノート入れのポストが立っている。
b0185573_9474177.jpg

6キロ程西の天狗山。
b0185573_1064628.jpg

波静かな瀬戸の海にうかんだ小豆島。
b0185573_10262461.jpg

赤穂の町の向こうには家島群島の西島が。
b0185573_10311740.jpg

9:50百間岳に向け出発。次のP420とのコルは樹木がぎっしり茂り、薄暗く陰気な雰囲気だ。赤テープを目印に進む。
b0185573_10362541.jpg

420のピークより見る黒鉄山。
b0185573_1039315.jpg

10:25 ケルンの積まれた百閒岳頂上。
b0185573_10414046.jpg

うっすらと那岐山が見える。左の山の中腹の白い点は播磨自然高原の別荘。
b0185573_10445668.jpg

10:30 本日の予定はここまで。風が冷たいので引き返す。
結構アップダウンがあり、特に下りは神経を使う、とYさん。あまりリハビリ向きではないコースかな、と反省。
11:05 黒鉄山に帰ってきた。キラキラ輝く瀬戸内海を最後にもう1枚。下の山裾に延びる白い線は山陽道。
b0185573_1052641.jpg

11:10 下山にかかる。5分ほどで笹谷分岐に着く。道は440のピークに登ったあと、北に向かって下る。
昨年より手入れが進み歩きやすくなっているようだ。しかし下るにつれシダが現れ、道も荒れてくる。谷に降りる直前はかなりの急坂で、Yさんは歩きにくそう。
11:45 ようやく谷に降りた。
b0185573_113587.jpg

しばらくは谷に沿って歩く。狭い谷だがなかなか美しい渓谷だ。
b0185573_1152033.jpg

b0185573_1161553.jpg

道はやがて谷から離れ山裾を歩く。枯れたシダがやけに目につく。
b0185573_1110037.jpg

12:10 ようやく県道に出たが、登山口を示す標識類はない。
b0185573_11115795.jpg

ほとんど車が走らない県道をテクテク25分歩き、12:35駐車地点に帰ってきた。
Yさんの足が気になるところだが、久しぶりの長時間歩きと、アップダウンが多かったので、時々違和感を感じた、とおっしゃる。コース設定のミス、もっとのんびり歩けるハイキングコースにするべきだった、と反省!
b0185573_11144029.jpg

12:40 さてお腹がすいたので、お昼はカキオコに決まり。先日振られたが、テレビでおなじみの寒河(そうご)の「たまちゃん」に行く。しかし本日も駐車場は満車。またまた「すずめのお宿」に入る。

(参考データー)
8:00自宅出発⇒山陽姫路西IC(山陽道)赤穂IC⇒県道96・557⇒登山口8:40
8:45スタート→笹谷分岐9:35→黒鉄山9:40~9:50→百間岳10:25~10:30→黒鉄山11:05~11:10→谷に降りる11:45→県道12:10→駐車場12:35
出発12:40⇒食事・お茶とみちくさ、夕方帰宅。
(走行距離 約100キロ 歩行距離 約8キロ 累積標高差 約730m)

by hotaka443 | 2011-02-02 17:29 | Comments(0)