みちくさおじさん山を歩く

2010年 02月 21日 ( 1 )

日米共同訓練に阻まれた滝山悔し!

涙の滝山、また広戸山へ  岡山県津山市 2010・2・21 (日) 天気・晴れ メンバー2人

那岐連山で最も人気のある山はやはり那岐山で、次が広戸仙、そして両山に挟まれた滝山だけを訪れる人は、意外と少ないと思う。しかし中腹にはブナの原生林が広がり、紅葉の頃は素晴らしい光景が繰りひろげられる。ただ、登山口まで自衛隊の演習場内を通るので、注意が必要だ。


私も4年前に訪れたっきりの久しぶりの滝山に、心弾む思いでやってきた。それと先日からの股関節痛、個人医院でレントゲン等の診察の結果、骨には異常なく、原因はよくわからないが、とりあえずクスリで様子を見て下さい、とのことだった。そしてクスリを飲むとピタリと痛みが消えた。それじゃ実際山に登って試してみようという気になった。

さてその山だが、先週広戸仙から滝山に向かって歩きかけて時間切れでUターンしたので、心残りの滝山に直接登る事にした。那岐山と広戸仙はよく登っているが、滝山は御無沙汰だし・・・但し単独の場合、もし歩けなくなったら困るので,先週広戸仙に御一緒したKUさんに電話すると、快く同行してくださることになった.   

b0185573_2226019.jpg

R53から滝山への道を右折、進むにつれ道沿に張られた真新しいらしいロープが延々と続く。そして那岐池を通過、自衛隊の敷地に入ろうとするとロープでと通せんぼ。進入禁止の札がぶら下がり、奥の門扉は閉まっている。傍の番小屋の小さな詰所には銃?を持った隊員がいて、近づくと外に出てきてジロリ。
b0185573_22233984.jpg

アリャリャ、今日は入れないのかな?そこにちょうど1台の車がやってきたので、手を上げて停ってもらう。
隊員じゃなく津山の消防局員で、演習があるので呼び出されたのだという。
「今日は入れないのですか?滝山に登りたいのですが?」「数日間はアメリカさんとの共同訓練があるので立ち入り禁止です」
そういえば国道の歩道橋に幕が張ってあったな。これまでは演習があってもフリーパスだったが、アメリカさんが来ると警備はさすが厳重だ。
b0185573_21563130.jpg

滝山に振られてしまい、さてどうしよう・・・那岐山か広戸仙から縦走しょうか・・・迷うが、広戸仙のあの見事な樹氷が残っているかもわからないので、広戸仙から滝山に行こう、ということになった。
那岐池から望む滝山頂上付近
b0185573_6341365.jpg

ただ先週と同じ道より別の道、甲山経由を歩くことにし、声ケ乢手前を右折、金山林道に入る。 道路にも日陰には雪が残っており、クマらしき足跡が無数見られた。
9:30 2.5キロ走って登山口に着いた。道路の膨らみに駐車。 クマ注意の立看板がある。    
b0185573_9194188.jpg

9:45 スタートする。登るにつれ日陰や植林には雪が残っているが、今日は南風が入り暖かくなりそうだ。
10:20 狭い兜神社後に着く。地形図では777m標高点の甲山だ。
b0185573_931385.jpg

b0185573_9312686.jpg

小ピークに着くと視界が開け、正面に矢櫃城跡のある910mピークで、後ろ左が三角点のある爪ケ城で右が広戸仙。
b0185573_9431744.jpg

アセビの群生地を通過。積雪が多くなってくる。
b0185573_12142945.jpg

b0185573_12161064.jpg

10:55 矢櫃城跡に着いた。狭い台地の一角だ。
b0185573_12184587.jpg
b0185573_1219529.jpg

11:25 最後の急登をひと頑張りすると、三等三角点爪ケ城のある第三展望台に着く。声ケ乢から手ぶらで登ってきた単独のおじさんとほとんど同時だ。豊橋の人で、昨日は九州の山に登り、今日の予定は広戸仙と滝山。広戸仙から駐車している声ケ乢まで戻り、滝山に登られるそうだが、今日は登山口に入れないと事情を話すと、残念がっておられた。
b0185573_1223362.jpg

展望台から今日は少しモヤっているが、右・那岐山、左・滝山そしてその左に氷ノ山が霞んで見える。画面に入ってないが扇の山もかろうじて確認できた。スリップで足を踏ん張ると股関節にこたえるので、ここでアイゼンを付ける。
b0185573_12263954.jpg

ここからは尾根歩き、先週と同じ道だ。気温3度だが南からの空気に包まれ、暖かい。樹氷は見られず、またかなり雪も融けている。しかし道を塞ぐ木々は相変わらずだ。
b0185573_12322873.jpg

11:35 広戸仙に着く。
b0185573_1835498.jpg

一番高い岩場。先週は雪が多くて登れなかった所だ。
b0185573_18365022.jpg

ちょうどお昼だ。一足先に到着の豊橋のおじさんは、自分撮りして引き返して行かれた。時間計算するが、我々も今から3キロ先の滝山まで行くと下山は日が暮れてしまう。残念だが適当に引き返す事にしよう。

12:25 のんびりお昼を済ませ、ザックを置いて神秘的だったあの窪地まで行ってみる。しかし今日は天気も良く暖かいので、まるっきり雰囲気が違う。あちこちでドサッ、バサッと枝から落ちる雪の音でにぎやかだ。
b0185573_18451382.jpg
 
12:40 1060mのピークまでとし引き返す。このあたりは新雪が積もっている。
b0185573_18515315.jpg

13:05 広戸仙に戻ってきた。爪ケ城三角点峰を見る。
b0185573_18543042.jpg

雪の重みでかなりの枝が折れていたが、たわんだ枝の雪を払うと、みるみる間に跳ね上がる。これがまた面白く、子供みたいにはしゃぐ。「助けてあげたので 美しい花を咲かせておくれ」 このあたりはドウダンツツジの群生地だ。
b0185573_1974664.jpg

第三展望所に戻ってきた。この尾根を下る。遥か下のピークが甲山。
b0185573_1935524.jpg

13:30 下山開始し、14:35登山口に降りてきた。今日会った登山者は豊橋のおじさん一人。那岐山は賑ってぃただろうな。  問題の足だが、本日のテストの結果全く異常なし。今痛み止めのクスリを飲んでいるのでそのためか・・・?
湯郷温泉鷺の湯でのんびりして、みちくさしながら帰る。それにしても2週続けて同じ山に登るとは思わなかったな~

(所要データー)
自宅7:30⇒R29⇒山崎ICより中国道・美作IC⇒県道51⇒R53⇒自衛隊日本原演習場入口Uターン⇒R53
⇒日本原交差点右折県道415⇒金山林道駐車地点9:30
スタート9:45→兜神社跡10:20→矢櫃城跡10:55→第三展望所11:25→広戸仙11:35~12:25→
P1060m12:40Uターン→広戸仙13:05→第三展望所13:25~13:35→矢櫃城跡13:45→兜神社跡→駐車地点14:35
スタート14:45⇒湯郷温泉15:10~16:00⇒みちくさしながら帰る
(走行距離 230キロ 歩行距離 約7キロ 標高差500m)

by hotaka443 | 2010-02-21 21:56