みちくさおじさん山を歩く

2009年 08月 11日 ( 1 )

しまった!雨の頭巾山

頭巾山 871m 京都府綾部市・福井県おおい町 2009・8・11(火) 天気雨とガス メンバー2名


b0185573_161857100.jpg


この山の名前は?普通なら「ずきんやま」と言うところだが、「とっきんさん」とよぶらしい。

姫路をスタートし、播但道をしばらく走ってからデジカメを忘れてきたのに気づいた。瞬間迷ったが、まあいいか、とあきらめる。
出かける前に、カメラを入れたザックをとり変えたのが失敗の巻きだ。
そして迷ったおかげで、今度は福崎から中国道に入るところを、山陽道に入るミスを犯す。
少しの遠回りと若干の通行料のアップだ。中国道はほとんど通らないので、自然に山陽に入る習慣がついているようだ。


この頭巾山は、ほとんどのWebが福井県おおい町側からだが、京都府綾部市側から登ることにした。
京都・福井の県境に位置する頭巾山は青葉山あたりから三国岳、頭巾山、八ケ峰,芦生の三国峠、などが並び
若丹山系を形成している。
さらに県境尾根は東にのび、三十三間山、赤坂山・三国山などに続いている。


舞鶴若狭道を綾部で降り、R27に出て5キロほど先の府道1号小浜~綾部線に入り、20キロほど走って右折府道771号に入る。
すぐにこの先行き止まりの看板が立っているが、まだ奥には集落があり通行止めはず~と先で、登山口はもっと手前だ。

古和木の集落を過ぎやがて道は林道となっての山中に入ってゆく。ところ走るにつれ舗装はされているが、道路状況が怪しくなってきた。
どうもおかしい。道に木が倒れ小枝が通行を妨げている。車が走った形跡がないのだ。小枝を取り払って前進するが、このまま進むとヤバイ、Uターンしなければと、狭い道で方向転換。
ようやく数件の民家のあるところに帰りつき、ちょうど家の前にいた老夫婦に尋ねると「少し先の橋を右折したらいい」と教えてくれた。
ここは知らずに直進する可能性がある所だ。ぜひ標識がほしい。(後で地形図を見ると、私の確認不足だった)


橋を渡ってすぐの所に、頭巾山の解説を書いた大きな看板がある。これがもう少し橋の近くにあれば気がついたのに、とボヤく。
1.7キロ走ったところに登山口の標識がある。大きく道路のふくらんだところに駐車、案内板には尾根を登って谷に降りてくる周遊コース4時間と書いてある。このコースにしよう。

細かい雨が降っているので、下のみ雨具を付けスタートするが、7~8mの川を渡らねばならない。幅20㎝位の木が渡してあるのみだ。安全のため横になり渡り始めたが、ゆ~らゆら。
おまけに雨で濡れている。幸い下の川は20㎝位と浅いので転落するよりはましだ、と徒渉することにした。


パラパラの雨が本降りとなり、ガスたちこめ、水墨画の世界をひたすら登る。
登山道脇は オオイワカガミの群生が頂上まで延々と続いている。花のシーズンは花街道になるだろうと想像する。
やがて「京都の自然200選ブナの木」の標識があらわれた。ブナの群生林と書いてある。墨絵の中のブナは日本画の世界だ。

頂上近くまで来ると、突然目の前の茂みがガサガサと音を立て、ウ~という声に、思わず立ち止まる。
クマ?背筋が寒くなる。それとも猪?岩場で足元が悪いがゆっくりとバックする。
あと少しで頂上のはず、さてどうするか・・・しばらく様子をみるが、物音はあれっきりで静寂の世界だ。
大きな声で会話をしながら登ることにした。


案内版どおり2時間で頂上に着く。狭い頂上には立派な祠があり、その裏に2等三角点「納田終村」がある。ずいぶんややこしい点名だ。崩れそうな小屋があり、その中で食事する。

晴れていたら西に三角形の弥山、北に日本海から青葉山、東に八ケ峰から百里等が見えるはずだが・・・
想像でガマンしよう。


雨はやっとい小降になったところで下山だ。少しバックして下の林道まで15分の案内板に従って南に下る。最初は激下りだ。ところが一か所左に曲がるところを直進し、10分ばかりロスをした。

林道に降り立つ。これが駐車場に続くのだが、とても車は走れない荒れた林道を、流れに沿ってひたすら歩く。
途中に「京都自然の美200選・裏八反の滝」落差25mがある。見事な滝だ。さらに尾根を挟んだ反対側には
落差30mの八反田の滝があるそうだ。

1時間余りの林道歩きに疲れたころ、やっと登山口に到着。未舗装で助かったが、舗装林道なら疲れが倍増
したことだろう。雨は下山時にはあがった。


帰路は途中にある「綾部温泉・二王の湯」で汗を流す。平日400円、休日500円と格安だ。
建物は立派でしかも設備もいい。これでやっていけるの?と心配したりして・・・

雨で展望はなかったが、イワカガミの咲くシーズンに、ぜひ訪れたい山だ。

                 それにしてもカメラ忘れが残念なり!


所要データー
姫路7:15⇒播但道・山陽道・中国道・舞鶴若狭道・綾部IC⇒R27・府道1号・771号・行谷林道10:30
スタート10:40→頂上12:35~13:15→駐車場15:20
駐車場発15:30⇒綾部温泉15:50~17:10⇒綾部IC・舞鶴若狭道・中国道・播但道⇒姫路着19:00

by hotaka443 | 2009-08-11 22:39 | Comments(0)