みちくさおじさん山を歩く

2009年 07月 21日 ( 1 )

西穂独標~ピラミッドピーク~西穂高岳

西穂高岳(2908.8m)  2009.7.19(日)~20(月) 天気 19日雨~20日快晴 メンバー2名

b0185573_1051571.jpg

19日は日本海から前線が南下で午後から雨。20日は前線が太平洋岸に下がり、北アルプスは晴れると予想を立て、ちょっと早すぎるが、雨だと早く山小屋に着いて落ち着いた方がいいと思い、19日朝4時に姫路を出発する。連休中だが、早朝は渋滞もなく8時には高山ICに着く。

ちょっと早すぎたので適当にみちくさししながら、しらかば平駐車場2日間1000円に駐車。新穂高ロープウエイで西穂高口に登る。
所要わずか7分を、かっては4時間ほどかけて登っていたことを思うと、往復2700円は安い!

下界は曇りで薄日も漏れていたが、ロープウエイの中間地点まで来るとガスに突入、風も出てきて雨がガラス窓をたたく。ロープウエイから吐き出された多くの観光客は、激しい風雨で駅舎から出られず、右往左往している中を、カッパを付けてスタートする。
「登山者ってすごいなア・・・」の呆れ声を背に受けて・・・

強弱を繰り返す雨、ほとんどが樹林帯なので風はないが、小屋の直前まで来ると樹木が切れ、強風雨に吹き飛ばされそうになり、思わず先日の大雪山の遭難を思い出す。
確かにこの状況下を長時間歩いていると、人間パニック状態に陥り、疲労を早める。計画そのものが無謀だ。という今の自分は・・・道はオール樹林の中だし、    
1時間半も歩けば小屋に着く事がわかっているから・・・

1時間20分で「西穂山荘」に着く。時間は13時前。受付を済ませ、さあこれから15時間ほどをどう過ごすか、一番悩むところだ。部屋にはすでに女性客が4人。話を聞くと、昨日が雨で動けずここに滞在しているという。明日の天気を心配しているので、絶対晴れますよ、と即席気象予報士になる。外が暗くなる頃ようやく雨があがったので外に出てみる。
b0185573_10313559.jpg

定員250名、(本日は布団1枚に1.5人)の掲示通り、よく混んでいて安眠できず。0時半頃、隣の女性が「星空がとってもキレイ、流れ星も見えましたよ。
外は大勢の人です」と教えてくれたので、ボーとした頭で外に。
なるほど多くの人が空を見上げている。山で見上げる空は、全天が星といっていいほど無数の星が、大きく輝いている。この星空を眺めるために
山に登る、という人もいるほどだ。

4時ごろまでウトウトし、4時40分、外が明るくなったのでスタートする。すでに多くの人が頂上を目指している。予想通り快晴である。雨上がりの空気は澄みわたり
すがすがしい。
あいにく御来光は、前穂から明神に張り出す尾根に遮られ、ここからは見えないようだ。振り返ると眠りから覚めた茶色い山肌の焼岳や、遠方の乗鞍岳が朝のやさしい日差を受けはじめ、ほんのりとうす化粧をしている。美しい眺めだ。
b0185573_1119386.jpg

 西側の谷の向こうは美しい笠ケ岳の雄姿が
b0185573_1843784.jpg

 独標には多くの登山者の姿が見える。左後はピラミッドピーピーク
b0185573_19213222.jpg

1時間余りで西穂独標に到着。南西方向の雲海に、白山も浮かんでいた。笠ガ岳と右の小さな尖った山は黒部五郎岳
b0185573_2063829.jpg
         
左端に富士山、その右が甲斐駒ケ岳。一旦北沢峠に向かって高度を下げ、峠より再び高度を上げて仙丈ケ岳、北岳へと続く。
b0185573_1944392.jpg

独標より左ピラミッドピーク、その右が西穂高岳。続いて赤石、間ノ、天狗ノ頭、ジャンダルムなどの難所を経て奥穂高岳に至る。
     多くの人は独標より先は危険箇所があるのでで引き返してゆく。
b0185573_20485587.jpg

        ピラミッドピークに向かう途中より振り返る。左は独標。
b0185573_21283820.jpg

        ピラミッドピークより西穂高岳。右はジャンダルムから奥穂方面
b0185573_21325394.jpg

        憧れの西穂高岳山頂に立つ。笠ガ岳と右は黒部五郎岳
b0185573_2138716.jpg

右より北穂高岳、南岳、中岳などを経て槍ガ岳に辿りつく。その左の裏銀座の山並みの後に立山が肉眼では見えるのだが・・・
b0185573_21485979.jpg

        遠方より乗鞍岳と焼岳。手前三つのコブの中央がピラミッドピーク  
b0185573_21523828.jpg

         槍ケ岳と左野口五郎岳 左端は水晶岳
b0185573_641993.jpg

         乗鞍岳と右茶色の焼岳 左はピラミッドピーク 登山者の姿が見える
b0185573_665455.jpg

         ロープウエイ終点西穂高口駅の出口脇にある三等三角点栗尾2155.94m
b0185573_6151845.jpg

                 2階建新穂高ロープウエイと笠ケ岳
b0185573_6172424.jpg

                                       咲いていた花々
b0185573_6201367.jpg

b0185573_6203955.jpg

b0185573_6211052.jpg

b0185573_6215777.jpg

b0185573_6221997.jpg

b0185573_6225291.jpg


 北アルプス南部で唯一残っていた西穂高岳。天候に恵まれ素晴らしい山行ができました。

所要タイム 
7月19日
姫路 4:05→ 高山IC 8:00→西穂高ロープウエイ駐車場 9:50・・・・西穂高口ロープウエイ駅 11:25⇒西穂山荘12:45
7月20日
西穂山荘スタート4:40⇒西穂独標5:40~6:15⇒ピラミッドピーク6:40⇒西穂高岳7:20~8:00⇒ピラミッドピーク8:40~8:55⇒
西穂独穂9:05~9:20⇒西穂山荘10:15~1025⇒ロープウエイ駅11:25


歩行時間のみ  ロープウエイ駅⇔西穂山荘 登り1時間20分 下り1時間00分
          西穂山荘⇔ 西穂高岳    登り2時間15分 下り1時間45分


下山後は温泉で汗を流しのんびりと・・・14:00高山ICに入ったが、さすが連休最後の日で高速は渋滞。帰宅は20:30頃になった。
                                   
by hotaka443 | 2009-07-21 10:32