みちくさおじさん山を歩く

No509 加越国境6年ぶり白山展望台の大長山

大長山(1671.4m) 福井県勝山市/石川県白山市 2019・8・12(月・祭) 天気・晴れ メンバー・3人
b0185573_663111.jpg

大長山から白山連峰の大パノラマ
b0185573_675773.jpg


b0185573_16203888.jpg

赤兎山からの大長山  2013・9・23

今日は山の日の振替休日でお盆を入れると長期休暇となります。私にはもう関係ないですが・・・
夏はアルプス、ですが、家庭の事情で二日しか家を空けられないので、近くの山であきらめましょう,という訳で大長山と赤兎山に向け5:05姫路出発です。もちろん白山を拝むのが目的です。
連休の中間なので道路も混んでいないはずです。

播但~中国~舞鶴若狭~北陸~中部縦貫道を走り、勝山で下ります。中部縦貫道が大野まで開通したことにより、ずいぶん走りよくなりました。
現在大野より東へ向かって荒島岳トンネルを工事中ですが、さらに東の油阪峠、高山市の一部、安房トンネルなど部分開通していますが,松本までの全線開通は未定です。

中部縦貫を勝山でおり北へ、九頭龍川を渡りR416へ。途中で県道に変わりますがそのまま直進しR157へ出ると左折して金沢、白山方面に向かいます。
10分ほど走り滝波川にかかる赤い欄干の橋を渡るとすぐ右赤兎山の標識があります。細い道に入り
1キロほど走ると小原集落があり、その先にゲートがあります。横の小屋からおじさんが「一人400円いただきます」とあらわれ、領収書とパンフレッド、そして道筋にある水芭蕉温泉の割引券を手わされます。
b0185573_5144511.jpg

普通は車1台の料金ですが、ここは入山者分を徴収されます。以前は無料でしたがかなりの悪路。今は舗装されていますが係員の勤務の都合でAM7~PM5の時間制限があり、気分的にのんびりできません。

小原集落から広域基幹林道小原線を走り林道終点手前の駐車場に9:15到着。三方五湖ASで30分近く休憩したので正味走行時間は3時間40分ほど。最近は安全運転に徹しているので結構かかっています。駐車場は2か所あり、下側は2台、登山口近くは7~8台とガラガラ状態。ゲートのおじさんの「今日は少ないです」の通りです。80台駐車できるそうですが、この時期見るべきものがないからでしょう。
初夏の高山植物や秋の紅葉の時期は道路まで車があふれているのですが・・・・
b0185573_1053362.jpg

9:30スタート、登山口は林道を少し登ったところです。
b0185573_1141918.jpg

b0185573_116466.jpg

小原峠までは急な登りがなく、自然林やブナ林の中をゆっくり登ります。
b0185573_13394344.jpg


3個所ほど小さな流れを渡ります。
b0185573_13432389.jpg

10:15石川・福井県境の小原峠に着きました。直進すると白山登山口の市ノ瀬へ、右が赤兎山、左が大長山です。
b0185573_13444656.jpg
b0185573_13451478.jpg

15分ほど休憩します。何組かのグループや単独行の人たちが登ってきましたが、皆さん赤兎山が目的で、大長山は皆無。距離が長くアップダウンが多いしロープのかかる急登があるので・・・とある登山者。
11:30大長に向けスタート。峠横の細い深さ2mほどの涸沢に一通降りて登り返します。この沢は両県の分水嶺です。
b0185573_14231856.jpg

b0185573_21467.jpg

灌木や雑木林の単調な道です。
b0185573_14272656.jpg

10:55苅安山です。
b0185573_14282985.jpg

山頂らしいピークはなく、尾根上の通過点です。赤兎に比べるとマイナーな山で登山者も少なく、古びた道標がそれを物語っています。展望もないので通過します。
b0185573_14321330.jpg

樹木の間からかすかに望む頂、あれが大長かな?
b0185573_4112954.jpg

ロープが現れましたが短い崖なので必要なさそうです。
b0185573_4134137.jpg

二か所目のロープは滑りやすい赤土です。
b0185573_4211153.jpg

大長山が近づいてきました。
b0185573_4231523.jpg
アップダウンを繰り返して進むと、やっと大長山です。一番上のガレ場が要注意個所でロープが設置されていたように思います。
b0185573_430101.jpg

さあこれを登れば山頂だ、と思っていたその時、いやこれはニセ大長だ、という記憶がよみがえってきました。
b0185573_4391764.jpg

登ってきてるかな、と振り返ります。
b0185573_441239.jpg

崖を登る途中で右に素晴らしい展望が待っていました。白山から別山,さらに三ノ峰から一ノ峰までの山並みが目の前に広がっています。
b0185573_444268.jpg

振り返ると歩いてきた くの字型の長い尾根とその先にどっしりと構えた赤兎山が。山頂からゆったりと左に下る尾根下にガケ崩れが見えますが、ハート型のガケ崩れとして有名とか。ハート型に見えるかな?
b0185573_534256.jpg

ニセ大長からその先の大長はすぐそこです。
b0185573_572279.jpg

12時ジャスト、大長山山頂に着きました。登山口から休憩入れて2時間半かかりました。三角点は二等大長山です。
b0185573_5105581.jpg

三角点の立つ山頂は茂みに囲まれ展望はありませんが、少し北に移動すると白山を望む大展望が広がります。
b0185573_15165688.jpg

白山を拡大。中央が御前峰、左が剣ケ峰、右端中央矢印の赤い建物が室堂です。
b0185573_10294144.jpg

白山から石徹白方面にかけてのパノラマ写真。右から白山、別山,三ノ峰、二ノ峰、一ノ峰、銚子ケ峰までは確認できますが、その先石徹白方面にかけての山名は残念ながらわかりません。
b0185573_1244578.jpg


西の展望。この辺りは初夏のころニッコウキスゲが咲き乱れるそうです。手前の黒っぽい山並みにに取立山が、遠くの尾根上に大日山や富士写ケ岳、火燈山、丈競山、などの山々が並んでいるのですが、同定できません。
b0185573_14193983.jpg

訪れる登山者もなく静まり返った山頂で、パノラマを堪能しながらお昼にしましょう。

あまり知られていない大長山が一躍有名になったのが2004年2月、関西学院大学ワンゲル部14名の大量遭難騒ぎでしょう。
一行は取立山から入山、大長山まで縦走したが二つ玉低気圧が猛烈に発達しながら東進、豪雪に見舞われ大長山で身動きが取れなくなりSOS。ただ猛吹雪でヘリも飛べず、ようやく天気が回復した6日後全員無事救出された事故です。私もこの一件まで大長山は知りませんでした。

12:50のんびり山頂で時を送りました。さあ下山しましょう。
ロープのかかるガレ場上で左赤兎山、右経ケ岳の見納めです。
b0185573_15231155.jpg

経ケ岳を拡大してみると、経ケ岳の左に荒島岳、右に銀杏峰と尾根続きの部子山がボンヤリ見えています。
b0185573_15434829.jpg

ガレ場ノロープを下ります。
b0185573_15471331.jpg
次の赤土のガレ場。
b0185573_1549968.jpg

別山と三ノ峰が見えるところが一ヶ所あり。アップで。
b0185573_15531215.jpg

苅安山13:40通過。小原峠には14:05に降りてきました。短時間の赤兎登山者はとっくに下山しているので静まり返っています。
b0185573_1614711.jpg

赤兎山は今からではゲートが締まり時間切れになりそうなので断念。このメンバーは予定は未定が定番です。
小休止の後下山開始、14:40無事登山口に降りてきました。
駐車場は私の車を入れて2台のみ。右の車は到着した時にはすでに止まっていたので、赤兎方面に登って行かれたのでしょう。
b0185573_1611549.jpg

駐車場の横には山からの水が引かれているのでいただきます。冷たくて うま~い!
b0185573_16142211.jpg

15:00駐車場を出発。下の駐車場はゼロです。曲がりくねった林道を走り、ゲートに到着。小屋から出てこられたおじさんとしばし雑談。
この林道は赤兎駐車場の少し先までですが・・・と聞くと、小原峠の反対側の白山市から登ってくる林道とつなぐ予定が、お金がなく中止したとか。今では登山者と途中にある小原ダム関係者が利用する林道とのこと。ちなみに小原ダムは地形図に掲載されていないので小さいのでしょう。

今日の宿はよくお世話になる荒島岳のふもとにある民宿です。いつまでたっても昔のままの安い料金で、結構御馳走が出てきます。
16時宿に到着、一風呂浴びてさっぱりします。明日は三ノ峰か経ケ岳、または平家岳ですが、朝起きた時の気分で決めましょう。
b0185573_16574076.jpg


今日の天気図
夏季は湿った太平洋高気圧に覆われる日が多く、モヤって展望には不向きな季節。しかし今日は弱いながらも北からの高気圧圏内で比較的空気も乾燥、まずまずの視界でした。
台風9号は渤海湾に、南海上の10号の影響はまだこれからで等圧線の間隔も広く、無風状態でした。

b0185573_11322118.png


[データー]

姫路出発5:05⇒播但~中国~舞鶴若狭~北陸~中部縦貫道勝山IC⇒県道168⇒県道255⇒R416⇒県道261⇒R157⇒広域基幹林道小原線終点駐車場9:15

スタート9:30→小原峠10:15~10:30→苅安山10:55→大長山12:00~12:50→苅安山13:40→小原峠14:05~14:10→駐車場14:40

出発15:00→民宿16:00着

(走行距離 約370キロ  歩行距離 約7.4キロ  累積標高差 約740m) 

by hotaka443 | 2019-08-31 02:34 | Comments(0)