みちくさおじさん山を歩く

No494紅葉始まる岡山皆ケ山

皆ケ山(1159.4m) 岡山県真庭市 2018・10・28(日) 天気・晴れ メンバー・2人
b0185573_17472064.jpg

蒜山キャンプ場進入路から左皆ケ山・右二俣山


b0185573_1834750.jpg


今日は皆ケ山と津黒山の二座の予定で6:40姫路を出発します。播但・中国・米子道を走り蒜山ICで降り、R482を横切り直進。一度蒜山大山スカイラインに出てすぐに蒜山キャンプ場方面に右折。
道なりに走り終点のキヤンプ場駐車場着は8:40、2時間かかりました。
勝央SAでしばらく休憩したので予定時間オーバーです。
b0185573_18274631.jpg

駐車場横のカエデは紅葉見頃。山も期待できそうです。
b0185573_18295914.jpg

8:50出発します。キャンプ場へ入る車用の遮断機も,シーズンオフで上がったまま退屈そうです。
b0185573_5591118.jpg

広大なキャンプ場も静まり返っています。この辺りの樹々はそろそろ色づき始めた程度です。
b0185573_65184.jpg

新鮮な空気を胸いっぱい吸い込みながら歩いていると、前方に水槽タンクがみえてきました。
b0185573_671567.jpg

水槽タンクの左側に登山道はあります。
b0185573_682443.jpg

快適な林の中を進みます。
b0185573_692720.jpg

スタートより45分、山頂まで1700m地点を通過します。
b0185573_613272.jpg

この辺りまで登るとようやく樹々が色づいてきました。
b0185573_615045.jpg

いいですね。
b0185573_6163073.jpg

b0185573_6171763.jpg

これから登る二俣山と、右皆ケ山が樹間からチラリとのぞきます。
b0185573_621461.jpg

10時ジャスト二俣山に着きました。
b0185573_12582680.jpg

南側の狭い範囲ですが視界が広がります。
b0185573_12594683.jpg

気になる三角錐の山があるので自宅に帰って拡大してみると、どうも金ケ谷山のような気がします。とするとカメラの位置をもっと左にすると、木に隠れている三平山や朝鍋鷲ケ山、そして毛無山が見えることになります。
b0185573_1439449.jpg

10分ほど休憩して皆ケ山へ。一度皆ケ山とのコルに下ります。コル近くから見上げる皆ケ山はキツイ!地形図では標高差130mほどですが・・・
b0185573_14443012.jpg

急登が終るとササの茂る平坦な地形に変わります。いい雰囲気です。
b0185573_14495712.jpg

それもつかの間、10:50三等三角点皆仙の山頂に着きました。
b0185573_16112090.jpg

が、えっ ここが山頂?と思わず声を出してしまいました。以前に比べ随分印象が変わっています。
一面雑草が茂り視界はわずか蒜山の山頂が見えるだけ。しかし今はかなり広範囲に見渡せます。閉ざされた山頂から解放された山頂に大変貌です。その南東方面の画像です。
b0185573_16242118.jpg

1000m級の山が連なっていますが、私には同定できません。ただ写真をアップしてみると、星山から櫃ケ山の縦走路のような気がする山並みが見えます。
右が星山で五輪山・扇山と続き、左が最後の櫃ケ山かな?
b0185573_1736519.jpg

下の画像は2010・4の撮影ですが、わずか上蒜山が見えるだけでした。
b0185573_16204911.jpg

北東方面はモヤっていますが日本海です。
b0185573_17462243.jpg

さてさて正面には上蒜山がどっしり構えており、左肩から下蒜山がのぞいています。
b0185573_17434750.jpg

お隣はアゼチです。
b0185573_17475433.jpg

左からアゼチと下蒜山、上蒜山。
b0185573_17525861.jpg

パノラマ写真。
b0185573_17534614.jpg

北西方向は相変わらず樹木やササが茂り展望はありません。烏や大山の大展望が見たいものです。

今日は西よりの風が強く、時には寒さを感じましたが、山頂は風が当たらず日差しタップリ。
のんびりと食事にしましょう。食後のコーヒーをいただき、11:40下山します。

二俣山のコルまで激下り、足元に気をつけながら慎重に下ります。
b0185573_181943.jpg
b0185573_180285.jpg

上蒜山から南に張り出した尾根からは、幾筋もの谷が蒜山高原に向かって流れ落ちます。
b0185573_1862182.jpg

紅葉が美しいです。歩きながら写真をとろうとして急斜面の岩で滑ってドッスンと尻もち。写真は止まってからとりましょう。
b0185573_18111744.jpg

正面に二俣山。
b0185573_1812244.jpg

紅葉のトンネルのこの辺りは激下りです。
b0185573_18125993.jpg

b0185573_18132461.jpg

コルに降りてきました。振り返って見上げる皆ケ山。
b0185573_18145537.jpg

西側の樹間から烏ケ山がチラリとのぞきます。
b0185573_1471745.jpg
バックの大山は残念ながら雲の中。
b0185573_1421560.jpg

b0185573_1475481.jpg

b0185573_1484435.jpg

b0185573_1493078.jpg

b0185573_1495114.jpg

b0185573_1413061.jpg

道標を過ぎると緑が多くなってきました。
b0185573_14141285.jpg

皆ケ山の説明文のあるキャンプ場に降りてきました。
b0185573_14165396.jpg

b0185573_14172344.jpg

b0185573_1418312.jpg

入口に近いキャンプ場の区画番号。ここで111番、いったい何区画あるのか、とにかく広いです。
b0185573_14214984.jpg

13:15駐車場に帰ってきました。
b0185573_14224569.jpg

キャンプセンター。シーズンオフで閑散としています。横に研修センターの大きな建物もあります。
お隣の大山は紅葉も見頃、大勢の人でにぎわっていることでしょうが、皆ケ山は3人男性グループと単独の男性の4人のみの静かな山行でした。
b0185573_15331470.jpg


この皆ケ山、すでに廃刊になっている(山渓1998年発行 マイカー登山中国道)の記載では、二俣山と皆ケ山のコルから先は背より高いネマガリダケに覆われ、踏み跡はついているが歩行困難、と記載されています。
私も随分以前に登った時、満足な道はなかったように記憶しています。
苦労して登った割には展望もなく、もう二度と来るものか、と思っていた山でした。

皆ケ山に別れを告げ13:25スタート。帰りに登る予定の津黒山はまた今度と、相棒さん。
助かった、実は私も内心そう思っていたところです。一度車に乗ってからまた下りてもう一度登る、なんて面倒なものですから・・・

帰り道振り返る双耳峰の皆ケ山。右はアゼチ。画面左端に烏ガ山が見ます。
b0185573_1622673.jpg

場所を変えてみると烏ガ山と左に大山がクッキリと。両山の谷間の小さな突起は三鈷峰かな?
b0185573_1642985.jpg


大山方面の帰路の温泉は(やつか温泉・快湯館)で、1時間ほどのんびり湯につかり、17時に姫路に帰ってきました。

[データー】

姫路出発6:40⇒播但道~中国道~米子道~蒜山IC⇒一般道に出て直進⇒県道114に出て100m先蒜山高原キャンプ場標識方面に入り終点P8:40 

駐車場出発8:50→二俣山10:00~10:10→~皆ケ山10:50~11:40→二俣山12:05→駐車場13:15

出発13:30⇒県道114⇒県道422(やつか温泉)⇒県道422⇒R313⇒湯原ICより米子~中国~播但道 姫路17時着

(走行距離 約320キロ  歩行距離 約7キロ  累積標高差 約690m)


by hotaka443 | 2018-11-03 06:40 | Comments(0)