みちくさおじさん山を歩く

No479 滋賀・比良山系の西 朽木の白倉岳

白倉岳(949.7m)滋賀県高島市 2016・12・26 天気・曇り時々雪 メンバー・4人
b0185573_57199.jpg

白倉岳より蛇谷ケ峰と右後方伊吹山


b0185573_1065466.jpg

村井側より登り栃生側まで縦走予定でしたが白倉岳ピストンに変更

この界隈の山はよく登っていますが白倉岳だけは何故か縁がなく、空白地帯でした。そんな時Aさんから声がかかり、チャンスとばかりに出かけます。
この辺りに来る時は舞鶴若狭道か京都経由か、その日の気分によって決めますが、今日は名神で走ります。

R367で北上するとうっすらと山頂あたりが白くなっています。前を走っていた登山者らしき車は坊村の駐車場に入っていきます。既にたくさんの車が止まっていますが、武奈ケ岳方面に登られるのでしょう。

さらに北上、村井のバス停あたりから左を流れる安曇川の橋を渡り、150mほど走ると三差路があるので左折、少し南に下る古びた登山口の標識が右側に立っています。
b0185573_7531385.jpg

駐車場がないか探しますがそれらしき場所が見当たらないので、登山口の少し南の路肩が広くなったところに駐車します。姫路を6時に出て現在8時半、2時間半かかっています。
b0185573_7584024.jpg

8:40スタート、緩い林道を登ります。写真には写らなかったですが、武奈ケ岳方面の山は雪をまとっています。
b0185573_1423441.jpg

林道をテクテクと・・・
b0185573_14252052.jpg

やがて左側の流れに沿うようになります。
b0185573_14322122.jpg

あれ?おかしいぞ、ふと気が付きました。橋を渡った村井集落から松本地蔵まで二つのルートがあり、南側のルートを歩く予定でした。(地形図には記入無し)ただ満足な下調べなではなく、道標くらいあるだろうとのんきに構えていました。

あいまいな記憶ですが、沢沿いの道ではなかったはずだ・・・道標を見逃したかな?
おかしいと思えば引き返すのが鉄則ですが・・・スタートから20分ほど歩いた時点でようやくUターンの決心をします。どこかに右の山に取り付く道があるはずだ、とキョロキョロしながら引き返します。
b0185573_14531617.jpg

あった!10分余り引き返しところに道標が。どうして四人とも見落としたのか、左ばかり見て歩いていたのですね。手前が登山口でここで右折すべきを直進していました。大失敗で30分以上のロスをしてしまいました。

それにしても比良山系の道標はしっかりしていますが、登山口といいこの分岐といいお粗末ですね。
朽木村とありますが確か平成の大合併2005年に高島市と合併ですから、もう25年ほど前になります。日当たりの悪い場所なので、そのうち朽ちて倒れそうです。
b0185573_150387.jpg

よく踏まれた登山道をゆっくり登ります。

b0185573_15235793.jpg


b0185573_15245120.jpg

イワカガミの群生地があります。
b0185573_15261264.jpg

10時ジャスト、松本地蔵堂に着きました。
b0185573_15294266.jpg

中に祀られているお地蔵さん。
b0185573_15312213.jpg

地蔵堂前の読めなくなった道標を後に出発します。
b0185573_19202389.jpg

すぐに二股の分岐がありますが右を取ります。こちらはP490を踏むルートで、左はその裾をまきます。右手の少し高いところが標高点P490のようです。
b0185573_19274752.jpg

Pから緩い坂を下ると先ほどの巻道と合流、西に進みます。
b0185573_201840.jpg

やがて雪です。ふと前方の木に視線が止まりました。鹿よけテープの上の方に黄色い何かが見えます。はてな?
b0185573_2064439.jpg

近寄ってみると”休”の文字です。せっかくですから小休止しましょう。
b0185573_20134076.jpg

5分ほどの休憩で出発、雪を踏みしめひたすら西へ。
b0185573_14164241.jpg

尾根上の分岐に出ました。 白倉岳は左ですが時刻は11:40、道迷いもあり、予定より時間がかかってしまいました。
b0185573_14201135.jpg

b0185573_14391077.jpg

峠から5分余りで烏帽子岳ですが目立ったピークはなく、表示がなければ気が付かない小ピークです。
b0185573_14481799.jpg

前方に四つのピークが見えます。地形図では白倉岳、白倉中岳、白倉南岳と940m+のピークが行儀よく等間隔で並んがいますが、白倉岳は・・・・
b0185573_1645665.jpg

文字の読めない朽ちかけた道標。地形図では右に下ると県道781の小川に出るようです。
b0185573_1745384.jpg

ロープが設置された急登。
b0185573_17465672.jpg

キレイな雪景色ですが、時々顔を出すお日さまで融けた雪が頭上にポタポタ。
b0185573_17521394.jpg

12:20白倉岳山頂に着きましたが、スタートからなんと3時間半もかかっています。三角点は二等で点名は村井村です。
b0185573_183463.jpg

b0185573_1853033.jpg

山頂は小広場になっていますが樹木に囲まれ、展望はよくありません。ただ樹々の間の小窓から東方面のピークが一つだけのぞいています。釣瓶岳かな?
b0185573_952246.jpg

適当な所に座り込みお昼ご飯を頂きます。
b0185573_9421411.jpg

寒いので30分ほどでで腰を上げます。さて、計画ではこのまま南下して中岳、南岳へと縦走、栃生登山口に下山後3キロほど歩いて車に戻る予定でしたが、時間も遅いことなのでUターンすることにします。
登山道の雪も日差しで少して融けだしています。
b0185573_13511849.jpg

b0185573_13515161.jpg

東側の樹間から蛇谷ケ峰と後方に伊吹山がのぞきました。朝方は真っ白だった蛇谷の山頂あたりの雪も、すっかり融けてしまっています。
b0185573_13543661.jpg

13:05烏帽子岳通過。
b0185573_142394.jpg

b0185573_1442198.jpg

13:10峠の分岐まで下りてきました。
b0185573_1453995.jpg

ここから尾根を離れ村井の登山口に下ります。登りはP490を踏みましたが下りはその裾を巻きます。巻道に横たわる倒木。
b0185573_14164393.jpg

14:20松本地蔵通過。14:35うっかりミスで直進してしまった林道分岐まで下りてきました。
b0185573_14211663.jpg

登山口の下の道路に無事下山しました。

それにしても後味の悪い白倉岳でしたが、始めての山は十分な下調べと、道標をしっかり確認すすることは反省材料です。改めて次の機会には縦走したいと思います。
b0185573_1428242.jpg

帰りはすぐ近くの(朽木温泉てんくう)で冷えた身体を温めて帰りましょう。

[データー]
姫路6:00⇒山陽姫路東(山陽~中国~名神)京都東⇒R161湖西道路真野IC⇒R477⇒R367村井バス停付近を左折、村井橋を渡り直進、三差路を左折、200mほどの所に路上駐車。8:30

8:40出発→松本地蔵10:00→村井分岐11:40→烏帽子岳11:45→白倉岳12:20~12:50→烏帽子岳13:05→村井分岐13:10→松本地蔵14:20→登山口14:40

登山口14:50⇒R367⇒県道295⇒朽木温泉てんくう15:05~16:05⇒往路を引き返し姫路18:40

(走行距離 約360キロ  歩行距離 約12キロ  累積標高差 約840m)



by hotaka443 | 2018-02-14 21:22