みちくさおじさん山を歩く

No475一日目 雨天決行の四国剣山~三嶺縦走

剣山(1954.7m)~(1893.6m)徳島県/高知県県境 2017・11・4(土)~11・5(日)
メンバー・4人
b0185573_11254913.jpg



b0185573_113148100.jpg

b0185573_11325370.jpg

b0185573_15342972.jpg


4日 剣山から白髪避難小屋

昨日まで続いた暖かい好天は終わり、今日は寒冷前線の通過ですが予定通り決行します。

5時姫路出発、いつもはスムーズに走れる瀬戸大橋経由ですが、今日は淡路島経由で走ります。
早朝から姫路・加古川BPの通行量は多く思うように走れませんが、淡路島に入ると通行量は激減、徳島道もガラガラ。ただ片側一車線なので遅い車に追いつくとイライラします。

美馬ICでおりR438で吉野川を渡り、一度R192に出ると東に走って江の脇交差点を南下、再びR438に合流します。
山間部に入るとぐっと道幅は狭まり川沿いのクネクネ道になりますが、運悪く5台ほどの車の列に追いつきました。見るとトップは後続車を気にすることもなくノンビリとマイペース。広がった路肩が随所にありますが、後続車に道を譲る気配は全くなし。山岳ドライブに不慣れかもしれませんが、それならそれで後続車にも気配りしてほしもの。
こういった我が道ドライバーをよく見かけますが、ホント困ったものです。

終わりに近い紅葉で気をしずめながら、やっと車がいっぱいの見ノ越に到着。時刻はもう8:45。
かろうじて空いているところに駐車、支度を済ませリフトに乗ります。
始発の9時に間に合うように走ってきましたが、3連休中は早くから運転しているそうです。

9時にリフトに乗りますが、所要時間は15分。道中でパラパラしていた雨がまた降りだしました。
b0185573_1938761.jpg

終点の にしじま駅 を出たところで雨具をつけます。それほど強い降りではないですが、途中での着用は面倒、それに結構寒いので歩きにくい点は我慢しましょう。
それにしてもスタートからの雨具着用なんて何年ぶりでしょうか。ガスが登ってきました。
9:30スタートです。
b0185573_20514969.jpg

登るにつれてガスは深くなっていきます。
b0185573_20572312.jpg

山小屋の横を通り、山頂台地の木道に出るとごらんのとおり、ほとんど視界はききません。
b0185573_2102578.jpg

10:05一等三角点剣山です。
b0185573_2163386.jpg

悪天にもかかわらず、多くの登山者で頂上は賑わっています。
b0185573_21211463.jpg

ガスが深いため山頂は素通り、先を急ぎます。
b0185573_13344211.jpg

10:40ジロウギュウ峠です。ジロウギュウに登ってもガスでは仕方ないのでパス、山頂の右肩を巻く縦走路に入ります。道標は三嶺16キロ?
b0185573_1356271.jpg

ガスの切れ間から縦走路が浮かびます。
b0185573_1358118.jpg

ジロウギュウからの下り道と合流、縦走路の尾根に出ました。
b0185573_13591584.jpg

天気が良ければ気持ちいい道も、このガスじゃあ・・・
b0185573_19512615.jpg

b0185573_15325524.jpg

緩いササ原を登りきると丸石です。そして「お待ちどおさま」とガスが晴れてきました。
うわ~素晴らしい! と思わず歓声が上がります。左から丸笹山、剣山、ジロウギュウ。
b0185573_15374499.jpg

狭い山頂には逆方向から剣山に向かわれている外国人の男女2人が地図を広げられています。挨拶をしてお二人は下って行かれました。

今の時刻は11:45 展望を楽しみながらここでお昼にしましょう。

しばらくして見ると、お二人は美しいササ原の中で点となっています。
b0185573_15555431.jpg

西方の展望です。残念ながら遠望はききませんが、左は石立山、中央は中東山、右の木立がこれから向かう高ノ瀬で、さらにその後方に三嶺が位置するようですがこの写真ではわかりません。
b0185573_1695354.jpg

12:15先が長いので30分ほどの休憩で出発しましょう。剣山やジロウギュウとお別れです。

写真には写っていないけど、背の高いお二人さん、コンパスも長いのでもうジロウギュウの麓まで行かれたのかな?
b0185573_16172893.jpg

気持ちのいい尾根道は一転、倒木の多い枯木帯に入ります。
b0185573_13265045.jpg

しばらく歩くと再び快適尾根です。天気が良ければ見事な展望でしょうが、残念です。
b0185573_13223982.jpg

12:40丸石避難小屋です。中に入ると数人の登山者の姿が。まだお昼なのに今夜はここに泊まるの声も聴かれました。
b0185573_13321070.jpg

この先で右奥祖谷の二重かずら橋に下る道を分けます。道標には剣山4.6キロ、二重かずら橋2.4キロ
そして写真の位置が悪いですが三嶺24キロ?に見えます。そんなはずはないですね。
b0185573_13344098.jpg

次の高ノ瀬に向かいます。感じのいい尾根道は続きますが、相変わらず視界はあまりよくありません。
b0185573_13485349.jpg

2~3ケ所のピークとちょっとした岩場を越え、縦走路で一番高い高ノ瀬の急な登りにさしかかります。雨はジロウギュウ峠あたりからほとんど降っていませんが、脱ぐのが面倒で着用したまま。登りでは足が重くフウ~フウ。
b0185573_13541896.jpg

13:45なだらかな丘のような高ノ瀬山頂に着きました。
b0185573_13571264.jpg

三角点を探すと、ササの茂った土の中に埋まっていました。
b0185573_20221544.jpg

5分ほどで出発、今夜の宿白髪避難小屋までざっと2時間ほどかかります。高ノ瀬を振り返ります。
b0185573_20293412.jpg

気持ちのいい縦走尾根、これで空が安定していれば最高ですが・・・
b0185573_2033593.jpg

15分ばかり歩くとオオヤマレンゲ群落と書かれた立看板があります。四国では最大規模だそうですが、南国四国にオオヤマレンゲとは意外でした。
b0185573_2036574.jpg

登山道に沿って張られたネットは延々と続きますが、鹿害に合わないように願っています。
14:15石立山分岐です。向こうを向いている道標、石立山まで6.2キロです。
石立山といえば固有種イシダテクサタチバナで有名で何年か前に登りましたが、アケボノツツジが鹿に食い尽くされ、枯木が林立、荒涼としたあの光景が脳裏に焼き付いて忘れることができません。
b0185573_20423396.jpg

石立山南斜面の写真2枚

b0185573_2115551.jpg

来年まで頑張ってまた花を咲かせてね!
b0185573_2121059.jpg

また空模様が怪しくなってきました。
b0185573_2124087.jpg

向こうのピークは1732mかな?とするとバックは白髪山です。
b0185573_116576.jpg

左二重に重なって見える後方は平和丸でその右はP1732です。右は三嶺。
b0185573_2137991.jpg

丘のようなP1732です。
b0185573_21385652.jpg

山頂からの下りは枯れ木の立つやや荒れた道です。
b0185573_21433853.jpg

15:20ガスに沈む平和丸山頂に着きました。ここまでくれば避難小屋まであと30分ほどです。
b0185573_21462963.jpg

b0185573_21464744.jpg


ようやく白髪避難小屋が見えてきました。テントを張っている人の姿も。
b0185573_21525375.jpg

15:45 6時間あまり、ようやく小屋までたどり着きましたが天気が不安定だったのと、歩きずらい雨具着用での6時間はとっても長く感じられました。

尾根上の縦走路はほぼ徳島と高知の県境ですが、この小屋は少し徳島県側に入っており、管理は徳島県です。
b0185573_21582148.jpg

小屋に到着したときは5人グループだけでしたが、食事の準備中に6人のグループが到着、結局今夜の宿泊者は15名でほぼ満員です。

食後はすることもなく早々に寝袋の潜り込み、10時間はタップリ睡眠をとりました。

AM9登行リフトに乗るころの天気図。冬型移行による北からの強風を心配していたが、ほぼ無風状態だった。
b0185573_1147999.png


[データー]

姫路5:00⇒姫路BP・加古川BP・第二神明・阪神北神戸線・第二神明北線⇒神戸淡路鳴門道⇒徳島道美馬IC⇒R438⇒R192⇒R438見ノ越リフト下P8:45

リフト9・00~9:15にしじま駅 出発9:30→剣山10:05~10:15→ジロウギュウ峠10:40→丸石11:45~12:15→丸石避難小屋12:40→石立分岐14:15→P1732 14:55→平和丸15:20→白髪避難小屋着15:45  

[歩行時間(休憩除く)5:15 歩行距離約11.6キロ  累積標高差約900m]
by hotaka443 | 2017-12-01 09:00