みちくさおじさん山を歩く

No454 四国・ガスの瓶ケ森

瓶ケ森  (女山・1896.5m)高知県いの町・愛媛県西条市 2016・8・18(木)天気・ガス 
メンバー・3人


b0185573_13261425.jpg


b0185573_12372871.jpg


先日10~11日の筒上山~伊予富士に続いての四国は瓶ケ森行きで、前回とは別の山友です。
行程は先週と同じ、松山道西条IC下車~R11・194・旧194・瓶ケ森林道で登山口は瓶ケ林道沿いです。
今年は何回目かな、寒風山トンネル南口の駐車場です。平日にかかわらず、数台の登山者の車が止まっています。
b0185573_113614.jpg

ここから瓶ケ森林道に入り、登山口まで17キロの道標と、伊予富士・寒風山・笹ケ峰までのタイム記入の道標。そしてクマ目撃情報あり、の看板が立てられています。

九州ではすでにクマは絶滅したといわれていますが、四国では数十頭が徳島県に、そして愛媛県にもわずかですが生息しているそうです。
b0185573_1836455.jpg

瓶ケ森林道を西へ、伊予富士の登山口を見送り、東黒森の裾を巻いて少し走ると、信州を連想する絶景のポイントがあります。ピークはジネンゴノ頭です。
b0185573_18443496.jpg

朝焼けのジネンゴノ頭。2010・11・3
b0185573_18574469.jpg

トンネル南口より30分、林道右手を少し下った所に瓶ケ森駐車場があり,登山口は駐車場の奥にあります。
b0185573_19515535.jpg

9:45よく整備された道をまず男山に向かいます。
b0185573_8412561.jpg

b0185573_8425992.jpg

b0185573_845476.jpg

シコクフウロ
b0185573_846224.jpg

ヤマハハコ
b0185573_8485585.jpg

ガスが瀬戸内側から登ってきました。眼下の瓶ケ森林道もあっという間に隠れてしまいます。
b0185573_913619.jpg

ガスを取るとこんな風景です。
b0185573_16104283.jpg

男山が見えてきました。
b0185573_9143699.jpg

左眼下に広がる美しい氷見二千石原のササ原。
b0185573_9282321.jpg

b0185573_9284364.jpg

登山口より30分で男山山頂です。地形図には高度の記入はありませんが、1850m+αといったところでしょうか。石土古権現が祀ってあります。
b0185573_1358876.jpg

b0185573_1356475.jpg

男・女と名がつく山は、ほとんどが男の方が高いものですが、瓶ケ森は女の方が50mほど高く、三角点も女山に設置されています。どちらかというと男山はゴツゴツした岩山で東側がガケ、一方女山はなだら地形から名づけられたという説もあるそうです。
まわりはガスの世界で、展望はお預け。女山に向かいます。
b0185573_14121938.jpg

b0185573_1412542.jpg

b0185573_14135585.jpg

b0185573_14162944.jpg

b0185573_14175076.jpg

b0185573_1418356.jpg

天気がいい日の女山。
b0185573_1612874.jpg

30分ほどで女山山頂です。蔵王権現が祭られています。
b0185573_14205374.jpg

b0185573_14221871.jpg

晴れていたなら・・・東方の眺め。
b0185573_1724119.jpg

相変わらず深いガスに閉ざされています。することもないのですぐに下山しましょう。
東之川からの登山道との合流地点までおりてきました。
b0185573_158584.jpg

氷見二千石原のササ原の中を歩きますが、こんなところもあります。
b0185573_15283956.jpg

b0185573_15285682.jpg

b0185573_15301435.jpg

キャンプ場への分岐。
b0185573_15323120.jpg

氷見二千石原の広大なササ原もガスでさ視界はききません。
b0185573_1536554.jpg

スタートから2時間足らずの11:35、駐車場に到着です。
6年ぶりの瓶ケ森でしたが、あいにくのガスで視界もなく、残念!

この後伊予富士の予定でしたが、この天気ではあきらめた方がよさそうです。

帰り道西条市のR11沿いの(武丈の湯)に入ります。
b0185573_1740591.jpg


本日のデーターはありません。
by hotaka443 | 2016-12-07 17:49