みちくさおじさん山を歩く

No443 四国 強風の寒風山~笹ケ峰ピストン

寒風山(1763m)~笹ケ峰(1859.6m)愛媛県西条市・高知県いの町 2016・5・4(水)
天気・晴れ メンバー・4人

b0185573_168458.jpg


b0185573_1612179.jpg


今日は4年ぶりの笹が峰です。東方面の山友を迎えに行き、淡路島経由で走ります。

4時自宅を出発、淡路島から高松道・松山道を走りいよ西条で降ります。R11~R194で高知県に入ると県境の寒風山トンネルを抜け、すぐに旧のR194に入ると、高度差400mをヘアピンカーブを切りながら寒風山隧道南口の駐車場まで駈け上ります。
尚R194寒風山トンネルは全長5432mで、無料のトンネルでは全国で一番長いトンネルです。


時刻は8:15、 旧R194の寒風山隧道南口の駐車場に着きました。
自宅から瀬戸大橋経由で3時間半ほどですが、今日は山友を迎えに遠回りして淡路島経由で走ったので少し時間がかかっています。駐車場にはすでに10台近くの車が停まっています。
b0185573_16104054.jpg

準備を済ませ8:35スタートします。
駐車場の西側に登山道入り口がありますが、ここから西へ舗装された瓶ガ森林道が石鎚山登山口のある土小屋まで伸びています。左の道標、瓶ケ森登山口17キロです。この林道で石鎚山は日帰可です。
b0185573_17401063.jpg

登山口の道標。
b0185573_17454723.jpg

いきなり急登です。
b0185573_17514314.jpg

ジグザグに登って行くとやがて雰囲気のいい道にかわり、満開のツツジが出迎えてくれます。
b0185573_17593632.jpg

9:20美しいササ原の広がる標高1451mの桑瀬峠です。登山道はここから左右に別れ、左は伊予富士、右が寒風山から笹が峰です。ここまでは北側の山に遮られていましたが、峠に出ると北西からの強風が吹き抜けます。
b0185573_1757990.jpg

b0185573_1835097.jpg

道標の所要タイムは寒風山1:20、笹が峰2:50です。
b0185573_1852518.jpg

小休止して出発しましょう。寒風山手前の懸崖の迫力。
b0185573_1625332.jpg

振り返ると伊予富士が。右側の六つのコブの左から二番目のピーク。左のササ原の尾根に登山道が見えます。
b0185573_16322152.jpg

岩稜のピークをクサリ・ハシゴで登ります。
b0185573_16352470.jpg

寒風山は数は少ないですが、アケボノツツジが迎えてくれます。
b0185573_16452287.jpg

b0185573_739438.jpg

この強風、花びらは原型をとどめず、かわいそう・・・
b0185573_10262857.jpg

数か所のハシゴで岩場を乗り越えます。
b0185573_1040564.jpg

b0185573_10404686.jpg

比較的風の当たらない南斜面のアケボノツツジはキレイです。
b0185573_1044177.jpg

ところでアケボノツツジとアカヤシオ、どこが違うのか私にはわかりませんが、アカヤシオはアケボノツツジの変種で、アカヤシオは花柄に腺毛があり、雄しべ10本のうち5本が短く根元に白毛があるが、アケボノツツジは無毛だそうです。

分布はアケボノツツジは西日本で紀伊半島以西と四国が多く、アカヤシオは福島県から兵庫県となっています。よく登る鈴鹿山系にはアカヤシオが多いですね。
b0185573_10463961.jpg

岩場の灌木帯を抜けササ原に飛び出すと、一気に展望が開けます。バックは伊予富士。
b0185573_16385951.jpg

どことなくユーモラスな写真です。
b0185573_16403090.jpg

美しいササ原の向こうに寒風山が見えてきました。
b0185573_1643427.jpg

10:30寒風山につきました。
b0185573_16441542.jpg

1763mの山頂には三角点はありません。
b0185573_16474485.jpg

b0185573_16493785.jpg

寒風山からのパノラマ写真。
左は笹が峰でその右はちち山。ちち山の右方バックは赤石山系。
右端のおわんを伏せたような丸い山は平家平でその左の尖った山は冠山。
b0185573_18122348.jpg

15分ほど休憩して笹が峰に向かいます。
b0185573_18173814.jpg

遠いな~笹が峰!一度コルまで130ⅿほど下り、230ⅿほどの登りが待ってます。
b0185573_18185148.jpg

相変わらず愛媛側から高知県に向かって強風が吹いていますが、青い空に緑のササ原、快適な道です。
b0185573_7435585.jpg

寒風山から1時間25分ほど、ようやく山頂直下の北側の丸山荘からのルートとの分岐です。
b0185573_8412477.jpg

12:15笹が峰山頂到着です。
b0185573_843162.jpg

一等三角点笹が峰1895.2m。
b0185573_8461487.jpg

西方の展望、懐かしい山々が並んでいます。
b0185573_2018498.jpg

北東にはちち山とバック赤石山系。
b0185573_19572280.jpg

東側の展望。
b0185573_19255288.jpg

丁寧に積まれた石の上に祠が祀られています。
b0185573_19511296.jpg

相変わらず北西の強風が山頂を吹き抜けます。その風を避け昼食にしましょう。大展望を楽しみながらNさんの手作りのご馳走をいただきます。
12:45になりました。そろそろ下山しましょう。
b0185573_20281793.jpg

中央瓶ケ森アップ。右は石鎚山、左は西黒森。
b0185573_20325493.jpg

近づく寒風山。
b0185573_2034595.jpg

b0185573_20355276.jpg

14:05寒風山に帰ってきました。もう登山者の姿はありません。
b0185573_20364684.jpg

15分ばかり休憩して桑瀬峠に下ります。
b0185573_9161332.jpg

b0185573_9164989.jpg

15時桑瀬峠着。登りの時は大勢の登山者で賑わっていましたが、ここも登山者の姿はありません。
小休止ののち駐車場まで最後の下りです。
30分余り下るとようやく駐車場が見えてきました。
b0185573_18235876.jpg

15:45 7時間余りの山旅は無事終了です。お疲れ様でした。
b0185573_9293710.jpg

駐車場前の寒風茶屋。間もなく4時、閉店の時間のようです。1944年4月に寒風山トンネルが開通しましたが、それまではこの旧のR194が高知に抜けるルートで、この寒風茶屋も繁盛していたのでしょうが、今はシーズンの土日のみの営業のようです。この旧道、今は登山者と一部のマニアが登ってくるだけです。
b0185573_9341566.jpg

16:05帰途につきます。私もそうですが登山者の多くはR194の寒風山トンネルを抜けて高知県側から旧道を登ってきますが、帰りは寒風山隧道を走り、直接愛媛県側におりてみます。旧R194寒風山隧道は945mでほとんど通行車両がなく、照明はありません。高知県側から登山口のあるトンネル南口まで7キロほどに対し、愛媛県側では約13キロほどあります。
b0185573_13493489.jpg


今日は時間が遅くなったので温泉はパス。また連休で淡路島経由は混雑が予想されるので、瀬戸大橋経由で帰りました。

b0185573_2051334.png

[データー]
登山口出発8:35→桑瀬峠9:20~9:25→寒風山10:30~10:45→笹が峰12:15~12:45→寒風山14:05~14:20→桑瀬峠15:00~15:10→登山口15:45

(走行距離 約350キロ 歩行距離 約10キロ 累積標高差 約1190m)
by hotaka443 | 2016-06-07 20:55 | Comments(0)