みちくさおじさん山を歩く

No427 香川県西部・天霧山から低山ぐるり

天霧山(382m)~弥谷山黒戸山 香川県善通寺市・多度津町・三豊市 2015・12・13(日)天気・晴れ メンバー・4人

b0185573_1138121.jpg


b0185573_20551523.jpg


今日は香川県西部の低山めぐりです。といっても三座だけの狭い山塊ですが・・・

3年前の2月、暖かい四国の里山に行こうということで五座が並ぶ五岳連山縦走をしましたが、そのすぐ北側に展開する山並みがトップの写真で、この三座を縦走します。

6:20姫路出発、途中で仲間をひろい、高松道の善通寺ICで降ります。降りたところがR319ですが信号を左折して少し走るとR11に交差するので左折、R11を6.5キロほど走ると鳥坂峠の交差点です。

交差点を右折、県道48になりますが1キロ走ると三方向に道が分かれるので右端の道に入り、すぐの十字路を右折します。800mほど走ると右側に弥谷寺の駐車場が、その少し先の左側が道の駅です。要所要所に道の駅や四国七十一番弥谷寺道標があります。
姫路から2時間足らずの距離ですが、途中でトラブルがあり、到着が8:50になってしまいました。

9:05出発します。駐車場から弥谷寺までは長い階段があるので、弥谷寺参拝者用の無料の山上バスが運行されています。
b0185573_7324363.jpg

b0185573_7382960.jpg

目指す天霧山はかっては天霧城があったところで、弥谷寺を通って行きます。
b0185573_7421054.jpg

バスは「540段のうち本堂の370段までの片道運行」と看板に。
b0185573_10213354.jpg

表参道の階段を上ります。
b0185573_1022836.jpg

階段を登って行くと途中に茶店と一本の紅葉。
b0185573_1048465.jpg

全体的に枝ぶりはよくありませんが、狭い範囲だとキレイですね。
b0185573_1144127.jpg

茶店は俳句茶屋で営業中です。
b0185573_11103895.jpg

お遍路さんたちの俳句の短冊が店内や軒下にズラリと・・・
b0185573_202039.jpg

b0185573_20201393.jpg

階段を登ると仁王門です。
b0185573_10581781.jpg

仁王門から俳句茶屋を。
b0185573_1058287.jpg

仁王門。
b0185573_1473321.jpg

b0185573_1474387.jpg

仁王門から階段を登ると広場になり、金剛拳大菩薩像が建てられています。
b0185573_15292980.jpg

その先は百八階段です。
b0185573_1532852.jpg
b0185573_15322090.jpg

次の階段を上ると大師堂です。
b0185573_1538425.jpg

大師像。
b0185573_15451371.jpg

多宝塔。
b0185573_10244216.jpg

本堂です。
b0185573_10262995.jpg

境内にはまだ多くの建物がありますが、私たちは登山が目的なのでまず天霧山に向かいます。
b0185573_1031156.jpg

登山道に入るとお遍路さんの姿もなく、うっそうと茂った陰気な雰囲気の雑木林に変わります。
b0185573_947204.jpg

途中の道標。
b0185573_10454294.jpg

b0185573_1046549.jpg

隠砦跡に寄ってみますが、小高い地形で樹木が茂っているだけです。地形図の306mの標高点のようで、樹間から天霧山がチラリとのぞきます。かなり急な登りのようで、一度下ってから382mまで約100mの標高差です。
b0185573_10511495.jpg

直線距離3キロ南に位置する五岳連山のうちの三座と、後方に大麻山が見えます。
b0185573_1362573.jpg

天霧山の登りは2ルートありますが、犬返しのルートを歩きます。
b0185573_14215247.jpg

犬も引き返すほど急坂、という意味ですね。
b0185573_14242513.jpg

なるほど結構な勾配です。
b0185573_14255588.jpg

10分ほど急坂を登ると平坦な地形に変わります。
b0185573_15122711.jpg

すぐに天霧山頂上(本丸跡)381.8mの道標に到着、時刻は10:10です。左空堀、右弥谷山とあります。空堀の方向に下ると、犬走り道標の立つ分岐に出るのかな?
b0185573_15163190.jpg

三角点方向に歩いていくと、すぐに二ノ丸跡です。
b0185573_15182740.jpg

続いて三の丸跡です。
b0185573_1519508.jpg

その先にまた天霧城址の折れた石柱があります。
b0185573_15282552.jpg

山頂から250mほどで三角点に着きました。四等三角点天霧山です。360.1mで山頂より20mほど低く、さらに奥に向かって踏み跡が延びているので、展望台でもあるのかな、と入ってみますが、ヤブ状態なので引き返します。
b0185573_16223598.jpg

さあ、次の弥谷山に向かいましょう。弥谷寺の分岐まで引き返しますが、高圧線の鉄塔下に北側の開けた所があるのでコーヒータイムにします。格好の展望地ですが、眼下の瀬戸内海もモヤってすぐ先の小島(高見島?)が確認できる程度です。
b0185573_16374568.jpg

弥谷山分岐です。尚地形図には破線は未記入です。
b0185573_16534848.jpg

分岐から高度約100mの登りで、視界はなく概ねこんな感じの道が続きます。
b0185573_1656545.jpg

分岐から約10分で弥谷山山頂ですが、林の中で展望はありません。三角点は四等石切谷です。時刻は11:10になっています。
b0185573_1659102.jpg

次の黒戸山に向かいます。
b0185573_173189.jpg

ぬたのせ池、の私設道標のかかった広いヌタ場。
b0185573_1733245.jpg

11:55黒戸山です。三角点は四等、点名も黒戸山です。
b0185573_1737233.jpg

弥谷山同様展望は全くありませんが、北に300m程の所に展望所があるので直進します。
尾根を進むと突き当りのガケの上に出ました。標高270mあたりになります。瀬戸内海を見下ろす素晴らしい展望です。が、残念ながらモヤっており、遠くは見えません。写真中央の小島は橋でつながっている津島。
b0185573_1933215.jpg

津島アップ。津島神社のみの小島で、津島橋は250mあり、四等三角点津島は標高2.5mです。
b0185573_19333525.jpg

時刻は12:05になりましたので食事にします。海岸沿いを走る単線の予讃線下りの電車が走ってきました。時刻表を調べると、岡山発観音寺行き普通電車1533Mです。レールフアンとして見逃すことはできません。アップで一枚。
b0185573_20262419.jpg

地形図を見ると津島橋の手前に津島ノ宮駅があります。帰宅後写真を撮った電車の津島ノ宮駅発の時刻を調べようとしましたが、なんと時刻表に駅名がありません。???

気になったので調べてみると、なんと日本一営業日数の少ない駅ということがわかりました。
津島神社の夏季大祭が開催される8月4~5日のみ臨時停車するそうで、時刻表に掲載されるのは6~8月号のみ。

時刻表に掲載されていますが、スキーシーズンや海水浴シーズンのみ、また鹿島サッカースタジアム駅のように、サッカー開催日のみという臨時駅は結構ありますが、二日間のみで時刻表にも掲載されない駅があるということを初めて知りました。

なお津島神社は子供の神様で、大祭には祖父母や保護者に手を引かれた子供たちの行列が続くそうです。

今度は上り特急高知県の宿毛発岡山行き42D・南風12号です。この列車には全面に漫画が描かれています。
b0185573_21105974.jpg

食事が終わっても視界は回復しません。
b0185573_21133053.jpg

多度津の町と海岸の工場地帯。
b0185573_21194932.jpg

讃岐富士の飯野山がボンヤリと。
b0185573_212053100.jpg

12:30展望所を後に引き返します。下山コースは黒戸山から直接下の県道221に降り、道路伝いに駐車場に帰るルートと、弥谷山を越え、天霧山の中間の分岐まで戻って登りに歩いた道で駐車場に帰るルートがありますが、道路歩きは疲れるので後者を歩きます。

ところがあるいていると標高点のある326mのピークと弥谷山のコルあたりから弥谷寺に下る古びた私設道標があったので、これを下ります。
これだとかなり時間と距離の短縮になりそうです。踏み跡程度の激下りですが、ものの数分で弥谷寺の境内から天霧山に登る登山道に降りてきました。
b0185573_832894.jpg

多宝塔。登りに写した写真より、この方向からだと紅葉がキレイです。
b0185573_865492.jpg

山門(仁王門)まで帰ってきました。
b0185573_88213.jpg

13:40駐車場に無事到着です。帰りはすぐ前の道の駅に寄ってみます。(いやだにおんせん大師の湯)をはじめ物産館・レストラン・宿泊施設やレジャーランド併設の大きな施設ですが、温泉は¥1500と山屋さんが利用する金額でないのでここはパスします。

雲っていた空はやっと晴れてきました。道の駅駐車場から見上げる326mのピーク。
b0185573_8125266.jpg


帰り道、鳥坂(とっさか)峠のR11交差点角にある当地では有名な鳥坂まんじゅうのお店に入ります。
店内でお茶を出していただき、まんじゅうを食べている間にも次々とお客さんが買い求めに来られます。
小さなお店でご家族で経営されているようですが、手を休める暇がないほど忙しそうに見受けられます。
b0185573_94221.jpg

帰りの温泉ですが、丸亀市内の(丸亀ぽかぽか温泉)シニア¥480に入り、坂出ICから高速に乗って18時頃帰ってきました。

今日の歩行距離 約8.2キロ 累積標高差 約820mでした。
by hotaka443 | 2016-01-25 11:08