みちくさおじさん山を歩く

No421奈良・大屏風岩~住塚山~国見山~済浄坊の滝

住塚山(1009.2m)~国見山(1016m)奈良県曽爾村・室生村 2015・11・11(水)天気・晴れ メンバー・4人

b0185573_10572311.jpg


b0185573_851453.jpg


このコースは3年ぶりになります。屏風岩の岸壁と紅葉は絵画のようにで美しく、来るたびに自然の岩の壁には圧倒されます。
b0185573_1131897.jpg

駐車場から桜の名所の公園内を歩いて、登山口に向かいます。
b0185573_1083456.jpg

b0185573_113721.jpg

公園の西のはずれに(住塚山・国見山ハイキングコース登山口)の案内板があります。
b0185573_11394931.jpg

b0185573_11411139.jpg

登山口の道標。
b0185573_11444894.jpg

うす暗い急な植林の中を登ると道標があります。右折は屏風岩の上を歩く道で、ところどころで展望が開ける場所がありますが、今回は歩きません。。
b0185573_7533792.jpg

尾根に上がると自然林の気持ちのいい登山道に変わります。
b0185573_1020871.jpg

b0185573_10204563.jpg

住塚山に着きました。三角点は二等で点名は黒岩山です。
b0185573_14333623.jpg

b0185573_13464250.jpg

山頂から南側の展望が開けます。
b0185573_13492837.jpg

槍のように張り合った二つのピーク。登りたいけど、三重県津市と松阪市、日帰りではちょっと遠い・・・
b0185573_13551142.jpg

樹氷で有名な三峰山。
b0185573_14225100.jpg

b0185573_14172858.jpg

パノラマ写真。
b0185573_14281016.jpg

国見山に向かいます。しばらくは気持ちいい尾根です。
b0185573_14392045.jpg

やがて植林の中の下りになり、ゼニヤタワのコルに降りてきます。
b0185573_14435572.jpg

国見山まで高度150mほどの少し急な登りになります。
b0185573_14481544.jpg

この辺りには少し紅葉が残っています。
b0185573_1450101.jpg

屏風岩の上のまだら模様の紅葉。
b0185573_14515759.jpg

ロープもある急な登り。
b0185573_14545665.jpg

国見山に着きました。住塚山同様に素晴らしい展望です。高さは住塚山より6mほど高いですが、三角点はありません。
b0185573_14563596.jpg

b0185573_14591284.jpg

b0185573_1523528.jpg

住塚山から北東に1キロほど離れているだけなので、展望は住塚山とあまり変わりません。ただ住塚山ではっきり見えなかった伊賀富士の尼ケ岳の山頂がよく見えます。
b0185573_17401021.jpg

b0185573_18192260.jpg

住塚山を振り返ります。
b0185573_1584246.jpg

国見山から少し歩くと植林の長い階段の下りになり、又次のピークまで階段の登りです。
b0185573_2135317.jpg

登り切ると940mほどの無名のピークですが、誰かがマジック書きで松ノ山、と書いています。
b0185573_2103985.jpg

再び長い階段の下りです。まわりは陰気な雰囲気の植林が続きます。
b0185573_2041711.jpg

高度130mほどを長い階段で下ると東海自然歩道に出ます。クマタワと呼ばれる峠で、トイレが設置されています。
b0185573_2011311.jpg

しかし背の高い植林の中で陽が射しこまず、暗くて陰気な雰囲気の峠です。
b0185573_20122974.jpg

クマタワから東方向は林道で、逆の西の室生寺方向は山道です。クマタワからは東に向かって東海自然歩道の林道を歩きます。
b0185573_2021194.jpg

やがて明るい陽射しを受けた自然林に変わります。
b0185573_20225270.jpg

高度140mほどを2キロの道のりで下ると、地形図にない林道川根線が右から下ってきます。屏風岩の上を歩く登山道へはこの林道に入ります。
b0185573_20304569.jpg

b0185573_2034253.jpg

分岐から300mほど歩くと済浄坊の滝への分岐があります。沢沿いに500mほど下るだけなので寄ってみましょう。
b0185573_20403845.jpg

流れに沿って遊歩道が設けられています。
b0185573_20421223.jpg
b0185573_20423043.jpg
b0185573_20434969.jpg
b0185573_2045626.jpg

b0185573_20481124.jpg
b0185573_20483230.jpg

滝といっても落差のある豪快に流れ落ちる滝ではなく、規模の少し大きなナメ滝といったところでしょうか。河原に降りてお昼にします。
b0185573_217114.jpg
b0185573_217314.jpg
b0185573_2191890.jpg

食事が終わると駐車場に向かいます。元の林道に戻ると、2.2キロの長い舗装林道歩きです。黙々と歩いていると、やっと屏風岩が見えてきました。
b0185573_21215560.jpg

長い林道歩きを終え駐車場にもどってきました。
b0185573_21234263.jpg

帰り道で古光山がよく見えるポイントがあります。山頂からは薄いモヤがかかり、ぼやけていましたが、今ははっきり見えます。
b0185573_21291751.jpg

せっかくここまで来たのですから県道に下ると、少し東に走り、鎧岳・兜岳の写真を撮ります。
b0185573_21352969.jpg

美しくもあり、ほれぼれする鎧岳。登山道は裏側にあります。
b0185573_21324910.jpg

帰り道から見る屏風岩。
b0185573_11571611.jpg

右から国見山・住塚山・屏風岩と並んでいます。
b0185573_122341.jpg

下山後の温泉ですが、すぐ近くの曽爾高原に(おかめの湯)がありますが、今日は水曜で休業です。
そこで名阪国道針ICのそばの道の駅針テラスにある(はり温泉らんど)に入ります。
針テラスは道の駅としては西日本最大級といわれ、温泉施設・飲食店・土産物売場等の施設があり、また関西圏のライダーの聖地として知られています。

このど派手な色彩の建物はとても温泉施設には見えませんね。以前は茶色でしたが・・・
¥800で他と比べると少し割高です。温泉以外にカラオケルーム・室内プール・室内運動施設・食堂などが完備しています。
また建物の前の庭に三角点があります。
b0185573_1429392.jpg

462・2m四等三角点針です。比較的新しい三角点ですが、建物の庭に設置されている三角点は珍しいですね。
b0185573_14324516.jpg

温泉で汗を流し、すぐ横のICから帰途につきます。

今日もデーター紛失です (歩行距離 約9・5キロ 累積標高差 約800m)

by hotaka443 | 2015-12-10 15:43