みちくさおじさん山を歩く

No420台高山脈・明神平~水無山(桧塚は断念)

水無山(1441・3m)奈良県東吉野村・三重県松阪市 2015・11・7(土)天気・曇り メンバー・6人

b0185573_20445157.jpg


b0185573_20374081.jpg


明神平から薊岳は何度も登っていますが、桧塚はまだ未踏です。今日は待望の桧塚に登ります。
県道220を奥に入ると左側に登山者用の広い駐車場があります。
b0185573_1721623.jpg

駐車場の先にゲートがありますが、車が通れる幅があります。
b0185573_1925595.jpg

この先600mほど歩くと県道終点になり最終ゲートがあります。ここまで車で入ったことはありますが、広場がないためUターンするのに苦労します。
b0185573_1925573.jpg

熊注意の看板。私も以前、明神平の先の前山で熊に遭遇したことがあります。熊の方が逃げてくれましたが・・・
b0185573_1944212.jpg

b0185573_19483967.jpg

20分ほど登ると渡渉です。流れが少ないので助かります。
b0185573_19554693.jpg
数分で再び渡渉です。
谷幅が広いのでロープも長くなりますが、振られるので頼ると危険です。
b0185573_2011483.jpg

倒壊したあしび山荘。朽ちて土に帰するので、来るたびにその容量が減って行くように見えます。
b0185573_20412877.jpg

渡渉が楽しめます。
b0185573_20524511.jpg

b0185573_20595985.jpg

左岸・右岸と連続した渡渉が終わると、明神滝です。
b0185573_20564090.jpg

b0185573_20565578.jpg

ここが最後の渡渉です。明神滝の源頭部になりますが流れはなく、新しい木橋で渡り続いて右の橋を渡りますが、左に旧道の橋が見えます。
b0185573_2111747.jpg
b0185573_2175392.jpg

ここからは安定した登山道になります。
b0185573_21163266.jpg

冬枯れの木々の中で、最後まで残って心を慰めてくれる紅葉。
b0185573_2119767.jpg

コース唯一の水場ですがこの季節、何本かのパイプから流れ出る水はありません。
b0185573_21202128.jpg

明神平に着きました。天王寺高校所有のあしび山荘です。避難小屋ではないので中に入ることはできません。この山荘は明神平の景色になくてはならない存在です。
b0185573_21272324.jpg

ここでアクシデントが発生、体調不良でAさんが少し遅れて登ってこられました。このまま桧塚まではむつかしいので、さて、どうするか・・・とりあえず風を避けてあしび山荘近くでお昼にします。

このまま引き返すのはもったいないので、桧や薊は無理として一番近い国見山に行くことにします。
但しここで待つとおっしゃるAさんのことを考え、時間がかかるようだと適当に引き返すことにします。

食事を終えまず水無山に向かいます。国見山まで40~50分で、水無山は手前にありますが、私は初めてです。
b0185573_1191544.jpg

結構な急登です。
b0185573_11141726.jpg

木立に囲まれた水無山です。バックの国見山へはここから一度大きく下らなければなりません。や~めた!
b0185573_11155356.jpg

木立の間から登る予定だった双耳峰の桧塚が覗いています。左が桧塚で右が桧塚奥峰。
b0185573_11215095.jpg

水無山の頂を踏んですぐ明神平に向け下山します。中央の窪みが明神平でその後ろは前山。
b0185573_11313381.jpg

前山に登る途中から見る明神平とあしび山荘。その後方右が水無山で左が国見山。(2014・9・13)
b0185573_1141584.jpg

薊岳右と左は木ノ実ヤ塚。
b0185573_14161850.jpg

あしび山荘に下りてきました。さあ下山しましょう。
b0185573_14173420.jpg
b0185573_14175265.jpg
b0185573_1418352.jpg
b0185573_14181970.jpg

駐車場に無事到着です。Aさんは何事もなかったように元気です。
b0185573_14183988.jpg

紅葉は山ではほとんど終わっていますが、大又川に沿って走る県道から眺める川沿いの紅葉は、キレイ!の一言につきます。
場所柄登山者以外に訪れる人もなく、静寂の世界を紅く、そして黄色く美しく染めています。

大又川に流れ込む多くの支流を集め、やがて四郷川と名を変えたころ、やはた温泉があります。(2014・9・13撮影)小さな温泉ですが¥500と安い料金設定です。
b0185573_14394611.jpg

川の向こうはふるさと村となっておりキャンプ場や宿泊施設があります。
b0185573_14381716.jpg

下山後の温泉はまた格別なもの。少し遠回りしてでも探して入りますが、道沿いにある温泉は助かります。

桧塚は宿題として残ったので、また来年でも挑戦しましょう。

(歩行距離 約6.4キロ 累積標高差 約730m)その他のデーターはメモが行方不明のためありません。
by hotaka443 | 2015-12-04 14:55 | Comments(0)