みちくさおじさん山を歩く

No409行先転々・鳥取牛臥山~海上山そして篭山は途中で雨

牛臥山(614m)~海上山(786.4m)・篭山(905・5m) 鳥取県智頭町 2015・9・12(土)メンバー・4人

b0185573_6262756.jpg



b0185573_6505619.jpg


登りたい山がなくなってきた昨今、篭山にでも登ろうか、と鳥取道に入り、智頭ICで降ります。R53を南下中、ここまで来たのだから先に牛臥山に登っておこうという気持ちになりました。
旧道に入り、牛臥公園の案内板を左折して林道牛臥線に入ります。
b0185573_1054947.jpg

標高差350mを約4キロの道のりで、ほぼ等高線に沿ってクネクネと登って行くと、終点は広場になっており、少し離れた西側の木立の奥には数本のアンテナが林立しています。
b0185573_104756.jpg

広場のわきに階段があり、登ると(やまごや風車)の建物があります。以前は風車が回っていたのですが、台風で吹き飛ばされ、今ではアンテナに変わっています。
b0185573_101801.jpg

2009/12 風車が風を受けて回っていました。
b0185573_10205871.jpg

8:10準備完了、出発です。広場の奥のトイレの前が登山口です。
b0185573_10533688.jpg
最初は砂利を敷き詰めた歩きにくい道ですが、やがて山道らしくなります。
b0185573_10562541.jpg

30分ほど歩くと左の板井原集落から登ってくる道と合流します。
b0185573_1103535.jpg

さらに10分ほどで牛臥山と海上山との分岐があります。
b0185573_115580.jpg

分岐から数分で広場になった牛臥山です。時刻は8:55、所要45分と散歩感覚といったところでしょうか。三角点はありません。
b0185573_11115650.jpg

モヤがかかり、那岐山など展望がききません。
b0185573_11165934.jpg

すぐ下の智頭の町並ははっきり見えます。
b0185573_11182614.jpg

JR因美線と智頭急行の始発駅智頭駅。
b0185573_11255081.jpg

b0185573_1263768.jpg
b0185573_1264573.jpg

西方には登る予定の篭山。篭山上空はうっすらとガスがかかり、今にも降りそうな気配。行くかやめるか・・・今日は日本海から寒冷前線が南下してくるので下り坂です。
b0185573_1216407.jpg

篭山アップ
b0185573_12123816.jpg

結局雨が降るかもわからないので時間のかかる篭山はパス、ここから尾根伝いで30分ほどで歩ける海上山に行くことにしました。ただし途中は展望もなく、海上山も三角点のみで歩くだけの山です。
9:05出発。先ほどの分岐にもどって右の尾根に進みます。
b0185573_14242322.jpg

雑木林の尾根道は快適ですが、連続する小さなピークを越えて行きます。
b0185573_14295640.jpg

四つのピーク越え、9:35海上山に着きました。三角点は三等智頭山です。
b0185573_14393539.jpg


写真だけ撮ってすぐ下山します。山頂直下は意外と急坂です。
b0185573_14553922.jpg

牛臥山には寄らずに下山を続けると大きな常盤岩があります。登りの時は素通りしましたが、ちょっと寄ってみましょう。
b0185573_16263655.jpg

この巨岩の下に洞窟があります。
b0185573_17192739.jpg

道のない急斜面を下りながら見上げる常盤岩。対象物がないので岩の大きさがわかりません。
b0185573_1632778.jpg

常盤岩の洞窟です。最初の洞窟は人一人がやっとで奥はすぐ行き止まりです。
b0185573_16324553.jpg

さらに急斜面を下ると大きな洞窟があります。
b0185573_1711897.jpg

奥の方に入ってみます。中は二又になっており左の洞窟はかなり深そうです。照明があれば奥行がわかるのですが、カメラのフラッシュではこの程度しかわかりません。手探りで奥に進むのは気持ち悪いものです。この洞窟、自然というより人の手が入ったような感じがします。
b0185573_20551493.jpg

15分ほどで洞窟探検を済ませ下山、11時に駐車場に降りてきました。

さてまだ時間は早いしどうしょうか・・・篭山を中止して海上山に登ったのですが、やっぱり篭山に登る? 登山口まで30分とし、登山時間往復4時ほど見ても夕方まで十分時間はありそうです。ただ天気が心配ですが・・・
結局途中まででもいいので行けるところまで行こうか、で篭山登山口に向かいます。
b0185573_20523463.jpg

一度R53に出て北へ少し走ると錦橋交差点があります。左折して県道6に入り、約1.5キロ走ると交差点角に篭山の大きな案内看板があります。右折して集落を抜けると以前はなかった獣除けフエンスが設けられています。舗装された林道篭山線をどんどん登るとやがて舗装は切れますが、300mほど走ると中田登山口の広い駐車場があります。先客の車が1台アリ。ここに以前はなかった案内板が設置されています。
b0185573_1704395.jpg

時刻は11時半、空は相変わらず曇っています。案内図を見ると、いつも登るメインコースは篭山まで3.9キロ。林道をさらに1.1キロ走ったところの惣地コースだと2キロとなっています。

天気が怪しいので距離の短い惣地コースで登りましょう。ただ惣地コース、尾根道からの下りの分岐点には標識がありますが、登った事がないので登山口を探しに走ってみます。ところが走るにつれ林道は狭くなり、背の高い草が両側から迫ってきます。心細くなってきますが、砂利道は大きな凸凹がなく走りよいほうです。
惣地登山口につきました。が雑草が深くとても足を踏み入れる気になりません。
b0185573_17222550.jpg

あきらめてバック、中田登山口に引き返します。
11:50さあ出発しま~す。
b0185573_17265559.jpg

b0185573_1727732.jpg

地形図には記入のない広い林道を登って行くとやがて林道終点で、大きな立木があり、頂上まで2950mの道標があります。ここから一気に展望が広がる開墾地に入り、ゆったりとしたつづら折れの道になります。時刻は12:15、ここでお昼にします。

食事中に矢印の方向から6人のグループが降りてこられました。駐車場に止まっていた車の人たちです。
b0185573_7142714.jpg

あれ こちらにも道があったんだ。よく見ると、雑草が刈り払われた広い道が東の方向に延びています。何度か訪れた山ですが、道標もつづら折れ道に設置されており、雑草畑の中に道があることには気が付きませんでした。(帰宅後調べてみると、昨年は9月末に篭山トレッキング大会が開かれており、この道が使われています。今年も大会のために整備されたのかもしれませんね)

12:50相変わらずの曇天ですが、この道を歩いて展望の良い尾根まで登ってみます。整備された道はすぐに南側の展望が開けますが、那岐山方面は雲がかかっています。
b0185573_7303035.jpg

b0185573_7304249.jpg

13:05四等三角点市ノ瀬が設置されている尾根に出ました。
b0185573_738112.jpg

展望が開け、東方向には先ほど登った牛臥山から海上山が見えます。白いアンテナ群が駐車場で、左下の白いラインは千代川を渡り、智頭宿トンネルに吸い込まれる鳥取道です。
全体にモヤがかかっており、日本海から鳥取市街方面は全く見えません。
b0185573_751999.jpg

進行方向を西に変え篭山を目指します。遠くに矢印の反射板が見えますが山頂はその先で、ここからは見えません。篭山はススキの美しい山で、穂先が成長してきました。
b0185573_8123496.jpg

13:20ジグザグ道が左から登ってきました。
b0185573_8202063.jpg

頂上まで1300m地点のピークです。
b0185573_8214893.jpg

P870まできましたが、雨が落ちてきました。時刻は13:35です。あと少しですが どうする?せめて反射板まで行きたいが・・・結局ここでリタイアすることになりました。残念!!
b0185573_8423463.jpg

矢印のコルに三角点があり、下山道も見えています。
b0185573_1044468.jpg

13:55三角に降りてきました。幸い雨も上がったようです。反射板に向かって、いつかまた来るからね・・・
b0185573_10504190.jpg

ジグザグ道分岐14:05通過、登山口には14:25に降りてきました。雨もあれっきりです。

14:35登山口出発、温泉に向かいます。近くには適当なところがないので、岡山県に入ったところのあわくら温泉で、15:05 あわくら温泉黄金泉に着きました。
b0185573_1120589.jpg


篭山山頂。智頭農林高校制作の道標が随所にあり、励みになります。
b0185573_12141149.jpg

b0185573_12185782.jpg


[今日のデーター]

姫路6:15⇒R29⇒山崎IC(中国道~鳥取道)智頭IC⇒R53⇒林道牛臥線終点駐車場8:00
出発8:10→牛臥山8:55~9:10→海上山9:35~9:40→常盤岩10:20~10:35→駐車場11:00

牛臥山駐車11:05⇒R53⇒県道6⇒林道篭山線
出発11:45→ジグザグ道分岐12:15~12:50→三角点13:05→P870でUターン13:35→三角点13:35
→駐車場14:25

出発14:35林道篭山線⇒県道6⇒R53⇒智頭IC(鳥取道)西粟倉IC⇒あわくら温泉15:05~16:00⇒西粟倉IC(鳥取道~中国道)山崎IC⇒R29姫路17:00


by hotaka443 | 2015-09-17 20:06