みちくさおじさん山を歩く

No408 岡山県新見市の雌山~雄山

雌山(1067.2m)~雄山(1152.8m)岡山県新見市 2015・9・4(土)天気・晴れ メンバー・7人

b0185573_8501940.jpg




b0185573_9443044.jpg


今日は岡山の雌山~雄山(めんぜん・おんぜん)です。過去に3回ほど登っていますが、最近では今年の5月に登っています。

中国道大佐スマートICで下り、県道32・58・112・317で登山口の案内板まで走ります。夏草が茂り、見えにくくなっていますが、大佐ICより約20キロくらいでしょうか。ここで左折して林道に入ります。
b0185573_951423.jpg

少し走ると「ここから先は車では危険です」のこの看板がありましたが、脱落しているのか、走っている限りでは見当たりませんでした。
b0185573_9172790.jpg

県道から1キロほど走った濃道の分岐点に駐車します。もう少し奥まで入られますが、普通車はこの辺りが安全です。
b0185573_9374564.jpg

9:40出発、林道をゆっくり登ります。
b0185573_109457.jpg

林道終点の登山口に10:10着きました。
b0185573_10113918.jpg

登山者が少ないので、夏草やササが茂り、所々で登山道を隠しています。
b0185573_101456.jpg
b0185573_10174069.jpg
b0185573_10175568.jpg

雌山手前の展望岩からの眺め。雄山まで二つのピークがあります。
b0185573_1124759.jpg

10:40樹木に囲まれ雌山山頂です。
b0185573_115840.jpg
三角点は四等雌山です。
b0185573_1155484.jpg

小休止して雄山に向かいます。案内板ではここから1時間です。途中に二つのピークがあり、植林や雑木林、そして背丈ほどのササが茂った所がありますが、迷うようなところはありません。道標も整備されています。
b0185573_19512525.jpg

b0185573_11254469.jpg
b0185573_11255780.jpg

頂上はすぐそこですが、海原のようにササハラが広がっています。踏跡はしっかりしていますが、登山者が少ないのでしょうね。
b0185573_1128052.jpg

11:25雄山に着きました。キンミズヒキの花が満開です。下に倉敷ナンバーの車が一台停まっていましたが、男性の6人グループが食事中です。これまで登山者にあったことがない山だったので、なぜかホッとします。三角点は二等、点名は男前山です。いい名前ですね。
b0185573_1141249.jpg

視界はあまりよくありませんが、北の方向には大山が。下は5月の写真。
b0185573_1462689.jpg

b0185573_1471986.jpg

大山南壁をアップ。
b0185573_14275526.jpg

昼食をとり,12:10下山にかかります。雌山12:45分に通過、登山口には13:10に降りてきました。
あとは林道をテクテク、駐車地点には13:30到着です。

下山後の温泉は帰る方向とは逆になりますが、県道443を西に走ります。県道といっても乗用車1台巾の細い道で山越えをし、R180に下って北上、鳥取県境に近い新見千屋温泉に入ります。ちょうど30分の距離です。
¥800と少し高いですが、ホテルを兼ねた大きな温泉です。岡山ではここ新見市北部の千屋地区は千屋牛で有名です。
b0185573_17282862.jpg

駐車場の前はいぶきの里スキー場のゲレンデが広がっています。
b0185573_1731975.jpg

帰路はR180を南下、新見ICから中国道に入ります。姫路から片道約2時間半、走行距離は約380キロでした。
by hotaka443 | 2015-09-09 20:00 | Comments(0)