みちくさおじさん山を歩く

No393 岡山・雌山~雄山 おまけの剣山は・・・またね

雌山(1067m)~雄山(1153m)岡山県新見市 2015・5・19(火)天気・晴れ メンバー・4人


b0185573_21491248.jpg



b0185573_21351661.jpg


さてどこに行こう・・・メンバーさんの「どこかの山に連れてって」にはいつも悩みます。
近くの山で出来るだけ登っていない山、で思いついたのが岡山の雌山(めんぜん)~雄山(おんぜん)です。
走行時間は3時間もかからないし、東のように渋滞はない。歩行時間も4時間程度なので、ここに決定です。

6時に姫路を出発します。播但道から中国道に入り、大佐SA内の大佐スマートICで降ります。
県道32~56~317を走り、ICより約20キロ、登山口入口の道標と案内板の前に着きます。尚途中にコンビニはありません。
b0185573_9102951.jpg

b0185573_9141219.jpg

左折して舗装された道を少し進むと「ここから先は車では危険です」の標示があります。
b0185573_9172622.jpg

これを無視してもう少し奥まで走ります。あまり奥まで車が入ると農作業に支障が出るので、迷惑駐車禁止の意味かもわかりません。前回は2011・9に来ていますが、そのときより少しだけ奥に入ります。その気になればかなり林道奥まで入れますが、立札を尊重しましょう。8:45路肩に駐車します。支度を済ませ8:50出発します。

昨日の雨上がりで空はどんよりしていますが、そのうち晴れてくるはずです。右が雄山で左画面から切れている山が雌山、中間に1090+のピークが二つあります。
b0185573_18154146.jpg

里山独特の枝道が多いですが、道標は完備しています。
b0185573_18243381.jpg

みずみずしい新緑の中を歩きます。
b0185573_1842436.jpg

林道終点、登山口に着きました。9:20駐車地点より30分です。
b0185573_18492975.jpg

b0185573_18534150.jpg

b0185573_18541881.jpg

b0185573_18535353.jpg

閉ざされていた展望がパッと開けました。
すぐ西にはこれから登る雄山、端正な三角錐は地形図では無名峰の明石山です。低く垂れこめていた雲が取れ、青空が広がってきました。
b0185573_219842.jpg

9:45雌山山頂です。展望はありません。三角点は四等で雌山です。
b0185573_2111113.jpg

b0185573_21111348.jpg

二つに折れ草むらの中に沈んでいた道標を、まだ緑色のマムシ草に立てかけておきましょう。
b0185573_21141382.jpg

15分ほど休憩して雄山に向かいます。自然林から植林に下ります。
b0185573_6351649.jpg

植林が終わると自然林に復活です。
b0185573_6382245.jpg

二つのピークを越えるとササ原の頂上が見えてきました。空は快晴です。
b0185573_6395836.jpg

雌山から40分、雄山頂上に立ちます。
b0185573_6423842.jpg

三角点は二等で点名は素晴しい「男前」です。点名は地名から付けられた場合が多いですが、中には笑ってしまう点名もあります。最終決定は国土地理院のどなたが命名されるのでしょうね。
b0185573_6543818.jpg

山頂の展望は樹木の生長で一部遮られていますが、まず大山を探します。
大山が見える圏内の山に行くとまず大山を探す習慣が身についていますが、北の空はまだ白い雲が低く、大山はどこ?とキョロキョロ。
すぐに南に流れる雲のあとを追うように、大山が姿を現しましたが、カラスは大山から流れてきた雲に隠されています。
b0185573_9131765.jpg

南は天体観測施設やパラグライダーで有名な大佐山(988.5m)です。下の写真は大佐山から見た雄山(2011・9・⒒撮影)です。
b0185573_9232424.jpg

b0185573_923345.jpg

カラスの雲が取れ、大山~カラスが並びました。しかし蒜山方面の雲は取れません。展望を楽しみながら昼食にします。
b0185573_9303215.jpg

今日はこの後剣山の予定をしています。が、メンバーさんの一人があまり気が向かない様子です。とにかく遮るもののない山頂は日差しが強いので、そろそろ下山しましょう。

11:25雄山出発、雌山は30分後の11:55着です。雌山から少し下ったところに展望岩があります。
b0185573_16394746.jpg

岩の上に立つと高度が低いので大山は見えませんが、西方向の素晴らしい展望が開けています。流れるような斜面の雄山と明石山のきれいな三角錐が印象的です。尚明石山は地形図では無名峰です。
b0185573_16332141.jpg
b0185573_1631266.jpg

12:25登山口着です。道路脇にはあちこちでヤマブキが密生しています。ついつい今晩のおかずに・・・と歩が停まります。
b0185573_1647436.jpg

13:00 駐車地点に戻ってきました。この辺りは放牧場で、4年前に来た時は牛の姿と共に路上は黒い糞が点々、異臭を放っていましたが、今日は牛の姿はありません。
b0185573_16494593.jpg

朝の曇天と違い快晴の空に浮かぶ雌山~雄山。雌山左は樹木から頭を出している。
b0185573_21534141.jpg

13:10出発、とりあえず剣山が目標です。がここでミス。駐車していた林道から県道317に戻り、150mほど東にバックして県道443に入って西進すれば早いのですが、317を西進したため、ちょうど三角形の二辺を走ることになり遠回りです。山間部の一台も走らない狭路はやがてR180に出ました。R180は岡山と米子・松江を結ぶ重要路線です。

R180を北上すると、やがて右側にピラミッド型美しい剣山(962m)が姿を現します。
b0185573_1851026.jpg

b0185573_18582044.jpg

国道の左は花見山(1188m)です。

鳥取県との境界の明地トンネル手前の国道沿いに登山口があり、1時間もかかりませんが、気が向かない様子だったメンバーさんの一人は「やっぱりやめとくわ~ 一人で留守番するから行ってきて・・・」素晴らしい展望の山ですが、一人残して行けないので、断念します。

明地トンネル手前の国道沿いに(新見千屋温泉・いぶきの里)があります。¥800と少々高いですが、宿泊施設の整った大きな温泉です。
b0185573_19102769.jpg

b0185573_19104072.jpg

駐車場の横はいぶきの里スキー場です。
b0185573_21241245.jpg

初めて知ったのですが、新見市千屋地区は千屋牛で有名で、温泉内のレストランも千屋牛が売りのようです。
のんびり湯につかり15:10温泉出発します。千屋温泉からだと鳥取県に入り、江府ICから米子道に乗る方が早いようですが、新見に下って中国道に入り、17:45姫路に帰ってきました。

前回は雨上がりの曇天で展望もなく、陰気な山の印象だけでしたが、やはり山はお天気次第。今日は展望を楽しめ 新緑の中を気持ちよく歩けました。

ただおまけの剣山に登れなかったので、次回は花見山と合わせて登りたく思います。

[データー]

姫路6:00⇒(播但道⇒中国道)大佐スマートIC⇒県道32・58・317案内看板を左折、林道に入り駐車8:45

出発8:50→登山口9:20→雌山9:45~10:00→雄山10:40~11:25→雌山11:55~12:00~登山口12:25→駐車地点13:00

駐車地点13:10⇒県道317⇒R180⇒千屋温泉13:40~15:10⇒R180⇒新見IC(中国道・播但道)⇒姫路17:45                                             




by hotaka443 | 2015-05-27 22:22