みちくさおじさん山を歩く

No389 愛媛 鋸山~豊受山 カタクリは終わり

鋸山(1017.4m)~豊受山(1247.4m)愛媛県瀬戸中央市 2015・5・3(日)天気・晴れのち曇り
メンバー・4人


b0185573_5124331.jpg


b0185573_6373241.jpg


鈴鹿の御池岳の予定が四国に変更。行先はカタクリで有名な鋸山です。ただ車で800mあたりまで登るので、山そのものは標高差わずか200mほど。これではわざわざ四国まで走る意味がありません。
そこで鋸の西に位置する豊受山までを目標とし、メンバーさんの体調が良ければさらに赤星山まで足を延ばすことにします。

5時姫路をスタート。瀬戸中央道与島SAで休憩します。6:20、いつもはガラガラの広い駐車場も、大型連休とあり他府県ナンバーの車がズラリ。札幌ナンバーも見られます。ここでIさん手作りのサンドウイッチの朝食をいただきます。

6:40出発します。高松道から松山道に入り、三島川之江ICで降ります。R11に出ると西に走ってR319に乗り、高度差370mを登って法皇山脈を法皇トンネルで抜けます。少し下ると左に入る道があり、大岩に翠波高原の文字が刻んであります。排ガスで汚れているのか、コケが生えているのか、年々文字は読みにくくなっています。
b0185573_20114534.jpg

この分岐から稲妻型の急坂、高度400mを一気に登ると平坦な地形に変わり、広場に着きます。
b0185573_20561894.jpg
広場の端に翠波高原の大きな表示柱が立っており、複雑な分岐がありますが鋸山の道標は見当たりません。
b0185573_20545533.jpg

そこで地形図を頼りに舗装林道を西に進みます。約2.5キロ走ると左に入る未舗装の道があり、トラックが入るため進入禁止のロープが張ってあります。
道標がないのでわかりませんが、地形図から判断するとこの林道を入ると登山口があるはずです。

カタクリシーズンで車が殺到、トラックが通れないための処置とすると、あたりに車がみられないのはカタクリは終わったということか・・・

林道は狭く駐車できませんが、少し手前のふくらみに1台停まっていたのでUターン。駐車します。
b0185573_64046.jpg

8時にスタート、進入禁止の林道に入ります。
b0185573_6453874.jpg

あちこちに駐車禁止の標示があります。5分も歩くとようやく登山道入口の標識がありました。
このまま直進すると七々木方面、歩いてきた方向は法皇林道とあります。七々木には集落があり、その先は二つ岳や東西の赤石山登山口のある県道6に下っています。
b0185573_655036.jpg

最初は植林の中のやや急な登りですが、やがて新緑に変わり30分も歩くと、あっけないほど簡単に展望のない鋸山に着きました。
b0185573_8323894.jpg

三角点は三等ですが点名は碁石です。
b0185573_8324947.jpg

三角点の少し先に北側が開けた大岩の展望台があります。
b0185573_8443856.jpg

すぐ下は四国中央市の土居あたりの町並みで、その先は瀬戸内海が広がっています。しかし視界は良くありません。
b0185573_8494654.jpg

ピークは七々木山で、その先雲の中は豊受山でしょうか。
b0185573_8524857.jpg

展望を楽しんでから出発します。やがてカタクリの出現ですが、残念ながらほとんど花は咲き終わっています。
b0185573_10121818.jpg
b0185573_10123141.jpg
b0185573_1013061.jpg

b0185573_10171073.jpg

ここから西へ尾根続きの赤星山がカタクリで有名ですが、4~500mは続くカタクリロード、規模はこちらに軍配が上がりますね。

私は先月28日に山口の寂地山でたっぷりカタクリ鑑賞をしてきましたが、メンバーさんは初めてなのでちょっと残念です。相対的に今年は春の花の開花時期が早いようです。

カタクリロードが終わり新緑の緩い起伏の道を行くと、左の一角が開けたところがあるので寄ってみると、岸壁の上に出ました。素晴らしい展望です。眼下に銅山川を堰止めた富郷ダムの湖面が輝いています。
b0185573_10394493.jpg

その少し右には豊受山・赤星山・二つ岳がきれいに並んでいます。
b0185573_10582941.jpg

私の好きな山二ツ岳をアップ。左が三角点1647.3mのピークで右が1670mピークです。
b0185573_1115497.jpg

岩の上に四等三角点がありますが、調べてみるとお役目ゴメンで抹消されたのでしょうか、一覧から消えています。
b0185573_113577.jpg

さあ 先を急ぎましょう。しばらくすると左側の窪地にヤマシャクが群生しています。
b0185573_11172327.jpg

b0185573_11514778.jpg
b0185573_11524100.jpg

b0185573_1152187.jpg

ニリンソウ
b0185573_11534260.jpg

フタリシズカ
b0185573_11535711.jpg

エンレイソ
b0185573_128521.jpg

やがて行く手に豊受神社鳥居が見えてきました。
b0185573_12113467.jpg

しかし神社までは急な登りになり15分ほどかかりました。10:40豊受神社です。
b0185573_13111485.jpg
b0185573_12144752.jpg

3年前の写真。
b0185573_13134234.jpg

しばらく休憩し、先に三角点に行きましょう。神社裏の急坂を登り尾根に出ます。ヒカゲツツジです。あたりを探しますが、この木1本だけでした。
b0185573_13183652.jpg

緑色の人が立っているところが赤星山分岐で、左に入ると赤星山です。
b0185573_13261088.jpg

いままで見られなかったアケボノツツジです。
b0185573_13311255.jpg
赤星山分岐。3年前は赤星山から豊受山に来ました。
b0185573_13343125.jpg

三角点に向かう尾根はいたるところにアケボノツツジが見られます。
b0185573_1336170.jpg

アケボノツツジのバックは赤星山。
b0185573_13402593.jpg

10:55展望のない豊受山三角点です。点名は鳥子山。しかし3年前と雰囲気が全く変わっています。
b0185573_13463239.jpg

3年前です。
b0185573_13495189.jpg

三角点から北に少し下るとアケボノツツジが多く見られます。ただ斜面の下の方に多く、樹木にさえぎられ、写真がうまく撮れません。
b0185573_15355277.jpg


b0185573_18555260.jpg

眼に焼き付けて、さあ三度ガ崖に行きましょう。歩いてきた道をバック、神社を見下ろして南に少し下ります。登山道の突き当りが三度ガ崖で、下は目もくらむ絶壁です。時刻は11:10、歩き始めて3時間10分たちました。崖の上はかなり強い南風が吹きつけています。
西側は美しい新緑が谷に下っています。
b0185573_15472997.jpg

b0185573_15432742.jpg

美しい斜面を南北に広げる赤星山。
b0185573_15493669.jpg

北東方向は製紙会社が集中する川之江市街と瀬戸内海。もやって視界はいまいちですが、煙はまっすぐ上に昇っています。山頂はかなりの南風が吹きつけていますが、下界と山頂の違いですね。
b0185573_15555397.jpg
風のあたらないところでお昼にしましょう。メンバーさんが作ってくれたご馳走をありがたくいただきます。

ところで目の前の赤星山に行くかどうか・・・メンバーさんの一人は前に痛めた足の回復が完全でない様子。ここから往復で3時間として車まで5時間以上かかりそうなので、ちよっと無理かな?
そんな気配を察してか「私ゆっくり帰るから行って来たら?」とおっしゃいますが、あきらめましょう。

かなり湿気を含んだ南風で雲も低く、忙しそうに北に流れています。雲が北に走る時はだいたい天気は下り坂に向かいます。朝の天気図では前線を伴った低気圧が朝鮮半島あたりを東進中でした。

11:45雨が降りださないうちに下山しましょう。登ってきた道を引返します。ところが途中でちょっとしたアクシデントが発生、30分ほどロスが発生。時々ポツポツと雨も落ちてきましたが、すぐに上がりました。
鋸山三角点のすぐ先左側に展望岩があります。朝方寄った岩の少し東になります。手前七々木山と奥が豊受山です。
b0185573_16435223.jpg

ところで尾根上の登山道は大きな起伏もなく歩きやすいのに、どこから鋸の名が付いたのでしょう?
下から見ると斜面が凸凹になっているのかな?

14時ジャスト、駐車場所に戻ってきました。6時間の山歩きは無事終わりました。

14:10さあ山を下りましょう。翠波高原に寄ってみます。菜の花畑はそろそろ終わりですね。
b0185573_17201648.jpg

駐車場。
b0185573_17204199.jpg


四国中央市の翠波高原の説明文。
標高892mの翠波峰を中心とした約100haの古代準平原の名残をとどめた翠波高原は、美しい翠が波のようにたなびき、遠く石鎚の尾根へと連なります。春には黄金色の菜の花、夏から初秋には可憐な早咲きコスモスの花で覆い尽されます。翠波峰からの360度の眺望は瀬戸内海の島々と四国山地の両方を見ることができる大パノラマです。また、ワシントン桜の園のソメイヨシノや山桜、八重桜も楽しめます。
b0185573_1727046.jpg

b0185573_17295390.jpg


帰り道ちょっと寄り道して(三島の湯)に入り、山の疲れをとります。
b0185573_1320947.jpg


豊浜SAで少し早い夕食をとり、あとはノンストップで18:20姫路に帰ってきました。
b0185573_13463457.png



[今日のデーター]

姫路5:00⇒山陽姫路西IC(山陽・瀬戸中央・高松・松山道)三島川之江IC⇒R11⇒R319⇒翠波高原道標左折⇒翠波高原より法皇林道に7:50駐車

出発8:00→登山口8:05→鋸山8:40~8:50→七々木山三角点9:35~9:50→豊受神社10:40→豊受山三角点10:55~11:00→三度ガ崖11:10~11:45→(アクシデントで30分ばかりロス)→鋸山13:20~13:30→駐車地点14:00

出発14:10⇒往路引き返しますが、四国中央市三島で(三島の湯14:30~15:35)入浴⇒姫路18:20着

(走行距離 約500キロ 歩行距離 約8.7キロ  累積標高差 約750m)


by hotaka443 | 2015-05-10 18:46