みちくさおじさん山を歩く

No381 岡山・櫃ケ山は雪多し

櫃ケ山(953.4m)岡山県真庭市 2015.3.14(土)天気・雨のち曇り メンバー・10人

b0185573_13375846.jpg


b0185573_133718100.jpg


7:40 車2台で姫路出発、岡山櫃ケ山に向かいます。昨日からの雨はまだ残っていますが、今日は回復。ただ雨雪判定では昨日から今朝にかけての中国山地は雪。米子上空1500mでー1.5度ですから、下界は雨でも山は雪でしょう。

中国道を西に向かうにつれ薄日もさしてきましたが、米子道に入り長い摺鉢トンネルを抜けると一転、ポツポツ雨が・・・

9:35 櫃ケ山登山口に着いた頃には本降りです。どうしたものか、行先を変えるか・・・なんて迷っていると、もう1台のメンバーさんは雨具着用でやる気満々。
b0185573_1814547.jpg

雨中歩行は大嫌いですが,そのうちやむだろうから、それじゃ登るかと雨具をつけ、10:05スタートです。
b0185573_18163151.jpg

久納集落に上がる舗装道路を5分余り登ると、山道に入ります。いつの間にか雨は止んできたようです。
b0185573_19514146.jpg

15分ばかりでフキノトウが満開の空き地に到着。早速いただきま~す。
b0185573_19585448.jpg

スタートから30分で林道です。この林道工事で一部の登山道がルート変更になっています。
b0185573_203937.jpg

やがてまわりに雪が現れてきました。
b0185573_2084129.jpg

倒木を、よいしょ!あたし足が長いのよ。
b0185573_20132791.jpg

うわ~、まるで大蛇。すごい締め付けで、幹に食い込んでいます。
b0185573_201610100.jpg

11:15 5合目です。
b0185573_2033314.jpg

振り返る展望。左から頂を雲に隠した雨乞山、尼ケ子山、霰ケ山。
b0185573_742056.jpg

5合目からは急登になります。雨を含んつるつるの激斜面に悪戦苦闘します。
b0185573_7475012.jpg

少し登ると雪の斜面にかわります。そろそろアイゼンをつけましょう。
b0185573_7501640.jpg

6合目に着きました。真っ白な山頂が見えてきましたが、どのくらいの雪でしょうか。
b0185573_754412.jpg

b0185573_758265.jpg

b0185573_1127487.jpg

7合目通過。
b0185573_11264548.jpg
天狗の森分岐。予定では天狗の森経由でしたが、P854の北側を巻くので積雪が多く、また雪の場合ルートが一部不鮮明なところがあるので、直登に変更します。
b0185573_113252100.jpg

尚天狗の森には天狗様を祀ったお堂があり、幅40㎝×長さ100㎝の下駄が祀られています。
b0185573_11363842.jpg

8合目。
b0185573_11401638.jpg


9合目まで登るとすます雪は深くなってきました。南東方向の山は左擂鉢山、右三坂山です。
米子道は両山の間を摺鉢山トンネルで走っています。大山方面はあいにく低い雲で覆われて見えません。ここで天狗の森からの道と合流しますが、この雪、入らなくて正解です。
b0185573_11403133.jpg

あと少しで頂上です。がんばって・・・
b0185573_11485297.jpg

12:55 山頂に着きました。すごい雪です。
b0185573_1612157.jpg

無雪期の山頂。
b0185573_1612419.jpg

残念ながら北方の大山・蒜山方向の視界はききません。東方面の展望です。霰ケ山のすぐ後ろに、130mほど高い富栄山が頭を出しています。
b0185573_8445741.jpg

南東方向、左擂鉢山、右三坂山。
b0185573_8462838.jpg

遅くなりましたが、雪の上でお昼にします。遮るもののない山頂ですが、今日はほとんど風がないので助かります。
b0185573_16231281.jpg

食事も終わりそろそろ下山です。その下山ですが、ピストンにするか、予定の周回コースにするか・・・瞬間迷います。ピストンの場合あの激斜面の下りが問題ですし、今日は登山者ゼロでトレースがないので、周回の場合谷あいの道に若干の不安があります。しかし谷筋には滝もなく、直下降で歩けば迷うことはないでしょう。
13:15 下山スタートです。
b0185573_1953794.jpg

左の大きな星山に至る縦走路。中央のピークは五輪山。登山道は左側にありますが、大きく雪庇が張り出しているので慎重に歩きます。
b0185573_911733.jpg

ところどころ樹氷も残っています。
b0185573_9255360.jpg

トレースのない純白の雪の中を下ります。気分いいですね。
b0185573_929930.jpg

b0185573_9294725.jpg

b0185573_9451385.jpg

さて、心配していた通り、尾根からの下山口の道標は完全に雪の中です。
雪に埋もれた道標
b0185573_10164668.jpg

記憶をたよって少しウロウロ。大きく張り出した雪庇の切れ目に道らしき箇所を発見。
しかしすぐに雪に隠されてしまいます。後は記憶にある登山道あたりを直下降します。
b0185573_101088.jpg

どんどん下ると雪もなくなり夏道に復帰します。
b0185573_1032633.jpg
廃道になった下山道との14:10頂上から降りてくる廃道合流点に着きました。ここでアイゼンを外し、小休止します。
b0185573_10204618.jpg

沢沿いの道を下ると林道に出ます。登りの時に横断した林道です。
b0185573_1022534.jpg

林道から下ると2度ほど渡渉します。
b0185573_1026184.jpg

廃村大皿地区を通ります。かなりの規模だったと思われ、石垣があちこちに残っています。
b0185573_1053677.jpg

唯一残っている土蔵も年々朽ちていきます。
b0185573_1054482.jpg
下を流れる大庭皿川の流れも、手つかずの竹林に完全にシャットアウト。
b0185573_1058429.jpg

竜頭の滝分岐。滝は荒れ果て近寄れませんが,折角ですから寄りましょう。
b0185573_116710.jpg

急な坂を下ると東屋があります。
b0185573_1186100.jpg
滝はすぐですが、参道が倒木や落石で破壊され、手入れがされないので近寄れません。以前は滝直下まで入れたのですが・・・
もう真庭市はこの滝を見離したのでしょうか。国道筋には立派な難内板があるのですが・・・
b0185573_11145757.jpg

ここからは遊歩道が国道に通じています。荒れるままのこの木橋、大丈夫かいな?
b0185573_11164719.jpg

国道に降りてきました。
b0185573_11192198.jpg
b0185573_11193839.jpg

登山口駐車場まで300mほど歩きます。左は櫃ケ山。
b0185573_1125384.jpg

15:40 全員無事駐車場に帰ってきました。雪山の疲れた身体を癒す小さな足温泉(たる温泉)は2~3分の距離です。
b0185573_11474656.jpg

温泉からの櫃ケ山。2か所の急斜面を写真で見ると、下の5~6合目で約30度、その上の 7~8合目あたりは45度ほどあります。
b0185573_11395875.jpg

1時間ちかくのんびり湯につかり、帰途につきます。

[今日のデーター]

登山口出発10:05→林道10:35→五合目11:15→八合目11:35→櫃ケ山12:55~13:15→林道14:40→滝入口15:00→東屋15:10~15:20→駐車場15:40

(走行距離 約260キロ  歩行距離 約7.5キロ  累積標高差 約760m)

by hotaka443 | 2015-03-14 12:18