みちくさおじさん山を歩く

No341兵庫・赤穂市 黒鉄山笹谷コースはつつじ満開

黒鉄山(430.9m) 兵庫県赤穂市 2014・4・12(土) 天気・晴れ メンバー・3人

b0185573_16365659.jpg




b0185573_21364091.jpg


始めて黒鉄山に登ったのは8年ほど前になります。それからしばらくして来てみると、「里山防災林整備事業」の指定を受け、歩道整備が行われたため旧来の登山道は廃止、新しく遊歩道が作られたためすっかり山の様子が変わっていました。
今日は3年ぶりの黒鉄山になります。

姫路を8時に出発、山陽道赤穂ICで降り県道96を西へ、1.5キロほど走って右折し県道557に入ります。
すぐに新幹線のガードですが、手前に道標があります。
b0185573_664095.jpg
b0185573_665896.jpg

新幹線に沿って少し走るとガードを潜って新幹線の北側に移り、その先に車3台分ほどの空き地があります。
8:35です。駐車位置は山の斜面のため道路は線路より高く、ちょうど新幹線見下ろす形になり、時折疾走してくる列車の早い事、早いこと。
新幹線はほとんど高架のたいつもは少し離れた下から見上げていますが、すぐ目の前を轟音を立てて走るスピードには圧倒されます。
b0185573_6162023.jpg

8:40 出発します。すぐに獣除けフェンスがあるので開いて入ります。
b0185573_6344056.jpg

しばらくは林道歩きです。
b0185573_639464.jpg

10分ほど歩くと鳥居が見えてきました。鍋森神社です。
b0185573_6411256.jpg

鳥居をくぐって石段を登っていくと小さな祠がありますが、今日はパスしましょう。

以前撮影した写真です。
b0185573_855143.jpg

鳥居手前に(災害に強い森づくり)の看板があります。
b0185573_901512.jpg

災害に強い森づくりを目的とした新兵庫の森づくりの候補地に選ばれ、干ばつや里山林の再生に取り組んだ結果、常緑樹の密生で薄暗かった森も伐採ですっかり明るくなりました。同時に遊歩道が整備されて直登気味だった登山道は廃道になってしまいました。
b0185573_1163534.jpg
b0185573_1164979.jpg
b0185573_11704.jpg


伐採した木を筋状に置いて、土砂の流出を防ぐ役目をします。、
b0185573_1171573.jpg

遊歩道は標高350mあたりで終わって旧登山道に復帰しますが、ほんの数分歩くと笹谷分岐に着きます。笹谷コースは下山に歩く予定です。
b0185573_11125555.jpg

笹谷分岐から数分で関電のマイクロウエーブの反射板です。山陽道からも確認できます。
b0185573_17334530.jpg

反射板のフエンスに沿って歩くと、黒鉄山山頂が見えてきました。
b0185573_17355086.jpg

地形図に見られるようにほぼ平坦な広々とした山頂で、岩や木を適当に配したちょっとした日本庭園のようです。向こうに登頂記入名簿の置かれたボックスが建っています。
b0185573_1746364.jpg

b0185573_17512019.jpg

三角点は二等で点名は西有年です。
b0185573_17493279.jpg

南側の展望が開け、赤穂の町と瀬戸内海が広がっていますが、今日はモヤッて遠望はききません。
b0185573_6144958.jpg

視界が良ければ鹿久居島の向こうに小豆島がはっきり見えます。
b0185573_650351.jpg

おやつタイムをとり10:00百間岳に向かいます。登山道脇で見かけたタムシバは この2本のみです。
b0185573_6562058.jpg

踏み跡もしっかりしており快適に歩けますが、一か所だけうっそうとした陰気な雰囲気の灌木帯があります。
b0185573_11241619.jpg

10:35ケルンが積まれた百間岳に着きました。三角点はありませんが、この山塊の最高峰になります。
黒鉄山と似た雰囲気の山頂ですね。
b0185573_1125529.jpg

黒鉄山より奥に入っているので展望は北側になります。中央左の高い山は八塔寺山でしょうか?
その右後方かすかに見える山並は那岐連山です。八塔寺山のすぐ右は山形仙で右に向かって広戸仙、滝山、那岐山と続きますが、雲が低く山頂を隠しています。後山方面は雲の中で見えません。左の中ほどの山肌に無数に白く見える点は、播磨自然高原の別荘の建物です。
b0185573_11351430.jpg

天狗山アップです。
b0185573_11552712.jpg

黒鉄山にUターンしましょう。登りと同じように約35分後の11:20黒鉄山に戻ってきました。先ほどはほとんど見えなかった小豆島が、かすかにその島影を瀬戸の海に浮かべています。画面右の方です。
b0185573_13243829.jpg

10分ほど休憩して下山スタートです。笹谷分岐まで戻り、笹谷に向かって下山開始します。P390を過ぎるとシダの多い下りになります。以前は踏み跡も薄く、シダの密生や切株が多くて歩きにくかった道ですが、立派な登山道になっています。
b0185573_1332566.jpg

下るにつれてつつじがあたりを埋め、色どりを添えてくれます。登りの道にはつつじは全く見られませんでた。
b0185573_13395149.jpg

前方の山肌もピンクを点々と散らしていますが、写真では確認できません。
b0185573_1342062.jpg

11:55笹谷に下りてきました。小さな流れですが、とってもキレイな水が流れています。
b0185573_13462060.jpg

ナメ滝、小滝が続き、雰囲気のいい流れです。
b0185573_13474881.jpg
b0185573_1349259.jpg

紅葉と間違えそうな山ザクラの新芽。
b0185573_13512258.jpg

b0185573_13524394.jpg

散りゆく桜の花びらを そっと水面に浮かべて・・・
b0185573_13572040.jpg
b0185573_13572772.jpg

30分余りのとっても美しい谷歩きは終わり、12:30県道557に下りてきました。
b0185573_1404341.jpg

登山口の道標がなく、始めての人には登山口がわかりませんでしたが、どなたかによってペイントされています。
b0185573_1433752.jpg

ほとんど車が走らない道を駐車場に向かって歩きます。
b0185573_1410457.jpg

エメラルドグリーンとでもいうのでしょうか・・・とっても神秘的な色合いの池の傍を歩きます。
b0185573_14151052.jpg

b0185573_14193479.jpg


12:55駐車地点に帰ってきました。休憩入れて4時間あまりの周回コースでしたが、笹谷コースはこの時期には特にお薦めのコースです。

帰りはR250を岡山県に入り、寒河の有名なカキオコ(カキ入りのお好み焼き)〇〇ちゃんに入り、お腹を満タンにして帰ってきました。

[データー]

登山口8:40→笹谷分岐9:30→黒鉄山9:40~10:00→百間岳10:35→黒鉄山11:20~11:30→
笹谷11:55→県道557 12:30→登山口12:55

by hotaka443 | 2014-04-19 17:14 | Comments(0)