みちくさおじさん山を歩く

No340 四国 二ツ岳は岩場凍結 途中でリタイア

二ツ岳(1647.3m) 愛媛県新居浜市・四国中央市 2014・3・23(日)天気・晴れ メンバー・3人

b0185573_21302927.jpg


b0185573_626665.jpg


No338 3月22日 四国寒峰の続きです。

池田の宿でメンバーさんの意見を聞きます。昨日の雪山の疲れを考慮、ここから近くて山らしい山?ということで行き先を二ツ岳に決めました。早朝より温泉に浸かり、食事をいただき7:45出発です。

井川池田ICより徳島道に乗り、松山道に入ってすぐの三島川之江で下り、R11からR319に入るとヘアピンカーブを切ながら急坂を登り、法皇トンネルに入ります。

ドライバー泣かせだった酷道も拡張・新設工事も終わり生まれ変わりましたが、長さ1663m幅4.5m、昭和35完成のトンネルはそのままで、若葉マークのドライバーは突入を躊躇するかもわかりません。
尚トンネル内には8~9か所だったかの退避所がありますが、大型車は入れません。

またこのトンネルの出口側に公衆電話ボックスがありますが、夜になると幽霊が出るとの噂が流れ、心霊スポットになっているそうです。
通行慮の少ない真っ暗な山の中、ボックス内にボンヤリと灯りがともり、トンネルからこぼれるこの照明といい、演出十分かもしれませんね。
b0185573_6503562.jpg

トンネルを抜け坂道を下ると銅山川を堰止めた美しい金砂湖に出ます。バックは佐々連尾山です。
b0185573_7153271.jpg

紅い平野橋を渡るとT字路交差点があり、国道は左、二ツ岳は右の県道6に入ります。平野橋から6キロほどは走ると、赤星山登山口のある中尾集落に登る道を見送ります。
b0185573_722687.jpg

さらに10キロあまりで禿げかかった案内板があります。赤石山系登山口とありますが、二ツ岳は赤石山系の東の端になります。
b0185573_7254726.jpg

ここで標高540mあり、900mの登山口まで県道131号を登っていきますが、標示もなく林道そのものです。

9:00登山口に着きましたが、途中積雪が2か所あり、そのうちの一つは道路の半分が雪に覆われ、左のタイヤを乗り上げた途端横滑り、危うく右側がガードレールにぶつかるところでた。
b0185573_7374899.jpg

ほとんど回転スペースがなく、先客がいると四苦八苦しますが、今日は登山者の車はありません。
9:15出発、登山届を出して鉄梯子を登ります。ジグザグを切ながら植林の中を登りますが、木・金曜日に降った雪が現れます。
b0185573_7462494.jpg

斜面の雪が登山道を埋め、ハラハラする場面が随所にあります。
b0185573_14303580.jpg

何か所かの沢を渡ります。
b0185573_14314367.jpg

日あたりのいい斜面はルンルン気分で歩けます。
b0185573_1434364.jpg

しかし大半の登山道は雪に埋もれています。
b0185573_1435488.jpg
b0185573_14353265.jpg

峠が近ずいてきました。
b0185573_14372318.jpg

10:50峨蔵越です。2本の道標が立っています。赤石山系は北側の瀬戸内海方面からと、南側の別子谷方面の両方から登れますが、北側は植林が多くまた登山口の標高が低いのでやや時間がかかります。
私は明るい雰囲気の南側の別子谷からが好きです。
b0185573_1454573.jpg
b0185573_14553527.jpg

峠から見る二ツ岳は奥右側。左は1580峰。
b0185573_1553534.jpg

実働時間は削り取られていますが、平均1.5時間位でしょうか。この狭いスペースでは1の文字以外は入りきれませんが・・・
b0185573_15103399.jpg

最初はササの茂った快適な道ですが、すぐに岩が現れます。
b0185573_15144251.jpg

何か所かの岩場を通過、小ピークからコルへの下りにさしかかりますが、急な崖の下降は至る所が凍結、安全な足場を探しに四苦八苦です。
このあたりはまだ序の口、これから岩場が増えるのでこれ以上は無理と判断、崖の途中のメンバーさんにそのまま登って、と声をかけます。
b0185573_15401415.jpg

「怖かった、もういいから帰ろう」メンバーさんも納得です。途中からゆったりした裾野を広げた赤星山が見えます。
b0185573_161384.jpg

11:20峨蔵越に下りてきました。10分ほど休憩します。人気のある山ですが他に登山者はありません。
昨日の寒峰の賑わいから一転、雪の積もった二ツ岳は岩場が多く、危険なので見合わしているのでしょうか。

滑らないように慎重に斜面を横切ります。
b0185573_1673742.jpg

11:30になりました。日当たりのいい登山道で座り込み、お昼にしましょう。
b0185573_16101685.jpg

30分ほどで腰を上げ、下山します。アイゼンがあれば問題ない緩い斜面でも、足に力が入ります。
b0185573_16514730.jpg

13:10道路に無事下りてきました。
b0185573_16533676.jpg

13:20出発します。が横滑りした場所の雪はどうなっているか、気になるところです。
現場に着きましたが、少しは融けているかな、との期待は裏切られ、朝方と全く変化がありません。
b0185573_16584127.jpg

固まって凍結しているので、こうなれば手作業で雪かきです。木切れでは折れてしまうので石を拾ってきて氷を砕きます。10分ほどでなんとか車巾分を確保、恐る恐る通過します。やった~、歓声が湧きます。
b0185573_1773436.jpg

無事県道6に下りてきました。今日は汗もかいていないので温泉はカットします。
まだ時間は早いのでSAでゆっくり休憩し、16:55姫路に帰ってきました。来年の春、アケボノツツジが咲く頃に再度挑戦したいとメンバーさん。

[本日のデーター]

三好市池田町宿泊地7:45⇒R32⇒井川池田IC(徳島道・松山道)三島川之江IC⇒R11⇒R319 ⇒県道6⇒県道131二ツ岳登山口9:00

出発9:15→峨蔵越10:50~11:00→途中で断念Uターン→峨蔵越11:20~11:30→昼食11:55~12:25→登山口13:10

出発13:20⇒(往路引き返す)⇒姫路16:55

(走行距離 約315キロ 歩行距離 約5・5キロ 累積標高差 約530m)


前回 の記録は2013.4.29 No287にあります。

by hotaka443 | 2014-04-14 21:33 | Comments(0)