みちくさおじさん山を歩く

No326 岡山・広戸仙(爪ケ城)

広戸仙 (1115m) 岡山県津山市 2013・12・23 (月・祭)天気・晴れメンバー・2名

b0185573_1883541.jpg



b0185573_1813222.jpg


今年最後の連休ですが日曜は用事、月曜も午前中用事アリです。ただ早く終わったら今年最後の山として近くに行く予定にしていましたが、10時前にかたずいたのでYさんに電話。
今からだと広戸仙に行けるので、とりあえずワカンを持って出発します。

中国道美作ICが早いのですが、勝央SAに用事があったので津山で降り、R53を東に走って日本原交差点を左折、県道450に入ります。声ケ乢以北積雪のため通行止めの看板が何か所かに立てられています。
声ケ乢は登山口の駐車場があるところです。

塩手池に来ると、雪を冠った広戸仙が目に飛び込んできました。右へ滝山、那岐山と並んでいますが、雲の中で見えません。
b0185573_944918.jpg

集落が終わり声ケ乢に向かって急坂を登っていくと、道路に雪が現れました。今日は雪用タイヤを履いた軽自動車ですが万一の凍結を考え、峠手前の路肩に停めます。
ザックを背負った単車の男性が追い抜いていきました。登山かな?

11:15峠の登山口まで5分ほど坂道を登ります。気温3℃、路面凍結の心配はないようです。声ケ乢に着きました。
ここから先は通行止めの規制が出ていますが、何台かのタイヤ跡が見られます。右の登山口に入ります。
b0185573_16193521.jpg

階段から登山道に入り、高度を上げるにつれ当然のように積雪が多くなってきます。先ほどの単車の男性に追い抜かれます。峠手前の売店のある広場に停められたのでしょう。
b0185573_1524153.jpg

倒れて間もない木が登山道を塞いでいます。
b0185573_1520239.jpg

あっという間に10㎝以上の積雪です。せっかく持ってきたワカンを車の中に忘れてきました。先ほどの男性の足跡を失敬して進みます。
b0185573_15285851.jpg

12:10やっと第一展望所です。お昼ですが、展望のいい第二展望所に向かいます。
b0185573_1535029.jpg

b0185573_15371590.jpg

ますます雪は深くなります。第二展望所分岐です。
b0185573_1538208.jpg

先ほどの男性はこちらに寄らずに登られたようで、トレースの跡はありません。
b0185573_154049100.jpg

ふかふかの雪です。ベンチに積もった雪を払い、お昼にします。12:30になっています。
b0185573_15434849.jpg

南西方向の山形仙
b0185573_15482096.jpg

はるか南の瀬戸内海に、ぼんやりと小豆島が見えますが、デジカメでは無理のようですね。
b0185573_15493066.jpg

食事のあとコーヒーをいただきますが、寒いので12:55早々に引きあげます。
積雪ますます深くなってきました。ワカン忘れが悔やまれます。単車の男性のトレースを頼りに登りますが、時にはヒザあたりまでズボ~と沈み込みます。
第三展望所の少し手前を左に入ると狭いですが大岩があり、北方から広戸仙を見上げる素晴らしい展望岩があります。案内板はありませんが、この道標が目印で左に入ります。
b0185573_16104019.jpg


しかし奥は密生した灌木にかなりの積雪で、思うように進みません。
b0185573_16124280.jpg

ほんの数十mですがたどり着くとガスの世界で視界ゼロです。岩の先端までは恐ろしくて進めません。
b0185573_16371024.jpg

これは以前の写真ですが、雪と樹氷の広戸仙頂上です。
b0185573_162502.jpg

一度この分岐から急坂で下りますが、相棒さんはここでダウン。引き返されます。私はどうしょうかと迷いましたが「せっかく来たのだから頂上を踏んできて」の言葉に先を急ぎます。
しかし急げば急ぐほど深みにはまり込み、思うように進みません。
ようやく第三展望所です。時刻は13:50。ちょうど単車の男性が食事を終えられたところです。正月の雪山に備えトレーニング中で、頂上は先に登ってきので、これから下山されるそうです。
b0185573_16455074.jpg

滝山です。その後方の那岐山は雲の中です。
b0185573_16472747.jpg

南は先ほどより雲が低くなりました。このあたりは川がないのでため池が多い地形です。
b0185573_16532024.jpg

10分ほど景色を楽しんで頂上に向かいます。先に下りた相棒さんが気になりピッチを上げます。といっても雪が深く思うように進めませんが・・・
それでも10分で頂上に到着です。尚、三角点はこちらより40mほど低い第三展望所にあります。
b0185573_17114260.jpg

最高峰は標識の立つあの岩の上です。
b0185573_17151853.jpg

14:15 さあ急いで下山しましょう。このあたりで積雪50~60㎝あたりでしょうか。
b0185573_17182411.jpg

第三展望所のある三角点のピークです。
b0185573_17213790.jpg

14:25第三展望所通過、山形仙と、雪を冠った第二展望所の東屋が下に見えてきました。
b0185573_17304693.jpg

唯一のクサリ場通過。登りにくらべると、少し雪が融けています。
b0185573_17313866.jpg

14:50 第二展望所分岐を、15:00第一展望所を通過、そして15:20登山口に下りてきました。
b0185573_17345977.jpg

相棒さんが待つ車に帰り、15:30出発、湯郷温泉に向かって走ります。
16:10 温泉着、冷えた身体をゆっくり暖めます。今日はつぼ足で歩いたので、少し疲れたかな?
17:00 温泉出発、18:20自宅に帰ってきました。先々週の烏ケ山に続いて2度目の雪山ですが、寒さに弱いのが泣きどころです。

[本日のデーター]

9:50自宅出発⇒R29山崎IC(中国道)津山IC⇒R53⇒県道450⇒声ケ乢手前駐車11:15

出発11:20→第一展望所12:10→第二展望所12:30~12:55→第三展望所13:50~14:00→広戸仙14:10~14:15→第三展望所14:25→第二展望所入口14:50第一展望所15:00→駐車地点15:20

出発15:30⇒県道450⇒R53⇒県道51⇒179⇒R374⇒16:10(湯郷温泉・鷺の湯)17:00⇒R374⇒R179⇒美作IC(中国道)山崎IC⇒R29⇒自宅18:20

(走行距離 約180キロ 歩行距離約 約6.4キロ 累積標高差 約700m)


[12/31 アクセス数 108、810]

by hotaka443 | 2013-12-29 18:16