みちくさおじさん山を歩く

No304  鳥取・扇ノ山と ちくさ高原ユリ園

扇ノ山 (1309.9m) 鳥取県鳥取市・八頭町・若桜町 2013・7・20 (土) 天気・晴れ メンバー・2人

b0185573_10215999.jpg


b0185573_784248.jpg


暑いので自然林の多い扇ノ山に登ります。この扇ノ山、かってはよく登っていましたが、5年ほど前に北側の(水とふれあいの広場)から登ったのが最後のようです。
このメインコースで標高差300mほど、登山と言うよりハイキング程度なので、あまり足が向かないのかもわかりません。

6時に出発、R29で鳥取県に入り、若桜町で県道37へ。姫路公園を過ぎ1キロほど走ると三差路があるので左折、少し走ると雑草が茂り両側から枝が張りだし車体を擦る。道はどんどん下りだします。
おかしいな? 扇ノ山の西斜面を等高線沿いに走る河合谷林道のつもりが、どうも違うようです。

以前の記憶はあいまいです。途中でUターン、三差路まで戻り、そのまま直進します。登って北方向からだと、交差点を右に走ればよかったのです。

ところが3キロ余り走った所にまた三差路があり、左が河合谷林道の(水とふれあいの広場登山口)に行くのですが、ここにある道標が右をさしているので素直に右折。
ところが扇ノ山を左にして走りだします。ありゃ、これも違うわ~ けど面倒くさいので直進すると登山口が見えてきました。
b0185573_4561541.jpg

ふる里の森登山口で、扇ノ山を南から短時間で登るコースです。
b0185573_457179.jpg

時刻は8:25になっています。始めてのコースなのでまあいいか、と支度をして8:40スタート。
自然林の中をゆっくり登ります。
b0185573_56794.jpg

沢に架かる橋が真ん中から見事に真っ二つです。
b0185573_582069.jpg

b0185573_5111311.jpg
b0185573_5114984.jpg

ブナ林の合間から大山です。
左から烏ケ山・大山・三鈷峰・矢筈ケ山・甲ケ山・勝田ケ山が一線に並んでいます。
b0185573_5161598.jpg


天高く伸びたブナ
b0185573_5173220.jpg

9:45 扇ノ山山頂に着きました。わずか1時間5分です。三角点は二等で山名は扇ノ山です。
b0185573_5204774.jpg

立派な避難小屋と道標。
b0185573_5242537.jpg
b0185573_5251297.jpg
b0185573_524560.jpg

樹木に遮られ展望はよくないので避難小屋の2階に上がると、すぐ南は氷ノ山です。
b0185573_528064.jpg

アップにすると山頂の避難小屋が見えます。
b0185573_529529.jpg

少し北に下った所に鳥取方面の展望が効くところがあるのですが、パスです。まだ時間は早いので20分ほど休憩し10:05下山します。今日の山上は単独の男性一人でした。

同じ道のピストンで10:55に下りてきました。登り1:05、下り50分、軽いハイキングです。


このまま帰ったのではでは早すぎるので、ちくさ高原スキー場が今年始めてゆり園を開設したので回って見ようという事になりました。

R29を南下、波賀町の斉木口で右へR429に入り、千種町で県道72を右折します。
スキー場に着いて驚きです。駐車場は車でいっぱい。
第三リフト前には行列です。リフトでゲレンデに咲くユリを見下ろし,歩いてゆり園内を観賞しながら下山がコースのようです。

スキー以外ゲレンデを遊ばせておくのはもったいないので、夏場も有効利用です。
先日岐阜の鷲ケ岳に行った時も、スキー場がゆり園になっているという話を聞きましたが、全国的にゲレンデの有効活用が流行になっているようです。

12時を回っているので ラドン水汲み場の駐車場横の木陰でお弁当を食べ、ゆり園に向かいます。
b0185573_71744.jpg

大人1000円子供半額、リフトは500円です。左の方で記念写真を撮っている団体さんがあります。
広いので、人の姿があまり目につきません。
b0185573_721597.jpg

b0185573_7223960.jpg

b0185573_7265473.jpg
b0185573_7274980.jpg
b0185573_7273390.jpg
b0185573_7282574.jpg
b0185573_728762.jpg
b0185573_7285847.jpg

b0185573_7314878.jpg
b0185573_7324175.jpg
b0185573_732183.jpg
b0185573_7331246.jpg
b0185573_7325383.jpg
b0185573_7334258.jpg
b0185573_7331923.jpg

リフトには乗らずゆっくり園内を散策、帰りは千種町のエーガイヤちくさ温泉(65歳以上¥200)で汗を流し、帰宅しました。

扇ノ山は登山としては物足りませんが、スキー以外は縁のないちくさ高原の変貌には驚きました。
観光バスが続々やってきますが、R29経由では時間がかかるので、鳥取道を西粟倉ICで降り、大茅スキ場経由で峰越峠を越えるルートのようです。
by hotaka443 | 2013-08-08 07:11 | Comments(0)