みちくさおじさん山を歩く

No297二つ並んだ大日山、越前大日山(越前甲)に登る

越前大日山(1319.6m)福井県勝山市・石川県小松市 2013・6・23(日) 天気・曇り メンバー・2人


b0185573_18165888.jpg


b0185573_1511437.jpg

以前から予定はしていましたがなかなかチャンスがなく、花が多いので今年の春こそ!がとうとう今日になってしまいました。

5時間もあれば登れる山ですが急登があり、体力のなくなった相棒さんは「前夜出発の一泊やな」、とおっしゃるので、土曜日の仕事帰りの6時半に出発します。
一週間前の能郷白山に続き、また福井行きです。

7時福井市内の宿泊地を出発、R416を東に走ります。

現在北陸道福井北ICからR416に並行して中部縦貫自動車道(無料)が建設中で、現在部分的に大野まで開通しているので、勝山までの半分以上が走行出来ます。
東方面は高山市周辺や安房トンネルが開通していますが、中央道松本までの開通は、生きている間はとても無理ですね。

勝山ICで降り、R416に出て終点まで走ります。R416途中から見る中央が越前大日山。
右側あたりの急斜面を登りますが、結構きついです。
b0185573_14544371.jpg

R416はこの写真の数10メートル手前で終わり、後は奥太山林道で県境を越え、石川県で再びR416に復帰です。林道は至るところで工事中で、このあたりの路肩に駐車します。
b0185573_14561676.jpg

8:10 出発、登山口まで林道を歩きます。実は登山口まで車で入る予定でしたが、工事中の林道には大きな水たまり。
どのくらい深いのか?四駆なら問題ないでしょうが、引き返しました。
ちょうど名古屋ナンバーの四駆が上がって躊躇していましたが、思い切って突入、車体スレスレで無事向こう側へ。思わず拍手です。
私たちは横の急斜面を何度か滑り落ちそうになりながら、通過です。
b0185573_1526694.jpg

水たまりを抜けヘアピンカーブを登ると、八反滝への入口があります。30分余りかかっていた従来の山道から、5分ほどで歩ける新しい道、八反滝トレキングコースです。
b0185573_1802934.jpg

流れ落ちる水が一枚の布のように見えるとか、着物に使う白布を八反つないだ長さがある事から付けられた、といった諸説があるそうですが、一反が10.9mとすると八反で87.2m。計算が合わないけど、まあそれほど長いという事でしょうか。
b0185573_1805139.jpg

b0185573_18274350.jpg

まだ新しい道を歩くと滝の直下まで行けます。
b0185573_1813913.jpg
b0185573_18134037.jpg

b0185573_18153643.jpg

説明文にあるように、滝周辺に高い木がないために国道終点あたりからも滝が良く見えます。
b0185573_1831611.jpg

滝入口から見下ろす林道工事現場。⇒が深い水たまり。車は水たまりのさらに下に停めてている。
林道が改修工事が終わると、国道に昇格されるかも。
b0185573_18425482.jpg

登山口まで林道を歩く予定でしたが、いくらも歩かないうちに鉄塔巡視路らしき階段を発見。
地形図には確かに高圧線が走っており、階段横には鉄塔ナンバー標柱が立ててあります。
よし、ここを入って見よう、林道歩きよりましだ。
b0185573_1851572.jpg

雑草が覆っているところはありますが、歩きやすい道です。
林道から5分ほどで鉄塔下に着きました。
b0185573_2093811.jpg

この時期花は咲いていないだろうと思っていましたが、なんとササユリが至る所に咲いています。
b0185573_20123491.jpg
b0185573_20123288.jpg

15分ほどで次の鉄塔です。
b0185573_20265347.jpg

b0185573_20304972.jpg

b0185573_20345964.jpg

b0185573_2034962.jpg

越前大日山はトロイデ型火山のため釣鐘状で、地形図を見ると標高1200mあたりを半周以上にわたって急峻な岩壁で囲っています。戦国武将の甲に似ていることから、山名も越前甲の方で知られているようです。
b0185573_8502481.jpg

b0185573_8545547.jpg
b0185573_855986.jpg
b0185573_855243.jpg

b0185573_8561963.jpg
b0185573_8565072.jpg

三番目の鉄塔です
b0185573_8583857.jpg

このあたりもササユリが多く見られます。
b0185573_975923.jpg

9:50 林道から登ってくる正規の登山道と合流です。但し巡視路側には進入禁止のロープが張ってあります。登山者は入るな、という事でしょうか?巡視路はさしたる障害もなく、花も多くて快適でした。
b0185573_9342954.jpg

b0185573_2014473.jpg
b0185573_2014437.jpg

谷筋に沿う登山道は所どころロープが張ってあります。
b0185573_20143964.jpg

10:10大日峠に着きました。向こう側は石川県小松市になります。山頂は左です。
b0185573_20192150.jpg

b0185573_2022352.jpg
b0185573_20222777.jpg

b0185573_20265032.jpg

峠からは急登が続きます。
b0185573_20272692.jpg

草むらで朽ちかけていた道標を拾い上げる。
b0185573_20321369.jpg
b0185573_20345785.jpg

頂上が見えてきました。
b0185573_20352073.jpg

11:50 越前大日山に着きました。旧火山らしく、山頂はドーム型です。山名板は越前甲です。
山頂にはただ一人、水たまりを突破された四駆者の男性だけで、ちょうど下山されるところす。
b0185573_20393719.jpg

三角点は二等で点名は大日山。
b0185573_20424639.jpg

期待した展望はあいにくガスに遮られています。残念!

とりあえず食事にしますが、ものすごい虫の襲来に、ゆっくり座っておられないので立ったまま虫を払いながらの食事です。

そのうち北西方向のガスがとれ、樹木の端から加賀大日山が姿を現しました。こちらの大日より約48m高く距離で約2.6キロです。
b0185573_7581580.jpg

加賀大日への縦走路です。
b0185573_893587.jpg

縦走路に少し入って見ると、大日小屋がはっきりと眺められます。縦走路は余り整備されていないそうですが、向こうの大日まで歩いてみたいけれど、相棒さんは急登でかなりお疲れの様子なので、またの機会にしましょう。
b0185573_842391.jpg

流れる東方面のガスの隙間から、時々景色が覗きます。白山・別山方面から取立山、大長山、赤兎,経ケ岳などが並んでいるのですが、このあまり高くない山は・・・
b0185573_8183996.jpg

またガスが流れてきて展望に幕が下ろされてしまいました。虫がまとわりつく事ですし、そろそろ退散しましょう。
b0185573_13561220.jpg
b0185573_13573848.jpg

途中で相棒さんが、雪渓が見える!と指をさされます。しかし私には確認できませんが、その方向の写真を撮っておきます。
帰って画像を調整、なるほど雪渓らしきものが写っています。この時期の雪渓は白山か別山あたりでしょう。
b0185573_1491534.jpg

急坂を慎重に下り12:40大日峠に降りてきました。小休止の後 登山口に向かって出発です。20分ほどで登りに歩いてきた巡視路分岐です。
b0185573_142384.jpg

ここから林道登山口までは沢沿いの道で、所どころロープ張られた急な下りがあります。
b0185573_14425436.jpg

13:15林道登山口に降りてきました。
b0185573_14454839.jpg

登山口を振りかえります。林道は拡幅工事中で、ところどころに重機が置いてあります。
b0185573_14481766.jpg

30分近く歩くとで駐車場所が見えてきました。
b0185573_14494684.jpg

13:45車に帰ってきました。
この写真は以前取立山から下山中に写したものですが、右が加賀大日山で左が越前大日山です。
b0185573_14524546.jpg

13:55温泉に向かって出発しますが、すぐに相棒さんが何かいる!と右側の草むらを指差します。シカかな と思いましたが、どうも顔が違います。見たことはありませんがカモシカ?
b0185573_151561.jpg

道路のすぐ近くですが、車から降りカメラを向けてもじっとこちらを見つめたままです。
一歩二歩、草むらに足を踏み入れると、やっと向こうの雑草の中に姿を消してしまいました。

来た道を南下、R416が西に方向を変える滝波町交差点で東に向かう県道261に乗り、1.5キロほど走った長山町交差点で金沢に向かうR157に入ります。ほんの少し北に走ると、右側に(勝山温泉センター水芭蕉)の大きな看板があります。
取立山や赤兎山などの帰りに利用する、大きな温泉です。
b0185573_15193136.jpg

14:15から約1時間、ゆっくりと汗を流し、来た道を引き返して福井北ICに向かいます。
途中、えちぜん鉄道勝山永平寺線(元京福電鉄の第三セクター化)の踏切で、ワンマン電車を見送ります。
愛知環状鉄道から譲渡されたえちぜん鉄道の主力6100型車両。毎年赤字経営が続きますが、この車両もほとんどお客さんの姿が見えません。
b0185573_15245598.jpg

高速はほとんど渋滞もなく、19時ジャストに自宅に帰ってきました。
以前から楽しみにしていた山でしたが、欲をいえば展望が効かなかった事でしょうか。
湿度の高いこの時期ですから当然ですが・・・・

加賀大日山は10月27日 NO318で登りました。

[本日のデーター]

駐車地点8:10→八反滝8:20~8:30→巡視路入口8:40→第一鉄塔8:45→第二鉄塔9:00~9:10→第三鉄塔9:30~9:40→登山道合流9:50→大日峠10:10~10:20→越前大日山11:15~11:50→大日峠12:40~12:45→巡視路分岐13:05→林道登山口13:15→駐車地点13:45

出発13:55⇒R416⇒県道261⇒R157⇒水芭蕉(温泉)14:15~15:00⇒R157⇒県道261⇒R416⇒福井北IC(北陸・名神・中国・山陽)姫路東IC⇒自宅19:00

(走行距離 約680キロ  歩行距離 約8.3キロ  累積標高差 約915m)
by hotaka443 | 2013-06-24 18:20