みちくさおじさん山を歩く

No 284 岡山・櫃ケ山

櫃ケ山(953.5m) 岡山・真庭市 2013・3・31(日) 天気・晴れ メンバー・2人


b0185573_1821884.jpg




b0185573_18263020.jpg


昨日の雪彦山に続いての連ちゃん登山です。5年前Mさんと登っていますので長い間の御無沙汰です。
今日もMさんを誘って7時に自宅を出発します。櫃ケ山は米子道の摺鉢山トンネルを抜け、湯原ICを下りるまでの間、左側の車窓から眺める姿が一番美しく、ほれぼれします。

R313に降り、南に少し走った所に登山口があります。駐車場は狭いですが、国道沿いの旭川の河原に広い駐車場があります。
8:40に登山口着、先客は1台のみです。8:55 支度を済ませ出発します。
b0185573_18494770.jpg

民家の先から畑や林、竹ヤブを抜けると林道に出ます。
数年前に林道が開通、その際登山道の一部が付け替えられています。この林道は、星山に通じています。
登山道は林道を横切った向こう側にあります。
b0185573_2047267.jpg

b0185573_20502935.jpg

b0185573_2052058.jpg
b0185573_20524632.jpg

9:50五合目です。ここからは後方の山頂まで尾根歩きです。
b0185573_20584771.jpg

まだ木々の芽吹きは少し先で、冬枯れが残っています。
b0185573_2115297.jpg

積雪時には緊張する激斜面を登り切ると六合目です。緑のササが茂る山頂がぐっと近ずいてきました。
b0185573_2110561.jpg

北東方をアップすると、湯原温泉東の背後に聳える雨乞山が見えます。手前の尾根の中ほどに反射板が見えます。その尾根の頂上は展望台で、中央の高い峰が雨乞山(889.3m)です。
b0185573_21173170.jpg

旭川をはさんだ東側の小高い山頂には、ダチョウ牧場が見えます。
b0185573_435187.jpg

10:20 七合目です。
b0185573_412623.jpg

ここで天狗の森への道を分岐しまが、久しぶりに今日は天狗の森にまわってみます。
b0185573_423686.jpg

b0185573_4101484.jpg

近寄っても逃げずにさえずっている小鳥。
b0185573_414479.jpg

北側に張り出す尾根に来ると植生がガラリとかわり、大木が多くなります。下に地形図にはない道が見え、看板が立っています。
b0185573_4201066.jpg

天狗の森です。
b0185573_5541763.jpg

過去何度か訪れた天狗の森ですが、天侯に恵まれなかったせいもあり陰気な場所、という印象しか残っていませんでしたが、冬枯れの森に今日は陽射しが降りふりそそぎ、まるで別世界です。
お堂が見えてきました。
b0185573_642211.jpg

悪天の時薄暗い室中で食事をしたことがありましたが、陽が射し込む室中をゆっくり見せてもらいます。
天狗が履いていたという下駄は、ざっと幅40㎝長さが100㎝ほどあります。
b0185573_691046.jpg

正面の神棚の上には天狗さま。
b0185573_6114972.jpg

少し離れた所にトイレがありますが・・・入るには勇気がいりますね。
b0185573_6182090.jpg

原生林だけあり、木々が一斉に葉を付けると、森に陽が射し込まなくなります。
b0185573_6221484.jpg

カツラの巨木が数本見られます。
b0185573_637516.jpg

まだ本堂には行ったことがないのでまわり道をしてみましょう。
b0185573_6392962.jpg

細い山道を少し入った、ちょうど下のお堂の上部の岩陰にありました。大きなな本堂を想像していましたが・・・
b0185573_6452468.jpg

元の分岐に戻り、急坂を登ると八合目に出ました。
b0185573_655157.jpg

九合目、頂上はすぐです。
b0185573_84397.jpg

163段の階段を登ります。天狗堂?への寄付者の名前が打ちつけられていますが、年月の経過で破損やなくなっているもの、名前の消えたものなどいろいろです。
b0185573_88830.jpg

近郊の住所が多い中に、こんな遠方も見られます。
b0185573_882130.jpg

11:20三等三角点櫃ケ山山頂に着きました。数人の人が休んでおられます。
b0185573_817247.jpg

縦走してみたい星山は5キロです。
b0185573_8221735.jpg

次つぎに登ってこられますので、風の当たらない南斜面でお昼にします。目の前の山は、右は何度か登った三坂山、左摺鉢山です。
b0185573_1445112.jpg

東には左雨乞山、中央尼ケ山、右霰ケ山の三山がきれい並んでいます。霰ケ山の後方は富栄山でしょうか。
b0185573_14163388.jpg

ポカポカ陽気に横になっている間にウトウトしてしまいましたが、同じように大の字になっている人もいます。12時ジャストです。蒜山・大山方面の写真は下山時に、と思っていましたが、モヤッテしまい残念なです。
竜頭の滝方面に向かい下山しましょう。
b0185573_15323170.jpg

歩いてみたい星山への縦走路。左星山、五輪山、959峰がきれいに並んでいます。縦走したいのですが、まだ機会がありません。
b0185573_15325215.jpg

うしろのガスの中、位置からすると大山あたりかな?
b0185573_15432277.jpg

縦走路と下山道分岐です。
b0185573_1545095.jpg

しばらくはササの中の下りですがやがて左から流れが近付き、何度か徒渉します。
b0185573_15471686.jpg

廃道になった登山道が下りてきます。
b0185573_15491999.jpg

b0185573_15501299.jpg
b0185573_15502782.jpg

谷は下るにつれ荒れてきましたが、やがて沢沿いの道は林道に出ます。登りに横切った林道です。
b0185573_15545696.jpg

やがて廃村跡に着きます。石垣跡からみるとかなりの集落だったことがうかがえます。
b0185573_15565147.jpg
b0185573_15571078.jpg

唯一残っている土蔵です。
b0185573_15585620.jpg

荒れ果てた竹ヤブを抜けると、竜頭の滝分岐です。陰気な荒れた滝ですが、少しは整備されることを想像して滝に向かいます。
b0185573_160760.jpg

右下から沢の音が近づいてくると、道は激下りになります。
b0185573_1662012.jpg

降り立った所には東屋があります。
b0185573_1674010.jpg

滝への道は以前にもまして荒れ果て、木道の一部は落ち、倒木が直撃しています。
b0185573_16133592.jpg

足場が荒れほうだいで、観光客はうかつに近づけません。
b0185573_16165085.jpg

滝から少し下るとR313にでます。
b0185573_1624273.jpg

国道には滝への立派な道標がありますが、あの状況では・・・
b0185573_16265613.jpg

国道を400mほど歩くと駐車場に帰ってきました。時刻は13:40です。
駐車場から南へ1キロほど走り、旭川の橋を左へ渡ると足(たる)温泉です。
b0185573_16534898.jpg

温泉の駐車場から見る櫃ケ山のアップ。
b0185573_16363145.jpg

温泉で汗を流します。小さな温泉で、露天風呂もスモールです。
b0185573_19533429.jpg

14:40 温泉出発、16:20自宅に帰ってきました。

[本日のデーター]

7:00自宅出発⇒R29⇒山崎IC(中国道・米子道)湯原IC⇒R313⇒8:40櫃ケ山登山口

スタート8:55→林道横断9:20→五合目9:50→七合目(天狗の森分岐)→天狗ノ森10:35~10:50→
本堂10:55~11:05→八合目11:05→櫃ケ山11:20~12:00→滝分岐13:10→竜頭の滝13:20~13:30→R313 13:35→駐車場13:40

出発13:50⇒R313南下⇒足温泉13:55~14:40⇒往路引き返し自宅16:20

(走行距離 約260キロ 歩行距離 約8キロ 累積標高差 約830m)

by hotaka443 | 2013-04-12 18:51