みちくさおじさん山を歩く

N0266 キレイ!樹氷の綿向山

綿向山(1110m) 滋賀県日野町・甲賀市 2013・1・5(土) 天気・晴れ メンバー・3名



b0185573_145537100.jpg


早くから約束していた 5日の I ・T・ Kさんとの初登山ですが、Tさんはスキーに浮気され、私は19時から用事が出来ました。
日を改めようか、と思ったのですが「新年早々変更しては先が思いやられる。決めたことは実行!」という声に
3人で決行することにしました。

さて行き先ですがまだ決めていません。「お正月らしい山に行こう」と言われますが ・・・
駐車場で考え込んでいると「雪がいいな」の一声でふと思いついたのが綿向山です。

使用回数の少ない雪用タイヤの購入はもったいないし、チエーンは車に乗せているが時間がかかる。
それに寒がりなので出来るだけチエーンは使いたくない。その点綿向なら積雪があっても幹線道路なので除雪されるし、まだ今頃はそんなに雪が積もっていないはず。それに坂道がないのでノーチエーンで行けそうです。但し道路から駐車場に入る道は坂があるので、積雪の場合は入れないのでその時は路上駐車します。

軽アイゼンを皆さんザックに入れておられるので出発、6:40山陽姫路東ICに入ります。
草津PAでI さんが焼いてこられたパンとコーヒーで朝食、竜王ICで降りR477に入ります。
東に進むにつれ、真っ白な綿向山が近づいてきます。周りの田畑も白一色です。

昨日 PCで雨雲の状況を見ていたら、時々滋賀県南部まで雨雲が進入していましたので、納得です。
音羽交差点で左折、県道182に入ります。

路面は乾燥していますが、廻りの田畑は5~10㎝ほど積もっています。西明寺集落に向かい、御幸橋駐車場に入る道まできましたが、こりゃ無理です。
かなりの積雪ですし、県道沿いの路肩は積雪で停めるスペースがありません。
かと言って駐車場に入るだけでチエーンを巻くなんて とてもとても・・・県道をウロウロしましたが、結局駐車する場所がなく、1キロほどバック、広い場所を見つけてやっと車を止めます。時刻は9:15です。

これは帰る時の写真ですが寒さは和らぎ、かなり雪は融けています
b0185573_18355762.jpg

9:35出発します。県道沿いに農道があるのでこちらを歩きます。御幸橋の駐車場には続々車が入ってきます。ここしばらく冬型の気圧配置が続いたので、樹氷は期待できそうです。

目の前の山は5合目の小屋あたりでしょうか。左植林、右自然林で自然林は樹氷で白く輝いています。
b0185573_1947516.jpg

枯れてしまった夫婦松
b0185573_19473449.jpg

大きな堰堤と左は竜王山。空一面には晴れ卷雲が広がっています。
b0185573_19532950.jpg

このあたりの地質は「接触変質地帯」です、の説明文。
b0185573_2042825.jpg

ヒズミ谷出合小屋に着きます。時刻は9:55です。ここでアイゼンを履き、10:05出発します。
b0185573_207254.jpg

小屋の横に立つ道標。
b0185573_8433266.jpg

すぐに定員3名の鉄橋を渡り尾根に取り付きます。
b0185573_7332943.jpg

9:20に一合目道標通過、単調な植林の中をひたすら登る。このあたりの植林にはヤマヒルが多いが、今は枯れ葉や岩陰で冬眠しているのでしょう。
ヤマヒルは10℃位になると活動をはじめ、飼育下では最長5年間生きていたという報告があるそうです。
この鈴鹿山系は特にヤマヒルが多い。
b0185573_9253033.jpg

一合目から15分ほどで2合目通過。
b0185573_9192674.jpg

なんとなくユーモラス。木の名前は知らないが、このあたり一面に生育しています。
b0185573_924732.jpg

西明寺集落から竜王山登山口を経て登ってくる林道に出ました。ここが三合目です。
b0185573_932157.jpg
b0185573_9321739.jpg

ここから少し林道を歩くと、左へ登る登山道があります。
b0185573_9343070.jpg

ヒズミ谷出合小屋あたりまでは多くの登山者と一緒でしたが、アイゼンを装着している間に皆さん先に登られたらしく、山は静まりかえっています。樹氷を見るには早いうちです。
林道から少し登ると「あざみ小屋」が左下にありますが、登山者の姿はありません。
b0185573_9453774.jpg


四合目を通過、11:15 五合目の小屋に着きました。軒下には(夢咲の鐘)がぶら下がっています。先客は下山される2人の登山者のみです。
b0185573_954063.jpg

b0185573_10111192.jpg

ここで始めて大きく北西方向の展望が開けますが、琵琶湖方面は遠望がききません。
谷を挟んだ向こうは竜王山です。
b0185573_1081230.jpg

小屋のなかでコーヒータイムをとり11:30 あまりのんびりしておられないので出発します。
綿向から竜王を廻る縦走路の尾根に立つ展望抜群の2本の高圧線鉄塔。
わずか500~600m,お~いと叫べば届きそうな距離です。
時間があれば縦走したいのですが、この時間では無理かな?
b0185573_1151656.jpg

植林と自然林が登山道を境にしています。
b0185573_1175487.jpg

六合目通過です。このあたりから自然林が多くなり、樹氷の世界です。
b0185573_1112179.jpg

11:45七合目の行者小場に着きました。奥に祠が祀られています。
b0185573_11145229.jpg

b0185573_111748100.jpg

七合目から閉鎖中の夏道と分かれ尾根直登の冬道に入ります。夏道にくらべると激登が続きますが、素晴らしい樹氷に助けられます。
b0185573_11214121.jpg
b0185573_11231129.jpg

b0185573_1131519.jpg
b0185573_1132874.jpg
b0185573_1133310.jpg

谷の向こうの尾根も樹氷の花で満開です。
b0185573_11332283.jpg
b0185573_1133405.jpg

激登が終わり竜王山方面の縦走路の尾根に出ました。
b0185573_1135191.jpg

尾根に登ると山頂はすぐです。4~5分歩くと見えてきました。
b0185573_20493893.jpg

12:20 大勢の人で賑わう山頂に着きました。
b0185573_2054126.jpg

b0185573_20543882.jpg

左は雨乞岳、右は鎌ケ岳です。
b0185573_205814100.jpg

鎌ケ岳をアップします
b0185573_81688.jpg

御在所岳は雨乞岳の後ろになり、隠れて見えません。
b0185573_854373.jpg

雨乞岳の左はイブネとクラシのカタカナ山名の山です。
b0185573_8185979.jpg

13:10 山頂に別れを告げ、下山です。登ってきた道を引き返します。
激下りです。
b0185573_8241540.jpg

b0185573_8243826.jpg

樹氷には青空がほしいですね。
b0185573_8251586.jpg

13:30七合目まで下ってきました。自然林はここから下は少なくなります。
b0185573_8332335.jpg
b0185573_8333948.jpg

13:50五合目小屋前通過、14:00あざみ小屋前を通ります。中から笑い声が流れてきます。
b0185573_8373167.jpg

14:30登山口の、ヒズミ谷出合小屋に着きました。小屋の中でアイゼンを外しコーヒータイムです。
b0185573_8394463.jpg

15:00小屋を出発、15分ほどで御幸橋駐車ですが、すでにガラガラで2台のみです。雪の融けた橋を渡ると農道に入ります。
b0185573_8502323.jpg

獣除けフェンスを開け、テクテク農道歩きです。
b0185573_852172.jpg

15:30 駐車地点に戻ってきました。15:40出発、往路を引き返します。
近江鉄道の踏切で走ってきた電車を1枚。元西武鉄道の車両を部分改造した、近江鉄道主力の800系か。
ガン検診に行こう!のステッカーが張ってあります。乗客はパラパラです。
b0185573_856328.jpg

19時から用事があるので時間が気になりますが、山帰りはやはり温泉で、R477から少し入った所にある「蒲生野の湯」です。
こちらに来るといつも少し遠回りですが「十二坊温泉・ゆうらら」に入っていましたので、この温泉は始めてです。
b0185573_9213684.jpg

17時に温泉出発、名神の渋滞もなく18:55自宅に帰ってきました。
19時からの用事にギリギリセーフです。

[本日ノデーター]

6:40山陽姫路東IC(山陽・中国・名神)竜王IC⇒R477⇒県道182・北畑集落あたりに路上駐車9:15

スタート9:35→ヒズミ谷出合小屋9:55~10:05→五合目小屋11:15~11:30→綿向山12:20~13:10→五合目小屋13:50→ヒズミ谷出合小屋14:30~15:00→駐車地点15:30

出発15:40⇒往路引返し竜王町(蒲生野の湯)16:05~17:00⇒自宅18:55

(走行距離 約380キロ 歩行距離 約10キロ 累積標高差 約860m)

by hotaka443 | 2013-01-11 16:55