みちくさおじさん山を歩く

No265 初登りは和気アルプス・ザイテングラードへ

和気アルプス 岡山県和気町 2013・1・4 (金) 天気・晴れ メンバー・2人


b0185573_21372321.jpg


5日から仕事なので、明日(4日)用事なければ初登りに行かない? とYさんから連絡が入った。
行きたい山は?に「早く帰りたいので近くの和気アルプスあたりと、温泉はでどう?」とおっしゃる。
そこで話しをお聞きすると、そこそこ歩いておられるが、同じコースでもいいけど出来たらまだのコース希望、とおしゃる。
それならばザイテングラードは?に「始めて耳にするけど、穂高のザイテンのように険しいの?」
それは行ってからのお楽しみ、という事だけど、穂高と一緒にされては困ります。

ということで7:30出発します。山陽道を和気で降りR374を北上、和気橋の少し先で県道414に入り,鵜飼谷温泉の駐車場に8:30車を止めます。
8:45スタート、温泉横の県道414を北へテクテク歩きます。15分ほど歩くと右に入る林道脇の民家の庭先に、うっかりすると見落としそうな標識があります。
b0185573_21431927.jpg

林道を塞ぐ倒木。
b0185573_21484054.jpg

この先で小さな流れを渡ると、あまり人が入らないのか荒れた登山道に変わり、少し歩くと分岐があります。
左がザイテングラードで、右は縦走路の奥ノ峰に至ります。03・3・17年開通と書かれています。
但し逆に縦走路からここに下りてくる場合、縦走路側に道標がありません。
b0185573_21541553.jpg

分岐を過ぎるとすぐに水の少ない沢を徒渉します。
b0185573_2204532.jpg

ここからシダの茂った激登りになります。
b0185573_222294.jpg

シダが終わると低木帯の岩場に変わります。
b0185573_2275955.jpg

b0185573_22153920.jpg

高さ40mの大きな衝立岩が見えてきました。
b0185573_22155276.jpg

けっこうハードと書かれている衝立岩ルートとザイテングラードルートの分岐です。
マサミチルートとは、和気アルプスを管理されている藤本正道さんが開拓されたルートです。
b0185573_22211732.jpg

シダの道はすぐにガケ沿いになり、小さな谷の源頭部を、写真ではちょうど切れていますが、横切ります。
b0185573_803432.jpg

上の写真の→の注意書き。
b0185573_742975.jpg

ここから衝立岩に向かう岩稜地帯に入ります。黄色の〇印に沿って進みます。
b0185573_843425.jpg

b0185573_884674.jpg

前回の写真ですがこの岩場の通過風景、足を滑らすと谷底行きです。丁寧な注意書きもあります。
b0185573_8261673.jpg
b0185573_8263355.jpg

衝立岩が近づいてきます。
b0185573_12415445.jpg

衝立岩直下の分岐です。この岩を登ると剣峰で、その剣峰から南西に張り出した展望岩が前剣です。前剣経由が左で、右は衝立岩上部に出ます。
b0185573_1354774.jpg

衝立岩と立木のわずかなスキ間を登ります。
b0185573_139460.jpg

左下は絶壁です。
b0185573_13104956.jpg

衝立岩の上に着きました。
b0185573_13121580.jpg

そっとのぞいてごらん、の文字が木にぶら下がっていますが・・・怖いです。
b0185573_1314611.jpg

下の谷間を登ってきました。南西方向には吉井川が流れています。
b0185573_13173572.jpg

東側の谷の向こうにはザイテングラードの美しいラインが見えます。ミニ カニのタテバイ・ヨコバイがあります。
後方の尾根は縦走路で帰りに歩きます。
b0185573_13214768.jpg

衝立岩で岩稜歩きは終わり、ゆるい斜面を登ると左からの前剣経由の道と合流し、見晴らしのいい小広場になった剣峰に着きました。時刻は10時です。
b0185573_133079.jpg
b0185573_13304346.jpg

南側に開けた大展望台です。鵜飼谷北稜コースは下山路になります。
b0185573_14144160.jpg

写真を撮り次に向かいます。すぐにザイテングラードから登ってくる道と合流します。
b0185573_14182364.jpg

5分あまり歩くと迷いのピークです。このあたりはほぼフラットな地形で、以前は道迷いの人が多かったそうですが、今はロープが設置されています。あたりは倒木や枯枝が散乱、雑然としています。
b0185573_14292344.jpg
b0185573_14294420.jpg

縦走路分岐に出ました。帰りは右方向の縦走路に入ります。
b0185573_14323542.jpg
b0185573_14325979.jpg

ここから高度50mほどを登ると和気アルプス最高峰、神ノ山頂上に着きました。10:20です。
三角点は二等で点名は日笠下です。正面に那岐連山が見えるのですが、今日はモヤっています。
山頂で休憩されていた御夫婦?が、山形仙から那岐三山がボンヤリ見えるでしょう、とおっしゃるのですが、私には確認できません。お二人は藤公園に降りられるそうです。
b0185573_14411021.jpg

まだお昼には早いので10分ほどコーヒータイムをとり、出発します。先ほどの分岐まで下ると、縦走路に入ります。鷹ノ巣方面の道を分け、快適な尾根を下ります。このあたりは春になると、つつじがピンクの彩りを添えてくれます。
b0185573_1451747.jpg

左下は宗道池で、右の峰は竜王山と右端が小竜王です。
b0185573_1594370.jpg

10:55 P274奥ノ峰のY字形になった分岐点です。左に下る道が縦走路で、右が下山路の鵜飼谷北稜ルートです。
この写真は2年前のものですが、標識類は一切見当たらなかったので、地形図での確認が必要です。
現に縦走路と間違って引き返してこられた人と出合いました。
b0185573_15182750.jpg

奥ノ峰から下るとすぐに槍ケ峰の岩峰が聳えています。左は白岩山。
b0185573_15235097.jpg

槍ケ峰。頂上は狭く、数人経てば定員オーバーですが、見晴らしは360度です。
b0185573_17445100.jpg

b0185573_17463833.jpg

北方を見る。
b0185573_181027.jpg

ザイテンと衝立岩をアップで。
b0185573_18105547.jpg

5分ほどで白岩山です。歩いてきた奥ノ峰を振り返っています。槍ケ峰は画面から切れていますが、左になります。
b0185573_1814440.jpg

展望は狭い範囲なので少し先の岩場で食事にします。時刻は11:05です。
b0185573_18212094.jpg

和気アルプス縦走路の山々
b0185573_19372045.jpg

11:30 食事の後コーヒーをいただき下山開始です。岩場が続きます。
b0185573_19385252.jpg
b0185573_19391199.jpg
b0185573_19392742.jpg

道路が見えてきました
b0185573_19402598.jpg

2年前にはなかった柵を開けて道路に出ます。
b0185573_19405190.jpg

5分足らずで鵜飼谷温泉に着きました。12:05と時間は早いので、のんびり温泉につかります。
b0185573_19431410.jpg

13:00 温泉出発、13:35山陽道姫路西を出ます。私は運転をYさんにまかせてウトウトしていましたが、所要時間からすると、相当飛ばしたに違いありません。

[本日のデーター]

自宅7:30⇒山陽姫路西IC(山陽道)和気IC⇒R374⇒県道414鵜飼谷温泉P8:30
スタート8:45→県道414・新町集落で右折林道へ9:00→尾根取り付き9:15→衝立岩入口9:30→剣峰10:00→縦走路分岐10:15→神ノ上山頂10:20~10:30→奥ノ峰分岐10:50→槍ケ峰10:55→白岩山11・05~11:30→登山口11:55→鵜飼谷温泉駐車場12:00

鵜飼谷温泉12:05~13:00⇒往路経由山陽西IC13:35⇒みちくさしながら帰る

(走行距離 約135キロ 歩行距離 約5.7キロ 累積標高差 約460m)

by hotaka443 | 2013-01-08 22:06 | Comments(0)