みちくさおじさん山を歩く

No254 燃ゆる紅葉 岐阜大日ケ岳と銚子ケ峰

大日ケ岳(1709.9m)岐阜県郡上市・高山市 2012・10・30(火)天気・晴れ メンバー・4人



b0185573_21144091.jpg


2001・10・8以来だから、実に11年ぶりの大日ケ岳です。前回は素晴らしい紅葉だったので、今年も期待してやってきました。
ただ前回は、尾根上さらに1キロ余り先に位置する鎌ケ峰まで足を延ばしましたが、今日のメンバーさんは、明日銚子ケ峰が控えているので、Noです。

4時半自宅を出発、途中草津PAとひるがの高原SAで休憩します。
8時ちょうどにひるがの高原SA着です。
SAからはすぐ西に裾野をいっぱい広げた大日ケ岳が堂々と横たわって見えます。
画面右から延びる尾根を歩きますが、この写真では、山と言うより丘のように見えますね。
b0185573_15485459.jpg

少し画像を調整すると、右端に雪化粧の白山と、左端別山に延びる尾根が見えます。
お花畑の連続するとっても美しい尾根です。
b0185573_15471415.jpg

白山をアップしてみます。左の高い峰が御前峰、右が大汝峰です。
b0185573_160492.jpg

カメラ片手に次々と車から降りて展望台にやってこられます。私たちは(ひるがの高原スマートIC)から県道317に出ます。
県道走行中左に白山がついてくるので、車内からもう1枚と停まった時、後ろから警笛を鳴らされ、あわててシャッターを切ったら、かろうじて片隅に写っていました。
b0185573_16153815.jpg

R156に出て右折、あとは記憶に残っている道を走ると、大日ケ岳登山口の道標があります。
ICから8キロ余り、15分前後と便利のいい位置の登山口に8:30に到着、自宅からちょうど4時間です。
フェンスの中は簡易水道貯水場です。
b0185573_16364325.jpg

8:40 支度を済ませ出発。貯水槽の横の舗装道路を進むと登山口になります。
b0185573_17332343.jpg

色とりどり、色彩の世界を進みます。
b0185573_17375055.jpg

15分ほどで鉄塔に着きました。
b0185573_1741883.jpg

振り向くと、なだらかな斜面を引く山は鷲ケ岳でしょうか?
b0185573_17454942.jpg

b0185573_17471167.jpg

b0185573_174736100.jpg
b0185573_17475354.jpg
b0185573_17481036.jpg
b0185573_17482964.jpg

特別急な登りもなく、ほぼ直線状の歩きやすい快適な道です。
ブナやミズナラなどとっても背の高い木が多いけれど、何故か写真は紅葉した低木ばかりです。
三等三角点鎌ケ洞1356.3mを通過します。
b0185573_17583626.jpg

三角点のすぐ先、ぶなの大木に囲まれた(いっぷく平)に着きました。10:20です。
b0185573_1833060.jpg

緩やかな登りなので休憩するほどでもなく、先を進みます。
巾の広い尾根道ですが樹木が茂り、展望はほとんどありません。
そんな中、樹木の間から左別山、右白山がチラリとのぞきます。
b0185573_1884510.jpg

1500mあたりから樹木は葉を落とし、冬の準備に入っていきます。東側に御嶽山が見えました。
b0185573_181311.jpg

植生は樹木からササ原に変わっていきます。
11:25展望台に着きました。大日ケ岳はすぐ目の前です。
b0185573_1814852.jpg

白山方面はガスがかかっていますが、東方面は何とか視界は確保されています。
思い切り調整してアルプスをアップ。右は乗鞍ですが、位置関係から山名を入れてみました。
もう少しはっきり見えたらわかるのですが・・・北穂の左の低い部分は大キレット?
とすると、その左の雪を冠ったあたりは南岳・中岳・槍ケ岳・・・?この写真では判別が難しいですね。
b0185573_21195190.jpg

ひるがの高原と右御嶽山、左乗鞍岳。
b0185573_21275180.jpg

一度下ってから最後ひと踏ん張りで大日ケ岳山頂に着きました。
山頂はなにか雑然とした感じがします。
b0185573_21304059.jpg

三角点は1等で、点名も大日ケ岳です。
b0185573_21311591.jpg

b0185573_21352552.jpg

北方面はガスが切れず、白山方面は残念です。
時刻は11:50 ここでお昼にしましょう。
b0185573_21373112.jpg

1時間ほどのんびりして12:50 山頂をあとにします。
登りと同じ道を引き返し15:05 登山口に降りてきました。
b0185573_21434031.jpg

全体的になだらかな山で、下がスキー場なのでリフトを利用すると、標高1500mあたりまで登れるので、スノーシュハイクにもいい山です。
15:20 出発。今夜の宿は2~3分走った所にあります。11年前もお世話になった宿です。
あじさい通りを走るのですが、名前通り今もあじさいが咲いているのには驚きです。
b0185573_21564675.jpg


b0185573_21575730.jpg

夕食は鍋物です。11年前も鍋でした。
b0185573_21595565.jpg

宿泊者は私たちだけ。やはりここはスキーシーズンが稼ぎ時でしょうね。
b0185573_220117.jpg

部屋は二部屋用意されていましたが、ふとんを敷くのが面倒なので四方からこたつに足を入れ、文字通りの雑魚寝で、朝までグッスリ眠りました。

 両側になだらかな斜面を広げた大日ケ岳。(2012・7・26別山より撮影)
白山から南に延びた白山山系は、この大日ケ岳で終わりを告げ、緩やかに長良川に下って行きます。
長良川の源流にもなっています。
b0185573_20473354.jpg


[本日のデーター]

自宅4:30⇒姫路東IC(山陽・中国・名神・東海北陸)ひるがの高原スマートIC⇒県道317⇒R156⇒ひるがの高原町内を走り、大日ケ岳駐車場8:30 

出発8:40→鉄塔8:55→いっぷく平10:20→展望台11:20~11:30→大日ケ岳11:50~12:50→
展望台13:00→いっぷく平13:55~14:05→鉄塔15:00→駐車場15:10

出発15:20⇒宿泊地15:25

(走行距離 約360キロ 歩行距離 約11.6キロ 累積標高差 約900m)

by hotaka443 | 2012-11-06 21:18