みちくさおじさん山を歩く

No231 百里ケ岳は雨 帰り道に赤石ケ岳へ

赤石ケ岳(736.2m) 京都府福知山市・与謝野町 2012・7・21(土) 天気・晴れ メンバー・5名


b0185573_75552.jpg


自宅6時出発、百里ケ岳に向かった。
今年は太平洋高気圧が未発達のため寒気が次々と南下、不安定な天気で各地でゲリラ豪雨の被害が発生している。

今日も不安定でいつ雨が降ってもおかしくない空模様だが、なんと百里ケ岳の手前まで来ていきなり雨が降り出した。
登山口で さてどうするか・・・しかし次第に激しさを増す雨には撤退する以外にない。
「せっかくここまで来たのに・・・」とボヤきながら、早く帰っても仕方ないので、一般道をのんびり帰ろうか、とR27に出る。

激しい雨も西に走るにほど晴れ間ものぞくようになる。舞鶴でR175に入り、お昼になったので道沿いの「舞鶴港とれとれセンター」で豪華な食事をいただき しばし雑談。

帰り道、大江山の近くを走るので、ひと登りしようか、と話がまとまったが、何度も登っている大江山は面白くないので、メンバーさん未登の赤石ケ岳に行き先変更、R176に入る。

17キロはど走ると、大江山憩いの広場の道標に従い右折。集落を過ぎ 山道を登ると終点の憩いの広場に着いた。時刻は13:30になっている。
b0185573_711111.jpg

ここは宿泊施設があり、展望浴場やキャンプ場、バンガロー、子供の遊具、遊び広場等の施設がもうけられている。
b0185573_12301710.jpg

登山口の案内板。
b0185573_12371440.jpg
b0185573_1237288.jpg

13:40出発。1時間もあれば登ってしまう簡単な山だ。二又になっている左が登山道で、右の舗装道路のつきあたりの建物には、モノレーター乗り場の看板が上がっている。モノレーター?帰りに覗いてみよう。
b0185573_12425439.jpg

すぐに分岐があり、左が大江山・千丈ケ嶽で右が赤石ケ岳。前回来た時の写真を見ると、千丈ケ嶽2.7キロの道標があったのだが、なくなっている。
b0185573_592514.jpg

少し登ると千丈・赤石のコルに出る。見上げる赤石ケ岳。
b0185573_5133079.jpg

コルあたりは気持ちのいい草原だが、すぐに赤い岩が多くなる。これが山の謂れだろうか。
b0185573_51651100.jpg

b0185573_5181555.jpg

14:20 50分ほどで山頂に着いた。
b0185573_5231988.jpg

南側が大きく開け、端正な姿の三岳が目の前に。
b0185573_525547.jpg

パノラマ写真。右に以前登った居母山から富岡山、鉄鈷山、床尾山あたりだろうが、同定出来ない。
b0185573_6115397.jpg

三等三角点赤石岳
b0185573_5285037.jpg

山頂北側に2本のレールとその向こうの木立に東屋がある。
b0185573_5305485.jpg

レールは下に向かって林の中に消えていく。これがモノレーターの軌道だ。
b0185573_69617.jpg

14:50山頂でゆっくりくつろいでから下山開始
b0185573_6252190.jpg

千丈ケ嶽に続く登山道。左端の山は鳩ケ峰。画面中央の白い点は東屋。帰りはコルから少し登り、あの東屋経由で下山。
b0185573_626994.jpg

東屋から登ってきた位置にある道標。
b0185573_6371375.jpg

赤石ケ岳と赤い屋根の大江山憩いの広場管理棟。
b0185573_6421967.jpg

東屋
b0185573_643068.jpg

モノレーター駅に寄ってみる。シートで覆われたモノレーター。夏休みで子供たちが来ると運転するのかな?
b0185573_6474934.jpg

山頂に向かって延びる軌道
b0185573_652205.jpg

15:25東屋まで遠回りして、15:25降りてきた。この写真は昨年12月、千丈ケ嶽から写したもので、右が赤石ケ岳で左が三岳。赤石ケ岳も大江山連峰に入るが、少し離れているので、登山者は少ないようだ。
b0185573_721713.jpg

15:35長時間ドライブと短時間山行を終え、帰途に着く。帰りは夜久野峠にある夜久野高原温泉・ほっこり館で汗を流し、18:30帰宅した。
by hotaka443 | 2012-07-28 07:14