みちくさおじさん山を歩く

No201 丹波とんがり山~白髪岳縦走 

とんがり山(620m)~白髪岳(721.8m) 兵庫県篠山市 2012・3・13 (火) 天気・山は時々雪 
メンバー・8人



b0185573_1653978.jpg


今日は読図山行だ。とんがり山は何度も登っているが、白髪岳への縦走は一度だけ単独で一昨年に歩いている。
ほとんど人の入らない縦走路なので道標はなく、踏み跡程度。直線部分が多い尾根だが、方向が変わる所が何か所かあり、要注意だ。
とんがりから白髪までの間、2.5万図に記載されているピークは実に14か所。
2.5万図は10m間隔の等高線だから10mに満たないピークは記入されていないし、また逆に平坦な10mが続けば 歩いていてもピークの実感はない。
前回歩いた時は 方向が変わるピーク1か所で考え事をしていて地形図確認を怠り、見事方向を間違ったが、さて今日はどうなるか・・・          

8:30 篠山市今田町のR372上小野原交差点角のコンビニに、姫路・加古川・三田からの車3台が集合。
とりあえず3台は白髪岳下山口Pに向かい2台を駐車、1台がとんがり山登山口に駐車する。
メンバーは男女4人づつの8名だが、私と女性4人はとんがり山登山口までの1.8キロを歩くことにする。
昨日から寒気が南下し、北の方の山は白くなっている。
途中井根口池に立ち寄り、逆さとんがりを写すが、今日は少しさざ波がたっていようだ。
b0185573_1851772.jpg

9:05 25分かけて登山口の薬師堂に着く。少し先に着いた車組と地図でコースの確認をして9:15薬師堂横の鳥居をくぐってスタートする。
b0185573_18123344.jpg

登るにつれ道端に雪が現れる。9:35妙妙見堂跡に着いた。
b0185573_1840033.jpg

階段を上がると朽ちかけた小さな祠があり、その左側から山に取りつくのだがが、わかりずらく、最初に来たときはウロウロしたものだ。よく見ると、立木に小さな文字で書かれた案内と、テープが巻いてある。
b0185573_18452653.jpg

参道から山道に変わり自然林の中をゆっくり登って行く。木々の枝に積もった雪が多くなってきた。
b0185573_18475917.jpg

b0185573_10265587.jpg

520の細長い等高線の裾を巻き一度コルに下るが、途中で目の前にとんがり山が見える。尚、尖っているからそう呼ばれているが、地形図では無名峰である。
b0185573_1031593.jpg

予想外の積雪は4~5㎝だろうか、ちょっとした雪山の雰囲気だ。
b0185573_10363841.jpg
b0185573_10365263.jpg

10:25 10人も立てば満員になりそうな、狭いとんがり山頂上に着いた。三角点はない。
b0185573_104032100.jpg

頂上はこの程度の広さ(以前の写真)
b0185573_10422476.jpg

これから向かう長大な尾根と白髪・松尾方面のパノラマ。各ピークを踏んで松尾までの予定。
b0185573_1143857.jpg

アップで見る、左からP640、P644、P689,白髪岳、松尾山。
b0185573_11131061.jpg

山頂から西へは距離は短いが激下りになる。手にする物も少なく、雪のため非常に滑りやすいので、要注意個所だ。難関をクリアー、思わずニッコリ。
b0185573_11232917.jpg

とんがり山から迷いやすい二つ目のピークを右折、長大な尾根に乗る。
展望もなく単調な尾根だが、雪景色が慰めてくれる。いつの間にかその雪がチラチラ・・・
b0185573_1129423.jpg

今日は忘れ物が二つある。軽アイゼンと地形図を入れるポリ袋だ。
今日のコースはアイゼンはなくても歩けるが、肝心の地形図は降る雪に濡らすまいとほとんどポケットに入れたまま。
いつも手にして現在位置を確認する基本を怠り、途中3回ほどコー外の尾根に迷い込む。また今日のトップはMさん。後ろを歩いていると、ついつい地形図を見ることもおろそかになり、後ろをついて行くだけ、になりがちだ。
展望がほとんど得られない尾根道、しかも積雪でかすかな踏み跡も隠されているだけに、現在位置を絶えず確認しながら行動しなければならないのに・・・反省!!

12:55 あるピークを少し下ったところで予定の尾根を外れた事に気づきバックしてピークに戻る。あわてて地形図を見たので、だいたいの位置はわかっても、現在地の確証はない。
すでに時刻は12:55。このあたりで食事にして落ちつこうと適当に腰を下ろす。
そのあたりをよく見ると、右方向になんとなく道らしき所がある。30分程休憩して13:25その方向に出発。
歩いて行くとここが正解だった。
ヤレヤレ。アップダウンを繰り返しながら進む。
b0185573_13574482.jpg

b0185573_1404858.jpg

15:00 白髪岳~松尾山の縦走コースにやっと出た。予定では白髪の頂上を踏んでから松尾へ廻るつもりだが、時間も遅くなったので松尾をカット。白髪から下山に予定変更する。ここからはしっかりした登山道だ。
b0185573_14320100.jpg

しかし最後の難関、高度70m程の激登りが待っている。雨の流れで登山道が削られる一方で、道は深い溝になっている。ロープが設置されているが、たださえいやな急斜面に雪が積り、最悪だ。
b0185573_14104417.jpg

15:20 ようやく白髪岳山頂にたどり着いた。とんがり山から4時間40分、みなさんお疲れ様!チラチラの雪もやみ、瞬間の青空が労をねぎらってくれているようだ。三角点は二等で点名は白髪岳。
b0185573_14215834.jpg

b0185573_14195711.jpg

雪雲で隠されていたとんがり山が、瞬間のぞいた。
b0185573_14272718.jpg

しばらく休憩して下山へ。しばらくの間危険な岩場になるが、太陽の当たる区間なので雪や凍結はない。
b0185573_1449176.jpg
b0185573_14491738.jpg
b0185573_14493287.jpg

慎重な行動で、全員無事難関通過する。後は階段の多い急坂下り、沢を渡って左岸へ。
山腹を巻いて16:30白髪岳登山口に降りてきた。
b0185573_14542252.jpg

b0185573_15155575.jpg

b0185573_14555144.jpg

b0185573_14551248.jpg



長い林道をテクテク、17:05駐車場に着いたが、読図山行にしては反省の多い山行だった。
いずれリベンジしなくては・・・

[上小野原交差点より白髪岳駐車場まで約11キロ  歩行時間 8時間30分  累積標高差 約960m]
by hotaka443 | 2012-03-17 16:09 | Comments(0)