みちくさおじさん山を歩く

初積雪の大江山連峰

鳩ケ峰~千丈ケ嶽~鍋塚 京都府宮津市・与謝野町 2011・12・11 (日) 天気・曇り
 メンバー・2人



b0185573_10422978.jpg


金・土は今年始めての強い寒気流入で、日本海側は雪が降った。
予定していた中国山地の山も、チエーン規制が出されるなどで中止。

しかし一夜明けた今日は寒気も若干ゆるみ、Yさんの誘いもあり、大江山に出かけた。
中国山地に比べると高度も低いし、何とかなるだろうと・・・
ただ近くの舞鶴も初雪が降ったので、登山口までの道路が気になるところだ。                                            

6時に出発。高速を乗り継ぎ、京都縦貫の舞鶴大江ICで降りる。よく通った山だが、調べているとH17年以降の記録がない。
後で整理しよう・・・が、あとが長すぎて、ついつい忘れてしまうてしまう事がよくある。
それ以降も登ったはずだが、思い出せない。

府道9を北上、山間部に入るが、まわりの山に雪はなく、順調に走る。登山口の入り口に着いたところで、大江山方面の山に白いものが始めて覗く
b0185573_4432793.jpg

府道を左折、坂を登ると(大江山に向かう頼光たち)の6体の像がある。
大江山に住む鬼たちは、都に出ては人を喰い、金や宝石を盗んでいたので、源氏の大将源頼光は家来に命じて鬼退治に出かける事になった
山伏姿に身をやつした家来たちは、大江山に来ると鬼の頭「酒天童子」を退治した、と言う有名な伝説である
b0185573_1832040.jpg

その先に、下山後の入浴で何度かお世話になったことがある[山の家・グリーンロッジ]がある
b0185573_1855595.jpg

ここに車を停めさせていただき、歩く予定だったが、上の方に積雪が見られるだけなので、つい横着心が芽生え、上の峠まで車で登ってしまうか、という気になった。どんどん登ると道路脇に雪が見られるようになり、雪の千丈ケ嶽が姿をあらわした
b0185573_1813231.jpg

b0185573_18154289.jpg

ノーチエンだが、8:15 休憩小屋とバイオトイレの建つ林道終点の駐車場に、無事たどり着いた。登山者の車はゼロだ
b0185573_18182050.jpg

気温3度。雪が舞いそうなどんよりした雲が全天を覆っている
8:30支度を済ませ、先に最高峰の千丈ケ嶽に向かう事にした。案内番の横からスタートだ
b0185573_18202180.jpg

松林とササの中の緩い坂道を登る。雪の降った金・土にかなりの人が登られたようで、雪の中にはかなりの靴跡が残されている
b0185573_1832181.jpg

駐車場の高度が640m程なので、746mの鳩ケ峰までわずか標高差は100mほどの軽いハイキングコースだ
b0185573_18373313.jpg

少し高度をあげるにつれ、雪の量が増えてきたようだ
b0185573_18414342.jpg

8:55 鳩ケ峰に着く。頂上は大勢の人が歩きまわったせいか、積雪は少ない。前方は千丈ケ嶽。
b0185573_18454163.jpg

振り返ると、後で行く鍋塚
b0185573_18461985.jpg

千丈ケ嶽はすぐそこだ
b0185573_18515870.jpg

高度で50m程下り途中の小さなピークを過ぎると、140m高度の登りになる
b0185573_20153883.jpg
 
次第に雪が多くなってきた。階段が多いが、踏み固められた雪はツルツルに凍っており、滑りやすい
b0185573_20203527.jpg

b0185573_2017681.jpg
      
9:30 千丈ケ嶽に着いた。三角点は二等で点名は千丈ケ岳
b0185573_202733100.jpg

かわいい3ケの雪ダルマが御苦労さん、とお出迎え
b0185573_2031178.jpg

大江山という山はなく、画面の4座の総称である。左の美しい三角峰は三岳。右手前の三角形は赤石ケ岳
b0185573_20343418.jpg

アップの三岳。赤石と江笠など2年前に登っている
b0185573_20403646.jpg

パノラマ写真
b0185573_2136698.jpg

日本海方面から小雪をつれて雪雲が流れてきた。気温2度。風が冷たい。遮るもののない山頂に長居は無用。鍋塚に向かう。ちょっと位置を変え、雪ダルマさん、さようなら
b0185573_5181221.jpg

来た道を引き返す。大きな起伏がなく、危険個所もないので、スノーシューハイクには絶好の山だ
b0185573_5184469.jpg

雪でボンヤリした視界に変わった鍋塚。山肌が白い。左が(鬼の岩屋)があるP740峰
b0185573_5392579.jpg

5分もすると雪は去って行った。10:30 神戸ナンバーの軽トラが増えている駐車場に戻ってきた。日曜というのに2台だけとは寂しい限りだ。鍋塚に向かう
b0185573_545061.jpg

道は一転岩が多くなるが、高度が下がったので雪は少なくなる
b0185573_5533928.jpg

峠まで車で上がる人が多く、あまり歩かれなくなったグリーンロッジから上がってくる登山道分岐。過去何度も歩いた懐かしい道
b0185573_5595045.jpg

b0185573_6114270.jpg

鍋塚が近づいてくる。背の低い松が点在、いい雰囲気だ
b0185573_6145823.jpg

11:10 頂上着。三等三角点、点名は大江山
b0185573_6192981.jpg
b0185573_6195124.jpg

R176沿いの加悦の街並み
b0185573_784925.jpg

日本海方面は雲が低い。かろうじて宮津湾を確認
b0185573_7104156.jpg

千丈ケ嶽と右鳩ケ峰
b0185573_7121298.jpg

展望はいいが 吹きさらしでは食事もできないので11:20下山開始
b0185573_7141945.jpg

4人のグループが登ってこられた。始めて会う登山者だ。神戸から来られたとのこと。駐車場が見えてくる。4人グループのミニバンと、軽トラの3台だ。
b0185573_718040.jpg

11:40 駐車場着。本日の予定終了だ。小屋の中より外での食事がいいだろうと、登山道を少しバック。
適当なところで座り込み、鍋焼きうどんで暖まる。
大きなササを手にしたおじさんが下りてこられた。門松に使うとのこと。
最近見られなくなったな~門松は・・・神戸ナンバーの軽トラの人だ
12:10 登山というより軽いハイキングの大江山に別れを告げ、鬼さんに見送られ帰路に着く。
b0185573_7333873.jpg

下から歩く予定だったので時間は早い。グリーンロッジでお風呂に入る予定だったが、温泉に変更。R175からR9に出て、夜久野高原温泉・ほっこり館でのんびりして、あとはみちくさしながら帰る。
b0185573_747157.jpg


[参考タイム]

自宅6時出発⇒砥堀IC(播但・中国・舞鶴若狭・京都縦貫)舞鶴・大江IC⇒R175・府道9⇒鍋塚林道終点8:20
駐車場出発8:30→鳩ケ峰8:55→千丈ケ嶽9:30~9:40→鳩ケ峰10:10→駐車場10:30→鍋塚11:10~11:20→駐車場11:40
駐車場出発12:10⇒林道・府道9・R175・R9⇒夜久野高原温泉13:05~13:55⇒R9より連絡道路・山東IC(北近畿・播但)砥堀IC⇒みちくさしながら帰宅、時間不明)

(走行距離 310キロ  歩行距離 約6.2キロ  累積標高差 約480m)
by hotaka443 | 2011-12-11 21:45 | Comments(0)