みちくさおじさん山を歩く

始めてのコースで西光寺山へ

西光寺山 (712.9m) 兵庫県篠山市・西脇市 2011・12・4 (日) 天気・晴れたり曇ったり メンバー・2人

b0185573_14545416.jpg


快晴の朝。しかし今日の日曜日は姫路市の一斉清掃日だ。
8時から始まり、10時前に終わる。さ~て この天気、中途半端な時間だが、家にジッとしていると罰が当りそうだ。
考えた末にYさんに電話をしてみると、あちらの町もちょうど清掃が終わったところ。
そこで山の話をすると、8月から山靴は履いていないとおっしゃる。
それじゃ時間も遅いことだしし、近くの山をのんびり歩こうと言う話になり、リクエストの西光寺山に決まった。

西光寺山は調べてみると、平成17年1月4日に西脇の中畑町側から一度登ったきり。何度も登りたい山との印象は受けなかったので随分の御無沙汰だ。今日はアプローチのいい今田町側から登るが、初めて登る山と同じだ。

10:30 自宅出発、滝野・社で中国道を下車し、R372を一路東へ。峠越えをして篠山市に入り、本荘交差点を左折する。少し走ると近畿自然歩道の標柱があり、左折し、道なりに走ると右手に広い駐車場を備えた本荘墓地があり、近畿自然歩道の案内看板が傍に立っている。

b0185573_18142949.jpg

b0185573_18123451.jpg


ここに駐車させてもらおうかな、と思ったが、まだ道路が延びているので、車を走らす。
途中雨で深くえぐられただ所でお腹をガリガリ!
少し先の右手に3~4台分程のスペースがあるので、そこに駐車。11:30 ちょうど1時間かかっている。
b0185573_1821598.jpg

11:40スタート。すぐ北側は西光寺池と言う池がある。
b0185573_18212082.jpg

傍にある道標。
b0185573_18265267.jpg


林道を進むと道標があり谷川を渡る。右手すぐに巡視路の赤いナンバー標が立っている。
b0185573_20262579.jpg

地形図を見ると送電線が走っており、途中まで巡視路を歩くと尾根伝いで頂上まで登れそうだ。
展望もよさそうだが、しかし巡視路にしては入口がないので、適当に雑草のなかに飛び込んでみる。
しかし杉と笹がまばらに生えた植林の中をウロウロするが、踏み跡は見当たらない。
仕方なく道に戻ると、こんな立派な道があるのに、変な人、と言わんばかりにYさんは笑っている。
鉄塔を見るとついフラフラしてしまうが、数曾寺山塊を歩いていて身についてしまったようだ。

b0185573_18411354.jpg

青い空に緑と褐色のコントラストが美しい。
b0185573_20195930.jpg

やがて寺坂登山道を左に分ける。地形図には今田町側からの破線の記入がなく、1999年発行のガイドブックのみ。これによると尾根で合流しているので、帰りに歩いてみてもいい。急に決まった山行なので全く準備なしだ。
b0185573_10394657.jpg

その先の木立の中に東屋がある。道標にサギソウ自生地とあるが、通り過ぎたようだ。その道標らしきものはなかったと思うが、サギソウ自生地があることを始めて知った。
b0185573_104294.jpg

民話「西光寺山の金の鶏」の長分が柱に打ちつけられているが、これだけ長いと読む気がしない。
b0185573_10423249.jpg

広い道はどうやらここで終点のようだ。
b0185573_10541578.jpg

山道に入るとすぐに流れを渡るが、水飲み場のようで竹筒が引いてあるが、先端から水は流れていない。
b0185573_10574115.jpg

ふと見上ると、名残の紅葉が・・・
b0185573_1112856.jpg

少し先の雑木林の中に炭焼窯が二つ並んでいる。
b0185573_1154112.jpg
b0185573_116052.jpg

展望のない雑木林の中をひたすら歩く。どちらかと言うと変化のない、退屈な道だ
b0185573_1181851.jpg

尾根に出た。頂上まであと200mだ。
b0185573_11103716.jpg

b0185573_11113679.jpg
b0185573_1112082.jpg

登山道の真中の東屋を見て、7年ほど前に来た時の記憶が甦ってきた。12:40頂上着だ。
b0185573_11122359.jpg

b0185573_11141323.jpg

祠の裏にある三等三角点「西光寺」
b0185573_1122506.jpg
b0185573_1123752.jpg

見透しが少し悪くなってきたようだ。北東方の展望。
b0185573_14251799.jpg

南東には西寺山。
b0185573_1430138.jpg

六甲連山と今田町の街並み。
b0185573_15535842.jpg

b0185573_16142287.jpg

南西方向は三草アルプス。
b0185573_15573744.jpg

少し右に首を振ると
b0185573_16202921.jpg

すぐ西には三角点が
b0185573_16213248.jpg

展望を楽しんでからコンビニ弁当をいただく。
予定ではここから寺坂道で帰るつもりだったが、中畑町へ下るルートに[こぐり岩 0.9キロ]の標示がある。
こぐり岩?どんな岩だったっけ・・・7年前に歩いているが全く記憶にない。
距離的には知れているので行ってみるか、とYさんに聞くと、OKの返事なので13:15出発。

いきなりの急降下でロープが設置されている。こちらも変化のない自然林の中の道だ。少し傾斜が緩くなると
ウバメガシの看板とベンチがある。そういえば先ほどからウバメガシの林だ。
b0185573_1639123.jpg

本来は海岸沿いに多い木だが、三草山や数曾寺山系などこのあたりにも群生している。
b0185573_16395940.jpg

ところで どんどん下るので心配になってきた。樹間から下の人家や車の音が聞こえてくる。あまり下ると登り返すのが大変だ。
やっと巨岩が点在する場所に着いた。
b0185573_17511265.jpg

b0185573_17571210.jpg

これがこぐり岩?中を通って反対側に出る。
b0185573_17583867.jpg

ここを通れない人っているのかな?
b0185573_1853926.jpg

b0185573_1824252.jpg

道標があり、ここから西光寺山頂上まで0.7キロとある。頂上からくぐり岩まで0.9キロの標示だった。
だとすると、こぐり岩はもっと下?そんなはずはない、案内表示がないが多分ここが こぐり岩だろう。
b0185573_1885920.jpg

時刻は14:40になっている。あまりのんびりしておられない時間なので、早々に引き返すことにする。
ウバメガシの看板あたりはほぼフラットだが、結構な登りだ。
西脇の住吉町に下る分岐を通過。あまり歩かれていないようだが、中畑町から登ってこの道を下れば、ピストンしなくても回遊コースがとれる。但し県道歩きが長くなるが。
b0185573_2003334.jpg

頂上直下の急登にさしかかる。
b0185573_2014856.jpg

14:35頂上に帰ってきた。急ぎ足で登ってきたので、コーヒータイムをとる。頂上のくたびれた方位盤。
b0185573_2055427.jpg

14:40下山は寺坂道の予定だったが、時間も遅くなったことだし、ピストンに変更し、あわただしくスタート。
退屈な道を黙々と歩き、やっと西光寺池まで戻ってきた。
b0185573_20134839.jpg

15:20 車に到着。今日は思ったほど寒くなく、結構汗をかいているので温泉に向かう。温泉手前の坂道から西光寺山を見るが、つい1時間前、あの頂上に立っていたのが不思議なくらいだ。
b0185573_2017773.jpg

15:40 こんだ薬師温泉に着くが駐車場は満員御礼。2~3分待つとちょうど1台帰られたのでそこに駐車。
人気のある温泉で、休日はよく込むことで有名だ。
16:55 温泉出発。朝の出発が遅く、時間に追われるようなあわただしい登山だったが、17:50無事自宅に帰ってきた。

[参考タイム]

自宅出発10:30⇒砥堀IC (播但・中国)滝野・社IC⇒県道17・R372・県道141⇒本荘交差点左折⇒近畿自然歩道に入り、西光寺池手前に駐車11:30
スタート11:40→水場12:00→頂上12:40~13:15→こぐり岩13:45~13:55→頂上14:35~14:40→水場15:10→駐車地点15:20
出発15:30⇒往路でR372⇒県道?こんだ薬師温泉15:40~16:55⇒往路を引き返し自宅17:50着。

(走行距離 約105キロ   歩行距離 約7.5キロ  累積標高差  約800m)
by hotaka443 | 2011-12-06 15:13