みちくさおじさん山を歩く

さようなら雲ノ平

四日目 2011・8・9 (火) 薬師沢小屋~太郎平小屋~折立 天気・晴れ                                        

今日は帰る日だ。急ぐことはないので小屋で5時からの朝食をゆっくりといただく。
b0185573_749757.jpg

5:40支度をして出発。さすが持参した食料を食べてしまったので荷は軽い。但しゴミが増えたので容量はかえって増えたみたいだ。
小屋横のちょっとした急坂を登ると、すぐに木道になる。
b0185573_754443.jpg

ゆるやかな登りで、昔カッパが住んでいたと言われているカベッケガ原だ。
早朝の山の美味しい空気の下を軽快に歩く。傾きかけた橋を渡る。
b0185573_101252.jpg

薬師沢に沿った気持ちのいい木道歩きが続く。
b0185573_9365683.jpg

小さな流れの傍で一休み。冷たい水で顔を洗って肌を引き締めなくっちゃ。ついでに頭も洗っちゃおう、脳を活性化させなくっちゃ。
b0185573_10155994.jpg

三度目の渡渉地点の橋を渡る。
b0185573_10184435.jpg

このコースはニッコウキスゲ(ゼンテイカ)が多いが、もう終わりに近いようだ。
b0185573_10221926.jpg

アカトンボが羽を休めている。
b0185573_10241843.jpg

太郎平小屋が見えてきた。
b0185573_9431165.jpg

8:05太郎平小屋に到着する。最後に北ノ俣岳と黒部五郎岳をバックニ記念写真を。
b0185573_10254367.jpg

ヘリが飛んできて、小屋裏の草原に着地。足にケガをした女性がいるらしく、隊員が背負ってヘリへ。
b0185573_10314936.jpg

最初の日と最後の日の二度もヘリに合うなんて珍しいことだ。
アタイも疲れて足が痛い、乗っけておくれ~ 叫べどもああ無情、ヘリは去っていく・・・・
b0185573_10351668.jpg

今日中に帰ればいいので気が楽だ。大休止してコーヒータイムにしよう。

彼女たち小屋に入ってなかなか出てこない。入って見るとTシャツを床いっぱいに並べて商談中。
長袖がいいかな、それとも半袖かな、この色に合うかな?お好きなのをどうぞ・・・

小屋前からのパノラマ写真。
b0185573_12183614.jpg

                                             
シャツも買ったし、8:45 さあ下山だ。薬師が残っているので、また来る日もあるだろうが、さようなら・・・・

ふと横を見ると美しい斜面が広がっている。
b0185573_12284898.jpg

登りは雨の中だったこの石張の道も、今日は快晴だ。
b0185573_1230386.jpg

b0185573_1232916.jpg

剱岳がのぞく。あと4日後にはあの頂上に立つのだ。
b0185573_12335610.jpg

どんどん下ると有峰湖が見えてきた。
b0185573_1235149.jpg

道は森林限界に入るが、しばらくすると周りの開けた三角点に着く。三等三角点「青淵」 ちょっと一休みだ。
b0185573_12514266.jpg

樹林帯に入ると風もなく暑い。やがて急斜面の太郎坂に入る。退屈な道だ。
11:30 ようやく登山口に降りてきた。自販機で冷たい物を飲み、水道でクツを洗う。
駐車場の車も随分少なくなっているようだ。
路上の車の行列も、パラパラ程度。テクテク歩いて駐車地点へ帰る。
林道も私の車のみで閑散としている。
b0185573_1341369.jpg

12:00 車スタート。帰りは道筋にある亀谷温泉の、何度か入ったことがある国民宿舎白樺ハイツへ。
12:30 白樺ハイツに着く。状況によってはここでの泊りも計算に入れていたのだ。
b0185573_1393391.jpg
入浴客はほんの数人だ。4日ぶりの温泉でゆっくりと山の汗を流す。
b0185573_13113395.jpg

湯上り後、館内レストランで美味しいうどんを食べる。なかなかいいダシだ。私には最高の御馳走がうどん?
13:50ハイツを出発、14:10立山ICに入る。帰りは白川郷~飛騨清見間のみ未走行だった東海北陸道に入る。この一区間は難工事で3年前にやっと開通したばかりで、走るチャンスがなかったのだ。
東海北陸道は、北陸道に比べ27キロ長く、対面区間があるので時間はかかるが、ほとんどトンネルの一区間24.5キロはどうしても走っておかないと・・・

15:50ガソリン補給でひるがの高原SAについた。
ここにはいろんなお店があると話すと、買い物休憩をしようと言う事になり、45分の大休憩をとる。

ふと下り線のPをみると、小高い土盛りが見え小公園になっており、上に休憩用のベンチが設けてある。
4年ほど前、あの向こう側の平地にテントを張った事があったっけ・・・・懐かしい思い出だ。
b0185573_1339318.jpg

名神に入り、養老SAで夕食をとり、混雑もなく21:00姫路に帰ってきた。

アプローチに時間がかかるので北アの空白地帯だった雲ノ平、ようやくその地を踏むことが出来て満足だ。 後は鷲羽と水晶、そして高天原の温泉が待っている・・・・                          

(参考データー)
2011・8・6(土)

姫路東IC 3:40(山陽・中国・名神・北陸道)立山IC 8:05⇒県道6⇒有峰林道小口河線⇒有峰林道小見線⇒林道終点9:35
登山口出発10:10→三角点11:50→五光ベンチ13:25→太郎平小屋14:15                 [歩行距離 約6・5キロ  累積標高差 約1050m]

2011・8・7(日)

太郎平小屋出発4:50→(途中食事20分)→神岡道分岐6:45→北ノ俣岳6:50~7:00→五郎岳分岐10:00~10:05→黒部五郎岳10:20~10:25→(五郎カール食事40分)→黒部五郎小舎12:50
[歩行距離 約12キロ  累積標高差 約960m]
                                           
2011・8・8(月)

黒部五郎小舎出発4:40→(途中食事25分)→黒部乗越6:00→三俣蓮華岳頂上6:50~7:00→三俣山荘下分岐7:30→黒部源流石碑8:25→日本庭園9:25→スイス庭園10:35→(昼食20分)→雲ノ平山荘下11:15→アラスカ庭園11:50→薬師沢分岐・薬師沢小屋13:50
[歩行距離 約13キロ  累積標高差約870m]

2011・8・9(火)

薬師沢小屋出発5:40→太郎小屋8:05~8:45→三角点10:15~10:20→登山口11:30
登山口出発12:20⇒白樺ハイツ12:30~13:50⇒立山IC14:10(北陸・東海北陸・名神・中国・山陽道)姫路東IC21:00   [走行距離約1070キロ]

by hotaka443 | 2011-08-20 10:39 | Comments(0)