みちくさおじさん山を歩く

讃岐富士とこんぴらさんの大麻山(おおさやま)

飯野山(421.9m)丸亀市/坂出市 大麻山(616.3m)善通寺市/琴平町 2011・2・13 (日) 天気・晴れ メンバー2人


b0185573_1812229.jpg

日曜日は不在が多いので、今日はゆっくり片付けものをするつもりでいた。ところが昨晩足首捻挫でリハビリ中のYさんから、明日空いてたら山に行こう、の連絡が入った。

先月黒鉄山に行った時、無理をしたのか数日間違和感があり、時には痛みがあったが、ようやく治ったようなので歩いてみたいとおっしゃる。
頼まれたら断れない弱い性格、それじゃ行くか、と返事をし、行き先の希望を聞くと、讃岐富士に登ってみたい
とおっしゃる。
四国に入ったらいきなり視界に飛び込んでくる美しいラインの山だけど、私も5年前に一度登ったけ。どうしても他の山に登った帰りなど、ついでの山になってしまう。往復2時間ほどの山なので、あの山だけに行くのはもったいないのだ。

休日なので片道¥2000円の通行料金だが,せっかく四国まで行くのだから、もう一つ低い山がないかなあ
と探すと、あった。金毘羅さんの裏山の大麻山だ。
青春きっぷで金毘羅さんにお参りし、山に登って讃岐うどんを食べて帰る、と言う話をよく聞くが、多分この山だろう。


6:30出発、高松道坂出ICを降り、野外活動センターの登山口に7:50に着く。駐車場はすでに満車なので道路上に停める。
b0185573_1659836.jpg

b0185573_1844329.jpg

8:00準備をして出発。大勢の人が登って行かれるし、降りてこられる人も多い。会話を聞いていると早朝登山の人たちのようで、毎日登山にはピッタリの山だ。
「死ぬかと思ったで、上の方は凍ってツルツルや」「頭でも打って死んだらよかったのに、嫁はん喜ぶで」「何年ぶりかの雪やったからな、アイゼン持ってきたらよかったな」賑やかな会話とすれ違う。

上は雪があるのだろう。そういえば昨日は四国の高速道路はアチコチで通行止め、と交通情報を流していたことを思い出す。

10分ほど歩くと雪が・・・
b0185573_1852694.jpg

8:20 3合目
b0185573_1832921.jpg

5合目より、このあと登る金毘羅さんと一番高いところが大麻山。
b0185573_1814382.jpg

高松道と善通寺方面。
b0185573_20102726.jpg

南斜面は陽が当たり雪はかなり融けているが、大勢の人が踏みしめているのでアイスバーンになっている。
b0185573_20131892.jpg

北斜面に入るとまるで雪山だ。
b0185573_20134649.jpg

八合目あたりになると、樹木の間から北側の坂出の町が見える。
b0185573_20191659.jpg
              9:00 渦巻き状にほぼ一周して頂上に着いた。新日本百名山に指定され石碑が立てられている。
それにしてもすごい人だ。ベンチで食事の用意をしている若いペアと我々以外、ほとんどの人が地元の早朝登山組のようだ。
b0185573_20215793.jpg
 
高野山真言宗の奥の院。       
b0185573_20245383.jpg

三等三角点飯野山
b0185573_20264351.jpg


b0185573_20271595.jpg

少し西に下った所に展望台がある。西側の讃岐平野の大展望台だ。
b0185573_20293764.jpg

改めて見る金毘羅さんと大麻山。先ほどの写真の位置より170mほど真上になる。
b0185573_20331467.jpg

展望台の後ろに大岩がある。
b0185573_20345110.jpg
b0185573_20351951.jpg

これが足跡だ。
b0185573_20361691.jpg

人に慣らされたヤマガラが、手の平に乗せたピーナツを食べにくる。面白そう、とYさん、ピーナツをもらい、手の平に乗せると、さっそくやってきた。しかし写真を構えても動作が早くシャッターが間にあわない。
鳥の足の感触って気持ちいい!そうです。
餌付けに成功し、毎日のように来ておられる人の話では、赤い帽子をかぶり、ピーナツを持って気長に3年、今では人慣れし、ピーナツを持っていれば誰の手にも乗るが、最初は赤い帽子の人以外には近寄らなかったそうです。
b0185573_204013100.jpg

9:20 頂上を後にする。下山は登りより神経を使う。リハビリ中のYさん、滑らないように気をつけて。
b0185573_20465773.jpg

10:20 無事下山する。手軽に登れる人気の山、まだ続々と登山者の姿が・・・
10:30 次の大麻山に向かう。
高松道・善通寺~坂出JCT間から見る飯野山。
b0185573_5365021.jpg


b0185573_8561484.jpg

お昼は讃岐うどんを食べる予定だったが、時間を考えると山でお昼になりそうなので途中のコンビニで食料を仕入れ、一般道を走って琴平に着く。
レールファンにとって是非見ておきたいのが琴電とJR四国の車両。接近している二つの駅を廻るが、無関心のYさんのために写真は遠慮して見るだけにし、適当な駐車場に車を停める。 
                
11:15 シャッター通りの商店街を抜け、こんぴらさんの参道に入ると、急に賑やかになる。、
b0185573_7402444.jpg

ピンボケ写真。
名物のしょうゆソフトを買う。さすがこのシーズン、食べている人は見受けられない。
始めて食べるYさん、おいしい!
b0185573_7444950.jpg

b0185573_7471942.jpg

b0185573_7474571.jpg
b0185573_7481215.jpg
b0185573_7484281.jpg

白峰神社。
b0185573_7493354.jpg

白峰神社の階段数標示。ここまで923段。残り奥社まで445段。
b0185573_7513550.jpg

階段は続く・・・・
b0185573_8375399.jpg
・・・
12:25 奥社着。下から1時間10分もかかっている。重い登山靴での階段歩き、Yさんが心配だが、これもトレーニングの一つ、と頑張っておられる。
b0185573_837285.jpg

b0185573_8412125.jpg

12:30 奥社にお参りを済ませ階段下からいよいよ大麻山への登山道に入る。
b0185573_842458.jpg

最初は等高線に沿うようにゆっくりと登って行く。トレースはあるが10~20㎝は積もっている。
b0185573_8461260.jpg

雑木林の中で、ほとんど展望のない平凡な道だ。
いい加減退屈したころ、急斜面をジグザグに登り広い林道に飛び出した。道標とベンチがある。大麻山まであと0.7キロ。13:05だ。お腹がすいたのでここでお昼にしょう。
b0185573_925288.jpg

登山者ゼロ。静寂の世界だ。
13:25 簡単な食事を済ませ頂上に向けスタート。
b0185573_935974.jpg

途中から上がってくる広い道路と合流、道路沿いは桜並木に変わる。花見シーズン用に広い有料駐車場もある。西讃岐中継局をはじめ、各種のアンテナが林立、保守作業用の道路があるが、花見シーズン以外はゲートは閉鎖されている。
b0185573_9384412.jpg

13:40二等三角点大麻山。山頂は北西から南西に広い。
b0185573_9501647.jpg

さらに進めば展望のきく所があるらしいが、Yさんはもう帰ろうとおっしゃるので、下山しよう。
b0185573_1045955.jpg

b0185573_10115319.jpg

途中から見えた讃岐富士。
b0185573_10133949.jpg

長い階段を避ける裏道があるが、雪の中の始めての道は迷いやすいだろうから、同じ道を引き返す。
14:00 奥社着。帰りは各神社をゆっくり廻り、15:30駐車場に着いた。
帰り道R319から大麻山を振り返る。見える範囲では7本のアンテナが立っている。
b0185573_10225212.jpg

2座で約14キロ、長い階段の上下もあったが、Yさん、足首の違和感はなかったとのこと。
18:00 本日も楽しい山行を終え、無時自宅に帰ってきた。

(参考データー) 

自宅6:30⇒山陽姫路西IC(山陽道・瀬戸中央道・高松道)道坂出IC⇒R11⇒県道194⇒野外活動センタ-7:50
登山口8:00→飯野山山頂9:00~9:20→登山口10:20
出発10:30⇒県道194・193・46・47・R319⇒琴平町内駐車場11:00
スタート11:05→参道入り口11:15→奥社12:25→途中食事13:05~13:25→大麻山三角点13:40→奥社14:00→参道入り口15:20→駐車場15:30
駐車場出発15:40⇒R319⇒善通寺ICより高松道に入り往路を引き返し、吉備ICで軽い夕食をとり、18:00帰宅する。
(走行距離約330キロ ●飯野山 歩行距離 約4.4キロ 累積標高差約360m
               ●大麻山 歩行距離 約9.6キロ 累積標高差約630m)

by hotaka443 | 2011-02-14 13:45 | Comments(0)