みちくさおじさん山を歩く

登山&レールフアン

所持している古いキップ、昨年末ゴミに出す寸前に急に惜しくなり、ゴミ袋から取り出す。
もっていても広い場所を取るわけでもないし、また10年ほどたってから見るのもよし(生きてるかな?)
せっかくだから昔を見てください。その時代の貨幣価値がよくわかります。
b0185573_1858525.jpg
 
左上 S35.10 この頃は1,2,3等のランクがあり、3等で10円。今は3キロまでが最低運賃の140円。 飾磨港線はS61年廃止された。
右上、中 尼崎港線はS56に廃止。
右下 S36はまだ大阪環状線はなく、大阪~西九条~桜島は西成線で、大阪~京橋~鶴橋~天王寺が城東線だった。西九条~天王寺がつながり、大阪環状線が開通したのはS39年。
それにしても大阪から天王寺まで10円で行けたんだ。今は他の線より安い「電車特定区間」の運賃計算になるが、210円。
b0185573_211456.jpg

キップの山。全部チエックするのは大変だ。
b0185573_21245482.jpg

昔販売していた周遊乗車券。現在はもっと狭い範囲に分けた周遊ゾーンやフリーきっぷがある。
残念ながら改札口で渡してしまったが(あたりまえだ)九州周遊券の場合、北九州をぶらつき鹿児島行きの夜行に乗り、翌日は鹿児島。また夜行に乗りは朝博多着。すぐに長崎行きで長崎に。再び夜行で門司に帰り、夜行で宮崎へ。通用期間が1週間か10日あったので連休+休暇を利用しすべて列車泊。
昔は夜行列車があったのと、何よりも若さで勝負。この手で九州は一通り回る。
b0185573_21412343.jpg
b0185573_2143412.jpg
b0185573_21432917.jpg

b0185573_214407.jpg
b0185573_21505970.jpg

b0185573_22242910.jpg

定期券も神姫バス、姫路市バス、国鉄、山陽電鉄等多数あり。
b0185573_22441353.jpg
b0185573_22443183.jpg

S47.10 ダイヤ改正のダイヤグラム。国鉄職員、運転士、車掌などが持っているダイヤ。もちろん市販されていないが欲しくって、自分で作る気になった。そこで市販の時刻表より大阪~姫路間を作成してみた、その一部。左端は大阪基準の距離。次は駅間距離。太線は特急列車で点線は急行列車。細い実線は普通電車。
よくぞこんな面倒臭い事をしたもんだ、と我ながら感心する。

これを見ると、例えば上り姫路4:09発の特急明星1号(博多~新大阪)は三宮5:01、大阪5:29着だ。
上り普通の姫路発の始発は5:22、下りの始発は西明石発5:16になっている。
山陽新幹線未開通の頃は、特急、急行、準急等の本数が凄く多かった。

音戸・鷲羽・雲仙・日南・彗星・高千穂・天草・つくし・あかつき・しおじ・屋久島・みささみまさか・但馬・・・・
不定期ながら姫路~東京間に電車急行はりまが誕生、何年か後に廃止になり、大阪~東京間の寝台急行銀河が姫路始発になった。
やがて新幹線岡山開通で、再び銀河は大阪発に戻ったが、2008利用客減少で廃止された。懐かしいな~
b0185573_22413322.jpg


こんなものが出てきた。
六甲全山縦走、昔は塩屋からスタート(塩屋~宝塚間56キロ) していたが、今は須磨浦公園からに短縮されている。
若かったせいで山頂ドライブウエー等走りまわり、かなり速かったように思う。タイムを書いた紙をもらったように思うのだが、見当たらない。
覚えているのは始発電車に乗り(上のダイヤの姫路5:22発、西明石が5:57着。それから各停に乗り換え塩屋へ)夕方の早い時間に宝塚着の記憶がある。(8~9時間?)
しかし後日、山はタイムを競う所ではない、との反省から、以後一度も参加していない。               

*出てきたボロボロのノート
山仲間と、8時間以内だったら山男合格、10時間以内の場合はあと少し訓練必要・・・なんて書いてある。
私は山男と認定された、と書いているので、多分8時間以内なんだろう。
by hotaka443 | 2011-01-02 21:41