みちくさおじさん山を歩く

今日が始めて?三之宮神社からの伊吹山

伊吹山(1777.3m⇒登ったのは770m) 滋賀県米原市 2010・12・12(日)天気・快晴 メンバー4人


H10年8月、1合目まで登行リフトに乗り後は歩き。これが三之宮神社から伊吹山登山記録の最後になっている。その後も2回ほど同じように1合目から歩いた記憶はあるのだが・・・いずれにしても遠い過去のことで、三之宮神社からテクテク歩いて登るのは今日が始めてのように思う。尚、伊吹北尾根は5月の花のシーズンに、何度か歩いている。

自宅を5:55出発、姫路駅で一人乗車し播但道から山陽道へ入り、8:35登山口の上野に着く。
山頂あたりは積雪があるかも、とアイゼンを持参したが、全く白いものはなしだ。

スキー客のためにあたりには駐車場が多いが、1000円と500円 が入り乱れているので、当然安い500円を選ぶ。登山口のある三之宮神社横だ。
b0185573_9321259.jpg
                 
9:50準備を済ませ、三之宮神社にお参りをして出発。
b0185573_9351257.jpg

登山口は神社横の林道沿いにある。
b0185573_937817.jpg

b0185573_9372631.jpg

ここではてな?と遠い記憶を辿る。今日は麓からの歩きだが、確かこの近くに登行リフトがあったはず・・・・
しかしそれらしき所が見当たらない??
石ころ道に枯れ葉を敷き詰めた歩きにくい杉木立の中をジグザグに登る。結構急坂もあり、歩きにくい。
b0185573_947377.jpg

うす暗く陰気な雰囲気から、明るい草地に出た。陰から陽だ。何軒かのスキー客相手の山小屋の建つ1合目だ。立派なトイレもある。 一気に展望が開け気持ちいい。 
b0185573_953292.jpg

何かのコンクリートの土台が残っている。あるはずのリフトが見当たらないので??撤去されたのだろうか・・・
関西の西の端の人間にとって一番遠い東の端、伊吹山スキー場が閉鎖になったことは、実は知らなかった。

快晴で思いのほか寒さもなく、気持ちのいいなだらかな草原を登る。ただ薄くモヤがかかり、遠望がいまいちで、琵琶湖も確認しにくい。
b0185573_9534415.jpg
     
2合目の標識通過。ここから少し急になる。体調不良気味だったHさんが気になっていたが、少し苦しそう。
頂上まで登る、と頑張っておられるが登山に無理は禁物。また出直せばいいので、本日は3合目でUターンに決める。    
10:25 3合目に到着する。伊吹高原ホテルとその横にゴンドラの終点駅がある。
b0185573_1044915.jpg
b0185573_1044432.jpg

快晴の空に伊吹山。頂上の建物も確認できる。ここで760m、頂上は1377.3mだから標高差は620mほどある。
b0185573_10493053.jpg

本日はここまで。少し時間は早いが、お昼にする。じっとしていると風が冷たいので、温かい場所と展望を求めて伊吹高原ホテルの南側に廻る。
後でわかったのだが、スキー場閉鎖以来放置されたままなので、結構荒れている。もったいない話だ。
温かいカレーうどんに自作のおにぎりをたべていると、目の前にハングライダーが舞いあがってきた。
近くに基地があるようだ。そういえば下で「一日で飛べる・・・」なんて看板を見かけた。
b0185573_1181294.jpg
b0185573_1183747.jpg

b0185573_19423074.jpg

ホテルの建物上にあがって飛行の採点をしている。結構厳しいぞ!
b0185573_11142188.jpg

11:30 1時間余りのんびりし、下山にかかる。
2合目の少し下の右側にお寺があるので寄り道をしてみた。日本のお寺のイメージとは違う松尾寺。
b0185573_11455743.jpg

これだけギッシリ文字が詰まっていると、パスしたくなる。
b0185573_11475743.jpg

すぐ南には白山神社。
b0185573_11493467.jpg

b0185573_11495523.jpg

霊仙山方面。
b0185573_1321658.jpg

13:05 登山口に降りてきた。まだ時間は早い。駐車場の民家の車庫の軒下に座り込みコーヒータイム。
ところがなんやかんやのおしゃべり会議がはじまり約1時間経過。
14:00最後のメニューの温泉へ。しかしながら近所に温泉がなく、薬草湯のジョイ伊吹へ向かう。
14:15 薬草の湯がある伊吹薬草の里文化センター。
b0185573_1154647.jpg

センター内にある薬草の湯は大浴場と小浴場があり、大は水・金・日が女性、火・木・土が男性。
大は定員40名、小は30名とHPに。浴場の定員ってどうして計るのだろう?
今日は男は小の方。その露天風呂。
b0185573_1226100.jpg

休日だが、日帰り温泉でもないのであまり知られていないのか、ヒッソリとしている。
館内では、伊吹地区で活動されている「伊吹元気市」の人達により、土・休日に出店が開かれており、女性は買って帰られる。帰りに出店のおじさんに「おからを持って帰り」と どっさりいただき、4人で山分けする。

センターから見る伊吹山。中腹に見える白い点が3合目の建物だ。
b0185573_1238574.jpg

15:30 センタースタート、米原ICより高速に入る。時間が早いので名神の渋滞もなくスイスイで、18:45帰宅する。

最近でこそ御無沙汰の伊吹山だが、かってはよく通った山で、いろいろな思い出がある。
車社会到来以前は大阪で米原行きに、米原からは大垣行き?の最終電車に乗りかえ、近江長岡で降りると何台も待っている連絡バスに乗りかえる。そして懐中電灯の光の行列の一人になって頂上を目指した、遠い昔がとっても懐かしい・・・・ 
b0185573_1337497.jpg


(所要データー)
自宅5:55⇒播但道・山陽道・中国道・名神・北陸道米原IC⇒R21⇒県道19・248・551上野登山口8:35
駐車場8:55→1合目9:25~9:35→2合目9:55→3合目10:25~11:30→松尾寺・白山神社12:00~12:10→1合目12:15~12:35→登山口13:05
登山口14:00⇒伊吹文化センター14:15~15:30⇒往路を引き返し18:45帰宅。
(走行距離 約460キロ  歩行距離 約5キロ  累積標高差約  約550m)

by hotaka443 | 2010-12-13 07:00