みちくさおじさん山を歩く

No96 四国・阿波矢筈山は素晴らしい展望台

矢筈山(1848・5m)~落禿(1683m) 徳島県三好市 2010・12・4(土) 天気・快晴 メンバー2人



年内に登っておきたかった徳島県の矢筈山(四国に矢筈山は4座あるので、昔の地名阿波をとり、阿波矢筈山と呼ばれている)は素晴らしい展望の山だった。
これで計画していた四国の有名な山は一通り登頂完了である.


阿波矢筈山は自宅から登山口まで3時間余りで日帰りの山だが、このところのんびり志向で前夜発が多い。今回も前日の夜出発、善通寺で一泊する。

6時さぬき豊中ICに入り、高松道から徳島道へ、吉野川SAの吉野川スマートICで降りる。
スマートICはSA内に設けられたETC車専用出入り口で、6~22時営業だ。

矢筈山は井川池田ICと美馬ICの中間あたりから山に入るので、降りたらすぐの,この出口はありがたい。尚、吉野川SAは吉野川ハイウエーオアシスと呼ばれ、「美濃田の湯」という温泉もあるので帰りに入る予定だ。

R192に出てすぐに県道44に入る。R192の海抜80mくらいから、落合峠の1520mまでの標高差1440mを駆け上がる山岳ドライブだ。

部分的に2車線区間もあるが、細いカーブの連続した道は人家のない山にどんどん入っていく。対向車もなく、携帯は入らない。こんな山中でトラブルが発生したらどうなるのだろう、なんて考えていたら、カーブの先の斜面から、突然黒いものが飛び出してきた。あわてて急停車。カモシカである。

道路上に立ち止まり、ジーとこちらの様子をうかがっている。しばらくお見合いが続いたが、やがて谷に消えて行った。

ICを降りた時間は記録モレだが、1時間近くは走ったかな、7:35分に明るく開放的な落合峠に着いた。
b0185573_10312471.jpg
      
すでに2台が路肩に駐車、登山準備をしておられる。少し下に広い登山者用駐車場があるのでそちらに移動する。
すぐ南には、左から三嶺、西熊山、右の少しだけ見えている三角形の天狗塚へのラインが美しい。
b0185573_10361351.jpg

8:00 支度を済ませ出発。矢筈は1848・5mで落合峠はすでに1520m。標高差はわずかだ。
気持ちのいい笹原の道。
b0185573_1951524.jpg

振り返って落合峠を見る。向かいの山は後で登る予定の落禿1683m。
1台車が停まり4人が降りてこられた。
b0185573_1046473.jpg

日陰には雪が残っている。矢筈山は左奥の峰になる。
b0185573_1049820.jpg

地形図にまだ載っていない三角点に出た。帰ってから調べると、四等三角点「落合峠」1610.7mと判明。
b0185573_105623100.jpg

笹原の快適な道はやがて樹林帯に入る。モミの木が多くとっても美しい。
b0185573_110265.jpg

ヌタ場にはった氷がキレイ。
b0185573_11421077.jpg

緩やかなアップダウンの道は一転、急登に変わりロープが設置されている。
b0185573_1156505.jpg

9:30 1722mのサガリハゲへの分岐に着く。距離道標と私設の道標がある。登山地図にはサガリハゲへは難路になってりる。
b0185573_1158170.jpg

b0185573_11591553.jpg

ようやく見えてきた矢筈山。美しい笹の斜面が谷に落ちていく。
b0185573_1241556.jpg

b0185573_2135638.jpg

サガリハゲ分岐から岩場が多くなるが、これは4~5mはあろうか、下からも確認できる大岩だ。
b0185573_1238727.jpg

頂上が近づいてきた。人影も見える。
b0185573_12391991.jpg
              10:05矢筈山に到着。2時間半程のコースだが、2時間で着いてしまい、あっけないほどだ。
b0185573_12431189.jpg
   
二等三角点標石と道標案内板が置いてある。
b0185573_12443598.jpg

南東方向には剣山、右の三角形がジロウギュウー
b0185573_13283968.jpg

尾根続きに三嶺、西熊山、天狗塚が並ぶ。コメツツジの群生地だ。
b0185573_1538168.jpg

遠方は霞んでおり、写真での確認は困難だが、小豆島,屋島、讃岐富士、坂出の工場地帯の煙突の煙、はるか西の しまなみ海道の橋脚まで見えるという。私には見えないが・・・               
見えた見えないと騒いでいると、車2台の先客が双眼鏡を貸して下さり、覗くとすごい!
山では赤星、二ツ岳、東赤石から笹ケ峰、遠く石鎚までかすかに確認。そして、しまなみ海道の橋が見えた。

10:30十分に展望を楽しんで下山にかかる。
日陰の融けずに残ったわずかな雪が凍り、急な下りでは神経を使う。
b0185573_1612490.jpg

11:10サガリハゲ分岐通過、モミの木の林を抜け、新しい三角点の少し先の小ピークで12:00になったので食事にする。メニューは本日も温かいうどんにおにぎりだ。、
食後笹原の上で少し横になって青空を眺める。目の前の三嶺まではわずか10キロ程の距離で、今年の5月は三嶺からこちらを眺めていたことを思い出す。

12:35ご夫婦が登って来られたので挨拶をし、下山にかかる。
峠まであとわずかなところまで降りてきた。時間は十分あるので落禿まで行けそうだ。
b0185573_17413921.jpg

12:45落合峠着。道路を横切って反対側の落禿から寒峰に向かう登山道に入る。
b0185573_17431647.jpg

小高い丘があり道がついている。展望台のようだ。登ってみたい気がするが、パスにしよう。
b0185573_18535846.jpg


振り返って見る矢筈山。左のピークだ。
b0185573_17485140.jpg

こちらも快適な笹原の道が続く。
13:15 峠から30分で三等三角点落禿に着いた。矢筈の方のサガリハゲ、とこちらの落禿、ハゲに謂れがあるのかな?広い笹原の山頂は気持ちがいい。ゆっくりとコーヒータイムをとる。
b0185573_17541698.jpg

落禿も矢筈に負けず劣らず素晴らしい展望が広がっている。左端が矢筈山1848.5mで四つ目のやや低いピーク1722mがサガリハゲ。その右後方に剣山と三角形のジロウギューが並んでいる。
b0185573_1891021.jpg

すぐ南の祖谷谷の向こうの三嶺1893.4mをアップで・・・
b0185573_18174168.jpg

西にはこの春福寿草に感激した寒峰1604.6m。ここから2時間半ほどで行ける。
b0185573_1841216.jpg

すぐ前に左前烏帽子山1660mと右烏帽子山1670m。寒峰に行くには前烏帽子を通る。
b0185573_18503229.jpg

13:40去りがたい気持ちを振り切って下山、14:00落合峠に戻ってきた。ご夫婦の車と4人の車が残っている。4人連れには会わなかったので、寒峰方面の縦走かな?
広い駐車場は私の車がポツンと1台だけだ。
b0185573_6191433.jpg

14:15 落合峠を出発。
b0185573_619553.jpg

長い長い県道を、素晴らしかった風景を胸に抱いて下る。麓の集落までの長時間、1台の車にも出会わず。
昔は南の祖谷谷と吉野谷を結ぶ街道だったのだろうが、あまりにも険しい道のりだ。
15:10 R192にたどり着き、15:20吉野川SA内の美濃田の湯に到着。美濃田とは、裏の吉野川に美濃田の渕があるところから名付けられたそうだ。この温泉は一般道とSAの両方から入られるようになっている。
各種の浴槽があり楽しめる。¥600だ。
b0185573_16534886.jpg

16:10 温泉出発。往路を引き返し吉備ICで休憩、姫路西ICには18:20分に帰ってきた。
b0185573_6351277.jpg

天候に恵まれ、矢筈・落禿とも素晴らしい展望の山で満足だった。

(所要データー)
善通寺宿5:50⇒高松道・さぬき豊中IC6:00⇒徳島道・吉野川SAスマートIC⇒R192⇒県道44・落合峠駐車場7:35
スタート8:00→落合峠三角点8:30→サガリハゲ分岐9:30→矢筈山10:05~10:35→サガリハゲ分岐11:10→落合峠三角点11:55→昼食12:00~12:35→落合峠12:45→落禿13:15~13:40→落合峠14:00→駐車場14:05
駐車場出発14:15⇒R192,15:10⇒徳島道・吉野川SAスマートICより入り、SA内美濃田の湯15:20~16:10⇒山陽姫路西IC18:20⇒自宅18:40
(走行距離 約510キロ 歩行距離 約9キロ 累積標高差 約600m)

by hotaka443 | 2010-12-07 11:01