みちくさおじさん山を歩く

晩秋の滝山~那岐山縦走

滝山(1196.5m)~那岐山(1225m)縦走 岡山県津山市・奈義町/鳥取県智頭町 2010・11・28(日) 天気 曇りのち晴れ メンバー13名



滝山~那岐山は7月に登っているから4ケ月ぶりになる。あのときは単独だったのでのピストンだったが、今日は山仲間13名、マイクロを使ったので那岐山の下山口にバスを回していただく事にした。

5:55集合場所の姫路駅南口を出発。山陽道~播磨道を経て播磨科学公園都市で4名乗車。
佐用ICから中国道に入り美作ICで下車し、県道51で北上、自衛隊日本原演習場内に入る。
時間帯によっては迷彩服の隊員や木の枝でカモフラージュした車が脇道から現れたりして驚くことがあるが、
まだ時間は早い。

昨年の2月21日、雪山で訪れた時はちょうど日米合同演習期間に出くわし、シャトアウトを食らったが、本日は無事禊橋駐車場に着く。7:45だ。真っ赤なモミジがひときは目を惹く。

ここは登山者用の駐車場になっているが自衛隊の演習場内であり、自衛隊集結地の看板が立っている。
7月に訪れた時は、数名の隊員が草刈りをされていた。
b0185573_16185923.jpg


8:00準備を済ませ出発。すぐに女人結界石柱の看板がある。
b0185573_16253787.jpg

b0185573_1626336.jpg

すぐに滝神社の鳥居があり、その先で一ノ渡しで沢を渡る。
b0185573_1630711.jpg

b0185573_16274944.jpg

まだ所どころでカエデが燃えている。
b0185573_1635141.jpg

稲荷神社下の鳥居着いた。見上げる急な石段は延々と続く。登るか下の道を行くか・・・ここが思案のしどころだ。写真で見るより激登で、恐れをなした5,6人はパスする。
b0185573_16394747.jpg
b0185573_16403388.jpg

166段を登りきると稲荷神社の祠がある。今日の登山の無事を祈る。
下の道と合流し二ノ渡しでもう一つ沢を渡る。落ち葉の気持ちいい道の前方に、再び石段が待っている。その先には滝神社が見えてきた。
b0185573_16575293.jpg

102段を登ると神社下の小広場に着く。後ろの滝はチョロチョロ程度の水流だ。
b0185573_16582373.jpg

上の小さな祠まではさらに42段の階段を登る。
後ろの岩壁に小さな格子のはまった所がある。これまでは気にもとめていなかったが、興味半分で覗いてみる。中は真っ暗で何があるかわからないので、フラッシュで写真をとってみるとこんなものがあった。
中は広い洞窟になっている。説明文を読むと石宝殿と言うらしい。
b0185573_20281424.jpg
b0185573_20284521.jpg

滝神社から10分ほど登ると奥の院滝の分岐に着いた。
b0185573_20304043.jpg

こちらも多分水量は少ないだろうけど、せっかくだから寄ってみよう。一部ガケ崩れで歩きにくいところがあるが、10分程で着く。予想通りほとんど涸れた状態だ。7月に来た時は轟音を立てて落下していたが・・・
b0185573_18102360.jpg

分岐まで戻り、いよいよ急登が始まる。5合目までの一部が特にきつく、ロープが張られている。頼るほどでもないが・・・
b0185573_18152574.jpg

5合目を通過。このあたりはブナの深緑や紅葉がとっても美しい所だが、すでに葉を落とし、冬を迎える準備に入っている。
b0185573_1818165.jpg

10:20 縦走路の尾根に出た。
b0185573_18203076.jpg

10:25一等三角点のある滝山頂上。展望台がある。
b0185573_18222270.jpg

これから向かう那岐山。左は東屋のあるP1170で一番高い峰が1255mの最高峰。右が三角点1240.3mのピーク。10:35出発だ。

b0185573_18335238.jpg

快適な笹原の縦走路。那岐山のトイレ兼展望台が確認できる。
b0185573_1926144.jpg

滝山を振り返るが、やはり那岐山方向が絵になるようだ。
b0185573_1928846.jpg

11:20 P1170の東屋に着く。
b0185573_1042216.jpg

b0185573_10561266.jpg

ここまでくると那岐山はあと一息。ここからの眺めは実にすばらしい。那岐山まであと一息だ。那岐山や滝山の単独より、滝山~那岐間を縦走することにより、この山のよさが分かる。さらに言えば滝山の西の爪ケ城(広戸山)からの那岐連山全縦走がベストだが。

b0185573_1935593.jpg

12:00三等三角点名義山のある那岐山に着く。点名と山名や読みが異なる場合は結構あるものだ。
b0185573_19434977.jpg

天気が良ければここで食事と行きたいところだが、風が冷たいので少し先の避難小屋に入ることにする。
b0185573_22522423.jpg

小屋の中には3人の先客がお食事中だ。暖かいうどんに女性からいただいたおにぎりのメニュー。
うどんが大好物なので、夏でも欠かせない食べ物である。
12:50 食事を済ませ、ザックを置いてすぐ後ろの最高峰へ向かう。お腹が膨らむと、高度30m程の登りにもあ~しんど!1255m最高峰。
b0185573_2054680.jpg


滝山を見る。その左にはわかりずらいが爪ケ城が覗いている。左の富士山のような山は甲山(777m)で、矢櫃城址や兜神社がある。
b0185573_2044273.jpg

13:00三角点の那岐山に向け下山開始。山頂にには数人の人影が見える。
b0185573_20104747.jpg

滝山の右にかすかに泉山」が見える。
b0185573_20113925.jpg

下山は那岐山Cコース。
b0185573_2014361.jpg

13:40大神岩展望岩に着く。どんよりした天気に眺める下界もさえない。
b0185573_201829100.jpg

14:15那岐山名物看板通りで休憩。赤い線は・・・・?
b0185573_20203944.jpg

このあたりはうっそうとした植林地帯だったが、何年前になるか・・・植林のすべてが台風でなぎ倒され、直後は通行できないほどの壊滅状態だった。今はすっかり明るくなって若木も育っている。
b0185573_20253262.jpg

林道に出た所にある登山口の道標。
b0185573_2026546.jpg

まだ赤い葉を広げ頑張っているカエデ。
b0185573_20275227.jpg

ようやく雲も取れ、快晴の空が美しい。
b0185573_2029366.jpg

14:45車の待つ駐車場に到着する。
15:00お決まりの湯郷温泉鷺の湯に向かう。15:25温泉着。今日は日曜、車でいっぱいだ。
16:40さて帰ろうか、と言うところでアクシデント発生。ちょうど1時間足止めで、すっかり湯ざめしてしまう。
17:40ようやくバスに乗車、19:00ちょうどに姫路駅に帰ってきた。

(所要データー)
姫路5:55⇒姫路BP・姫路西BP・山陽道・播磨道⇒播磨科学公園都市⇒県道28⇒R179⇒佐用ICより中国道・美作ICより県道51⇒R53を西へ⇒那岐池看板を右折⇒自衛隊日本原演習場を通って禊橋駐車場着7:45着
駐車場スタート8:00→稲荷神社8:15→滝神社8:35~8:45→奥の院の滝9:05~9:15→縦走路尾根10:20→滝山10:25~10:35→東屋11:20~11:30→那岐山三角点12:00→避難小屋12:05~12:50→最高峰12:55~13:00→三角点13:10→大神岩13:40~13:50林道登山口14:35→駐車場14:45
出発15:00⇒湯郷温泉・鷺の湯15:25~16:40~温泉スタート17:40⇒姫路19:00
b0185573_6275299.jpg
       
(歩行距離 約11キロ 累積標高差 約1070m)

by hotaka443 | 2010-12-03 17:01 | Comments(0)