みちくさおじさん山を歩く

紅葉残る比良山系・蛇谷ケ峰

蛇谷ケ峰(901.7m) 滋賀県高島市 2010・11・26 (金) 天気・曇り下山後雨 メンバー4名


過去の記録を調べてみると、H12年に登っているので実に10年ぶりの蛇谷ケ峰だ。もちろん記憶は全く残っていない。もっとも山麓の「くつき温泉てんくう」だけは何度か訪れている。
今日は寒冷前線の南端がかすめる天気図で、ちょっと心配だが、6時に自宅を出発。
播但道・中国道・舞鶴若狭道経由で小浜西に7:50に降りる。無料になった舞鶴若狭道は若狭の山をぐっと近づけてくれる貴重な存在だ。
8:50 登山口の一つ「くつき いきものふれあいの里」の横の広い駐車場に着いた。10年前は少し北の温泉のある「思いでの森」側から登っている。
b0185573_14574437.jpg

9:00準備を済ませ出発。道路沿いに大きな案内図があり、お伝えしたいことがあるのでセンターに寄るように、とある。9時だからオープンしているだろうけど・・・・ガケ崩れの通行止はう回路が出来ているはずだし、カツラ谷は危険だから注意せよ、かな? まあいいか、で先を急ぐ。
b0185573_17545425.jpg
b0185573_1755138.jpg

標高300mのこのあたりはまだ紅葉の世界だ。落ち葉に埋もれた遊歩道は気持ちがいい。
カツラ谷方面に入る。道標の白く覆われている下は通行止めのマーク。崖崩れで長い間通行止になっていたのだ。
b0185573_1833912.jpg

広い遊歩道は落ち葉のジュウタンが敷きつめられ、カサカサと囁く足音が耳に心地よい。
b0185573_1851953.jpg

小さな沢を渡るといきなりの激登りが待っている。沢に沿った道は通行止めだ。ガケ崩れのう回路のようだ。
登るだけ登ってすぐに下り、通行止め区間を避けて元の道に戻った。はい御苦労さん。
二股になったカツラの木。てんくうの湯にもこの写真が飾ってある。
 
b0185573_18151298.jpg
             マツタケ山につき立ち入り禁止。アカマツが多く、あたり一面試験栽培がされている。
b0185573_1819165.jpg

所どころに階段があるが、比較的緩やかな道で、あたりは紅葉の世界。キレイだ!
b0185573_18245711.jpg
b0185573_1825174.jpg
 
10:05遊歩道は終わり、楽しみにしているカツラ谷に入る。カツラ谷の説明文。   
b0185573_19482260.jpg

この季節だけに水量は少ないが、小滝が多い。
b0185573_19501156.jpg
b0185573_19503362.jpg

後ろを振り返る。深緑の頃もいいだろうな。
b0185573_19531750.jpg

10:30祠がある。ここからは谷から離れ尾根を登っていく。
b0185573_19551227.jpg

標高700m地点の道標。新しいあと1.1キロの下は0.9キロ。崖崩れのう回路の距離だ。
b0185573_201424.jpg

階段が多いが傾斜が緩いので助かる。ここまで登ると木々は葉を落とし冬支度だ。
b0185573_203193.jpg

標高813m、ここが下山予定の道との分岐だ。北の空の雲が怪しくなってきた。寒冷前線の接近か・・・
b0185573_2094330.jpg
b0185573_20102118.jpg

11:15蛇谷ケ峰山頂に着いた。
b0185573_20152452.jpg

すぐ南の武奈ケ岳は頂上付近を雲が隠している。縦走して6時間、一度歩いてみたいな。
東を見ると、リトル比良の山並みの向こうに琵琶湖が見える。晴れていたら伊吹山や金糞岳等が見えるのだが・・・
b0185573_20232436.jpg

風が冷たいので木陰に入りお昼にする。7℃、先日の四国で-1℃を体験したが、冷え症だけにやはり寒い。
11:55 雲が低く、残念ながら本日の展望はこれ以上望めないので下山にかかる。
813mの道標で登ってきた道と分かれる。こちらの道は急な階段の連続だ。今日始めて人に会う。単独の年配者だ。
カツラ谷コース程落葉樹は多くないが、それでも所どころで燃えている紅葉に出会う。
b0185573_2036015.jpg

12:50突然林道に飛び出した。あれ?なんでこんなところに林道が・・・おかしいな、あわてて地形図を見る。
道標がないが、道路の曲がり具合から予定のコースではないのは確かだ。駐車している「いきものふれあいの里」ではなく、どうやら500mほど離れた「グリーンパーク思い出の森」に向かているようだ。

地形図552mで別れるのだが,気がつかなかったし、道標を見落としたのだろうか?4人揃って・・・・?
これだけ道標が完備しているのに、ここの登山口には道標がない。別の枝道???

まあいいか、と林道を進むと建物が見えてきた。短い坂を登ると前方に温泉の建物が見える。
ということは、やはりここは「思い出の森」だった。
トイレの前なのでトイレ休憩としよう。ここからは道標に従って坂を下りると、前方に吊り橋が見えてきた。
b0185573_20574649.jpg

なかなか立派な吊橋だ。
b0185573_21265846.jpg

橋の上から蛇谷ケ峰を見る。こうして見ると頂上の展望のよさは想像もできない。
b0185573_21292099.jpg

同じく橋の上から見る燃える紅葉。
b0185573_2131473.jpg

歩くのも気を使う美の世界4枚。
b0185573_21341332.jpg
b0185573_21343783.jpg
b0185573_2135427.jpg
b0185573_21352587.jpg

4人とも靴の先にもみじが・・・
b0185573_2151521.jpg

13:35 「ふれあいの里」に帰ってきた。結果論だが予定ルートを外したことにより、吊橋や素晴らしい落ち葉街道を歩けたのだ。
b0185573_2139851.jpg

13:50温泉に向けスタート。5分ほどで温泉に着く。新しい看板が建っている。
b0185573_21423815.jpg
b0185573_2143172.jpg

露天風呂は狭い。
b0185573_2143566.jpg

15:00ゆったりと湯につかり15:00帰途に着く。途中西紀SAで食事、18:00自宅に無事帰ってきた。

b0185573_6273427.jpg


(所要データー)
自宅6:00⇒播但道砥堀IC・中国道・舞鶴若狭道小浜西IC7:50⇒R27・R303・R367・県道295⇒ふれあいの里駐車場8:50
スタート9:00→カツラ谷入口10:05→祠10:30→蛇谷ケ峰頂上11:15~11:55→林道に出る12:50→
思い出の森トイレ横13:10→吊橋13:25→ふれあいの里駐車場13:35
駐車場出発13:50⇒くつき温泉13:55~15:00⇒往路引き返す⇒小浜西IC15:45⇒砥堀IC17:45⇒自宅18:00

(走行距離 約425キロ 歩行距離 約9キロ 累積標高差 約750m)

 
                 
by hotaka443 | 2010-11-30 14:59 | Comments(0)