みちくさおじさん山を歩く

猫石から後山~おごしき山経由で下山

後山(1344.6m) 兵庫県宍粟市・岡山県美作市  2010・10・17(日) 天気 晴れ メンバー11名




b0185573_633339.jpg


姫路駅を車2台で7時に出発 。姫路BPから高速道路を乗り継ぎ、終点播磨新宮で下車。県道、国道、県道を走り、バス停松の木橋の松の木公園に8:10着。
b0185573_181764.jpg

ここで車一台を下山口に回送するため、板馬見渓谷沿いの林道に入るが、登山口駐車場400m手前あたりで大規模ながけ崩れのため通行不能。左に大きくカーブしたあたりの道路の膨らみに車を停める。ここは4台ほど駐車できるスペースがある。
松の木公園に戻り、8:45スタート。西大峰と書かれた大鳥居をくぐり林道を進む。
b0185573_1801016.jpg

対岸に行者の宿舎があり案内板がある。
b0185573_1810553.jpg

その先に笛石山登山口の標柱あり、橋を渡る。
b0185573_18122496.jpg

しばらくは植林の中のジグザグ道だが、700mあたりより美しい自然林に変わる。
b0185573_18155159.jpg

いつの間にか右側に鹿除けネットが並行している。見晴らしのきく尾根筋に出ると、三室山の端正な山容が美しい。
b0185573_1820975.jpg
    猫石分岐はうっかりすると見落としそうな小さな標識で、足許ばかり見ていると通り過ぎてしまう。
b0185573_22411123.jpg
 
10:05 猫石に着く。まわりり一帯がきれいに刈り払われており、下の県道からも良く見える。
しかしどう見ても猫に見えないが・・・・猫に見える方向があるのかな?足場があり、簡単に上に登れる。
白い綿毛が無数に風に吹かれて舞っている。ベニバナボロギクだそうだ。
b0185573_22441594.jpg
      
猫石からは急斜面を登ると、10分ほどで笛石山に着いた。特にピークがあるでもなく、単なる尾根の一角だ。
894.6m三等三角点笛石があり、おなじみ宍粟50山の標柱が建っている。
b0185573_2252096.jpg

宍粟50山の標柱もいいが、この看板の方が趣があり、なぜか温かみを感じる。
b0185573_22594089.jpg

10:30 後山に向け出発。ここから後山までの標高差約450mの尾根道はアップダウンの連続だ。
植林や自然林の入り混じった尾根のところどころには大岩があり、単調な中にも小さな変化をもたらせてくれる。
b0185573_57255.jpg
 
後山が見えてきた。しかしまだ何か所かのアップダウンが控えている。ここから頂上までちょうど1時間かかった。
b0185573_5962.jpg

P1094を過ぎるあたりより根曲がりだけが多くなってくる。11:55 下から一般コースが上がってきた。
b0185573_5143121.jpg

P1253で方向転換、西から北に向かう。20分ほど根曲がりだけと雑木林の中を進むと、今度は行者コースが登ってくる。
b0185573_5195911.jpg

そろそろ色ずき始めた木々と青空が目にしみるようだ。
b0185573_5241221.jpg
 
枯れ木が住み家のキノコと紅葉が始まった樹木。
b0185573_526696.jpg
                
12:25 後山に着いた。狭い山頂には10人ほどの先客で満員御礼だ。
b0185573_5292974.jpg

頂上の祠と真っ赤に燃えた樹木。三等三角点後山(1344.6m)があるが、食事中のグループで占拠され、写真に撮れず。
b0185573_615766.jpg

これは7月9日に鍋ケ谷渓谷側から登った時の写真だが、標石は雨に流されむき出しだ。設置された時は段から下は埋められていたはずだが・・・・
b0185573_5353161.jpg

手前は舟木山でその右後方は駒ノ尾山。左遠くかすんでいるのは那岐山だ。
b0185573_1251030.jpg

13:45 食事を済ませおごしき山に向かって下山開始。
b0185573_20335598.jpg

自然林・植林の入り混ざった,そこそこ急な道を下ること30分あまり、13:50平成の大馬鹿門の建つおごしき山に到着。(1095m)
b0185573_5492343.jpg

平成の大馬鹿門は北北東3キロの空山に相棒が建てられており、一対になっている。写真の美しい三室山とおごしき山を直線で結んだ、手前の尾根に空山があるのだが、大馬鹿門は肉眼で見えるらしいが、私は×。三室山の左後方、うっすらと見えるのは氷ノ山。
b0185573_8412710.jpg

植松山は後方の右、一番高い峰になる。
b0185573_857315.jpg

千種スキー場、天児屋山、沖の山など雄大な展望が広がっている。
14:00 繰り広げられる景色を楽しんだ後下山にかかる。植林のつづら折れの急坂を下ると、ブナの素晴らしい道になる。新緑や黄葉の頃は素晴らしいところだ。
b0185573_963813.jpg

小滝を横眼に下ると
b0185573_2029711.jpg

14:30 後山への一般コース分岐に着く。
b0185573_982848.jpg

気温の低い谷筋ではそろそろ紅葉が・・・
b0185573_995736.jpg

谷には新しい木橋が架かっている。板馬見渓谷の源流の沢になる。
b0185573_915216.jpg

ここからは沢沿いの道になり、宿坊跡、二の沢と書かれた二つの建物の中を通る。二の沢は暗く、なんとなく薄気味悪い雰囲気だ。
b0185573_9374736.jpg
b0185573_9381176.jpg

14:55 登山口駐車場に降りてきた。ここまで車で入る予定だったが・・・
b0185573_9404147.jpg

b0185573_9411120.jpg

駐車場のすぐ下でがけ崩れ。
b0185573_9574933.jpg

さらにその先で大規模ながけ崩れ発生。写真で見るより山の傾斜は遥かに激斜面だ。
林道は完全に埋まっており、谷側は陥没・流失している。この林道が登山者が駐車場に行くだけの目的なら、復旧工事は果たしてどうなる事やら・・・
b0185573_9542849.jpg

15:05 駐車地点に降りてきた。山頂で会った人達の車が4台止まっている。
数人がまず松の木公園に降り、車の回送を終え全員揃ったところで15:55 ちくさエーガイヤ温泉へ向かう。
車の中から猫石を見上げ、16:05温泉着。一般400円 65歳以上200円と安い。
b0185573_10111077.jpg

17:15 温泉を出て往路を引き返し、18:35 姫路駅に帰ってきた。

私にとっては4年ぶりのコース。前回は冬12月19日でうっすらと雪が積もっていたが、今日は秋晴れで暑くもなく寒くもなく、絶好の登山日和であった。

(所要データー)
姫路駅7:00⇒姫路BP⇒姫路西BP⇒姫路西ICより山陽道⇒播磨道・播磨新宮IC下車⇒県道44⇒28⇒R179⇒県道53⇒72松の木公園駐車場8:10
スタート8:45→猫石10:05~10:15→笛石山10:25~10:30→後山12:25~13:15→おごしき山13:50~14:00→登山口駐車場14:55→駐車地点15:05
松の木公園出発15:55⇒エーガイヤ温泉16:05~17:15⇒往路引き返し姫路駅18:35着
(走行距離 約170キロ  歩行距離 約10キロ 累積標高差 約1150m)
                      
by hotaka443 | 2010-10-18 06:08